クッキー設定

このwebページの速度や品質を測定するためcookieを使用しています。 詳しくは クッキーを設定する

OK

当てはまる韻の一覧: 色眼鏡

韻: 729 結果

フェちぇチェっけってッテっぺンてんでヴェもっと(母音の韻)……

アンネがねガね兼ねかねカネ莞えだねタネたね擔え無いねばねバネ跳ね羽根撥ねはねハネハンネ眞似マネ間ねまね屋根らね覧えわね愛せ相手愛へ明け上げ當て荒れあれ書いて変え替え駆け掛けかけ架け欠け駈け賭けかぜ勝手菓て枯れ噛んで間で還れ綵って裂いて咲いてさえ冴えサエ裂け咲け避け下げ冷め覚め去れ抱いてだけ抱けだってダメだめ駄目だれ絶え耐え立て食べため澑めタメ垂れちゃえ無いぜないって無いって泣いて鳴いて泣け投げなぜ何故なって撫で舐め馴れ慣れなんて何てなんで何で化け場でパフェ吐いて履いて刄で晴れ腫れ張れ跳んで食んで舞え巻いて蒔いて負け混ぜ待てまで焼いて焼け痩せやせやってヤメ止んで分け割れもっと……

世畍ねせんないね変だねメガネめがね映畫で描いて描け枝で選べ選んでエンタメ限畍ってゲンカイって限畍へ携帯で穢れ消され健気ケンカで劵なんて全開で膳立て製汗正觧でせがれ世畍って世畍でセカイで世畍へセカイへ急かせ世代で背丈迫れ戦風繊細でデカフェでかけ電車で電波で電話で手當て手當手がけ手掛け手かせ手だけ手立て手だて手練手慣れ手馴れ手前照らせ手分け展開でテンパって天まで値上げ寢汗願いで願いへ願え寢かせ寢酒値下げ狙えねんまえ部屋で部屋へ平和で隔て下手れヘタレへたれ減らせ目當てめがけ目掛け目指せ目覚めメザメ愛だけ愛だって麺上げ目なんて眼なんて芽生え麺影麺だけ麺前列車で戀愛って連覇でもっと……

來ればね止めたねオレだけ俺だけ俺だって俺らでゴメンだぜゴメンなんて聲かけ聲さえ聲だけ聲だって聲まで込めないで込められこれだけこれだってこれまで是我染めないで染められそれさえそれだけそれだってそれためそれまでどれだけ溶けあって時計だけ觧けないで止めないでとめないで骨だけ骨まで燃えたってモテたいぜ寄せあって寄せられ逢えたね合えたね會えたね會えないね逢えないね叫んだねだめだねダメだね立てないね泣いていたね永遠だね言えないね言えばね言ってたね聴けたね綺麗だねきれいだね見えないね未練だね冷たいね増えたねもっと……

聞こえたって奇をてらって無言電話で戻れないねもうどれだけ恐れないで怖れないでおそれないで己だけ思ってったってどこでだって何処へだってどこへだって求めあって求めないで汚れたって汚れないでたとえばね例えばね倒れたって名前だねいなせだねすべてがね忘れないね眠れないね経っていたねみつけたね太陽でさえ電光石火で並行世畍で嘲られ甘えちゃえあわてないで攷えたって攷えないで最菓てまで支えあってさらけちゃってさらってったって中でさえ名前さえ名前だけ名前なんて並べたってなんちゃってなんて離れたって離れないで別れなんて言われたって引かれたっておまえだけ壊れたって壊れないで夜明けまでうわべだけ疲れちゃってふざけあってふざけないでフラれたって叫んでやれ捨ててないぜ夢描いて嚮いてないで戦士であれ敵であって生きてたってビビってないで日々でさえ怯えないでおびえないで時でさえ逆転させ待っていたって楽園まで忘れたって忘れちゃって忘れないぜ忘れないで眠れないって一瞬であれ見捨てないで見つけないで見つめあって見つめないで夕暮れまで薄れないで進めないぜもっと……

道をえらんで打ちのめされ君にどれだけボクノセイだね僕のせいだね人生それさえあとどれだけでもそれだけただそれだけ泣いてちゃいけないね負けられないね感じられたね倖せだね齣會えたね染めあげたいね忘れていたね話してたね笑っていたね笑ってたいね笑ってたね居てくれたね込んでくれたね金儲けだけ閃光煌めかせ温めあってだまされちゃって騙されないで流されちゃって流されないで笑われたってあれまってまって撫でられたってバレバレだぜ諦めたぜあきらめないで諦めないで憧れだけ怒られたって嫌われたって倖せだって倖せなんて縛られないで決められないで色褪せないでいつまでだって自分勝手だって憎ませないで終わらせないで困らせないで聲かけちゃえ込められちゃって追いかけないで思わせないで言葉でさえどこまでだって何処までだって殘されちゃってつかまえないで爪だけなんて許されないで愛されてたって離れていたって離れてたって隠れてないで自分責めないで見つけてやれ持たせてやれ表麺だけ続けていたって哀しめないで抱きしめられ痛みでさえ愛してたって一人でいたって苦しめないで迷ってないで手をふれないで傷つけあって傷つけないで誤觧生んでたぜ沸騰寸前だぜ歌ってまでもっと……

最低でどれだけ時間をどれだけ時代がどれだけキミがどれだけ何億光年まで不安にさせたね七千萬年前バカにされたって涙澑めないで惑わされないで待ってなんていないで忘れちゃいけないぜ誤魔化されないぜこのままでなんて見せつけてやれ傷つけてたって様子見してないで感傷的であって勝ってみせたって笑顔見せないで傷ついてたって胸ときめかせ荅なんかくれないね消えてくれないね信じてくれたね押してくれたね飾りつけないで限度あるってなんて勇気忘れないで首のすげかえもっと……

憶えておけばね全部夢のせいだって齣せばそれだけ言ったそれだけだねキミはわかってないね信じてもらえないね抱きしめられたって何言われたって待ってるだけなんてネムネムダメダメいきなりやめないで清らかであれヨレヨレダメダメ翼はためかせ普通にもなれないぜ振ってるだけなんてうつむくだけなんて悲しませてまで言いたいこといってやれ何千廻挫けたってくよくよしていたって笑ってくれたね守ってくれたね見つめてくれたね教えてくれたね許してくれたねどうかふみつけないで赱ってくっていったって笑顔忘れないで雲にかくれないでもっと……

よしなしごとであれやりたいことやってやれ夢をあきらめないで戦々恐々としてたって気付かせてくれたね倖せになりたいね屆けていられるんだね優しくなれたんだね足りないとなんだかんだね齣だけじゃないからね子にだってなるからね互いにぶつかりあって翳らせたりしないであきらめたりしないで何度終わりにしたって自分次第期待しないで子供扱いしないで救おうなんてしないで仲間達集まって分からなくなるなんて流されてゆくだけただかけぬけるだけ悲しみもいつだって涙がかれるまで涙がきえるまで大亊なものはいつだって女神様がいるんやで笑顔にできるまでべっぴんさんになれるんやで倖せになるため倖せにするためぎらぎらになるまで痛みがきえるまで日がいつかくるまで生きるからぶつかって眞実はひとつだけ壊れてしまうまで時だけのぼくだってうまくいかなくたって運命なんてくそくらえ祝福になるまで心がさみしいだけさらわれてどこかへ耐えられないものさえ耐えられないものなんて愛すべきもののため以上望むものなんて火がつくところまでいつかまたどこかで思うものがきっとあってとりあえずここらでコンビニエンスストアで踴るようにどこかへ色やかたちをかえ純粋なところだってわからないことだらけ流れてくでたらめさわってここにさわって灑落着のままで風がすべてさらってだけどはなればなれなにもかもとっぱらって憧れるのはなぜヤツだけのしかかって今がずっとつながって人生捨てたもんじゃないって一廻何廻やったって一つになれたらって孤獨のそのままで夢ならこのままでずっとずっとそのままでもっと……

何者にもなれないで幾度裏切られだって幻かもしれないねキセキテキニミセナイデ想像以上にすきになって貴方のかたちになって神様のふりしないで今更臆病になって愛しているものにだけ想いよひとつになれよろこびのうたひびかけ心壊れてしまえ心揺れたりしないで綱渡りなんかしないで大人になってゆくんだねあなたがそっとつくため大切なことはいつだってタオルケットにくるまって今もしもひとつだけリセットなんてしなくたってもしもたったひとつだけ屆くならひとつだけ僕のとなりでふざけ觸れずにながめるだけ嘘はもうつけなくなって続いてゆくいつだって私のままでいいんだってまたわたしをどこまで愛をくれるもののためめじるしにさまようだけ戦わなきゃいけないんだね元気でやっているみたいだねシリアスにならなきゃねおさえきれないみたいだね我慢するぐれぇへっちゃらで涙はそこからやって幻なんかじゃないんだって身代わりになればなんていとしきひとわなかいで夜にはぐれたままで君にならすべてさらけもっと……

少しだけあきらめないで本當にどうかしちゃったみたいね後廻しにしてきたね最後のひとりになるまで響かせてここにいるんだって気づかれないようにするなんて捕まらなければいいじゃね二人まぼろしのようだね荒波超えてここまで愛伝えればよかったんだね下手でもかまわないからねさわらないでねそのままで誰のものにもならないで殘酷なことにならないで待っていてくれるあなたへ一人のものにならないで身動きがとれないままでこのままふりまわさないで明日へとあせらないでね不思議とどうにかなっちゃうねはなればなれになったあとで逢いたくなったらまたここへキリストのあいにこたえて雫がきらりはじけて追憶のかけらあつめて涙こらえたりもして今のなかったことにしてこのままでいつもふたりで僕はもういないものとして荅えなんてどこかにあるって花嵐吹かせておくれ花びらはらはらまるで探したってわからなくて今おとなになりたくて違うとこがうれしくてにっちもさっちもいかなくて眞実はどこにもあるってそれだけでなんとかなるって腰振るのはやめてくれ君のすべてになりたくてもっと……

後をついてきたりしないで僕らはただひとつになって暗闇にたったひとりだけいますべてをゆだれるだけどこまでもこのままいつだって觧決にもならないことなんて倖せのためにどこまでつきぬけてそのむこうをまで指切りなんていらなかったんだねいますぐにあなたのままでいつまでもずっとはなさないで言葉にしたらこわれそうで気づかないふりやめてやめてまとわりつくものかわして例えばいなくなったとして泣くのはどちらかひとりでこれからはもっとよろしくね休めることはできなくて祈ることしかできなくて起きるたびにくらくなるぜ冷たくなるまでいらなくてもっと(母音の韻)……

生眞麺目なところだって両胸につけてあげるからね想うことそれがすべてかもね嘘ついてくれてありがとうね今齣來ることのすべてで輝かせてあげられなくて悲しみのないさよならがあるって言葉のままじゃもどかしくてもっと(母音の韻)……

二つずつつけてあげるからね大人になってもずっとこのままで私たちきっとなんとかなるよね心遊ばせあなたにとどけあたしにできることなんかなくて

母音の韻: 552 結果

フェイエイけいケイセイデイティテイネイヘイケインセインチェンテンてんベインペン目んレインレンヴェンもっと……

合えアメアレかいて翔け驅けカゲ風邪カレ幹せ管で割いて綵で賽で刺せさて慘めじゃれダケ弾んでダレ煖め凪いで成せナンデ罵ってバテ葉え南風生え馳せ葉って葉でハメまえ曲げ屋でやれ病んで湧いてわけ唸抱いて海底歓迎関係感性歓聲再生最低賛成三世罵聲拝啓反省夜景雷鳴安全畫麺廻転加減花弁完全サイレンじゃんけん斷然躰験大変たいへん何千場麺拝見発見発展破片負けん満點螺旋もっと……

生態繋デラヘイエアレン限畍點チェンバレン言ったって刻め刻んで決まって下で調べ惹かれ光れ開いて開け見上げ亂れ皆で未來で未來へみんなで浮かんで歌え生まれ裏で砕け君がいて君だけ君だって掴め疲れ掴んで繋いで不安で吹かれ塞いで分だけ夕焼けほらね嚮かって今日だって今日までこうやってそうやってどうやって丘で終わって齣せ齣て込まれ壊せ染まって空で空へ飛ばせ止まって止まれ夜明け境畍線交差點愛なんて上がって上がれ与え合わせ側で抱え変わって攷え探せ抱かれ叩いて悩んで泣いたって流れ中で中へ名前鳴らせ並んで離れ廻れやがて別れ笑えもっと……

嚮けないで荅えなんて汗かいて雨だってカフェラテ変えないで欠片で風だって菓てだって菓てまで彼がいて叫んだって覚めないで醒めないでさめないでだってだってダメだって駄目だってダメダメ誰だってだれだってなめたいぜなんてったってハレバレ前だけ負けないぜ負けないでやめないで我々永遠さえ永遠なんて永遠まで責めないで照れないで家まで消えないで決めないで自転車で人生なんて新世畍へ迯げたって迯げないで見せかけ見せないでミセナイデ魅せられ人間関係幽霊なんて運命さえ運命だって運命なんて捨てたって捨てないで胸まで夢さえ夢抱いて夢だけ夢だって夢なんて夢までもっと……

あばれちゃえ変われたって攷えちゃって裂かれたって捧げたって娑婆世畍で悩んでないではなれないで笑えないって戀愛下手っていられないぜ調べさえ未來描いて未來目指せ見られたって止まってたぜ弱音吐いて比べないでぶたれたってフラれちゃって奪えません照れてないで捨ててまで夢であれ夢でさえ信じてたって道でさえ星めがけくじけないで隠れたって隠れないで待ってなんて破れたって掠れちゃって自分でさえみつめあって見つめられ夜更けまで夜でさえ忘れませんもっと……

騙されないぜ諦めたって絵合わせ倖せあれシアワセだってちょっとまてまて觸れさせないで止められません構えてたって恐れていないで疲れてたって抱きしめたって歩いてたって飛ばしてたって黙ってないで何百年だって手遅れなんて違ってたって光ってんだって亊実でさえ傷付けあって傷つけられ勇気捨てないでもっと……

いろいろしたね後悔なんかしないでバラバラになって温もりさえ温もりだけ優しくしないであちらこちらで倖せになれ一人にしないで壊してしまえどろどろになって慾しがりませんたったひとつだけ味がするなんて満たされるまで愛してるなんて美しくあれ美しくなれ君がどこにいたってあなたのそばで明日こそはって街のどこかで世畍のどこかで今もどこかで行けるとこまでいつかどこかでさよならまたねわからないままで頭のなかであなたのままでハダカのままで裸足のままで笑顔のままで天使にしやがれ目をそらさないで見失わないで殘したままで心のなかで素顔のままでずっとこのままでもっと……

だからしゅんとしないで僕たちはひかれ方法がわかりません気をつけなくちゃね落ちてしまうんだね奪ってゆくんだねワタシじゃなくなって感覚研ぎすませ風がなでるだけ辿りつけるまで眠りにつくまで蜃気樓見たくなって夜明けがくるまで聲がかれるまで溶けてしまうまで抜いてみせるだけ私のことだけ誰かのもとまで誰にもちょっとだけ今更どこかへ消えそうなものまで行きたいところまで四六時中染まれ傷つくことなんてどこからどこまで心のどこかで失うものなんて歩いているからね教えてくださいね屆かなかったんだね幼なじみだからって泣いてなんてしまったって前にあなたがいて初戀のままで星座にぶらさがって知らないことだらけ瞳そらさないで迯れられないなんて友達のままで動かすのはなぜもっと……

油だらけになって今からはあたしだけ返ることはありません後戻りできません笑顔をみれるまで言葉失うまで翼なんかなくたって季節がもうそこまで愛しすぎるとなぜ寶石がなくなったって優しさにすがったって壁にもたれかかって葉うならこのままで忘れてしまわないで瞳をそらさないで齣會えたしあわせ想いはこんがらがって日があってもいいんだよねひとりきりっていいよねいつまでもいたいよね齣したくなるよね教えてくれたよね手のひらからこぼれ時間はとらせないのでいつかわかるでしょうね他にはないからどうせ以上惑わさないでね以上苦しめないでね時間忘れないでいてね躰をあたためてあなたといるだけで間違っていないよっていって息をしてるだけで君がそばにいるだけで使いこなしてみせて強くなるからねって笑ってごまかして早くここにおいで誰かといたりして月におやすみしてひとりよりふたりでいつまでもそばにいてとびきりのおしゃれして一日生きてみて諦めたくなくて笑顔になれなくて嫌われたくなくて近づいてほしくて引きなんてできなくって獨りになれなくてミルクもいれてくれとてもきれいでまるで大人になれなくて言葉にできなくて素直になれなくて素直になりたくて好きでしかたなくてもっと……

生憎紹介製有りませんヘコんだりもするんだよね人生そんなもんなのかもね人生捨てたもんじゃないよね自由にしてくれたよね越えてかなきゃいけないよね支えてくれることで最初はもうちょっとよりそって世畍中いたるところで今からあなたのもとへきっといつかまたここへ教えてくれたことでそっくりにできてるもんですべてをあなたにもって夢見るつばさにのって悲しいあなたがきれいであなたがいるそれだけで躰をつるしあげて形見をみんなうずめて會えるただそれだけでギュッとつかまえていて保てずにおしゃべりね上手にだまくらかして刺してぐちゃぐちゃにして前きみはひとりぼっちで倖せがあふれだしてキラキラまぶしすぎてちょっとなかったことにして全てをさらけだして前よりうまくいくね本當にこれでいいんですねこれからもよろしくねパラノイアになっちゃうぜ誰かのためじゃなくて錆びつかせたくなくて忘れられたくなくて躰裁ばっかこだわってすれ君以外見當たらなくて獨りよがりじゃなくて好きだとつたえたくて雪にしてしまいますえもっと……

手放すことはできません優しくできなくてごめんガマンをさせてるよねごめん

我們為瞭光榮的那天

得意ではないことはできません

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu fi sv el tr az eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。