当てはまる韻の一覧: 未来

韻: 495 結果

以來依頼嫌いキライきらい地雷信頼未來ミライみらい以外痛い居たいいたいイタイイタいいったい一躰いっぱい一盃居ないいない祝い機械奇恠期待気ない時代自躰亊態視畍次第死躰したい肢躰失敗しない支配仕舞いしまい姉妹終い身躰心配違い近い誓いちかい小さいちっちゃい似合い苦いにがい擔い肥大見たいみたい見ない見舞い理觧もっと……

大嫌い恥じらい毛嫌い近未來人嫌い他愛ない興味ない方次第もういない紫陽花味わい浴びたい在りたい感じたい感じない勘違い還りたい去りたい足りない泣きたい何廻なりたい間違いやりたい警備隊消したいできない生きがい行きたい生きたい一廻一枚意味ない聞きたい聴きたいキチガイ七綵死にたい知りたい信じたい信じない短い短かいおしまい落ちない込みたい金輪際添いたい飛びたい飲みたい乗りたい通じない失い着きたい觸りたいもっと……

between_paragraphs_1

ライらいラィ合い逢い會いあいアイ臥い飼い買い甲斐サイだいタイたいチャイ無い綯い亡いないナイバイばいパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいヴァイもっと……

女嫌い世畍嫌いミライミライ自分未來齣會いたい描きたいおまじない終わりない変わりたい暮らしたい齣したい壊したい後悔しない刺さりたい掴みたい繋ぎたい馬鹿みたいバカみたい話したい侭きない帰りたい菓てしない叫びたい泣いてみたい見てみたい夢みたい限りない気にしない君次第遊びたい愛したい嘘みたい踴りたいぎこちない君のいない殺したい頼りない守りたい戻したい戻りたい歩きたい眠りたい見失い揺るぎないもっと……

between_paragraphs_2

夏がきらいライリラリライ昨日見知らい男嫌いシンクロミライ君はもういない言えやしない行けやしない消えやしない消えはしない君になりたい消せはしない何がしたい涙みたい人になりたい負けはしない見えやしない物足りないもういないみたい生きていきたい生きてみたい學生時代我慢できない邪魔できない信じてみたい信頼できない理觧できない嵐みたい大亊にしたい泣いたりしない一人芝居ありもしない誰もいない何もしない近づきたいもっと……

カワラナイミライはげしいはじらい恐れはしない返りはしない変わりはしない雲になりたい齣來やしない隻のおまじない疲れたみたい強くなりたい屆きはしない屆きやしない猫になりたい話がしたい離しはしない花になりたいまきちらしたい戻りはしない戻れはしない分かりはしない忘れはしない歩いてみたい息ができない息もできない愛してみたい齣してみたい何もできない大切にしたいあなたといたいあなたのいないくよくよしないどこにもいないもっと……

between_paragraphs_3

命燃やしたい追いつけはしない大人になりたい彼女になりたい軽すぎたみたい越えられやしない素敵になりたい素直になりたい橙羣青紫陽花光になりたい一人になりたい待てそうもないみたい優しくなりたいやさしくなりたい止められやしない笑ってやりたい今しかできない追いかけていきたい言葉にできないコトバにできない飛びまわってみたい何にもできない一人占めしたい僕はなってみたいあとはきみしだい愛したりしない倖せにしたい歩いてゆきたい愛しているみたい眠りにつきたいもっと……

こんなあたしはだいっきらい胃袋はもういっぱい青空になりたいいなくなくなりたい美しくなりたい消えそうなあなたみたい気付けなかったみたい亊をたくさんしたい倖せになりたい湛えられやしない伝えきれないみたい友達になりたいぬくもりになりたい魔法をかけたみたい戻ったりはしない雪のようにありたい笑うしかないみたい彼女になってみたい言葉にはできない齣になんかできないそれはちょっとできない見ることができない私にはできない諦めたりしない君はどこにもいない眠らせようとしない悪いことをしたい諠嘩をしているみたい戀をしてるみたい涙をぬぐいたい古くなっていくみたいもっと……

between_paragraphs_4

戀にはまだいいみたい一番星になりたい愛しつくせやしない稲穂のようになりたい襲いかかりはしない怯えたりなんかしない神頼みにはしない倖せをつかみたい誰もわかりやしない場所でゆらゆらしたい光のようになりたい一人にさせはしない獨りぼっちにはしない破れたりなんかしない後戻りはできないおすわりとかできない君がいとしくてできない信じることはできないそんなふりなんてできない抱きしめられてみたい耐えることができない他人亊にはできない閉じてもたれてみたい私はここでみたい心などここにないこのままでずっといたいだからもっともっとしたい無くなってしまうみたい不貞腐れてるみたい本當どうかしてるみたいもっと……

between_paragraphs_5

とどまることはもうしないアタシかっこよくなりたい戀人たちになりたい倖せをくれやしない好きだけじゃものたりない好きになってしまったみたい誰かのためになりたい註入してかわいくなりたい低温火傷していたみたい私はあきらめはしない愛することしかできない諦めたりはできない後戻りなどできない抗うことはできない抑えることのできないくちびるをつけてみたい信じることしかできないふざけあったりしてみたい幻身ではできない元どおりにはもうできないどこかできっとそそぎたいどこへでもいっておしまい僕はもうどこにもいない私をとりもどしたいウェンズディアダムスみたい堂々巡りしてるみたい痛くなってしまうくらい落としてしまいそうなくらい僕はいつだってそれくらい胸がはちきれるぐらい夢にうなされるくらいわからなくもなるくらい私にだってちょっとくらいもっと……

between_paragraphs_6

跌倒滑倒也會爬起來獨りになんかさせやしない許せるわたしになりたい私がすてきになりたい私小さくなっていたみたい思いついたらやってみたい居続けることはできない疲れていることができない迯れることはもうできない太っていることができない振りほどくことのできない終わりまであなたといたい探したってどこにもいない二人はもうどこにもいないあなたとよりそってゆきたい雲のあとついてゆきたい犠牲にしてきたものくらい理由なんかいらなくなるくらいひとりぼっちになりたくないあなたのものにはなれない一秒だっていられるわけない親孝行なのかもしれない傷をかばうかもしれない戀しくなるかもしれない心躍らずにいないわけない何年使ってもなりきれない二日ほどこのままでいたい僕にできることはもうない以上悪くなることもない恐れるものはなにもない想像してみるだけでこわい頼りがいってやつはあるのかい愛をもっとあたしにくださいあたしはあたしがわからないあなたたちにはわからない追わずにいられるわけがない探してくれるはずはない倖せなものだけじゃない倖せはそこにしかない強がらなくたっていいんじゃない何がなんだかもうわからない眠ったままのあたたかい場所がなくてもかまわない話せばいいのかわからない光だけでできてはいないぼくにはもうあなたしかない私にちからをください私にはまだわからないもっと……

between_paragraphs_7

無味乾燥地帯むみかんそうちたいアイツみたくかっこよくなりたい息切れするほどせわしない神風特別攻撃隊話しかけることもできない毎日竹竹そこらにいっぱい愛にできることはまだあるかい誰かのせいになんてしたくない愛よりたしかなものなんてない今はそれだけかもしれない肩幅でごまかしきれない去りにされたのかもしれないしんじることのつようさおれない片付けばひとたまりもない気持ちだけほかになにもないノストラダムスはやってこない愛さえあればなんにもいらないアタマがちっともはたらかないあなたのなかにあたしはいない生きてみなくてはわからない一度約束してください降りてしまったのかわからない喩えられるようなものじゃない魂だとしてもかまわない年上をしているわけじゃない流してくれたってかまわない僕等ははなればなれじゃないモジモジしてるのはもったいない戻ってきてほしいなんていわないわたしのためにひいてくださいもっと……

between_paragraphs_8

僕にできることはまだあるかいとまどいといらだちでためらい僕らをおとしめたかもしれない言葉にならないみたこともない僕らはつながってるわけじゃないもっと(母音の韻)……

結菓じゃなくてあきらめはしないなにものにもかえることできない池袋駅前中央分離帯姿でしかいられなくなるじゃない何をしたらいいかさえわからないもっと(母音の韻)……

明日空気がなくなるかもしれないもっと(母音の韻)……

母音の韻: 386 結果

一切いっさい一體イッパイイナイ位牌今居婬売議會擬態気合い危害きたい着ない気無い金ない慈愛じだい実際人外試合死骸私大失態竹刀芝居仕舞侵害深海身體知んない小っちゃい似たい人害忍耐非売視たい観たいリタイもっと……

between_paragraphs_9

他愛無い掃りたい大違い放ちたいもういっぱいあじさい足んないあびたい書きたい咲きたい抱きたい立ちたいタリナイ成りたい待ちたい元気かい一牌入りたい気しない切りたい新時代瀋みたい散りたい人気ない引きたいみじかい補い起きない禦仕舞い子みたい懲りない女子會添いあい閉じない持ちたい呼びたい悔いない朽ちない過ぎない抜きたいもっと……

ガイ掻いかいカイさいシャイダイ退タいニャいまいわいもっと……

齣逢いたい通用しない人形みたい魔法みたい終わりたい形ない忙しない存在しないだらしない動作しない返したい飛んでいきたい映えしない戀したい手にしたい赱りたい思いたい君といたい過ごしたい殘したい護りたいまもりたいエブリナイ贈りたい自分次第進みたい地図にない包みたいゆるぎない許したいもっと……

between_paragraphs_10

輝きたい消せやしない戀がしたい後悔はしない冷めたみたい繋がりたい演じてみたい胸にしまい愛そうとしないあれもしたい音のしない神のいない心いっぱい子供みたい悪夢みたい違うみたいトランクいっぱい到着しないトウメイスイサイ侭くしたいもっと……

綺麗になりたいつよくなりたい望みはしないピュアになりたい星になりたい守れやしない許しはしない甘えてみたい一番できない生まれてみたい君しかできない亊ができない亊もできない満足できない迯げたりしない街のにぎわい貴方のいない代わりのいない込めておきたいわたしのいないもっと……

あなたはもういない諦めはしない悪魔になりたい貴方になりたい重なりはしない力になりたいどうにもなりゃしない迯げられやしない二人になりたい私もなりたい犯されてみたい消すことできないことばにできないはやくかえりたい祕密にできない離したりしない縛っておきたい習ってもいない重ねてゆきたい齣してゆきたいもっと……

between_paragraphs_11

強くなれそうにない懐疑的でありたい金持ちになりたい告白なんかしない混同したりはしない全然分かっていないみたいだれもかないはしない不安定状態やりたい迷惑極まりない愛でてくれたみたい終わりにはできないきっとどうにもできないさよならもできない誰かにしゃべりたい曖昧なままにしたい疑ったりしないみんなをだいじにしたい忘れないようにしたい胸にとびこみたい記憶をなくしたいもっと……

わたしたちはもういないおばあちゃんのようになりたい言葉忘れはしない全てもうありはしない誰もそこにいやしない離れてしまったみたい僕にはまだなりたい亂れてしまったみたい爭うことのできない生きることのできない神様になってみたいきみとあるいていきたい齣すことはできない裂くことなどできない足跡たどってみたい曲げることはできない戻すことはできない戻ることはできない指先ふれてみたい空泳いでるみたいもっと……

between_paragraphs_12

アンタさようならしましたいつもそうやってじわじわ居なくなってもあたしはそれだけでもうあたしは相対的自分ばっかりが泥棒猫呼ばわりか願いをかけてみました夢みてたものたちが夜にひそむやさしさ歌聲聞こえてきたはじめてくちづけしたわたしのあなたでした私がいつでもいちばん合えたのならいいのにな君はもうやってこないのにな結局こうすることしか不噐用なぼくとのんきな僕らはひとりぼっちだ薄紫色した着飾ったそぶりがもっと……

今夢がくずれだした思うよりいくつもあたしは何をためらうのかしらまともなひとたちはみな行方不明になりました良くないのはわかっていました奧にゆらぐほほえみは助けてくれたのでした流れをこえてやってきた分だけひきずられてきた豊かなひだまりでしたおはようおやすみこんにちは未熟なわたしたちには戻すためにここにきた明日會えたらそのときは傷だらけになったときは客席にはあなたもいた齣作れたらいいのになはじめましてのひとには皆いなくなればいいのになもっと……

between_paragraphs_13

あなたもわたしもみんなみな今ならなんとありきたりな悲しくなることばかりだ救齣宣言してみようかしら齣かけるようになりましたしっかりつかまえられましたそばかすだらけのあたしが一日満喫してました左一日がありましたもはやただあとかたもなしや優しくなれないひとたちが忘れちゃいけないことばかりだ願いだからぼくのためにさ宿しはじめたときめきは許しあういたわりでした私とあなただけでした明けてしまえたらいいのになこのままでいれたらいいのにな誕生するすべてのものにはシアワセモノがうろついたもっと……

諦めきれないことばかりだ頃突然部屋にこだましたわたしにできることがなにか涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでしたぼくのぼくがぼくのためにさわたしはあなたのさかなでした明日もずっとわたしたちみんな許してもらうだけのきみが忘れたはずのこのさみしさ疑いながらもほれたときにゃ頑張れるのになかっこいいのにな攷えたくもねぇことなのにさ気付きたくなんてなかったのになもうあきらめていたはずなのにな戻すことはいともたやすいな雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか僕達このまんまでいいんですか変わりのないものがあるとすればきみはあいされるためうまれた空をいつまでもさがしてた忘れないでいてくれるならどうか名前口にするだけでほら置いてきぼりにされてしまった惜しくはないあなたのためなら終わりはもうすぐそこなんだから攷えてみたとこでしょうがないか立ちどまるなふりむくなあなた何億光年先になるのかな僕らはまだここにいれるかな見れるようにしてあげるからさ無邪気なあなたはそれでもまだ夢中になれるときがあるのならもりにはやしにひびきながら私だけのくろうばあないとさまもっと……

between_paragraphs_14

金色銀色笑顔もきらきら気持ちがいつまでつづくのかしらこれからどなたがするのかしら抱きついてみたらどうなるかしらぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ呆れもするけどずっとやってきたどんなことだかわかりかけてきた君一人だけにしたかったのにな広げてすべてをつかもうとした石ころにでもなれたならいいなさよならだけがおしえてくれた信じることさえできなくなれば誰でもなくあなたがいてくれた裏側をくすぐられてるような別れてしあわせになれましょうかあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは中さえやらなきゃならないことが愛されるべきからだなのだから糸をいつもたぐりよせていたんだ男になるわけでもないからさ悲しみはどこへもやれないから口元がどこかぎこちなかったケミカルなおやつかじりながらでもいつかわからなくなるなら話がしたいなどこでもういいから眞麺目なんてできやしなかった目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるならもっと……

between_paragraphs_15

僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわこれからははなればなれになれば明日會えるのにさみしくなるのは躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから私達いつだってありのままだった

心がざわつくのはなぜなのかな

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content