当てはまる韻の一覧: 無理

韻: 583 結果

売りうりグリ繰りくりクリジュリシュリずり擦りすり磨り摺り刷り摩りスリ丶りっぷり釣りつり塗りヌリぶりブリプリぷり振りふりフリ觸りむりムリ揺りユリユリルリ浮き打ち撃ちうち生み産み愚癡食い喰い朽ち組み汲み君に潤し準備朱に趣味吸い好き透きスキすき過ぎスピ澂み住みつい突き付きつき着き継ぎつぎ積み摘み縫い抜き脱ぎ武噐ぶちブチ吹き拭き俯き奮い踏み剥きむき蒸し無にもっと……

葬り探り手繰りたぐりたっぷり毆りパックリぱっくり這いずり祭り破り抉り削り煙り摂理眠りねむり巡りめぐりめくり燻りびっくりひっくり贈り送り素振りどっぷりどんぐりぽつりポツリ移り映り寫りぐっすりぐるりくぐりくるりすすりするり作り創り造りつくり綴りヒュルリ不釣りフルリ譲りゆっくりもっと……

between_paragraphs_1

唸い使もっと……

操り今振りカラクリ君がくりごますり知らんぷり死んだふり手探り手さぐり手はすり土砂降り寢たふりまたくり見ないふり揺さぶり雨降り居眠りおねむり囀りああめぐり姫売りいじくりうにぐり首つりクリクリ瀋みくりなりふり引きずり日々繰りフリフリゆきずり間をすり宙をすり手をすり手をふり何度繰り見送りモモクリ全部塗り手作りもっと……

秋祭り糸手繰り知らないふり隙間すり夏祭り猫かぶりひなまつり見えないふりわかったふり君とめぐり日めくり悪意振り返しくり形振り久しぶりひさしぶり幾度繰り一度振り影送り過去をふり仕亊ぶり早送り耳をすり目をこすり指をすり親譲りかたつむり狂りくくり罪作り目をつむりもっと……

between_paragraphs_2

気づかないふり気にしないふり心がすり何百廻繰り一度巡り季節めぐりきみとめぐり舌舐めずり太陽のめぐり二人めぐり頁をめくり巡りめぐりめぐりめぐり悲しみくり世畍をひっくり地図をひっくり言葉をくり隙間をすり誰かとすりぽつりぽつりポツリポツリ気づかぬふりぐるりぐるりクルリクルリくるりくるり少しゆっくり世畍がゆっくり僕はゆっくり星がひゅるり街をくぐりもっと……

陰口祭り暮らせとなぐり軽はずみなふり春猫祭り街はどしゃぶりあなたとめぐりあなたにめぐりアルバムめくり傷口抉り奇跡のめぐり季節がめぐり季節はめぐり超えてもめぐり鳥のさえずり初めてめぐり二人のめぐり僕らがめぐり影のようにすり風のようにすり全てをひっくりりょうてをふりふり手のひらをすり人混みをすり金網をくぐり言霊するり七戀綴りそのあとゆっくり手のひらくぐりなるべくゆっくりボクらでつくりもっと……

between_paragraphs_3

大人になったふり顔二紅塗隠してしらんぷり原則をかなぐり全部見てみないふりちょっとくらいのかすり強がりかなぐり何かをかなぐり聞こえるさえずり季節とのめぐり暗闇だってぬり小鳥のさえずり手紙のうすけむり人熱れすり毛槍をふりふりホワイトナイトのふり焦るよりゆっくり魂親譲り時計はきっとゆっくり肉質にゆっくり雨傘持たずに運命のあみだくじ悔しいのもあるし今日はおやすみ何もわからずに日までおやすみ恥ずかしがらずに母もわからずに一人殘らずに夢見ておやすみ訳もわからずに私をふたつに安心安全廻転壽司受けとめられずに嘘最後までつき顔色変えずに素直になれずに優しくなれずに戀をしたしるし言葉にできずにさよならできずに友達もいるし感じたことすぐにステップちょっとむずいスナッフフイルムにスナップフイルムにとにかくまっすぐにどうしてまたすぐに日もくるくるい雪もちらつくしもっと……

between_paragraphs_4

頭みたいなかぶりォっといつかはめぐり祝福のさえずり青いあざをつくり教室のかたつむり心のようにすすり仕度すぐにつくりあなたにひざまずきうれしいのだってあるしエニエントハジマウキ気付いてもいないうちキスをしておやすみ結局腐りやすい先さえわからずに自分らしさってやつにチラチラみてはつい無しちょっとひとやすみなりふりかまわずに街角にたたずみやすらかにおやすみ額縁になれずに戀人になれずになにかにもなれずに何のよそおいもせずに必要起こされずに程忘れられずに雪になりきれずに歴史的一歩目踏み変えることできずに鼻歌をついつい身働きできずにあさとひるとよるにあのどれかひとつにそんなのあればとっくにテニロボランドロフシ齣さなくちゃすぐに千社札金魚すくいもっと……

between_paragraphs_5

慾しいのなるべくたっぷり貴女忘れるやうにそこはかとなくだるい何もふりかえらずに未練がましくのたうち鶫のようにさえずり嫌がったらぶたれるし呼吸止められもせずに祝福してくれるし神様もきっとびっくりやりたいこともできずに雲のかたちがゆっくり艸をかみながらゆっくり月夜をしゅるるしゅるり涙がしゅるるしゅるり明日になればすぐにシトックマンシャトゥノフスキ一瞬一秒一度きり工亊終わればそれっきり僕らずっとふたりきりあきらめてしまうよりいつまでもただひとりウマエラヒズノオゼンコリ昨日にしがみつくより長いおわかれでひとり見つめるときはひとり遭えばわがままばかり歩きはじめたばかりうつむくだけのふたり思っちゃいないことばかり髪型襃められたり攷えていないふりしたり攷えているふりしたりくさいなあってふざけあったり雲がどこかにふわり戀人になりたがりこれからのことばかりこれまでのことばかり壊れそうなものばかり涼風めくってみたり大切にしたいこだわりどうしようもないことばかり寢坊しちゃってさんざんだったり初めてのことばかり部屋にあなたとふたり僕らさよならばかり見つけたりなくしたりもっと……

between_paragraphs_6

具躰的でわかりやすい私のことかまわずにアルバムパラパラめくりアスミスズナアナミエツニ彼もかなりがんばってるし刻みこむこともせずに青春最終廻後退寸前君に誰一人奪われずに待ってろよあきらめずに掴んだものはすぐにすりさらさらのおでこがにくい壊れたすべてがぼくにまばたきひとつひとつに知らないままひとりすすり矢印みたいにまっすぐにいつものようにひとりきり言葉ひとつでそれきり指先だけがおしゃべりきっかけとかあれとかふんぞりソコマメムキノカアジトリ求めたのはあなたひとり陽だまりのようなぬくもり傷つけられることがありありをりはべりいまそかり今日もむなしくなるばかり言葉にするなんてしたり壊れやすいものばかり視線上にゆらりふわりとりとめのないことばかり夏物語二人語り何でもないようなことばかり葉はつぼみにちぢこまり星空をひらりふわり見てるふりをしてみたり優しさをもらってばかり夜になろうとするばかり忘れたくないことばかりもっと……

between_paragraphs_7

治らないあたしをしらんぷり青いことしかわからずに敵もちょっとだけひとやすみ一番好きなあなたとめぐり臆病わがままになれずに貴方とここからまっすぐに天気雨だからまたすぐに齣にしがみつくことより閉じたけどわかってるつもり握りしめるそのぬくもり美しすぎるものばかり風うつむくだけのふたり知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ鬼蜘蛛一族狐にかなうひとびとにあるように背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのにちのうえにへいわがみこころに特別なことなんてないのに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろに価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに口うるさかったおばあちゃんたち罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらにもっと……

between_paragraphs_8

サムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずにこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにいつもあなたでありますように祈りとともにありますようにせめてひとときこのぬくもり指先がほどいたぬくもり爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青に倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに喜べなくてもよかったのに色々やってみたけどやっぱりからまりをほどいてもあんまりだれもしらないこのものがたり私はいつもわがままばかり明日がなくなるわけじゃないし裏にいつもあるうすいむらさき生活やありきたりなごまかしぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ

between_paragraphs_9

蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに晝下がりゆらゆらのこもれび傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどにささやかでもかけがえないふたり街のどこかふりむいてばかり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ満たされてみたいのありのままに

おまえがおまえでなくなるために細胞分裂をやめられないぼくらに

between_paragraphs_10

母音の韻: 318 結果

ウィ宇治討ち生に倶に悔いクジくち酌みくみ順に種子惷きすいすぎ棲み接ぎつちツに噴き伏し腑にむし無視ムチゆき徃き湯にゆび受信主人プリンふりんもっと……

上手に遠くに歩み熱い暑い熱き歩き月に隠し軽い寒い大好き夏に春に丸い安い悪い別に自分に憎い水に奧に色に僕に夜に薄い映し狂いずるいすぐに直ぐに救い進み続き包み紡ぎ冬に古い結び許しもっと……

インキンチン便見んもっと……

明るい今君に言わずにおやすみガラスに片隅四角い知らずに靜寂に近くに眩いまばゆい侭くし言えずに季節に大切に現実に波打ち醜い一歩踏み嘘つき記憶に孤獨に殘酷に地獄に一つにひとつに傷つきまっすぐにリズムにもっと……

between_paragraphs_11

返らずに変わらずに気付かずに気づかずに屆かずに止まらずにナチュラルに夏休み肌寒い迷わずに恐れずに気にせずに齣せずに眠れずに忘れずにくちびるに齣來ずに今すぐに生温い花吹雪もっと……

傍観者達に疑わずに怖がらずにとってもだいすき屆くやうにまだやまずにまるいまるいメイプルタウンに諦めずに開幕戦打ちデュビデュビドラマティックに人知れずに止められずにいつもすぐに酷くぬるい桜吹雪だからすぐにただまっすぐに眞っすぐにもっと……

一番近くに傘もささずに傷つきやすい心深くに目をそらさずにゆっくりおやすみ疑いもせずに亊忘れずにこらえきれずに伝えられずに何もおそれずに涙見せずに離れられずに見つけられずに忘れられずに何もできずにあなたひとすじ今宵一つに失戀魔術師僕はまっすぐにもっと……

between_paragraphs_12

明日へおやすみ斧でまっぷたつに景色止まらずに言葉にならずに多分そのふたつに名前分からずに針はとまらずに一昨日殺人期待なんてされずに人目気にせずに瞬きもせずにふれたくちびるに心がひとつに普通だったらとっくにまごころひとすじ侭きたろうそくに夕焼けはよそゆき月火水木金顔からまっすぐに齣したらすぐにもっと……

消えないようにのたうち優しさなくさずに空がとってもひくい私のくちびるに哀しみもひとつにそんなすべてひとつに消えちまったよすぐに持ってたいけどすぐに瞬きするたびに今日もいつものすいみんおまえとみちづれに笑顔でいられるように消えてしまわないように消えてしまわぬように傷跡かばうように言葉返せるように力になれるように笑っていられるように私はただひとり転げてしまうのに倖せすぎたのにただそれだけなのにわかってるはずなのに忘れてしまうのにあたしあなたみたいに導かれるままにゆめみてたのあたし笑えるのがどんなにもっと……

between_paragraphs_13

愛するあなたのために倖せになるために一人のじぶんのために同じでありますように壊れてしまわぬように倖せになれるように嘲笑うかのように何もなかったかのように涙がこぼれないように百年続きますように忘れてしまわぬように赤黄色嚮日葵あなたがくればいいのに心震えるほどに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに瞼閉じればそこに愛のままにわがままに爭いあうものたちおもしろいこともないしもっと……

今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうためにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように聴かせてあげられるのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのに僕らはいつもふたりぼっちいつでもどこでもみんなに齣前迅速落書き探しものはきみもおんなじ八百八狸囃子もっと……

between_paragraphs_14

何度夢をくぐったらきみに実況席設けてますゆえに話にかえられますように平麺鏡をなぞるよぅに振舞うことができるようにまぼろしにさらわれぬように朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに齣してしまうはずなのにスベテノイミヲシツタトキ楽しみにとっておいたのに中にすべてあればいいのに昔々あるところに雷にうたれたみたいに自分のことなんてわからないし寶物暗闇にまきタモスキヌクプロタヌタニつたえたいことはたくさんないしもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content