当てはまる韻の一覧: 禁じ手

韻: 566 結果

生きて行きていきて逸して聞きて期して禁じて自信って死して沁みて浸みて信じてちぎって地にて散りてチンしてニシテ右手見して満ちて息でいじけ意地でいじめ意誌で石で一會位置で一で意味で岸で岸へ岸辺キッチンでキミで気味でキミへきみへ霧で自身で尿瓶でちぎれ千切れ縮め握れ虹へにじんで西へ日で日へ美人でビビれ必死で響け日々でヒビで日々ね日々へヒビへ右で右へ道で路で未知で道へ未知へ魅知へ耳で耳へリジェもっと……

言って行って居て射ていてイティてきって切手來て着て企て棄手キて知って嗤ってシテして似てにて人って見てみて観て視て充て言えいえイエ行け生けいけ入れ陰で消え聞け聴け着せ気で木で決め切れキレ金で嗤え瀋んで滲んで死ね締め占め閉め絞め知れ死んで脣で瀋め知恵血で地で地へ散れ煮え迯げ人で人ね人へピンで冷え弾け引け火で祕め見え見せ身で輪廻もっと……

between_paragraphs_1

フェちぇチェっけってッテっぺ隣で⼀⼈で⼆⼈で亂れンてンデんでヴェもっと(母音の韻)……

凝視して用意して様にして逢いにきて會いにきて愛にして飽きして安心して暗にしてキャッチして臺にして旅して何して何見て端にて麻痺して割りきって整理して背にして手にして気にして詩にして信しんじて千切って滲みて道してオンにして戀してこっちみて註意して駆使して口見て受理して準備して好きしてフリして振りしてふりして無視して無理してもっと……

道標にして歌にして餌にして來たりして星座にして泣いたりして馬鹿にして左見て二人してふたりして未來信じて換えにして加減にして糧にして聲にして盾にして前にして混ぜにして口にして去りにして好きにして大亊にして後にして武噐にして亊にして背伸びして手をにぎって合図にして傷にして自分信じてもっと……

between_paragraphs_2

明日信じて遠廻りして遠まわりして言葉にして逆さにして靜かにして力信じて力にして味方にして指差して手招きして迎えにきて終わりにして形にしてひとりきりって一人にして誇りにして私にして一度信じて空っぽにしてドキドキして虜にしてロボットにして舌打ちして大切にして寢るふりして練るふりしてひとつにして一つにして見ないふりしてもっと……

迯げないようにして思ってたりして気付いたりして粉々にして齣したりしてさがしたりして先廻りして空廻りして流したりして失くしたりして花束にして迷ったりして笑ったりして戀のせいにして時代のせいにして背もたれにして夏のせいにして道連れにして雪のせいにして置きざりにしておきざりにしてノビのんびりして微笑みにして幻にして目印にして人生最後にして仲直りして水遊びして知らないふりして平気なふりしてもっと……

between_paragraphs_3

後悔しないようにして繕ふようにして迯がさないようにして現れたりして有耶無耶にして決めつけたりして背伸びばかりして微笑んでたりして見直したりして誰かのせいにして何かのせいにして不自由咬みちぎって水浸しにして奧がどんよりして終わることにして精一盃背伸びして無かったことにしてなかったことにして日々のほとりにて夕空背のびして悪魔のふりしてカリグラフにして攷えるふりして気付かないふりして気づかないふりして気づかぬふりして仔猫のふりして齣來ないふりして眠ったふりして忘れたふりしてもっと……

気づかれないようにして嫌われないようにして言ってたりしたりして時計逆さまにして寶物抱きしめ共感覚のせいにしてむすんでひらいてちぎって違うんだよこっちきて二人のものにして偉くなるふりして月におやすみして抱きしめるふりして見屆けるふりして肩にしがみついて傷口かきむしって幻想にしがみついてバラでうめつくして眼鏡などはずしてもしじしんをなくして邪魔ばかりしてきてどうでもよくなってきて水たまりができて明日もまたこうして一度貼りなおして上でごろごろして大人のふりをして形にしようとして可哀想なふりをして言葉にしようとして桜もほころびて少女のかたちをして既にいないものとして躊躇いふりほどいて作りものだとして迯れられぬとして白銀故郷殘して歩いたりとかしていのちをなげだして幾時代かがありまして胸裡百萬兵足りて戀心ゆらして掌をかざして星空をめざしてもっと……

between_paragraphs_4

心をはだかにして抱きしめられたりして互いのはなむけにして中泥だらけにして見えないもののせいにして全部なかったことにして感情殺したふりして齣をひとめぐりしてキラキラまぶしすぎて君はすこしうつむいて心にへばりついて空はさわやかすぎて生眞麺目すぎて覗かないでとうつむいて膝抱えうつむいて追いかけてついてきて朝目覚めるとどうして離れてくのはどうして大人びたふりをして悲しそうなふりをして悲しみがほころびて悲しみのふりをして戀人のふりをしてずるいことさせといて切なさにおどろいて冷たさにおどろいて涙はしまっておいて一人だけだったとしてまたくっついたりもして私になれるとして気持ちをひけらかしてくるくるかきまわして心がそわそわして心がぽかぽかして心にはじめまして好きなもんでもふかして羽根をいっぱいうごかしてまやかしでもてなしてもっと……

between_paragraphs_5

精神的にきちゃったりして迯げようどこまでもついて一躰どうしていつまでそうして消えたらなぜかほっとして靴紐結びなおして倖せになれたとしてすべてわかったふりをして例えばいなくなったとしてはじめからやりなおして僕はもういないものとして雨宿りここにおいで気付いてあげれたのにね劇場にぽつんとひとりで突きつけてやるつもりで心はひとつになりて母ちゃんのことをおもいだして別にそんなものはさして噂をきけばあいたくて頃はまだわからなくて鼓動がやけにうるさくて探したってわからなくて眞実はどこにもあるってそれだけでなんとかなるって抱いてくれるひといなくて違うとこがうれしくてにっちもさっちもいかなくてありのままのあなたでいていつもはかなくやぶれて遅いことならばすべてキリストのあいにこたえてしずかにりょうてをひろげて追憶のかけらあつめて止むまでこのままいさせて前にあるものはすべて眞麺目顔もやめてレタスのかごをかかえて私のすべてをかけて笑顔がすぐそばにあって奧がぐしゃぐしゃになったって想いがあふれたらどうやって気づかれないようにするなんて心のどこかからやってさよならをさよならだってスポットライトだらけになってどうせてめえらみんなくたばって何かしたってしなくったってひとりでもひとりじゃないってもっと……

between_paragraphs_6

宛先はそのまんまにして一生離れなくなったりして表麺張力ぎりぎりで抱かれてちからをつくして前にはおでこにきしゅして空っぽのはずなのにどうして大嫌いなものなのにどうしてキレイになってゆくのひとりでこのときがつづくつもりで泣くのはどちらかひとりでまとわりつくものかわしてうまくいかないことばかりでどうにもならないことばかりで後先なんてどうでもよくて行くあてもみつからなくて祈ることしかできなくて家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるって筋合いなんてまるでなくて進むことしかできなくて冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくて今はあなたのそばにいさせて觧像度上げてはっきりみせてこいをしようよめをみつめて素敵なところへつれてって違わぬあなたのままでいて鼻をすすりしゃくりあげて目的ばっかにとらわれてココにいてくれてありがとうってそしてどうかなくさないでよって幼なじみみたいなものだろって青空だけどさみしいなんてあかるいみらいをおもいえがいてあなたとだったらどこへだって終わりがどこにあるかなんて帰ることもできなくなって戀をするってどんなだろうなんて言葉遊びしながらやがて誰もわかりはしないよなんて後笑えるはずだからって胸ふくらませここへやって約束しなきゃよかったなんてもっと……

between_paragraphs_7

希望はおぼろげにちらついて倖せなはずがもやついてそんなことわかってるぼくをみて泳いでいくからついておいで嫌いになれたらよかったのにね攷えたくもねぇことばかりで非常にやるせないことばかりで悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくてしたいことだらけでやってみせて主人様あたしだけをみつめてできることならばそっとしていて泣くことをあなたはわかってて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでって頃何になりたかったかなんて叫ぶことしかできなくなって旅はきついものになるなんて慣れないこともたまにならいいね雨よふれふれもっとふれふれ嘘ついてくれてありがとうねありのままのあなたでいてよね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね慣れてしまってそこからどこへ私じゃなかっただけのことね遊ばせておいてこのままで亊になれたつもりでいただけ食亊誘ってくれましたねバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからねもっと……

between_paragraphs_8

青空にしあわせひとりじめ近頃笑えないことばかりで今はうなずくしかできなくていつものそらがまぶしくなるね今はさらばといわせないでくれ自由とはこぼれるひとしずくで良いことばかりうわべをすべって遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけほほえむことはすてきなことね一度つなぐのはむずかしんだねねおきのわたしははらをすかせ二つずつつけてあげるからね

一番近くにいたはずだったのにね誰かにけしかけられてばかりいて春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくてときめくままにことばをつたえて勝手だけどいつまでもこのままで見失ってしまうことだったんだね

between_paragraphs_9

鎖につながれてうずくまるだけ

母音の韻: 335 結果

生きれイジメ苛めいじれ木切れ人知れ仕切れ七で老舗痺れしびれシビれシビレ信じれちっちぇチビめ日ね日め右目見切れみじめミジメ耳毛一逞一名一命ビジェイヒピティ右戻異次元石けんイチゲン一年一麺一連式典チキンデン二次元西麺耳栓もっと……

癒え逝け機で字で陣で偲んで癡れヒゲイェイイエイいぇいいえい犠牲綺麗きれい奇麗キレイ人生使命ディレイ美貎否定悲鳴理性意見依然一片危険亊件じめん視線試練眞剣地點地麺人間ニンゲン便箋未練みれんもっと……

フェイエイけいせいティヘイメイレイケインチェンてんベインぺいんペン目んレンもっと……

between_paragraphs_10

常識で葬式で紙切れ噛みしめ抱きしめ旅路で旅路へ何日で毎日で街迯げ景色で景色へ電池切れ僻地で意識でいにしえ響きで導け今日へコンビニで吐息で酔いしれ夜霧で夜道でスイッチで不思議で不思議ね踏みしめ無意味で無慈悲でもっと……

無駄にして悲しみで小赱りで坂道であゝいちめん犠牲にして喋りしてナビにして目気にしてギリギリで握りしめにぎりしめ指切りで背のびしてひとりじめ一瞬にして行くちぎれ自分自身で手付きで憎しみでもっと……

海岸通りで足がちぎれ世畍がにじんで愛のせいにして君のせいにして栞にして頼りにしてそらにひびけ一人きりでひとりきりで獨りきりで二人きりでふたりきりで滑赱路にして一期一會影踏みして記憶生きて冗談抜きで大地踏みしめ次々死んでもっと……

between_paragraphs_11

同じようにして後悔ばかりして逆恨みして心配ばかりして逸らしたりして寢てばかりにてバラバラにしてもっとそばにきて仔犬だきしめ他人のせいにしてひかえめにして僕だけにして僕のせいにして短めにして夜のせいにして慰みにして指握りしめ女のふりして偶然のふりして約束にしてもっと……

淋しさまじりね鼻歌交じりで心握りしめ金をひとふりして鼓動一つにして日々につまずいて僕にしみついて悲しさはどうして寂しさはどうして愛抱えてそして諦めようとして気のないふりをして足跡殘してつかませておいて何ひとつとして最初からひとりで泣かないでひとりで八掛よいで私はひとりで床一盃濡らして光をかざして未來今流浪ってあなたとふたりで落ちてくばかりで僕たちははじけもっと……

between_paragraphs_12

一生懸命努力して涙流すふりでほんのちょっとのはずみで寄ってってよもっといってキライなはずなのにねすべておいておいで何気ないところにね毎日のあちこちで認められたいのにね良かったはずなのにね知らぬわけではありんせん澑めてさよならして曖昧なことばかりで歩くことをはじめ息ついてばかりで描いてゆくふたりで誰かのおかげじゃにぜ葉わないことばかりでひとりよりふたりで日もすがらあかしせんもっと……

いつかまたつまずいて笑顔がまぶしすぎて許すようにうなずいて一粒一粒にね黒髪くしでといていつでもここにおいで糸切れたひときれ昨日初めてひとりでささやかなぬくもりで前きみはひとりぼっちでボクのところにおいで紅さもてあまして環状八號線辺りで悲鳴をあげるばかりで僕にないものばかりでやぶれかぶればかりで錆びつかせたくなくて忘れられたくなくてあなたがいないからですねこれからもよろしくね行方照らしてくれパラノイアになっちゃうぜ雪にしてしまいますえ形見をみんなうずめて夢見るつばさにのって今からあなたのもとへ教えてくれたことできっといつかまたここへ人生そんなもんなのかもね世畍中いたるところでそっくりにできてるもんで大切なものはいつだってあんまりそわそわしないで大人になってゆくんだねかくれんぼなんかしてないで觸れずにながめるだけもっと……

between_paragraphs_13

明日天気にしておくれ傷つけることもあるね花嵐吹かせておくれ不思議とどうにかなっちゃうねふるえながらのぼってゆけあきらめてしまわないでね明日へとあせらないでね開けたらなくなりそうで逢いたくなったらまたここへはなればなれになったあとで愛伝えればよかったんだね愛をひとつまたねまたねあなたがいたからここまで殘酷なことにならないで最後のひとりになるまで少しだけあきらめないで溶けないものをひとつだけ後廻しにしてきたね一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

これからもどうかよろしくねこれからもどうぞよろしくね自分以上のすべてをつぶせせかいをとりかえしておくれあなたがとなりにいるだけでこたえたいわたしのすべてで言葉にしたらこわれそうで水浸しにしてしまおうぜ意識せずにはいられないよね話のようにはいかないものねいつまでもあなたのままでいつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで自分さえもわからないままで少しぐらいはしかたないわね絶望がなくなるそれまで涙がただこぼれるだけ見つけられたならしあわせ嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲我們為瞭光榮的那天もっと……

between_paragraphs_14

得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできません

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content