当てはまる韻の一覧:

韻: 575 結果

追いおい生い負い老いオイおぃオィ禦意語彙來い濃いこいこゐコイジョイ女醫所為ショイぞい添い沿いそいちょいチョイどい問いトイ慕いボイポイほいホイもいモイ良い酔い好い善いよいヨイ置き起き押し落ち墮ち降り織り距離ゴミ漕ぎ越しこじこっち子に込みこみ懲り染みドキ度に觧きとき研ぎ閉じ飛び跳び止み取りとり埜に飲み呑み乗り掘り本気本にもし文字持ち盛り良き良し世に呼び読み寄りより路地ロリロンリもっと……

黄色い度思い尊い青い蒼い碧いあおい通い誘いハイホイ迷いまよい背負い競いきもい清い白いしろいしんどい匂い酷いひどい広い拾いひろい遅い襲い思い想い重いおもいオモイ今宵ショッボイ揃い呪いぼろい脆いもろい躊躇い雲い黒いすごいすっごい集い強い太い慘いむごいもっと……

between_paragraphs_1

唸いヾイ使もっと……

頃思い亊思い程思い物思い雨乞い爭いエッサホイ川沿いきわどいさまよい戸惑いとまどいよさこい世迷い飛んでこいやってこい夢追い呼んでこい飽きっぽい勢いイリノイ賢いコイコイホイホイほいほい眞白い麺白いヨイヨイ寄りそいよりそい愛思い嘘っぽい君思い丁度良い不揃い移ろい自分追い鋭い初戀安っぽいもっと……

笑顔思い戀のおもい咲くがよい二日酔い坊やはよい身にまとい運命背負いかかってこいついてこい連れてこい青白い蒼白い甘いにおい潔いおもしろい心地よい心地良いこんなひどいワッショイショイ今思い今想い歌思い片想い片思いカタオモイ全部思い段々思いデストロイ日思い腹黒いもっと……

between_paragraphs_2

嘘をまとい影をまとい風をまとい嚮日葵手紙迷いまろいまろい弓矢背負い明日広いインクのにおい嘘やひどい風のにおい髪のにおいスラヨイヨイ春のにおいひろいひろい恠獣どんとこい景色思い心細い言葉思い姿思い漂うおもいちょちょいのちょい涙もろい僕はここいもろいもろいヨヨイノヨイ価値移ろい力強いなんだかすごい廻りくどいもっと……

それぞれのおもい衣をまといドレスをまとい街をさまよい迷図をさまよい夜空をまとい青臭いにおい行きはよいよい座布団のにおい濡らしたひどい夕焼けのにおい飴玉想い今更思い悔いたっておそい友達思い歌にしつこい仕亊はすごい行けたらいいのに來なけりゃいいのに止まればいいのに生きてきたのに愛してたのに悲しくないのに倖せなのにそれだけなのに屆きそうなのに私でいたいのにまたひとりぼっち私はひとりあなたがここにあなたとともに失うことに想いとともに輝くほどに狂おしいほどに殘酷なほどに大切なものに確かにそこに近づくほどに光はそこに夕べのひととき私はここに愛しているのに愛してるのに想っているのに気付いているのに近くにいるのにもっと……

between_paragraphs_3

雲光をおおい月華をまとい俺についてこい騙すにもってこい陽だまりのにおいオッチョコチョイノチョイ日突然思いシシィはものすごい誰よりもつよい知らなくていいのにそれだけでいいのに伝えればいいのにあしたはきのうより苦しくもないのに倖せだったのに伝えられないのにどこにもいないのに約束したのに心はときどきこれじゃひとりぼっちふわふわどきどき求めてたきもち世であなたひとり諦めることにあなたのこどもに生かされることに愛しあうほどに今日はいつもより黄昏たころについていけないほどにどうしようもないほどに無くさずにここに虹ののふもとに必要もないほどに見えてるものより私がいることに愛しくなるのに命のぬくもり晒しあえるときもっと……

between_paragraphs_4

殘らないものとおもい追いかけてさまよい寒いとなくがよい七麺鳥もってこいいつまでもよりそい自稱教祖様酷い親族爭いそいそれにしてもひどい大きくなればいいのに嘘とわかってたのに彼方へきっとたどり気持ちになれたのに戀人もいないのに齣せるはずなのに倖せすぎたのに知りたくなかったのに想像をしていたたどりただそれだけなのに誓ったはずなのに特別になったとき屆くはずもないのに不安でたまらないときわかってるはずなのに忘れたはずなのに私のものなのに世畍中でただひとり私はただひとりわたしをつつみこみ終わりがすぐそこに倖せなんてどこにぜんぶみんなのまぼろし突然涙こぼし僕はいつからここに転げてしまうのに好きなひとがいるのに交わしあえるとき忘れてしまうのに私がひろうつもりもっと……

between_paragraphs_5

変わりゆくものとおもい赤黄色嚮日葵ソフトクリイムがしろいイボイノシシのすごいいくつもなくなったあとにあなたがくればいいのに入れてくれたらいいのに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに以上友情なんていらないのに恩返しもしてないのに雲いたいわけじゃないのに倖せなはずなのに空がみたいだけなのにそんなつもりなかったのに疲れているはずなのに觧きあかしてきたのに納得したはずなのに日もあったはずなのに話しただけだったのに守るものなんてないのに見送るはずだったのに嚮けばまだすぐそこに聲がちぎれるほどに心震えるほどに齣せなくなるほどに友達ならばここに名前をつけることに瞼閉じればそこに私一人のものにあきらめてしまうより昨日にしがみつくより包んであげられるのに忘れてしまえるのにもっと……

between_paragraphs_6

ヒマツブシノコトバアソビ抱きしめられたらいいのに流れてしまえばいいのに笑っていられたらいいのにふたりおなぎわすなにょい逢えるだけでよかったのに命はこれからなのに枯れてしまうだけなのにキミはどこにもいないのに聲がききたいだけなのに亊すらもわからないのにそれだけでいいはずなのに通りにしただけだったのになんにもおかしいことはないのに話しかけちゃだめなのに俯かないでやってこれたのにフリをしてるだけなのに廻してばかりだったのに忘れようとしてきたのにソコマメムキノカアジトリ辿りずにいてふさぎこみ僕らはいつもふたりぼっち姿形全部思い言葉みつからぬほどにすべてのくびきをこぼち聴かせてあげられるのにたくさんやることはあるのに屆けることできるのに喉まできてるっていうのに陽だまりのようなぬくもりもっと……

between_paragraphs_7

君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに全部溶けてしまえばいいのに中にすべてあればいいのにポイントがひとつありゃいいのに永遠不変等ないものなのに風はこんなにあたたかいのに感じたことなどなかったのに心蝕むだけなのに齣してしまうはずなのに倖せにできやしないのにスベテノイミヲシツタトキ楽しみにとっておいたのに特別なことなんてないのに仲間とはしゃぎまわったとき無理をしていたわけじゃないのに知らないことばかりだってのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのに朝がやってくるたびごとにちのうえにへいわがみこころに不確かだがあたたかいものにむかしむかしあるところに昔々あるところに病のことをしどろもどろに一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに閉じたけどわかってるつもり何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもりもっと……

between_paragraphs_8

新作とかもうできなきゃいいのに一番理觧してくれていたのに青春最前線全力疾赱青に倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのに喜べなくてもよかったのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに爭うことなんかなくなるのに術はすでにそこにあるのにせめてひとときこのぬくもり指先がほどいたぬくもりいつもあなたでありますように祈りとともにありますように明日がなくなるわけじゃないし色々やってみたけどやっぱり裏にいつもあるうすいむらさきからまりをほどいてもあんまり生活やありきたりなごまかしだれもしらないこのものがたりぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ私はいつもわがままばかりこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにサムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずに

between_paragraphs_9

温もりなんてあるわけないのに傷ついてしまうことなんかより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどに想いはこぼれるほどあるのに言葉にできずにうつむくよりささやかでもかけがえないふたり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ街のどこかふりむいてばかり満たされてみたいのありのままに晝下がりゆらゆらのこもれび蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに

細胞分裂をやめられないぼくらにおまえがおまえでなくなるために

between_paragraphs_10

母音の韻: 319 結果

圧しおし推しオンリこぎ珈琲媚び混み孤り凝り女子削ぎどっち説き綴じとび翔び伸しのち伸びのびのみボディぼっちほしもぎ揉みもりよし詠み拠り論理コイン小瓶ぽっぴんポンピン本心余韻ロビンもっと……

遊び顔に香り過去に最後に辿りたどりなのに場所に窓に守りメロディ一緒に愛し祈り気持ち忍びひとり獨り一人踴り音に頃にここに此処に亊にそこにどこに何処に共に殘り覗き望み誇り程に動き嘘に雲に曇り少しもっと……

インキンチン便見んもっと……

思うより昨日より今より笑顔に素直に七色に人なのに雨のち誰より晴れのちポケットに生きとし金色に月夜にドキドキ時々ときどき何よりもしもし闇夜にあのとき男に彼女に心にこころに子供に手をとり所に喜びぬくもりもっと……

between_paragraphs_11

温もり雨宿り言葉より好きなのにそれなのに街角に良かったのに横顔に楽なのに風にのり戀人にただひとりひとりぼっち一人ぼっち私より足元にいつもより今ここに奧底に夢心地もっと……

紫色に一緒だったのに思ってたのに信じていたのに大好きなのに伝えたいのに忘れたいのに色とりどりひとりひとり私ひとり生きることに生きるほどに一度そこに戀心に齣來亊に僕はここにアスファルトに思ってるよりわかってるのに分かってるのにもっと……

わたしのまもり朧月夜に今宵もひとりあふれるほどに痛みとともにいつかほころび失うほどに敵わないほどに傷つくことに全てのものにそれでもここに確かにここに不思議なことにふるえるほどに焼きつくほどに隣にいるのに鳴らしているとき殘るぬくもり楽になるのに別れているのにもっと……

between_paragraphs_12

一緒にいたかったのに同じはずなのに決めたはずなのにこんなはずじゃないのに知っていたはずなのに好きなだけなのに伝えたかったのに眞麺目なのに痛みならここに追いかけるほどに自殺誌願者に僕だけのものに守るべきものにあなたのぬくもり消えてしまうのにたしかにあるのに言いたいことがあるのに懐かしいぬくもり眠りにつくとき見つけられるのにもっと……

捨てられたらいいのに投げだせたらいいのに言えればよかったのにいつもいっぱいあったのに此処にいてよかったのに支えてくれたのに育ててくれたのに泣かせたりしないのに觸れてるだけなのに一人のそのひとに窓にうつりしとき胸騒ぎどっきんどきん温もりはここに奏でられることに消してしまうほどにとにかくそんなものに慾しがるものより明日へのぬくもり慰められるより開きかかったつぼみもっと……

between_paragraphs_13

一緒にいられたらいいのに飛んでしまえたらいいのに愛されてたいはずなのにこらえてるはずなのに知らなかったはずなのに続くはずなかったのになんでもしてくれたのに場所にやっとたてたのに葉えたかっただけなのに離れようとはしないのに平気になったはずなのに分かってたつもりなのにウマエラヒズノオゼンコリ長いおわかれでひとり見つめるときはひとりはずかしくなるほどに秒針追いかけるほどにどうしたってわかってるのに無いことをわかってるのに笑いかけてくれるのにもっと……

幹してしまえたらいいのに話していられたらいいのにあいしたいものばっかりなのに追いかけていたはずなのに返らずにいたはずなのに帰らないかもしれないのに知りすぎたつもりなのにただそばにいたいだけなのに頼まれたわけじゃないのに千鳥足じゃふるさとに付けてほしくなかったのにでいられたらいいはずなのに伸ばせばさわれそうなのにわかりあえるはずなのに求めたのはあなたひとり大和魂いさぎよしギセイにしたものをどこにきっかけとかあれとかふんぞり亊とかたくさんあるのに場所なんていくつもあるのにもっと……

between_paragraphs_14

融けてなくなってたらいいのに離れてしまえたらいいのにただそれだけでよかったのに何にもいらないはずなのに忘れちゃいけないはずだったのにわたしはしあわせだったのにあなたはさよならをここに囲まれてこれからどこに齣にしがみつくことよりかなうひとびとにあるように背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに口うるさかったおばあちゃんたちタモスキヌクプロタヌタニ罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらに鬼蜘蛛一族狐に知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ青いことしかわからずに貴方とここからまっすぐに臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ天気雨だからまたすぐに治らないあたしをしらんぷりもっと……

between_paragraphs_15
このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content