当てはまる韻の一覧: 孤独

韻: 637 結果

汚職遅くおちょく重く小祿拒食居直如く故國骨棘孤獨こどく序曲所屬屬國そごく祖國素樸存続損得土足努力とっとく屆く尊く貴く豚足覗くのぞく除く補足発足本読もろく與告與測ヨンドク論告ロンポック驕る起こす起こる起る恐る脅す踴る躍るおどる落とす墮とす落す劣る想ふ泳ぐ好む零すこぼす籠る篭もる殺す転ぶそそるそよぐソロスドロップ燈す燈るともる點る殘す遺す殘るのこる望む臨む昇る登る上るのぼるボロス誇る滅ぶ戻す戻る素っ求むモンゴル汚す澱むもっと……

置く去くごく濃くショックちょく著くどくドンク觧く説くぼくボクほく文句よく良くロクロックもっと……

between_paragraphs_1

ぎゅキュジュじゅシュしゅちゅチュもっと……

かっこよくカッコよく色濃く色よく柔よく紐觧く驚く頃よくドントノック轟くほどよく程よく素速うそっぽく君とよく遊ぼっアントノフ幹上るキャットドッグ射落とす煖をとる謎呼ぶナボコフ舞昇る眞づ眞っまどろむラモンソフエドモンズ見おろす手をとる手をもつ寢転ぶ年をとる眼をもつフィヨドル木登る見落とす見下ろす身ごもる九つここのつ心珠心ゆトドロフ綻ぶ施す滅ぼすモロゾフ喜ぶよろこぶロボコップクロノスストロングスロットルもっと……

between_paragraphs_2

映畫とよく間がのぞく花ごとく花とよく揺籠曲永遠とよくとってもよく降りほどく時遅く振りほどく顔のよくことごとく亊もよく所束自分をよく降るごとく夜遅く夜おそく希望燈す笑顔呼ぶ階段昇る血管踴る遡る空泳ぐそらをとぶ燈がともる中殘る花泳ぐ影落とす駆けのぼる酒をのむ立てこもるトレモロル舟をこぐ胸躍る夢殺す降りそそぐ國亡ぶ咲きほこる立ちのぼる閉じこもる歳をとるふりそそぐ星燈すアンドロポフハイドロポンプペットボトル落っことすもっと……

あなたとよく今でもよくきっときっとよく希望にとどく戀にもよく空にとどく光屆く私をよく雨のごとく髪をほどく警鐘轟く心細く大輪のごとく研ぐほどよく花のごとく烈火のごとく泡がのぼる顔眞っ風がそよぐ君とまどろむ先眞っ全部眞っ力をもつ涙落とす皆まどろむ仰いでおもふ失言殘す艸にねころぶ命落とす世畍見下ろすドロリトロル燈りともる光そそぐ光燈す一人殘る毎日起こるメッセジボトル愚癡をこぼす君のよろこぶ心殘る咲きほころぶ炎をともすおそるおそる記憶殘るバランスをとるペダルをこぐもっと……

between_paragraphs_3

便りはとどく俺達をよく朝日のごとく足元をよくなだれのごとく光のごとく誇りのごとく朝日がのぼる季節眞っ嚮かいさかのぼる燈りがともる日様昇る日射しがそそぐ緑がそよぐ夢にまどろむあさやけのぼる空気とねころぶ素肌でおどる裏通りのどぶ関わりをもつ季節にそそぐ足跡殘す魂いろどる時をいろどるななめにそそぐ一人息をのむいのちもほそるがいろじゅのそよぐ人類滅ぼす涙をこぼすはしごをのぼる花がほころぶ眞心こもるプロテストソング約束殺すもっと……

裏山へのぼる光降りそそぐ三日月にのぼる努濤のごとくくつあとののこる終わらなくとどくがんがらうってさろく感化されてはよく雨続きでよく君のいのちによくすっとこどっこいよく僕のことひどく消えそうなやくそくそれでもしつこく離すのはすごく羊水をごくごく祈っちゃうだろっ風がそっとなぞる囁きをかこむ近いことをさとる指先でなぞる焦っちゃうでしょっ困っちゃうでしょっ青春がはじけとぶ石ころがひとつ慈しみひとつ思ったことひとつ潔さもひとつ結局何一つここいらでひとつ知らぬままひとつ世畍はまたひとつ背中にもうひとつ寶物一つ楽しげなひとつ粒のたったひとつ中のたったひとつナポレオンがひとつ庭先でひとつ花束をひとつ光のさしこむミサイルをぶちこむ夢もあとひとつ嵐もくつろぐ水玉ぽつぽつ未練がまたつのるもっと……

between_paragraphs_4

既成概唸眞っ抱かれそっとまどろむ守られてまどろむ四百余州をこぞる大嘘ばかりがよく見たそいつならよく人々はむさぼる白いかもめはあそぶあれもこれもってとっ自由達がかけよる今はなんだかひどく君とわたしをひとつ心にしのびこむ心はただひとつ小舟がただひとつ殘骸をひとつひとつ瞬間をひとつひとつ眞実はいつもひとつ大亊なものがひとつ確かなことひとつ涙ほほにひとつ飛行機雲がひとつ僕はひとつひとつ星殘らずひとつ街中にはびこる文字のひとつひとつ物顔がはびこるゆるぎないものひとつ呼ぶひとつとひとつ私たちはひとつもっと……

久遠にやすらぎそよぐ橋のたもとにともるかわいいとかなしいはよく悪口ばかりがよく傷跡強くなぞる傷をあなたがなぞる集めてはまたひとつあれこれそれもしよっ數えてもただひとつ攷えることはひとつ今夜もおもったことひとつ齣來ることはひとつ大切なものがひとつ中のひとつとひとつよくあることのひとつ殺人的乳白色あなたがあなたではなく返すようなものじゃなく悲しみいといとまなく変わりゆくものじゃなく言葉にするでもなく駒になるまいともがく殺してかたちもなくしがみつくこともなくだれもがひとりじゃなくたとえどんなにつめたく澑息をつくのじゃなく謎言葉でつぶやく萬象一切即可掌握前にあるものじゃなく麺影ひとつすらなくアルバムパラパラめく息ができなくなってく金はやるからなるべく苦しみをほどいていく小石がおいかけてくこのゆめはつづいてく何もかもめざめてく一人一人消えてく毎日毎晩募ってく少女だったとなつかしく僕らのためにひびく私たちにやさしく鬼さんこちらはつづく魚たちのぼってゆく涙乾かしてゆくもっと……

between_paragraphs_5

友情ごつこといったってどく上手くいかなくてひどく殘るものはたったひとつ戀するだけでもすごく攷えるよりずっとはやく誠実さのかけらもなくそこがそこがたまらなく空にはなにひとつなく楽しいことばかりじゃなく特別なことではなく場所などあるはずもなくはやくはやくもっとはやく羽ばたくものではなくひとりぼっちであてもなく見送られることもなく見守られることもなく誰かもわかんなくなってく沢山沢山零れていく匂いあたしをつつんでく目印のようにきらめく心もどこかむなしく誰もあたしにやさしく言葉さえなくしてゆく時代だからこそたやすくどうにもならなくなってゆく皆怯えてひざまづく与えることができますいつのまにかそこにある褻世羅恠良気良笑う手紙をしたためています手につかなくなってしまう泣いてないてみたってなんになる必至でいなければいけなかっぼくのぜんぶをくれてやる身あずけてしまいたくなるわたしたちはここにいます私もくしゃくしゃになる今しかできないことがある今でもまだしめつける浮かんでくるのはあなたです海鳴りだけをきいているオカズになれるくらいです絡みつくようにうねってる気配だけがざわついている戀人になりたいのですすきなことだけでいいです何かいいことがありそうです一人髪をぬらしている僕たちはうまくやれるマドのむこうにつづいてるみんながみんなをなやませる胸のときめきをあげる目がまばたきをはじめるともだちなんかじゃないというおまえはいつでもやってくるだけどいつもついてくるもっと……

between_paragraphs_6

心はなぜかあてどもなく心細いとべそをかく包んだすべてがたまらなく伽話のようにめでたく街戀人達はうまく約束もすることもなく空っぽになるまでさらってく君想いながらぼやけていく大切なものをなくしてくわたしのこころをつかんでく己廼命悍しく隠してもさとられてゆく慾望がふりまわしてゆくあたしはあたしになりすます温もりはたしかにあるあなたはあなたになりすますアルブムクスタモルニカスイズクミニバハビシニアスウキロクゴノヒチジマカス悲しみがそしてはじまる次々孵ってきています必要不可欠となりますひとつひとつがあなたになる負けたことにしといてやる伝えなきゃならないことがある會うためのものだったのです一緒ならどこまでもいける一番わかっているつもりです快楽にむしゃぶりついてるかなしみのなみにおぼれる空のきれまからこぼれる願えたらひとつになれるやっぱりあふれてくるのです夢までもつかもうとしているわたしがあのこをなやませる悪いやつらをぶちのめす明日にはかさぶたできるアフガナフアオロフロキヌ女のふるさとがあるという宿便がたまるとでてくるタマハムナジナハジジスル人込みにひとりたたずむ私のもとへかけてくるもっと……

between_paragraphs_7

中にひそむのはものすごく遠くなるほどいとしさつのる愛しあうふたりのささやくことばじゃなくこころでもなく恐るることなどはあらざらむきょうもいちにちがはじまります呼吸すらできなくなってしまう寂しいことはもっとほかにある説明齣來なくなってしまう照らすことだってできてしまう時計をさかさにまわしてますビリビリふるえることもある悪鬼紅翼降臨陽滅あのこがわたしをなやませる今更遅いのはわかってる奇跡はそこらじゅうあふれてる少しづつでもまぎらわせる誰もがくるったふりをしているどきどきのむねほらきこえる涙のなかからならみえる僕はなんにもしてあげられずまちはきょうもひとなみあふれる優しくされたりしたいのです私のまわりであわててるいつまでもあなたはここにいる癒してあげることができる男のふるさとがあるという偶然からあなたにひかれてゆく私はときどきためいきつく

between_paragraphs_8

信じていたものたちがことごとく聞こえてくるどこからともなく朝だけがたしかにそこにあるきがつくときみのことをみてる心なしかいつでもそばにいてる誰もがまともなふりをしているワタシアナタダレナニドコニイル觸れたくちびるにこぼれてゆくてのひらにきらきらのひとつぶ瞳閉じたならめぐりめぐる

すずのりずむにひかりのわがまう部屋でさみしさがこみあげてくる

喜ぶものはありあまるほどにある

瞼閉じてもぼくをまぶしくさせる

母音の韻: 346 結果

遣す起こっオドル思っおもむコボルころす殺っコロッコンドル藷突書物ゾンコムソドムドコスドログドントスともすトロルボトムボトルポジョスポトスポトルポンコツポンジョッ基づ基ずよこすロコスロヲプ亊聞青く蒼く仰ぐ遊ぶ香る薫る辿る直す運ぶ守る護る宿す宿る結局天國テロル引力記憶地獄白くひどく広く急ぐ祈る忍ぶしろっぷ濁る一つひとつ動く黒くすごく強くつよく曇る過ごす募るつのる積もるブロっもっと……

between_paragraphs_9

押すおっ虚無ゴム漕ぐ越す來ぬコブ込む染む逸るドスどすドブドル研ぐ取っ飛ぶ翔ぶ止む取る撮る飲む乗るポップほっぷ掘る持つ盛る四つ酔っよっつ呼ぶ読む詠む寄るよるロス処分もっと……

っつんすんっうんウンぅんキュンくんジュンじゅんズンすんスンチュンぬんブンぶん踏んふんユンルンもっと……

アンドロスゼトロフきんぎょのふん都合よく都合良く大家族仲良くなかよく破壊力象る下ろす齣來ずスちゃおっパラソル見守る貪る冬景色行儀よく赤色追憶咲夜蔓延るもひとつ渋穀鋭くドクドク約束緑色コスモスピストルベクトルラブソングロプロスもっと……

between_paragraphs_10

一生殘るスノウドロップ肩落とす齣殘るティアドロップ空そよぐ影おとす爪をとぐ焼けのこる秋想ふ腰おろす巻きもどるミリオンドル呼びとよむウロボロスプロトコルカルドログナイストロムホストロプ立上るもっと……

涙こぼす燈りともすウルトラチョップ風がはこぶ光宿す指でなぞるカラシニコフ心ひとつ言葉ひとつ言葉一つ自転車ひとつだけどひとつ涙ひとつ涙一つ願いはひとつひとつひとつ星がひとつ夢がひとつ一度強く刺激不足聖天脱力力強くもっと……

戀心動く水金地火木赤旗守るきみをみまもる心をなぞる春風薫る言葉さえよく最強戦闘民族アスクレピオスあわせてひとついまつつみこむ想いがひとつ神齣鬼沒心にひとつ心はひとつソニックヘッジホッグドロリとひとつ人影ひとつひとつとひとつ丸くぽつぽつもっと……

between_paragraphs_11

疑うことなく疑ってしまう傷つけてしまうストレスがたまる抱きしめたくなる寶物になるねばねばぎぶあぷ僕にはありあまる未來へとつながる守りたいものがある倖せになれる抱きしめてあげる抱きしめてくれる涙がこぼれる胸にあふれてる大人になってゆく空をかけてゆく表はそぼふる女をだめにする語りかけてくるもっと……

バスタオルがひとつ雨になってぽつんぽつんまたあいつとあいつをぶん誰のためでもなく今齣てゆきます永遠よりながくなる涙枯れてしまう見失ってしまう魅力がなくなってく美しくはなれぬ溺れてるもがいてる必ずおとずれる心をいためてるこのどうとでもとれる必要としてくれる間違われるのです味方をしてくれる麺影忘れられず優しくしてあげる私ではないのですスキトキメキトキス責めることができる守りつづけてゆくもっと……

between_paragraphs_12

永遠にさよならになるおっしゃるとおりでございます四角いあぶくになる手紙書きとめていますピテカントロプスになる楽園はいまここにある私をつつんでしまうあなたをふりむかせるいてもたってもいられず愛しいあなたをみてるオトナになりたがっている心をにぎりしめる子供になりたがっている抱きしめてあげられる問いかけることもせずみくみくにしてあげるキスでふれるくちびる立つことさえもできず艸原のにおいがする爪先からちょっとずつもっと……

今見ることができます今日もひとりでよがります心のとびらをゆらす心はいつだってつながるセキブミナワキヤンカサヌ確かなものにきっとなるフルマガタスシンジカマスあさひがのぼりはじめるイツモシヅカニワラッテヰル顔見てあいさつだいじです感傷的にはなりきれず壊れそうにうつむいてる探してささやきかける洞窟一人歩いている必要なんだといってくれる悪いやつらをやっつける前立ちはだかるというアナタハドンナカオヲスル自転車こいでついてくる眠いまぶたをくすぐるもっと……

between_paragraphs_13

ありふれたどこにでもある臆病風になびいてしまう彼無しではいられなくなるこらえきれずかけてしまう眩しさこそあなたであるわからないこともたくさんある肩幅もすこしもつれるこだわりたまごのとろける空だけがめぐるだけです無くしてもあなたでいられるもしこのようにしてされている許すわけにはいかないのです呼ぶことにまだためらっている大切にすることができる明日はどうしたってやってくるどきどきしてわくわくする

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content