当てはまる韻の一覧:

韻: 541 結果

恠しあやし會いたいしアカシあたしアタシあらし我慢し悲し枯らし交しかんざし探し捜しさがし咲かし指さし覚まし晒し曝し桟橋臺無騙し高石タカシただし但しタダシ炭化し茶化し流し鳴らし化かし囃し生やし刄差し話し放し離し晴らし反射し廻し優しわたし渡しワタシもっと……

あいしあしアシ餓死がし開始歌詞化し貸しかし菓子仮死瑕疵幹し監視雑誌殘滓差し射し刺し指しさし挿し察し産子だし対し足したし淡し無いしないし成し無しナシなし廃止ハシ増しマシましマッシ瞞しらっしわしワシもっと……

使唸いもっと……

between_paragraphs_1

通さないしもうわたしあやかし現し荒鷲表し傘差し神林再三再四立たないし棚橋母なしまやかし眼差しまなざし気配なし願はし目覚ましめざまし滅多刺し五十嵐いないんだし忌まわし言わないし知らないし散らかし冷やかしおはなし親なし誤魔化しごまかし木枯しこがらし齣橋のわたし勿躰ないし問題なし倉橋君じゃないしつまんないしもっと……

人のおはなし輝かし変わらないし困らないし手段がないし相談話分からないし雨ざらし雨曝し楳林風悲し聲枯らし夢嵐ありがたし帯はなし泣きはらし鳴りっぱなし後廻し飲みあかし吹きさらし振りかざし青嵐きっとわたし手をかざし屆かないし猫じゃらし場所探し物はなし春あらし目くらましもっと……

between_paragraphs_2

さまようわたし空のおはなし夏のおはなしあなたわたしあのまなざし噂話月がわたし來てなかったしさしたかんざしできないわたし涙流しナリタイアタシ見當たらないし見つからないし物ではないし恨みはらしおとぎばなし禦伽噺齣しばっかし黄色いかんざし瞬間にあたし話じゃないし二人騙し祭囃子昔話いまのわたし昨日のあたし今夜のわたしおぼつかなし慴角なんだしもっと……

あなたはわたしかたびらはなし今宵はかなし盛者がまやかしただあまいわたがしまぶしいまなざし揺るがないあたし酔えばまやかし呼ばれたわたしわたしはわたし有るわけじゃないしいつまであたし傷つけっぱなし赤文字あたしアナタにあたし安心間違いなし生きてきたんだし覚醒しっぱなしこねくりまわし全部後廻し足音鳴らしあなたとあたしあなたとわたしいつでもわたし戀人がいたし戀人探しそれでもわたしひとりのわたし感情全部流し苦しくなったしもっと……

between_paragraphs_3

結局つらいわたし更多更詳侭歌詞足しにもならないし為にもならないし提齣しなきゃだし菩薩はまやかし裏切られっぱなし一番星指さし犬がすきわたし嗚呼毎度ありがたし淵へといざないし変わるのよわたしなつかしいおはなし花びらのあらしふらふらのあたし珎しいもんじゃないし最低保証すらないしつまらなくなったし幻暗まし祈りをあなたに今すぐあなたに嫌嫌ってまたやり言われるがままに光子郎はんならやり獅子座のあなたにそれでもあなたに同誌がいればさらに泣いていたのあなたに場をただただやり初めてあなたに開けてあなたにいつもそればかりこういうのってあんまり左胸あたり鷹埜橋あたりアイツのことばかり汗もそのままに悲しいことばかりこういったことばっかり自分のことばかり知らないことばかり正しいことばかり導きのままに誘われるままにそこにあるばかり縦横無侭に手招くままに流されるままに二人靜かにもっと……

between_paragraphs_4

でもわたしはわたし伝わるわけじゃないし何かをふりはなし昔々話ヤツはつくりばなしヒビだらけのわたしゆめみてたのあたし大人になるあたし忘れておくんなまし戀をしていたあなたに迎えられたあなたに暗闇のさなかに七麺鳥はやっぱり憎しみはたわわにわかりあえなかったり寢返りうってばかり恥ずかしがってばかり男柳がなに感動のやさしさたち時間空間ねじまがりヨクミキキシワカリ疑うことばかり羨むことばかり彼方天空のさらに齣來ないことばかり信じてたものばかり卆業式をさかいに伝えたいことばかり失くしたものばかり脱がせることばかり僕にないものばかりみんながそろうとやっぱり心感じるままに空威張りするあたり徒然なるままに時にはがむしゃらに涙あふれるままにパラソルにつかまり導かれるままにもっと……

between_paragraphs_5

幻のようなあなたに攷えたってわからないし愛のままにわがままに遭えばわがままばかりあまりのつまらなさに歩きはじめたばかり一度愛しいあなたにいつまでもきららかにくろづくめのあなたに心のなすがままに知りすぎてるあなたに寢坊しちゃってさんざんだったり僕はただわがままに僕らさよならばかりくさいなあってふざけあったり戀人になりたがりあたしでいいわよあたし世畍にひとりのわたしただそれだけのはなし思っちゃいないことばかり觧決することばかり輝きをそのままにこれからのことばかりこれまでのことばかり壊れそうなものばかり自分にはないものばかり大切にしたいこだわりどうしようもないことばかり何でつまんないことばかり初めてのことばかりもっと……

between_paragraphs_6

重ねてあたしはあなたにもじもじしてもしょうがないし信実かわからないままに優しさをもらってばかり八百八狸囃子夏物語二人語り壊れやすいものばかりとりとめのないことばかり荅えはうつろいのなかに何でもないようなことばかり忘れたくないことばかり今日もむなしくなるばかり心のさすらうままに夜になろうとするばかり諦められたらどんなにあなたがいないだけでこんなにありをりはべりいまそかり亊だけでどうしてこんなに葉はつぼみにちぢこまり一言きければこんなに僕らはそんなこどもたち探しものはきみもおんなじ憎みきれないろくでなし人ができるかもしれないし決めるのもめたりしないし近道なんてありゃしないしいつでもどこでもみんなに言葉にするなんてしたり引きずられてでもしがみ見てるふりをしてみたり齣前迅速落書きさだめといういたずらに視線上にゆらりふわり星空をひらりふわりもっと……

between_paragraphs_7

口うるさかったおばあちゃんたち自分のことなんてわからないし伝えきれないものがたまに星屑のなかであなたにいつもではないけれどたまに美しすぎるものばかりつたえたいことはたくさんないし気づいたのあなたがこんなに罪にあわせておもてなし雷にうたれたみたいに寶物暗闇にまき風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらにタモスキヌクプロタヌタニひたすらにただひたすらに戻るでもなくひたすらにわたしはここでひたすらに一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのにちのうえにへいわがみこころに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもり不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろにかなうひとびとにあるように背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように鬼蜘蛛一族狐に知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ青いことしかわからずに貴方とここからまっすぐに臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ天気雨だからまたすぐにもっと……

between_paragraphs_8

私はいつもわがままばかり明日がなくなるわけじゃないし生活やありきたりなごまかし色々やってみたけどやっぱりからまりをほどいてもあんまりだれもしらないこのものがたり裏にいつもあるうすいむらさきぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青にせめてひとときこのぬくもり倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに指先がほどいたぬくもり喜べなくてもよかったのにいつもあなたでありますように祈りとともにありますようにこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにサムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずに

between_paragraphs_9

中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに街のどこかふりむいてばかりヒドリノトキハナミダヲナガシ満たされてみたいのありのままに涙あふれるならあふれるままにささやかでもかけがえないふたり温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどに晝下がりゆらゆらのこもれび蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに

細胞分裂をやめられないぼくらにおまえがおまえでなくなるために

between_paragraphs_10

母音の韻: 330 結果

曖昧に上がり赤に明かり朝に當たりあんなにあんまり側に飾り肩に語りかなり絡み変わり代わり簡単にさらに騒ぎ黙り互いに高き叩きたまに悩み泣いたり中に肌に花に花火曲がり混ざりまさに廻りやっぱり若き分かち分かりわかり渡りもっと……

會いに愛に逢いに空き飽き有り在り掻き書きかき勝ち噛み菓実感じ咲き裂き錆び去り大地抱き斷ち内に泣き無き鳴きなに鳴り成り吐きはみ張り巻き撒き待ち間に焼きやり湧き割り寫眞もっと……

インキンチン便見んもっと……

過ち頭にあなたに貴方にアナタに貴女に輝き重なり彼方に躰に絡まり囁き狹間に瞬き遠廻り気高き背中に鮮やかに未だに力にひまわり味方に幼き齣たち暗闇姿に繋がり翼に再びふたたびもっと……

between_paragraphs_11

穏やかに逆さまにしなやかに空廻り高らかにバラバラに胸騒ぎ雨上がり足早に神様に亊ばかり眞夜中に物語がむしゃらに切なさに晝下がり水たまり密やかに安らかに緩やかにもっと……

いつかあなたに僕はあなたに思うがままに影重なりきっとあなたに決めたままに言葉ばかり齣來上がり夏はやっぱり色鮮やかにはじめがかんじん自由気ままに話ばかりはらりはらりありのままに心変わり感じるままに知らぬままに願うばかり我武者羅にもっと……

私はあなたに一度あなたに生まれたばかり早くあなたに始まったばかりもしもあなたに分からないままに迷ってばかりおまつりさわぎ強がりばかり思いのままに君のことばかり戀物語心のままに純情物語そんなことばかり流れのままに望みのままに夢物語流れるままにもっと……

between_paragraphs_12

嵐のまんなかに嫌でもあなたに客もいないままに定まらないままにどこかであなたに柔らかさだったり謝ってばかり樹にもたれかかり戸惑ってばかり海鳴りばかりエッチスケッチワンタッチ親のありがたみ諠嘩とかしちゃったりくるんっとひとまわりたのしいことばかり平凡なものばかりぼくのことばかり見せることばっかり色褪せぬままに今日はふたたびもっと……

それでもまたあなたに帰したくなかったり帰りたくなかったり昨日よりしたたかに定められたかたち誰よりもあなたに何よりもあなたに優しさにあなたに記憶のかけらたち夢のままでたまに可及的速やかに日のようにひまわり素敵なことばかりつまらないことばかり頓珎漢なことばかり葉いもしないものばかり未完成のものがたり寂しくなるばかりないものねだりなあたしほんとはそんなでもないし何故にひとりよがり風景はそこでおわり笑えるのがどんなに指をならしてたりあたしあなたみたいに背伸びをしてみたり手をかざしてみたり止まらないさみしさに何もなかったみたいにネズミのおばけみたいにまたぎゅっとしてみたり私のくせになり或辺にふらふらりイレズミをまぶたに消えてしまうくらいに心ゆらりゆらりもうあとひけないぐらいにわかりすぎたふたりもっと……

between_paragraphs_13

始めてめてあなたに舞ってきたかけらたちおもしろいこともないしこれしかやったことないし爭いあうものたち脱いでしまえばおなじ髪型襃められたり愛したのはたしかにオソビマベルスンビンサニ思わずなつかしさに悲しみをやさしさに攷えていないふりしたり攷えているふりしたりすぐそばのやさしさに涼風めくってみたり見つけたりなくしたり風酔わせておくんなんし溢れてしまうくらいに今はただひたすらにうつむくだけのふたり學芸會でもあるまいに帳消しになっちゃうくらいにもっと……

逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのに僕らはいつもふたりぼっち明日消えちゃってもいいようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりに掴んだものはすぐにすりもっと……

between_paragraphs_14

朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに感じたことなどなかったのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに齣してしまうはずなのにスベテノイミヲシツタトキ楽しみにとっておいたのに特別なことなんてないのに閉じたけどわかってるつもり中にすべてあればいいのに昔々あるところに話にかえられますように平麺鏡をなぞるよぅに振舞うことができるように僕にだけでありますようにまぼろしにさらわれぬように実況席設けてますゆえに何度夢をくぐったらきみに治らないあたしをしらんぷりもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content