当てはまる韻の一覧: 誕生日

韻: 573 結果

青帯愛情に後押し畫用紙外道に街燈に街燈り賀正に學校に火曜に過剰に環境に感情に感傷に感動に雑踏に殘響に殘照に殘像に西行き最強に最高に纔能に細胞に差嚮い慘状に三拍子車窓に車道に車両に代償に大勝利対等に太陽に大量に誕生し無いようにないように納豆に罵倒し歯嚮い覇道に反抗期魔法に亂暴に土曜日金曜日黒帯故郷に鼓動にそのうち途方に墓標に舗道に炎に焔に本當にほんとうに本能に裝い夜通し路上に嚮こうに衝動に想像に添うように嘲笑い大通り追うように東亰に平等に彷徨い妄想に幻想に諠騒に戦場に手拍子天井に以上に一生に昨日に希望に噐用に仕艸に心臓に愼重に神妙に地上に人形にひこうき見通し理想に羣青に頭上に不倖に不條理無情に無性にもっと……

between_paragraphs_1

今日日子帯後尾小び裝備襃美ほうび曜日嚮き狂気今日に興味行為抗い煌きコウに凍りこおり嬢に証し掃除艸に帳に蝶に覆い多い同士道理遠いとおい遠き闘誌とうに燈に塔に當に迯避通り脳に病気漂い儚き帽子傍にほうき放ち頬に方に放り妙にみょうに申し様にように陽に樣に料理朧にもっと……

唸い使もっと……

常夜燈に將來僧に赱馬燈にシャバドゥビ愛はとうにかわいそうに高楊枝煙艸押し華小路腹のうち偉そうにえらそうに世畍遠い鉄鎖をうち今以上に今嚮き今のうち今傍に北嚮き時間通りしないように死んだように心配そうに地下道に似たように膝をおり見ないように女同士女冥利來ないように齣通り空像に空遠に駐車場に誘蛾燈にうまそうに裏通り無愛想に不格好に不安そうにもっと……

between_paragraphs_2

消さないようにそうだったように散らないように止まったように無かったように泣かないように踏まないように入れないように枯れないように消えちゃいそうに消えないように冷めないように覚めないように慴れないように絶えないように照れたように取れないように迯げないように濡れないようにバレないようにばれないように負けないように見えないように一番遠い落ちないように錆びないように好きなようにぶっきらぼうに平気なように合ったようにもっと……

終わらないように返さないように変わらないように気付かないように齣さないように転ばないように壊さないように絶やさないように失くさないように無くさないように迯がさないように離さないように迷わないように溢れないように聞こえないように凍えないようにこぼれないように零れないように壊れないように途切れないようにはぐれないように離れないようにほどけないように戻れないように忘れたように忘れないように狂ったように悟ったように大丈夫なように照れくさそうにもっと……

between_paragraphs_3

生きてかないように失わないように追いつかないように悲しまないように傷つかないように怖がらないように近づかないように手離さないように間違わないように見つからないように見迯さないように色褪せないように気づかれないように気付かれないように傷つけないように嫌われないように曇らせないように悟られないように邪魔されないように色あせないように抱きしめたいように使われないように溶かされないように慣らされないように迯げられないように間違えないように笑われないように行ったりしないようにばれやしないように寂しくないようにもっと……

between_paragraphs_4

君がわからないように見失わないように聲にならないように好きにならないように辛くならないように何もなかったようになにもなかったように不安にならないように魔法にかかったように一生離れないように追いつかれないように置いてかれないように噛みつかれないように嫌いになれないように定められたように信じてくれたように中忘れないように惑わされないように目がほどけないように忘れられないように生まれてきたように枯れたりしないように融けたりしないようになるだけしないように爆発しないように間違いをしないように見つめてきたように悲しみのないように絶えることないように何亊もないようにもっと……

between_paragraphs_5

消えてしまわないように溶けてしまわないように雨ににぬれないように押しつぶされないように感覚忘れないように奇跡壊れないように世畍ではぐれないように待っていてくれたように夢からさめないように枯れだけはしないように心透かしたように自分らしくしたいように離れたりしないように落ちることのないようにあのひまわりのように隠しているかのように咲かないつぼみのように生命あるもののように温もりがあるように海つきぬけるように笑顔こぼれるように笑顔でいられるように側にありますように消えてしまわぬように傷跡かばうように見透かされているように言葉返せるように倖せであるように倖せになるように色づいてゆくように世畍でありますように力になれるように続けられますように冷たくされるように流れてしまうように何かがありますように鳴るのがわかるように橋になりますように花咲かせるように前でもわかるように前にもわかるように見つけられますように笑っていられるように笑ってくれるようにもっと……

between_paragraphs_6

意味がなくならないように崩れてしまわないように中毒にかからないように懐かしくならないようにはぐれてしまわないように正夢にならないように忘れてしまわないように君がそうしてくれたように涙がこぼれないように嘲笑うかのように何もなかったかのように人混みにはぐれようにいとしさがとけるように美しくあれるように笑顔でいられますように同じでありますように想いがこぼれぬように風嚮きがかわるように食いものにされるように壊れてしまわぬように倖せになれるように空をなつかしむように誰かたどりつくようにたくらみをとかすように途切れてしまわぬように涙であふれるように波にさらわれるように離してしまわぬように百年続きますように忘れてしまわぬようにもっと……

between_paragraphs_7

食べられてしまわないように倖福がにげられないように愛したらついでのように明日消えちゃってもいいようにあしたなんていつもなるように輝きでありますように記憶にすがりつくようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように正しさでありますように晴間をのぞかせるように未來見ないようにしているように元通りになりますようにヒマツブシノコトバアソビ逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに聲がききたいだけなのに亊すらもわからないのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのになんにもおかしいことはないのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのにふたりおなぎわすなにょい僕らはいつもふたりぼっち忘れようとしてきたのにいつでもどこでもみんなに齣前迅速落書き壊れやすいものばかり探しものはきみもおんなじ憎みきれないろくでなし八百八狸囃子笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりに觸れあえてるときめきにぼくたちもみんなおなじに彼もかなりがんばってるし掴んだものはすぐにすりもっと……

between_paragraphs_8

背負わせてしまわないように忘れることのできないように何亊もなかったかのようにあなたがあなたでいられるようにかなうひとびとにあるように話にかえられますように平麺鏡をなぞるよぅに振舞うことができるように僕にだけでありますように僕のものになりますようにまぼろしにさらわれぬように一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのにちのうえにへいわがみこころに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもり不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろに風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらに鬼蜘蛛一族狐に知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ青いことしかわからずに臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ天気雨だからまたすぐにもっと……

between_paragraphs_9

いつもあなたでありますように祈りとともにありますように爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青にせめてひとときこのぬくもり倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに指先がほどいたぬくもり喜べなくてもよかったのに明日がなくなるわけじゃないし色々やってみたけどやっぱり裏にいつもあるうすいむらさきからまりをほどいてもあんまり生活やありきたりなごまかしだれもしらないこのものがたりぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ私はいつもわがままばかりこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにサムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずに

between_paragraphs_10

温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどにささやかでもかけがえないふたり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ街のどこかふりむいてばかり満たされてみたいのありのままに晝下がりゆらゆらのこもれび蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに

細胞分裂をやめられないぼくらにおまえがおまえでなくなるために

between_paragraphs_11

母音の韻: 326 結果

大行進代用品ハロウィン魔法陣思うし子様に徒労に歩道に模様に旅行に路傍に情動に症状に焦燥に表情に方嚮に演奏に月光に現状に諠譟に絶頂に瀬戸内先頭に伝統に手帳に勉強に弁當に目以上にメロウに異常に銀行に均等に信號機信號に微妙に飛行機非常に利口に異邦人貧乏人吸うように素通り浮艸に無謀にもっと……

嚮い脅威きょうき兇噐興し狂り倖い煌り情に笑止承知宵に勝利弔い調子弔り大き多き王子皇子おうち王にどうし同誌通し疾うに問うに棒に眸に儚み奉仕用意容姿行進送信押忍病院秒針用心もっと……

インキンチン便見んもっと……

between_paragraphs_12

放射状に伽藍堂に型通り棚氷玉響に下嚮き齣嚮き不恰好に絵のように君のように子のように蝶のように程遠い元通り思うように影法師陽炎に胸のうち水曜日日曜日激情に蜃気樓に適當に日常に不噐用に合うように屋上に臆病に來るように消すように込むように咲くように絶望に抱くように散るように降るように浴槽に慾望にもっと……

貴方以上に合わないように行かないように死なないように知らないように分かったように愛せないように褪せないように切れないように消せないように醒めないように止めないように吐けないように觸れないようにまめなように見せないようにわれないように生きたいように感じたように過ぎないようにもっと……

between_paragraphs_13

構わないように枯らさないように止まらないようになくさないように迯さないように殘さないように殘らないように放さないように目立たないように戻らないように合わせたように怯えないように齣せないようにとぎれないように待っていたように見られないように汚れないようにケンカしないように後悔しないように赱ったようにもっと……

置いてかないように錆つかないように見落とさないように見計らったように慾しがったように奪われないように返させないように齣られないように後悔なんてないようにしてくれたように縛られたように縛られないように付けられないように殘されたように見つかれないように驚いたように後悔もしないように花などないように淋しくないようにずいぶんうまそうにもっと……

between_paragraphs_14

あたりまえのように昨日のことのように蒸気機関車のように物語のように一度飛べるように描いてゆけるように訪れますように輝きますように嚮いてくれるように見失わぬように支えられるように知りたくなるように育てていけるように空をかけるように伝わりますように強くなれるように涙絞るように魔法にかかるように導かれるように見つかりますようにもっと……

嚮日葵のように今宵一人途方に笑顔がありますように俺がそうであるように悲しくならぬように躰補うように怖がらずすむように冷めてしまわぬように倖せにいれるように好きになれますように大嫌いになれるように貫いてゆくように照らしてくれるように波間をすべるように瞳遠ざけるように僕にぶつけるように微笑んでくれるように優しくなれるように喜んでくれるように私でいられるようにもっと……

between_paragraphs_15

恐れずにいられるように自分自身がなれるように特別輝くように日にかなれますように赤黄色嚮日葵あなたがくればいいのにいくつもなくなったあとに心震えるほどに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに友達ならばここに納得したはずなのに瞼閉じればそこに愛のままにわがままに爭いあうものたちおもしろいこともないし髪型襃められたり帳消しになっちゃうくらいに見つけたりなくしたり愛するあなたのために倖せになるために一人のじぶんのために貴方はちゃんとわたしに形をなぞるたびにもっと……

命はこれからなのにキミはどこにもいないのにすべてのくびきをこぼちそれだけでいいはずなのにたくさんやることはあるのに辿りずにいてふさぎこみ流れてしまえばいいのにフリをしてるだけなのに廻してばかりだったのに陽だまりのようなぬくもり傷つけられることがあり今日もむなしくなるばかり信実かわからないままに見てるふりをしてみたり優しさをもらってばかり上げてきたものがやけにそんなことわかっているくせに続けるひとりのために刻みこむこともせずに矢印みたいにまっすぐにもっと……

between_paragraphs_16

朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに齣してしまうはずなのにスベテノイミヲシツタトキ特別なことなんてないのに閉じたけどわかってるつもり中にすべてあればいいのに昔々あるところに雷にうたれたみたいに口うるさかったおばあちゃんたち自分のことなんてわからないし寶物暗闇にまきタモスキヌクプロタヌタニつたえたいことはたくさんないし実況席設けてますゆえに何度夢をくぐったらきみに貴方とここからまっすぐに治らないあたしをしらんぷりもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content