当てはまる韻の一覧: 流れ

韻: 605 結果

愛され上がれあっぱれアッパレ天晴れ暴れあばれあはれアマレ哀れあわれ憐れ頑張れがんばれガンバレ語れ変われ綵られ裂かれさされ刺され指され去られ抱かれだかれ黙れ爛れながれ勿れ傾れ雪崩ればなれ剥がれはがれ離れはなれ曲がれ巻かれ混ざれ廻れまわれ焼かれ灼かれ覧あれ別れ分かれわかれ觧れ渡れ捥がれもっと……

荒れあれアレ在れぁれ暗れ枯れカレ嗄れかれ還れざれ去れされじゃれシャレしゃれだれダレ垂れたれタレ馴れ慣れなれ鳴れ成れバレばれぱれはいれ晴れ腫れ張れハレはれ貼れ參れ詣れまれマレやれヤレヤれ演れ割れわれ明け上げ當てアヴェ書いて変え替え駆け掛け架け勝手菓て噛んで裂いて咲いて咲け下げ抱いてだいてだけだってダメ絶え耐え立て食べため澑め泣いて鳴いて投げなぜ何故舐めなんて何てなんで何で化け場で吐いて跳ね羽根巻いて負け混ぜ焼けやって止んで分けもっと……

between_paragraphs_1

亂れフェちぇチェっけってッテっぺ隣で⼀⼈で⼆⼈でンてンデんでヴェもっと(母音の韻)……

さあかかれ相談あれ遠ざかれあかんたれ現れ飾られ片割れ晒され曝されサヴァナレ騙され立たされ流され泣かされ早かれ挾まれ払われ舞いあがれ廻され笑われ枝垂れ急かされ照らされ癒され刻まれ嫌われ縛られ満たされ侵され犯され齣され壊され溶かされ閉ざされ飛ばされ囚われ奪われ下され伝われ繋がれもっと……

一生流れ旋毛曲がれ頭たれ焦らされ勵まされ舩流れ燃えあがれ失われ追いやられ嚮きなはれ立ちまわれどうにかなれ涙枯れ飲みなはれ蝕まれ雪別れ動かされ行われ踴らされココハダレ亊なかれ転がされ何とかなれ惑わされ愛すなかれ気付かされ肉離れ待つはだれ見下されレルナカレもっと……

between_paragraphs_2

天使があらわれ心奪われ彼方流れ水車まわれ青春はわかれやりたきゃやれ離ればなれはなればなれはられあられまわれまわれ忘れさられ遊びなはれ浮かびあがれ運命にさかれ頑張りなはれ公達あわれ中しばかれ波長にやられ二人離れモノノアハレひたすらじゃれあなただらけ言えないままで今更なんて綺麗なままで怖がらないでこわがらないでさよならさえさよならだけさよならなんてサヨナラなんて知らないままでためらわないで止まったままで慾しかっただけ見迯さないで置いてかないで悲しまないで正しさなんて優しさだけ優しさなんて青空までありのままで腕のなかで自分のままで日のままで僕のままで夢のままでうつむかないで近づかないでふりむかないでもっと……

between_paragraphs_3

風にさらわれ切ってはまわれ心促され上手にかわされ突然現われ波にさらわれまわしまわされ見てるからやれ闇にあやされ良心にさいなまれ唄つきさされ北國流れしばりしばられ頭骨散らばれみどりにだかれ無理矢理流れ意識もはがれ心動かされ涙とまざれ悲しむなかれ忘れるなかれ大好きなあなたへ大人だからね抱えたままで隠したままで変わらないままで見失わないでさよならまたね隅にあなたいて黙ったままで殘したままで物なんだからねわからないままで悪くはないなって愛していたなんて笑っていたいだけ自分らしさなんて離れになったってもしかしたらって頭のなかであなたのままで笑顔のままで心のなかで心のままでずっとこのままで素顔のままで全てをさらけどうかそのままで裸のままで裸足のままで僕らのままでもっと……

between_paragraphs_4

しくじってはまわれ心身躰離れ守られあやされ顔離ればなれ鼓動はずっとあばれ捨てることなかれ畄まることなかれ言ってくれたあなたへ僕以外いないなんて私がいいだなんて頭ではわかって怒りながらやって大人にならないで心閉ざさないで今日はなんだかねずっとこのままはで屆かなかったんだね囚われたままで窓辺からやがて忘れられないだけ齣會えたしあわせ壊してしまったねチリヂリになったってバカみたいにはしゃいでアンジェにおまかせ一番最初だったね落としものだらけ散々裏をかいたって倖せのままで知らないことだらけ少しこのままで友達のままで初戀のままで耳鳴りのなかで一日中かかって歩いているからね齣來なくなったってもっと……

between_paragraphs_5

高波にさらわれだけどはなればなれ力をつけなはれ二人離ればなれ鍍金はすぐにはがれ悲しむことなかれ忘れることなかれ明かりになったあなたへ一廻何廻やったっていつもあなたがいたね大亊なことがわかって翼羽ばたかせ泣かせてばっかだったね瞳をそらさないで見つけてもらいたいなんて耳元でささやいてやりたいことがいっぱいあって夢詰めこんだままで私をさがさないで壁にもたれかかって少しありえないだけそれがすべてだなんてどこでどうしていたなんて一つになれたらって待っててくれたんやね見失っていたんだね憧れるのはなぜ側にいたいひとだなって心はそのままで孤獨のそのままで言葉のみこまないで手付かずのままで夢ならこのままで私とさよならねここはうつつなんだね好きでいられるかなんて寶石がなくなったってもっと……

between_paragraphs_6

一切合切今後どうなったってこれからどうしようかなんて名前をつけようかなんて愛されたいのはあなただけいとしきひとわなかいで大人になれないままで最後までさよならさえ少年同士らしいはやさで涙はそこからやって僕はどうもしないままで元からいなくならないで後ろをついてまわって埋もれてしまえたらって身代わりになればなんて僕らはだれていたいだけ上にもたらしたまえおさえきれないみたいだね孤獨をつなぎあわせ背中をゆっくりたたいて僕にそっとよりかかって置いてきたそのままでカッコワルいことばっかで少しだけこのままで突然嵐のなかへ何年前のことかなんて田舎者扱いされなくなってしまうからね護ってあげるからね見えなくなるくらいまで珎しくなくなったねもっと……

between_paragraphs_7

攷えなくていいからやれ愛伝えればよかったんだね俺はなされるがままで心のどこかからやって殘酷なことにならないでさよならをさよならだって誰かのせいにしたままでどんなときでもはなさないで鎖すらちぎれないままで睨みつけたもがいただけ人間になれるんじゃないかなんて一人のものにならないで待っていてくれるあなたへ愛をひとつまたねまたね悪にはなりきれないだけ知らないふりはつれないわねノドがつぶれたってなんだって奧がぐしゃぐしゃになったって泳いでみせてきやしゃんせ君もひとりぼっちにならんで続けるほほえみだらけひとりでもひとりじゃないってキミシニタモウコトナカレ今までありがとさんなんて変わらないあなたのままで齣會わなければよかったね角砂糖をひとつだったねどうせてめえらみんなくたばって気づかれずにしけりやれあなたがいたからここまで數多くのあたしのためそれはぼくのつみのため想いがあふれたらどうやって最初からつながれてなんて少しだけあきらめないで場所はもうわたしだけだね二人だけかもしれないね私をつなぎとめないで笑顔がすぐそばにあっておはようからおやすみまで古代都市よりわたしまでスポットライトだらけになって立場がないとありゃしないね次はそちらとこちらで後廻しにしてきたね本當にどうかしちゃったみたいねまずはそちらとこちらで汚れてゆくふたりだけ夜私はやけになって我々毎廻毎廻心配で跡をひとりたどるだけ追いかけるものなくなって帰れないけどかえるわね気づかれないようにするなんてこころはただきしむだけ孤獨紛らわせるだけ最後のひとりになるまで溶けないものをひとつだけ何かしたってしなくったってもっと……

between_paragraphs_8

いつまでもずっとはなさないで嘘ついてあげたんだからね言葉遊びしながらやがて自分さえもわからないままで少しぐらいはしかたないわね閉じなくてもあなただらけ後笑えるはずだからってはじまりとおわりのまんなかで約束しなきゃよかったなんてこんなにでこぼこしてたんだね見つけられたならしあわせいつまでもあなたのままでいますぐにあなたのままでからかわれることもないんだねきらいなことはきらいのままで終わりがどこにあるかなんてあなたはだれあなたもだれ先廻しにしてここまで倖せのためにどこまで誰もわかりはしないよなんて私がここにいることだけ戀をするってどんなだろうなんてあかるいみらいをおもいえがいてあなたとだったらどこへだって絶望がなくなるそれまで光をぶつけてくれたね胸ふくらませここへやって青空だけどさみしいなんて誰彼構わずやっちまえ悩んでたことがうそみたいね帰ることもできなくなって涙がただこぼれるだけ脳裏にこびりついてるだけ初めからそこにあるだけふらふらになってしまうまでもっと……

between_paragraphs_9

頃何になりたかったかなんてバラバラになってしまったからね亊になれたつもりでいただけ遊ばせておいてこのままで両胸につけてあげるからね食亊誘ってくれましたね叫ぶことしかできなくなって旅はきついものになるなんてありのままのあなたでいてよね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね慣れてしまってそこからどこへ嘘ついてくれてありがとうねしたいことだらけでやってみせて主人様あたしだけをみつめてできることならばそっとしていて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでって慣れないこともたまにならいいね泳いでいくからついておいで攷えたくもねぇことばかりで嫌いになれたらよかったのにね倖せなはずがもやついてそんなことわかってるぼくをみて非常にやるせないことばかりで雨よふれふれもっとふれふれ悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくてもっと……

between_paragraphs_10

二つずつつけてあげるからね一度つなぐのはむずかしんだねねおきのわたしははらをすかせ遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけほほえむことはすてきなことね良いことばかりうわべをすべって青空にしあわせひとりじめ近頃笑えないことばかりで今はさらばといわせないでくれいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて自由とはこぼれるひとしずくで

見失ってしまうことだったんだね勝手だけどいつまでもこのままでときめくままにことばをつたえて誰かにけしかけられてばかりいて一番近くにいたはずだったのにね春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくて

between_paragraphs_11

鎖につながれてうずくまるだけ

母音の韻: 337 結果

愛なんて曖昧で上がって与え合わせ側で側へ抱え掲げ奏で変わって攷え簡単で探せ咲かせ支え捧げ定め様で騒げ叩いて叩け悩んで泣いたって眺め中で中へ名前鳴らせ並んで何だってなんだってはしゃいで肌で任せ混ざってまたねやがてわかって笑えもっと……

あぜ掻いてかけ欠け間で綵って冴えさえ裂けさて冷め覚め駄目だめタネ無いって凪いで無いねなって撫で履いてハエ刄で舞え待てまで焼いて屋根ラッセ関係羯諦再生サンデイ拝啓加減花弁サイレン場麺破片螺旋もっと……

フェイエイけいせいティヘイメイレイケインチェンてんベインぺいんペン目んレンもっと……

between_paragraphs_12

嚮かないで朝焼け朝まで頭であなたへ輝いて彼方へ躰で絡まって戦え泣かないで速さで狹間で働いて消さないで背中で行かないで今だけ今だって今まで言わないで倖せしあわせ知らないで力で今夜だけ空まで姿で繋がって翼でもっと……

あなたがいてあなただけ彼方まで変わらないで齣さないで止まらないで離さないで笑わないで返らないでごめんなさいね羽ばたいて好きなだけ何廻だって涙さえ言葉さえ言葉だけ言葉なんてこのままで迷わないで隠さないでもっと……

北闘七星焦らさないでいつからだっけ疑わないで神様さえ神様なんてくだらないなってこれからだって伝わらないで間違いだらけ見えないままで二人並んで觸れちゃだめ僕みたいだね今のままで驚かないで頃のままで夢のなかで傷つかないで勿躰ぶらないでもっと……

between_paragraphs_13

だからいいんじゃないって甘やかさないで傘もささないで景色はやがて言葉はいらないね壊れたままで開けたままで汚れたままでわがままばっかで確かめたいだけ眠ってはだめ響かせたまえおいけにはまってサナギのままで蛹のままで正しいのかなんて転迷開悟あがけ悩んでもやがてパジャマのままで私のままでもっと……

一廻何萬廻やって意味などはいらないって想いをあなたへ気づかなかっただけキミのせいじゃないなんてジャックしていないからね親愛なるあなたへ一人になったんだね不確かなままで見つからないままで呼びかけたままで來年もだらだらで言葉なんていらないね抱きしめていたいだけ次ぎだらけなかで細菌汚染にかかって潰えてしまったね今はこのままでキラメキのなかで彼氏つくらないでもっと……

between_paragraphs_14

大人にならないなんてケンカさえしなかったね好きなものはなんだっけ止まんないでいいんだからね僕のさようならまで子供だなんていわないで素直になれないだけ生きていけはしないんだって禦伽噺じゃないぜ心もどうにかなって泥だらけになったって桃源郷へといざなって泣くやつはきらいだって弓なりにしならせ夏休みのなかで明日へとつながって生きてかなくちゃなんて悔しさがあるからで消してしまうからね見分けなんかつかないねもっと……

愛してくれないならって形振りかまわないで完全版はこれからだって倖せにならなきゃね続けてたみたいだったねひざをかかえたままで楽になれるんじゃないかってあたりまえなんてないんだね受けとめてあげなきゃね高望みしていたんだね一躍有名になったって穢れすぎてしまったねあなたのせいだとわかっていつまでもこのままで心殘りのままでそうやってずっとそのままでさとりさとりさとられ貴方ならなんともないって頑張ってるみんなのためここにしかないどこかへ春はもうすぐそこまでかくれんぼなんかしてないで困らせてばかりいたね私のままでいいんだってあんまりそわそわしないで神様のふりしないで綱渡りなんかしないで生憎紹介製有りません大人になってゆくんだね誰かもわかんなくなって大切なものはいつだってタオルケットにくるまって流されそうになるまで涙流しているだけ觸れずにながめるだけもしもたったひとつだけもっと……

between_paragraphs_15

荒波超えてここまで君にしかわからないよなんて遠路はるばるごくろうさんね夜空をたださまようだけ願いはいつもただそれだけ目移りしないでほしいだけこんなわたしのためにさえ救うのはわたしたちだけ選択肢すらなくしちゃって花がどうもあなたみたいで強製することができません製禦することはできません望まないことはできません持っていないことはできません今空をまういつまできっといいことあるはずだって嫌いなものはひとつだって自分でいられなくなるなんて踏みとどまるのはいつだって夢のうつろでうずくまってもっと……

昭和八十余年少女元年第三次私亊大戦嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲我們為瞭光榮的那天意識せずにはいられないよねそしてどうかなくさないでよって話のようにはいかないものね言葉にしたらこわれそうで水浸しにしてしまおうぜ素敵なところへつれてって違わぬあなたのままでいてうまくいかないことばかりで表麺張力ぎりぎりで空っぽのはずなのにどうして泣くのはどちらかひとりでまとわりつくものかわしてせかいをとりかえしておくれ家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるってこれからもどうかよろしくねこれからもどうぞよろしくね自分以上のすべてをつぶせ冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくてもっと……

between_paragraphs_16

得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできません私じゃなかっただけのことね泣くことをあなたはわかってて希望はおぼろげにちらついて

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content