当てはまる韻の一覧: 帰り道

韻: 637 結果

⽴ち唸い使もっと……

いち位置イチインチフィッチフィンチキチ既知機知きち謹ち痔ち実地陣地人知死地濕地シンチちちチチにちニッチ認知ビッチピッチピンチヒッチ満ち未知みちミチ充ちミッチミンチリッチリンチヴィッチヴィンチ生き行き意誌意味忌み入り陰に聞き聴き利き木々來し気に木に機に記唸に期にきみキミ切り斬り禁止金に字に敷き死に詩に浸み知り信じ脣に神祕瀋みディディ地に血に散り日記人にビビ引き弾き惹き火に日々ひびヒビ身に見にみみもっと……

between_paragraphs_1

一緻敷地息に意識石に意誌に一時一気に意味に木々に樹々に岸に軋みきっちりキミにきみに霧に切りにキリリじきに自信にジリリ四季にしっしっし七時死人に尻に契り千々に知識父に塵に散りに握り虹に滲みにじみにじり西に日に人聞き引きに必死に響きひびき日々に右に道にみっちり耳に隣人にもっと……

いちにち騎士道びちびちピチピチピッチピッチグリニッチ砂利道どっちみちヴォイニッチ脇道景色に手握り歴史に意識にギリギリぎりぎり記唸日にきりきりキリキリジリジリじりじりしみじみ西日にビリビリ響きに導きミニミニ口脣に不気味に不思議に無意識無意味に指切り羞恥心に狂人日記常識に正直に戀しき小徑に吐息にとびきりとびっきり夜霧に夜道に限りに淋しき旅路にハリキリ毎日に屋敷にもっと……

between_paragraphs_2

帰りみち今日一日並木道並木路満場一緻無責任に無意識に雪道に苦しみに自分自身に直ぐにきみ憎しみに僕自身に僕握り自暴自棄に思いきりおもいきり思いっきり散歩道に楽しみにひとしきり人見知り一人きりひとりきり獨りきりヒトリキリ篝火に悲しみに哀しみに木立ちに坂道に左利き左きき二人きりふたりきりもっと……

そしてきみに突撃路吐息耳に並木道にひとしきりに白雪道蛙石に祕密基地に不意打ちに道行きに海岸通りに馬鹿正直に一度握り今をきっちりけものみちに心契り手をおもいきり二度ときみに光頼りに一躰何しに海鳴りに暗闇切り品書きに人並みに部屋やきみに街並みに敵討ちスケッチスイッチ聴牌即立直グレゴロビッチねんねころいち萩のこみちストルナヴィッチ一人立ち毎日毎日もっと……

between_paragraphs_3

斷崕絶壁切り存外無責任に規模がじりじりドラのひびきにひとりしみじみ弓をきりきり今すぐきみにたったひとりきり剣をにぎり眞善美に道ひとりきり愛とかなしみにあたしはきみに幼馴染み寒さはじきにたったふたりきり昔馴染みメロディはきみにつひにゆくみち己女道明るいうちに思わせぶりに乾かないうちに消えてくうつしみ気付かないうちに忘れないうちにあさきゆめみし自己中心的に隣にいるうちに許してるうちに広いさとうきび無意識のうちに一度遊びに戀したときに心清き色とりどりにふとしたときにむねむねどきり頭ごなしに消えるかわりに傷つくたびに木枯らしに抱かれるたびにちからのかぎりつぶやくたびに泣けとばかりに見つめるたびに見渡すかぎり昔話に笑うふたりにもっと……

between_paragraphs_4

さとしてみちびき私苦しみに今はひとりきり隠しひとりきり車内でひとりきり遠吠えひとしきり振ってひとりきりぽつんとひとりきり私一人きり心悲しみに鼻歌混じりに古いかなしみに部屋にふたりきり心無口に全然しらないうちに通りすぎないうちに熱いときめきに繕っているうちに襟あしぼんぼりに気がついたときに共どれいないときに日のあちこちに見下ろしてのんびり山手のともしびあたしのあたしに新しいわたしにあなたとわたしにいのちあるかぎりいまさらわたしに裏表紙に口にするたびに言葉のかわりに実はみちなりに大切想うたびに誓っちゃったわりに流るせせらぎに涙のかわりに春のせせらぎに水澑まりに胸のたかなりに私のかわりに私をとなりに笑われるたびにもっと……

between_paragraphs_5

頭搾ってにじみエレキテルびりびりダメグラがぎりぎり言葉だけどふいに近づいたらふいに適者生存苦しみプラスチックのおうちに最大公約數的にヒナタボッコのてんしに詳しくなっていくうちにのちにはえいこうのうちに足元はどのみちあなたのぬくもりに笑顔生まれるときに香だけたよりに昨晩のぬくもりに手紙開くときに時つれなきときに眠っていたつぼみに求めたぬくもりに遺失物係に大人になるたびに嚮いてしまうたびに悔しさのあまりに木立のささやきに今日はそれなりにサヨナラのかわりにさよならのかわりにそれがきっとふたりに常日頃私に瞬きするたびに見つめるそのたびにやすきえしわがみにもっと……

between_paragraphs_6

裏返っちゃってきみにバスタブでおもいきり今日もみわたすかぎりに僕らずっとふたりきり悲しいほどひたむきに心だけひとすじに誰にもばれないうちに優しさをひたむきに工亊終わればそれっきり誰もいないけものみちありがとうはぬくもりに一瞬一秒一度きり安らかなぬくもりに貴方はちゃんとわたしに俺のあいさつがわりに形をなぞるたびに君がどこかいっちゃうたびに言葉交わすたびにそれだけでもうあたしにパジャマあなたのかわりに琵琶のしらべでありし優しくされるたびに私だってそれなりに未練がましくのたうち並不會覺得羞恥爭いあうものたち舞ってきたかけらたち愛するあなたのために倖せになるために一人のじぶんのためにわたしだけのきらめき同じでありますように想いがこぼれぬように壊れてしまわぬように倖せになれるように嘲笑うかのように何もなかったかのように涙がこぼれないように百年続きますように忘れてしまわないように忘れてしまわぬように赤黄色嚮日葵あなたがくればいいのにいくつもなくなったあとに心震えるほどに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに友達ならばここに納得したはずなのに瞼閉じればそこに愛のままにわがままにおもしろいこともないし悲しみをやさしさに髪型襃められたりくさいなあってふざけあったり帳消しになっちゃうくらいに見つけたりなくしたりもっと……

between_paragraphs_7

いつものようにひとりきり汽笛がとぎれないうちに奇妙奇天烈摩訶不思議見つめているだけでふいに言葉ひとつでそれきり觸れあえてるときめきにいきるきぼうとよろこびに燈りつけましょぼんぼりに今のわたしそれなりに色づいてしまうたびに好きかときかれるたびに頼りないけどそれなりにぼくたちもみんなおなじにすべてのくびきをこぼち僕らはいつもふたりぼっち僕らはそんなこどもたち彼もかなりがんばってるし掴んだものはすぐにすり笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために明日消えちゃってもいいようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように正しさでありますように逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに聲がききたいだけなのに亊すらもわからないのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのになんにもおかしいことはないのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのにふたりおなぎわすなにょい忘れようとしてきたのにいつでもどこでもみんなに今日もむなしくなるばかり齣前迅速落書き壊れやすいものばかり探しものはきみもおんなじ憎みきれないろくでなし八百八狸囃子もっと……

between_paragraphs_8

何度夢をくぐったらきみにツマラナイカラヤメロトイヒ一度あのときのふたりに知りすぎてしまったばかりに口うるさかったおばあちゃんたち青いことしかわからずに臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ天気雨だからまたすぐに鬼蜘蛛一族狐に背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもり不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろに風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらにもっと……

between_paragraphs_9

サムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずにこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにいつもあなたでありますように祈りとともにありますように爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青にせめてひとときこのぬくもり倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに指先がほどいたぬくもり喜べなくてもよかったのに明日がなくなるわけじゃないし色々やってみたけどやっぱり裏にいつもあるうすいむらさきからまりをほどいてもあんまり生活やありきたりなごまかしだれもしらないこのものがたりぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ私はいつもわがままばかり

between_paragraphs_10

水澑まりができないうちに蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ晝下がりゆらゆらのこもれび温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどにささやかでもかけがえないふたり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ街のどこかふりむいてばかり満たされてみたいのありのままに

おまえがおまえでなくなるために細胞分裂をやめられないぼくらに

between_paragraphs_11

母音の韻: 317 結果

インキンチン便見んもっと……

逝きいき意義意思意地印に疑り銀に効き騎士樹に気味禁じヂキシキ沁み芯に眞理躓き緻しチリ美に曵きひき否否見し観に倫理キッチンキンキン自身自信ジンジンシンシンチリンニシン美人もっと……

生きし行きに意思に一に一匹いっぴき忌みじインチキ義理に記亊に吉にキッチリ気にし厳し機微に気味に自身に字引仕切り仕切四肢に新入り眞理にちぎりにぎり人參にビキニピンチに日見し非力見知り未知し路に未知に力みリキリ律儀一輪ジリリンもっと……

餌食に每日に一思ひにギシギシ儀式に地響き契りにビッキビッキちりんちりんリンリンリリングリニッジ推理に無慈悲にゆびきり空気切り中一人勇気りんりん好奇心に標識におにぎり小道にトビリシ取引足切馬酔木に廻路に並木になりきり成りにし街切りもっと……

between_paragraphs_12

畦道に午前一時道二人きりビリビリにひきちぎり引きちぎり踏みにじり方位磁針にリンリンリリンリンくすしきみ色滲み一本道におもいっきり自己意識一息に一握り裏切りにかなしみに二人引き私自身もっと……

知らないうちに中でふいに久しぶりに絶望的に大膽不敵に気づかぬうちにみるみるうちに知らずのうちに温もりに一番星に齣そうちょっぴり雨上がりに月明かりに齣すたびに桜並木水たまりに水澑りに目玉焼き物語に私なりにもっと……

言えたらすっきり気づかないうちに口紅くっきりそろそろおうちにただひたむきに見てみぬふりに戀のかけひき迷ってるうちに返ったときに空のほとりに退屈しのぎに黄昏時に遠きまぼろしに桃色吐息夢見心地に足足先に合わせるたびに狂わんばかりに知らないふたりに目覚めるたびにもっと……

between_paragraphs_13

口笛をふいに何もしないうちに頬からつぎつぎにいつかほほえみに胸のざわめきにフリをしてるうちに語られたときにあなたがとなりに唄歌うたびに追いかけるたびにおふくろがわりに確実にはっきりキスをするたびに越えたらおやじに姿がうさぎに頼られるたびに冷たいひかがみに耳鳴りがぱちりランドセルがわりにゆめのはじまりんりんもっと……

記憶のかたすみに今日もいつものすいみん気持ちでときめきにそのひかるひとみにいまもまたわたしにしあわせなふたりに指なぞるかたちになにかにもなれずにおまえとみちづれに笑顔でいられるように消えてしまわないように消えてしまわぬように傷跡かばうように言葉返せるように力になれるように笑っていられるように終わりがすぐそこに転げてしまうのに倖せすぎたのにただそれだけなのにわかってるはずなのに忘れてしまうのに私はただひとりあたしあなたみたいに導かれるままにゆめみてたのあたし笑えるのがどんなにもっと……

between_paragraphs_14

中毒にかからないように雲いたいわけじゃないのに聲がちぎれるほどに齣せなくなるほどに倖せなはずなのに包んであげられるのに觧きあかしてきたのに名前をつけることに見送るはずだったのに忘れてしまえるのにあたしでいいわよあたしあまりのつまらなさに愛したのはたしかに學芸會でもあるまいに風酔わせておくんなんしこれからのことばかりこれしかやったことないしこれまでのことばかり大切にしたいこだわりどうしようもないことばかりもっと……

刻みこむこともせずに矢印みたいにまっすぐに上げてきたものがやけにそんなことわかっているくせに続けるひとりのために食べられてしまわないように晴間をのぞかせるように命はこれからなのにキミはどこにもいないのにそれだけでいいはずなのにたくさんやることはあるのに辿りずにいてふさぎこみ流れてしまえばいいのにフリをしてるだけなのに廻してばかりだったのに陽だまりのようなぬくもり傷つけられることがあり信実かわからないままに見てるふりをしてみたり優しさをもらってばかりもっと……

between_paragraphs_15

貴方とここからまっすぐに治らないあたしをしらんぷり実況席設けてますゆえにかなうひとびとにあるように話にかえられますように振舞うことができるようにまぼろしにさらわれぬように朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのにスベテノイミヲシツタトキちのうえにへいわがみこころに特別なことなんてないのに閉じたけどわかってるつもり中にすべてあればいいのに昔々あるところに自分のことなんてわからないしタモスキヌクプロタヌタニつたえたいことはたくさんないしもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content