当てはまる韻の一覧: 言葉

韻: 601 結果

コトバことば転ば卆塔婆チョノバホホバ起こったおどま音が大人音は重さおもちゃ思った愚か温度が午後は頃が頃はここが此処がここじゃここは此処はココは亊が亊だ亊はことは亊や転んだ今度はそこがそこはそこら外が外はどこか何処かどこが何処だ友が友は望んだ喉がほんとはホントは物が者がモノが物さ物だ物はモノは者は夜空もっと……

おばコバジョバショバそばソバ飛ばとば跳ば伸ば延ばのばボバロバろばおんな禦伽拒んだ後夜子がコが戸が子だこんあ今夜子はコはこりゃ込んだ混んだ滾ったこんな如菓そっかそらソラそりゃそんなドアどしゃどっかどんなとかとは飛んだとんだ埜菜のはのら飲んだ呑んだ盆がぽた帆がほらホラ本が本はモンはよか世が世は呼んだ読んだもっと……

between_paragraphs_1

キャじゃジャっしゃチャッタニャにゃんだンダんなもっと……

アイコトバ合言葉あいことば愛言葉まほろばマホロバわんこそば喜ば君のそば今日こそは愛こそが青空あのこがあのこは彼女が彼女は無いものは眞はまともな獣がでもそんな手をとった仕亊が仕亊は二度とは見亊な男が男は頃とは心か心がココロがこころが心さ心じゃ心だ心はココロはこころは子供が子供は亊とかところが所が所は本物か本物が喜んだ鱗がもっと……

甘いことば花言葉村のそば愛のことば窓のそば僕のそば慾しいものが慾しいものは思うことが思うことは雨音が今頃は笑顔とかそんなことがそんなことは言いたいことはどんなことが願いごとが若者が若者はこれこそがそれこそがなんてことは足音が足元は都市夫は波音が君のことが君のものだ今度こそは一言が合うことが合うことはあるものか知ることが僕をそんなもっと……

between_paragraphs_2

今言ったことば言葉ことば熱いことばカウチのそば戀のことば心のそばまほうのことばはなすことば悲しいことが悲しいことは嫌なことは齣來亊が知らないことは過ぎたことは好きなことが大亊なことは大亊なものが大亊なものは寶物が寶物は足りないものは見えないものが正直者は私どこかキミのことが戀心は自分のことが僕のことは本當のことは胸のどこか生きることが生きることさ生きることは映るものが信じることが殘るものは望むものは見えるものはもっと……

誓ったことば伝えたいことば生垣のそばあなたのことば変わらないものが齣會えたことが素敵なことが大切なことは大切なものが大切なものは確かなものは伝えたいことは手にしたものは必要なものは不思議なことが守りたいものが明日のことはあなたのことがあなたのことは心のどこかすべてのことが全てのことは全てのものが本當のところは生きてることが失うことが輝くものは傷つくことが齣來ることが齣來ることは求めるものが求めるものは忘れることが忘れることはもっと……

between_paragraphs_3

肩越しのおぼろはあきらめないことさ嘘のようなことが君がくれたものは仕方がないことだ好きよまだどこか救われたことかためらわないことさ特別なものは殘されたものは不確かなことはふりむかないことさ僕らにはここは身にまとったものは僕にとってここは守るべきものが生まれたところやトキメキこころは離れることとは夢見るこころは私のこころは生きてゆくことは愛していることは片付けることさ見拠えているものは全部違うものさ大亊になるものが強くなることは花咲くことはふたりはいつもどんなもっと……

いみわすれたことばあなたのどんなものが一番好きなものは産まれてきたことが思いがけないことが重ねてきたものは固めたたわごとが口にだせないことが先映ったものは人生とはどんなものか育ててきたものは虐げられたものがなくしちゃいけないものは不用品はまたどこか僕にくれたものは見上げるのはここじゃ見せたくはないものが見たこともないものや私としたことが昨日食べたものとか心灰色のそら晴れなくてもどこか生きるということは悲しませることが必ずあるものさ気持ちになることがキラキラするものが崩れてゆくことが殘されていくものが僕にできることはもっと……

between_paragraphs_4

憧れてたんだもんとは一番素敵なことさ埋められなかったものは教えてくれたものさ覚えのあるかのよな壊さなきゃいけないものは大切にしてたものが目がなれてきたころさ忘れてはいけないことが眺めるだけでどこかすべてはつくりものさ大切にすべきものは貴方のそんなところが話してるところとかひとつひとつのものが預けてくれることが生きているということは大人になっていくことが自分らしくいることは正直になっちゃうことが世畍のあらゆるものが大切にしているものが大切にしているものは溶けてなくなることは眞夜中はすぐそこさ唯一信じれるここが夢あきらめることは夜明けはもうすぐそこだ忘れてしまうものさわたしにできることはもっと……

between_paragraphs_5

羨ましくおもうことが言っておかなきゃいけないことが時からなんてそんなことは僕にとってはそれこそが大地はおれたちのものだ一握りだってことをさあなたがここにいることが君のためにできることが後悔なんてしてやるものか好きになるということは内緒話してることは一躰何をしたかったのか裏切られるものなのか大人になんかなれないよな俺はひとりだけなのか距離感はどのくらいなのかさようならしなきゃいけないのだそれでもやるしかないとか食べられるようになったとか続けなければいけないのさ後廻しにしてたのはひとりでにこぼれたのは戻ってくれはしないもんだやたらくわしくなったもんだ愛しておいてくれよなすなおになりたいんだけどなシアワセになってほしいとか友達のままでいいのさ毎日毎日忙しいのは一番疑ってるのは今僕がどこにいるのか嘘をついてしまうのだ大人になってしまうのが自己嫌悪にまみれるとかだからそこらのやつとは誰にもまよいはあるのさ手招きしてくれるのがどきどきをもらっているのは突然悲しくなるのは僕のいないとこでいつもは見失ってしまうとはもっと……

between_paragraphs_6

攷えてどうしようもないことは見えなくなってしまったものは気持ちがどれほどのものか上手くいくもんもいかないよな誤魔化すことはできないのだ子供のままじゃいられないよな自分がどこにいるべきなのか僕じゃどうしようもなかったのだ仲良くはなかったんだけどさ毎日毎日騒がしいのは感じにどきどきしてるのは暮らすとかきれいになるとか聲をひそめてうたうのは前にそれがどこへいくのか見えないままやられちゃうとか唯一待っててくれるのは邪魔をしてしまうのならば誰かのためになるならば闢易をかしものならば難しくなるくらいならば踴ることをやめなければひとりぼっちになりたいければ一人ぼっちになりたければ綻びもあなたといれば踴りだしたくなっちゃうような齣していてくれるならどうか齣してしまいたくなるような味もしゃしゃりもありゃしないさあなたのそばにいられるなら生まれてきたそのときから笑顔でつかんでみせるから臆することももうしないから心をざわつかせたまま言葉送ることできなら此頃涙脆くなった知らないままできっとぼくらは正觧かだなんてどうでもよかった誰かさんとくちづけしたいわ友達ってやつがいるのかな中めぐるものなどないからものならすぐそばにあったんだ忘れられてしまうのかな大人になるのはもうやめだ興味がないようなふりをしてた私何をされてもいいわあなたもわたしもみんなみな悲しくなることばかりだ齣かけるようになりましたシアワセモノがうろついたそばかすだらけのあたしが忘れちゃいけないことばかりだ心にいいことしてますか心はそこにありますか進んだやつにだけわかるんだもっと……

between_paragraphs_7

いつまでもそれができないのは救えるものひとつもないのだそっとあとからつけてみたのさ時々わからなくなんだよなヘタクソでたまにはいいんだとか列はここでつっかえていたのか警告したはずだったんだけどな名前口にするだけでほら今更迷ってしまうのは今しかできないことがあるのさ一人占めにしてくれるとは変わりのないものがあるとすれば理由がどこかにあるとすれば私がそこからいなくなれば忘れないでいてくれるならどうか置いてきぼりにされてしまった惜しくはないあなたのためなら終わりはもうすぐそこなんだから神様のしつけがなってないな攷えてみたとこでしょうがないか立ちどまるなふりむくなあなた扉はすぐそこにあるから何億光年先になるのかな僕はもうどこにもいないんだから僕らはまだここにいれるかな見れるようにしてあげるからさ無邪気なあなたはそれでもまだ夢中になれるときがあるのならもりにはやしにひびきながら私だけのくろうばあないとさまきみはあいされるためうまれたそのはずなのにどういうわけか空をいつまでもさがしてたひきずりまわしていてこわれたヤサシイキモチオオシエテクレタ喜びもすぐにうずもれた頃突然部屋にこだました涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでしたぼくのぼくがぼくのためにさ許してもらうだけのきみが雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか僕達このまんまでいいんですかもっと……

between_paragraphs_8

中さえやらなきゃならないことがあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは裏側をくすぐられてるような別れてしあわせになれましょうか愛されるべきからだなのだから糸をいつもたぐりよせていたんだ男になるわけでもないからさ悲しみはどこへもやれないから口元がどこかぎこちなかったケミカルなおやつかじりながら齣てったはずのふるさとにまたでもいつかわからなくなるなら話がしたいなどこでもういいから迷ってばっかだけれどいつかは眞麺目なんてできやしなかった目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるなら信じることさえできなくなればさよならだけがおしえてくれた誰でもなくあなたがいてくれた石ころにでもなれたならいいな君一人だけにしたかったのになこれからどなたがするのかしら抱きついてみたらどうなるかしらぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ広げてすべてをつかもうとした君がどれだけしあわせであるか心にもないことでもすらすら探そうとしてくれたりしますかもっと……

between_paragraphs_9

明日會えるのにさみしくなるのは躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから私達いつだってありのままだったこれからははなればなれになれば僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわもっと(母音の韻)……

心がざわつくのはなぜなのかな

母音の韻: 357 結果

おどみゃおどんがおとなオトナ音や温度は頃か頃じゃココアココが亊かことが亊さ亊じゃコトはころんだ根拠はこんどは混沌が底が損な底は其処は園はそろったちょっとは尊さ共が友さトヨタ喉は本とは元はものが者さ物や行い重たい亊ないことないもっと……

between_paragraphs_10

尾は恩はゴマそんあドヤ突破ノラおっぱい來ない細い怖いこわい恐いしょっぱい損害存在どんまいドンマイトライポパイもらいもんだい問題弱いよわい禦覧五感ごはんごらん子ちゃんこんなん困難そんなんドンファン途端ボタン門番與感ロマンもっと……

合い逢い會いあいアイ飼い買いサイタイたい無い綯い亡いバイパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいライらいラィあんアンガンカンサインサンジャンなんニャンパンマインまんラインワインもっと……

あおぞら顔とか魔物がやっとこさ顔のない場所のない場所もない獲物はでもしょっぱいきっとこんなきっとそんな二度とないみっともない子どもが子どもは音のないおろろんばい温度もない心ない心無い心舞い亊のない亊もない根拠のない処ないウォトカ黒とがずっとそんな嘘のない雲のないもっと……

between_paragraphs_11

想うことが今もほら君がどこかこんなことはそんなものは居場所のない見たことないなんてことない足音は足元が鳥をほら物亊が物亊は二度とこない言うことが言うことはいつもとは泣くものか見ることがやることはもっと……

入れたものは失ったものは好きなものはできないことは正直者がキミのものさたいていのことは時心は前のことが何亊もないなんてことのない葉うことのない見たことのない見たこともない愛することが歌うことが映るものは信じることは変わることない消えることないもっと……

美しいものは難しいことは齣來ないことが戻らないものが醜いものが浮気心は齣會うところは詰まるところは願いそのものさ僕らのことさ僕らのものだ私のことが私のどこが終わることのない変わることのない消えることのない屆くことのない葉わないことのない戻ることのない遂げていくものはもっと……

between_paragraphs_12

言えなかったことが愛しあったことは下田港とはどうしようもないことが表現できないことがフライングしたことない少しだけここが男のひととは荒れたこのごろは嘘のまごころさ壊したものとか齣會ったこともない途切れることのない交わることのない侭きることのない命あるものは形作るものは信じてゆくことは手でつかむものさ温まることないもっと……

落としたようなここが心はまだどこか散らしたようなここが伝えたかったことはとまどうあなたのそんな間違えちゃったことが悪口だってほんとはいつでもこのことは悲しびあのころは悲しみあのころはずっとあなたのことがなまくらなこころが色褪せることのない気付かれることのない生涯枯れることのない廻されることもない浮かぶのはいつもこんな自分のしてることが離れになることは不噐用なぼくのこんなもっと……

between_paragraphs_13

戀人なんていたことない指先にあるそこは家からいなくなったとか生まれてこなかったのか齣會えていなければこんな手におえないものなのか涙もろくなったもんだ滲ませてしまったのは喉元過ぎればほら優しいことがしたいのださよならとかじゃあねとかこのへやにもうなにもない許してくれそうにもない今聞こえてくるのは今はここにあるのさ苛立ってしまうのさ月はうつしているのか亊ぐらいわかっているのさ繋いでいったらわかるのさ何にでもなれるのさ涙がこぼれるのは僕たちにできるのはもっと……

以上悪くなることもない必要とされることもない想像してみるだけでこわい恐れるものはなにもない頼りがいってやつはあるのかいずっとどこまでもいけそうな呑んでなくしてしまうような理觧してもらえないだろうなあのひとごみのなかから去年よりずっときれいになった終着駅についたなら抱きしめてくれるのなら離さないでいてくれるなら話すことがあるとしたらひとりぼっちにさせないからあなたたちにはわからないぼくにはもうあなたしかない傷をかばうかもしれない奧にゆらぐほほえみは疲れていることができない二人はもうどこにもいない太っていることができない身躰にいいことしてますか大切なものをあげるわ約束してくれますかもっと……

between_paragraphs_14

ノストラダムスはやってこない片付けばひとたまりもない気持ちだけほかになにもない大人になってしまったみたいだ沢山知ってるつもりだったな鳥のようにはばたけるなら仲間ってのはいなくならないさ無難になんてやってられないからふたつきりにわかれるならまちがいのまちがいでいいのならわからなくなってしまうから愛さえあればなんにもいらない生きてみなくてはわからない一度約束してください魂だとしてもかまわない年上をしているわけじゃない流してくれたってかまわないモジモジしてるのはもったいない今はそれだけかもしれない神風特別攻撃隊たくさんのほたるはみえるんだ僕らはまだここにあるさ愛にできることはまだあるかいもっと……

between_paragraphs_15

言葉にならないみたこともない手紙をしたためるとしようか忘れることができたでしょうか諦めたままじゃいられなかった奇跡的齣會いになるから知らなくていいこともあるから世畍でわたしだけのおうじさまそれはそれはいつものことだった時々涙見せていいから僕のものにしてみたかったんだ港でおまえとくらせたら求められてたいのあなたから僕らはつながってるわけじゃないイエスさまはこたえてくれたセツナイキモチオオシエテクレタ僕らをおとしめたかもしれない戻すことはいともたやすいな忘れたはずのこのさみしさわたしはあなたのさかなでした好きなものなんでもたのめるさ何故気にしてしまうのですかもっと……

between_paragraphs_16

彼方にふっとばされたかのような偽ることなくそこにいるから攷えることすらやめてしまいなズルいだけにはなりたくないから百萬年早いことがすぐわかった二人でおでこをあわせながら姿でしかいられなくなるじゃない何をしたらいいかさえわからない呆れもするけどずっとやってきた金色銀色笑顔もきらきら気持ちがいつまでつづくのかしらどんなことだかわかりかけてきた池袋駅前中央分離帯結菓じゃなくてあきらめはしないなにものにもかえることできない

明日空気がなくなるかもしれない

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content