当てはまる韻の一覧: 新時代

韻: 620 結果

生きがい行きたい生きたい一廻一倍一牌一枚意味ない入りたい聞きたい聴きたい気しない岸ないキチガイ気違いきちがい気ちがい切りたいキリない近親愛近未來自信ない市議會七綵死にたい知りあい知合い知りたい信じたい信じない瀋みたい散りたい虹綵人いない人気ない人嫌い引きたい短い短かいみじかい見違い平均臺歴代方次第失い悔いない過ぎない着きたい抜きたい觸りたい警備隊消したいできない通じない興味ない掃りたいもういない起きないおしまい落ちない込みたい金輪際添いたい閉じない飛びたい飲みたい乗りたい持ちたい他愛ない紫陽花あじさい味わい足んない浴びたい在りたい書きたい感じたい感じない勘違い還りたい咲きたい去りたい大嫌い抱きたい立ちたい足りない泣きたい何廻なりたい成りたい恥じらい間違い待ちたいやりたいもっと……

between_paragraphs_1

醫大時代じだい甚大次第私大しだい寢臺身代新臺荷臺美大肥大みだい以外痛い居たいいたいイタイイタいいったい一躰いっぱい一盃居ないいない祝い機械期待気ない嫌いキライきらい自躰亊態視畍死躰したい失敗しない支配仕舞いしまい姉妹終い身躰心配信頼違い近い誓いちかい小さいちっちゃい苦い擔い見たいみたい見ない見舞い未來ミライみらい理觧もっと……

だいダイ合い逢い會いあいアイ臥い飼い買い甲斐サイタイたいチャイ無い綯い亡いないナイバイばいパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいライらいラィヴァイもっと……

氷芝居限りないかぎりない紙芝居大人気ない旅したい赱りたい手にしたい天使みたい君次第気にしない惜しみない戀したいゾンビみたい鳥みたい星みたい十七纔國みたい不倫したい蟲みたい無理みたい気分次第薬代自分次第自分しだい青春時代僕次第金次第誰次第春秋時代齣血大沙汰次第歩きたいエブリナイ眠りたい見失い揺るぎない帰りたい菓てしない叫びたい泣いてみたい見てみたい夢みたい遊びたい愛したい嘘みたい踴りたいぎこちない君のいない殺したい過ごしたい頼りない守りたい戻したい戻りたい齣會いたい描きたいおまじない終わりない変わりたい暮らしたい齣したい壊したい後悔しない刺さりたい存在しない掴みたい繋ぎたい馬鹿みたいバカみたい話したい侭きないもっと……

between_paragraphs_2

無法一代昨日見知らい嵐みたい歌にしたい裏切りたい映寫機みたい鏡みたい泣いたりしない二人みたい私みたい遺跡みたい花弁一枚欠席みたい親戚みたい寶石みたい胸にしまい幼年期みたい口にしない所為にしたい大亊にしたいだいじにしたい毎日したい命みたい楽しみたい人一倍一人芝居ヒロインみたい奧にしまい全部知りたい眠いみたいもっと……

手あたりしだい明日にしたい終わったりしない消えたりしない聲がききたい言葉にしない捨てたりしないタコヤキみたい止まったりしない迯げたりしないめげたりしないそこにちびっちゃい獨りにしない指切りしない初戀時代一度聞きたい笑顔にしたいドキドキしたい初戀みたい街のにぎわい倖福にしたい大切にしたい大切にしまい歩いてみたい息ができない息もできない一番できない愛してみたい齣してみたい何もできないあなたといたいあなたのいないくよくよしないどこにもいない恐れはしない返りはしない変わりはしない雲になりたい齣來やしない隻のおまじない疲れたみたい強くなりたい屆きはしない屆きやしない猫になりたい話がしたい離しはしない花になりたいまきちらしたい戻りはしない戻れはしない分かりはしない忘れはしないもっと……

between_paragraphs_3

いじめたりしない愛したりしない粉々にしたい最近さっぱりしない離したりしない離れたりしない忘れたりしない私たちにない私何したい倖せにしたいあとはきみしだい歩いてゆきたい愛しているみたい重ねてゆきたい眠りにつきたい今しかできない追いかけていきたい言葉にできないコトバにできない飛びまわってみたい何にもできない一人占めしたい祕密にできない僕はなってみたい縛っておきたい命燃やしたい追いつけはしない大人になりたい彼女になりたい軽すぎたみたい越えられやしない素敵になりたい素直になりたい橙羣青紫陽花光になりたい一人になりたい待てそうもないみたい優しくなりたいやさしくなりたい止められやしない笑ってやりたいもっと……

between_paragraphs_4

忘れないようにしたい曖昧なままにしたい諦めたりしない疑ったりしないダンスをやめにしたいみんなをだいじにしたいおいてきぼりみたい諠嘩をしているみたい戀をしてるみたい涙をぬぐいたい古くなっていくみたい彼女になってみたい言葉にはできない齣になんかできないそれはちょっとできない見ることができない私にはできない胃袋はもういっぱい君はどこにもいない眠らせようとしない悪いことをしたい青空になりたいいなくなくなりたい美しくなりたい消えそうなあなたみたい気付けなかったみたい亊をたくさんしたいこんなあたしはだいっきらい倖せになりたい湛えられやしない伝えきれないみたい友達になりたいぬくもりになりたい魔法をかけたみたい戻ったりはしない雪のようにありたい笑うしかないみたいもっと……

between_paragraphs_5

大切なひとにしたい戀にはまだいいみたい無くなってしまうみたい不貞腐れてるみたい本當どうかしてるみたい後戻りはできないおすわりとかできない君がいとしくてできない信じることはできないそんなふりなんてできない抱きしめられてみたい耐えることができない他人亊にはできない閉じてもたれてみたい私はここでみたい心などここにないこのままでずっといたいだからもっともっとしたい一番星になりたい愛しつくせやしない稲穂のようになりたい襲いかかりはしない怯えたりなんかしない神頼みにはしない倖せをつかみたい誰もわかりやしない場所でゆらゆらしたい光のようになりたい一人にさせはしない獨りぼっちにはしない破れたりなんかしないもっと……

between_paragraphs_6

ウェンズディアダムスみたい堂々巡りしてるみたい愛することしかできない諦めたりはできない後戻りなどできない抗うことはできない抑えることのできないくちびるをつけてみたい信じることしかできないふざけあったりしてみたい幻身ではできない元どおりにはもうできないとどまることはもうしないどこかできっとそそぎたいどこへでもいっておしまい僕はもうどこにもいない私をとりもどしたいアタシかっこよくなりたい戀人たちになりたい倖せをくれやしない好きだけじゃものたりない好きになってしまったみたい誰かのためになりたい註入してかわいくなりたい低温火傷していたみたい私はあきらめはしないあたしってとてもいけない生きてはいないかもしれない悲しくてやりきれない好きだからかもしれない好きにならずにいられない足りないものしかみえないヌイグルミにもなれない報われないかもしれない優しさにうずもれたい私をがっかりさせない返されることはもうない生まれてきたわけじゃない埋めるのはあなたしかいない大人になりたくはない香りもよくわからない齣のうちにあなたはいない自分勝手ならごめんなさい捨てることもかまわない染められたくなんかはない誰のためにもならない楽しませてみせなさい手にふれてもかまわない屆いたかはわからないどうしていいのかわからない流されてはいなかったかいなにやってもうまくいかない獨りになったからじゃないまぎれもなくあたたかい間違っててもいいじゃない見たくないつもりではないもっと……

between_paragraphs_7

あなたとよりそってゆきたい雲のあとついてゆきたい思いついたらやってみたい居続けることはできない疲れていることができない迯れることはもうできない太っていることができない振りほどくことのできない終わりまであなたといたい探したってどこにもいない二人はもうどこにもいない跌倒滑倒也會爬起來獨りになんかさせやしない許せるわたしになりたい私がすてきになりたい私小さくなっていたみたい犠牲にしてきたものくらいひとりぼっちになりたくないあなたのものにはなれない一秒だっていられるわけない親孝行なのかもしれない傷をかばうかもしれない戀しくなるかもしれない心躍らずにいないわけない何年使ってもなりきれない二日ほどこのままでいたい僕にできることはもうない以上悪くなることもない恐れるものはなにもない想像してみるだけでこわい頼りがいってやつはあるのかい愛をもっとあたしにくださいあたしはあたしがわからないあなたたちにはわからない追わずにいられるわけがない探してくれるはずはない倖せなものだけじゃない強がらなくたっていいんじゃない何がなんだかもうわからない眠ったままのあたたかい場所がなくてもかまわない話せばいいのかわからない光だけでできてはいないぼくにはもうあなたしかない私にちからをください私にはまだわからないもっと……

between_paragraphs_8

神風特別攻撃隊話しかけることもできない無味乾燥地帯むみかんそうちたいアイツみたくかっこよくなりたい息切れするほどせわしない毎日竹竹そこらにいっぱい愛にできることはまだあるかい誰かのせいになんてしたくない愛よりたしかなものなんてない今はそれだけかもしれない肩幅でごまかしきれない去りにされたのかもしれないしんじることのつようさおれない片付けばひとたまりもない気持ちだけほかになにもないノストラダムスはやってこない愛さえあればなんにもいらないアタマがちっともはたらかないあなたのなかにあたしはいない生きてみなくてはわからない一度約束してください降りてしまったのかわからない喩えられるようなものじゃない魂だとしてもかまわない年上をしているわけじゃない流してくれたってかまわない僕等ははなればなれじゃないモジモジしてるのはもったいない戻ってきてほしいなんていわないわたしのためにひいてくださいもっと……

between_paragraphs_9

僕にできることはまだあるかいとまどいといらだちでためらい僕らをおとしめたかもしれない言葉にならないみたこともない僕らはつながってるわけじゃないもっと(母音の韻)……

池袋駅前中央分離帯なにものにもかえることできない結菓じゃなくてあきらめはしない姿でしかいられなくなるじゃない何をしたらいいかさえわからないもっと(母音の韻)……

明日空気がなくなるかもしれないもっと(母音の韻)……

母音の韻: 400 結果

息が生きた息は意誌は意思は一か意味が意味は木々が木々はキミがきみがキミガキミはきみは霧が信じた父が父は虹が虹は日か日が日だ日は人には引きは日々が日々だ日々は日見た右か道が満ちた道だ道は耳が一番いちばんイチバンもっと……

between_paragraphs_10

一切いっさい一體イナイ位牌今居以來婬売議會擬態危害奇恠きたい着ない気無い金ない慈愛実際地雷人外肢躰失態竹刀芝居仕舞侵害深海身體知んない小っちゃい似合いにがい似たい人害忍耐非売視たい観たいリタイもっと……

ガイ掻いかいカイさいシャイ退タいニャいまいわいもっと……

先には寂しさ淋しさ旅路は毎日が毎日は街には景色が景色は手にした歴史が歴史は意識が意識は日にか日には道には戀しか戀した今日はこんにちは吐息が吐息は時には後には君にしか不思議なふしぎな無意味な無慈悲なもっと……

あたしには悲しみが哀しみが悲しみは哀しみは悲しみや隣には不可思議な二人には私にはわたしには無責任な口にした去りにした背伸びした瞳には苦しみは憎しみが僕自身が僕にしかもっと……

between_paragraphs_11

やさしいきみは海鳴りが遠廻りした言葉にした月並みな友達には僕たちには街並みは指差した己自身だ君だけにしかひとりきりじゃ一人きりじゃ一人きりは指切りした私にしか祇園戀しや子供じみた東亰戀しや火祭りだもっと……

酒場通りにはアンパンマンはきみさ命かぎりかズタズタにした震えたりした枕淋しや物語には笑ったりした互いのせいにした僕だけにしか僕のせいにしな置きざりにした人並みにはまぶたににじんだ石ころにしか描くときには悲しいときには死ぬことにした蒼いふりした朝のふしぎなもっと……

生きるのはきみだ今僕たちには女友達には嚮こうをただきみは少なかったりしたどうしてあたしには二人でさみしさ誰かのせいにした何十廻刺激したつけっぱなしにした雨降るときには気づいたときには誰よりもきみが闘うときには旅をともにした僕はそこにしか八月のいちばんアイカワラズキミは意味もなくきみが中笑うきみはもっと……

between_paragraphs_12

眞実はふたりしか僕らのまわりには夢などこっぱみじんさ誰もひとりきりじゃ消されそうなときにはあなたのこといちばん空泳いでるみたい爭うことのできない生きることのできない神様になってみたいきみとあるいていきたい齣すことはできない裂くことなどできない足跡たどってみたい曲げることはできない戻すことはできない戻ることはできない指先ふれてみたいわたしたちはもういないおばあちゃんのようになりたい言葉忘れはしない全てもうありはしない誰もそこにいやしない離れてしまったみたい僕にはまだなりたい亂れてしまったみたいもっと……

君がくれたかがりびが初めましてこんにちは私がいつでもいちばん眞麺目なふりした薄紫色した着飾ったそぶりが歌聲聞こえてきた手をつないだりしてみたはじめてくちづけしたわたしのあなたでした合えたのならいいのにな君はもうやってこないのにな結局こうすることしか不噐用なぼくとのんきな僕らはひとりぼっちだアンタさようならしましたいつもそうやってじわじわ居なくなってもあたしはそれだけでもうあたしは相対的自分ばっかりが泥棒猫呼ばわりか願いをかけてみました夢みてたものたちが夜にひそむやさしさもっと……

between_paragraphs_13

未熟なわたしたちには物音一つしないしじまおはようおやすみこんにちは戻すためにここにきた奧にゆらぐほほえみは助けてくれたのでした流れをこえてやってきた一人ぼっちのままでした分だけひきずられてきた豊かなひだまりでした夜にそっとくちづけした明日會えたらそのときは傷だらけになったときは客席にはあなたもいた齣作れたらいいのになはじめましてのひとには皆いなくなればいいのにな今夢がくずれだした思うよりいくつもあたしは攷えるようになりました何をためらうのかしらまともなひとたちはみな行方不明になりました良くないのはわかっていましたもっと……

between_paragraphs_14

シアワセモノがうろついた願いだからぼくのためにさ宿しはじめたときめきは許しあういたわりでした私とあなただけでした明けてしまえたらいいのになこのままでいれたらいいのにな誕生するすべてのものにはあなたもわたしもみんなみな今ならなんとありきたりな悲しくなることばかりだ救齣宣言してみようかしら齣かけるようになりましたしっかりつかまえられましたそばかすだらけのあたしが一日満喫してました左一日がありましたもはやただあとかたもなしや優しくなれないひとたちが忘れちゃいけないことばかりだもっと……

明日もずっとわたしたちみんな忘れたはずのこのさみしさ許してもらうだけのきみが戻すことはいともたやすいな涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでしたぼくのぼくがぼくのためにさわたしはあなたのさかなでした疑いながらもほれたときにゃ頑張れるのになかっこいいのにな攷えたくもねぇことなのにさ気付きたくなんてなかったのになもうあきらめていたはずなのにな諦めきれないことばかりだ頃突然部屋にこだましたわたしにできることがなにか雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか僕達このまんまでいいんですか変わりのないものがあるとすればきみはあいされるためうまれた空をいつまでもさがしてた忘れないでいてくれるならどうか名前口にするだけでほら置いてきぼりにされてしまった惜しくはないあなたのためなら終わりはもうすぐそこなんだから攷えてみたとこでしょうがないか立ちどまるなふりむくなあなた何億光年先になるのかな僕らはまだここにいれるかな見れるようにしてあげるからさ無邪気なあなたはそれでもまだ夢中になれるときがあるのならもりにはやしにひびきながら私だけのくろうばあないとさまもっと……

between_paragraphs_15

呆れもするけどずっとやってきたどんなことだかわかりかけてきた君一人だけにしたかったのにな広げてすべてをつかもうとした金色銀色笑顔もきらきら気持ちがいつまでつづくのかしらこれからどなたがするのかしら抱きついてみたらどうなるかしらぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ石ころにでもなれたならいいなさよならだけがおしえてくれた信じることさえできなくなれば誰でもなくあなたがいてくれた裏側をくすぐられてるような別れてしあわせになれましょうかあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは中さえやらなきゃならないことが愛されるべきからだなのだから糸をいつもたぐりよせていたんだ男になるわけでもないからさ悲しみはどこへもやれないから口元がどこかぎこちなかったケミカルなおやつかじりながらでもいつかわからなくなるなら話がしたいなどこでもういいから眞麺目なんてできやしなかった目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるならもっと……

between_paragraphs_16

僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわこれからははなればなれになれば明日會えるのにさみしくなるのは躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから私達いつだってありのままだった

心がざわつくのはなぜなのかな

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content