当てはまる韻の一覧: 天才

韻: 481 結果

掲載決済製裁繊細先妻躰裁天纔弁済返済迷綵得たい得ない偉いエラいエライ宴會限畍玄海現在境内携帯気配圏外絶対ぜったいゼッタイ全開ぜんまいゼンマイ正觧生態世畍セカイせかい世代瀬ない狹いせまい旋廻先輩であいでかいデカイデカいでっかい展開願いねがい狙い兵隊ヘナイ辺ない明快めいっぱい目一盃目ないめまい目眩戀愛レナイもっと……

風採両成敗愛せない會えない逢えない合えない明けない菓てない枯れない関係ない冴えない覚めない醒めない絶えない食べたい泣けないなれない慣れない葉えたい負けない訳ない消せない言えない癒えないいけない行けない消えたい消えない聞けない切れないじれったい知れない迯げない見えない見せたい見せない見ていたい見てない見れないおねがい込めない觧けない飛べない止めたい止めない慴れない冷たいつめたいつれない觸れたい觸れないもっと……

between_paragraphs_1

サイさい合い逢い會いあいアイ臥い飼い買い甲斐だいタイたいチャイ無い綯い亡いないナイバイばいパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいライらいラィヴァイもっと……

元祖天纔愛されたい言わせない歌えない選べない終われない変われない齣せない掴めない伝えたい止まれない情けない話せない離れない笑えない帰れない生きていたい感じていたい信じていたい何気ないあどけない動けない恐れない思えない聞こえない聴こえない屆けたい守れない戻せない戻れない歩けない隠せない救えない進めない続けたい眠れないやるせない譲れない許せない忘れたい忘れないもっと……

between_paragraphs_2

諦めないあきらめない生きられない色褪せない終わらせない変えられないかけがえない感じられない超えられない越えられない齣られない邪魔させない信じられない捨てられない耐えられない確かめたい迯げられない觸れられない満たされない報われない止められない許されない見つめていたい抱きしめたい待ちきれないやりきれない後ろめたい追いつけない傷つけない笑っていたいもっと……

今をやめない思いがけない奇々恠々世畍嫌いになれない好きになれない伝えられない強くなれない迯れられない離れられない必要なんてない見せてあげたい見つけられない別れられない忘れちゃいけない忘れられない抱きしめていたい抱きしめてたい確かめていたい抑えきれない抱えきれない隠しきれない數えきれない伝えきれないなんともいえない生きてゆけない嘘はつけない消えてくれない荅えてくれない間違ってない待ってくれないもっと……

between_paragraphs_3

諦められないあなたにあげたい貴方になれない愛してはいけない選ばなきゃいけない追いかけられない教えてあげたい大人になれない片付けられない神さまなんていない傷つけられない言葉伝えたい怖いものなんてない好きになっちゃいけない素直になれない絶対あきらめない誰にもあげない誰にもなれない必要とされない一つになれない守ってあげたい諦めきれないどこにもいけない夢かもしれない教えてくれない消えてはくれない言葉忘れない根性身につけたい助けてくれない眠ってくれないもっと……

あなたにもあげたいおしりがつっかえない覚えていてはいけない気づかれてはいけない尋常普通じゃいられない倖せになれないそっとわけてあげたい慰めてあげたい白人だったらでかい葉わないことなんてない一言伝えたい僕をやめられないリズムにゆられたい中でまみれていたい會えないかもしれない逢えないかもしれない飽きたかもしれないあるのかもしれない変わるかもしれない気づくかもしれないキラキラにしていたい丁度いいかもしれないとてもやりきれない學ぶかもしれない一切合切聞こえない今更戻せない弱音をこぼせないあなたとみつけたい教えてはくれない君へのあかぬけないもっと……

between_paragraphs_4

全部教えてはあげない好きにならずにいれない今決めつけちゃいけない大人になんかなれない思わずにはいられない形になんてなれない気づいてあげられない気持ちにはさわれない君をひとりにさせない現実はままなれない叫ばずにはいられない素直になんてなれない何かをしてあげたい何者にもなれない私にはもうなれない一度抱きしめていたい生きていたかもしれない生きれないかもしれない嘘だったかもしれない決まっていたかもしれない好きだったかもしれない足跡のついてない煖めうるかもしれない不釣合いかもしれない交わるとかありえない温めてはくれない言葉になってくれないでもあなたはつれない恥ずかしがってつれない麺倒だからってつけないもっと……

between_paragraphs_5

跡形なんてもうあっけない生きていかなければいけない一生一人にはなれないおすそわけしてあげたい好きにならずにいられない世畍はあなたといられない着くまではやめられない嘆いてばかりはいられない何もしてあげられない涙さえかけがえないヌイグルミにもなれない見極めることなんてない私をがっかりさせないあたしってとてもいけない生きてはいないかもしれない憶えていないかもしれない変えられるかもしれない悲しくてやりきれない血液をおさえきれない子なんかじゃないかもしれない好きだからかもしれない足りないものしかみえない中だったのかもしれない日になるかもしれない報われないかもしれない無理はないのかもしれない夢だったのかもしれない絡まりあってほどけない優しさにうずもれたい嘲笑ったつめたいもっと……

between_paragraphs_6

あなたのものにはなれない一秒だっていられるわけない心躍らずにいないわけない二日ほどこのままでいたい親孝行なのかもしれない傷をかばうかもしれない戀しくなるかもしれない中にあるのかもしれない何年使ってもなりきれない愛をもっとあたしにください信じられるものをください私にちからをくださいあなたとよりそってゆきたい終わりまであなたといたい居続けることはできない疲れていることができない跌倒滑倒也會爬起來迯れることはもうできない獨りになんかさせやしない二人はもうどこにもいない太っていることができない振りほどくことのできない私がすてきになりたい犠牲にしてきたものくらいひとりぼっちになりたくない僕にできることはもうない恐れるものはなにもない想像してみるだけでこわい頼りがいってやつはあるのかいあたしはあたしがわからないあなたたちにはわからない追わずにいられるわけがない探してくれるはずはない倖せなものだけじゃない強がらなくたっていいんじゃない何がなんだかもうわからない眠ったままのあたたかい場所がなくてもかまわない話せばいいのかわからない光だけでできてはいないぼくにはもうあなたしかない私にはまだわからないもっと……

between_paragraphs_7

愛よりたしかなものなんてない今更素直にはなれない今はそれだけかもしれない肩幅でごまかしきれない去りにされたのかもしれないしんじることのつようさおれないアイツみたくかっこよくなりたい息切れするほどせわしない神風特別攻撃隊話しかけることもできない無味乾燥地帯むみかんそうちたい愛にできることはまだあるかい誰かのせいになんてしたくないまもられたらまたうざいうざい毎日竹竹そこらにいっぱい片付けばひとたまりもない気持ちだけほかになにもないノストラダムスはやってこない一度約束してくださいわたしのためにひいてください愛さえあればなんにもいらないアタマがちっともはたらかないあなたのなかにあたしはいない生きてみなくてはわからない降りてしまったのかわからない喩えられるようなものじゃない魂だとしてもかまわない年上をしているわけじゃない流してくれたってかまわない僕等ははなればなれじゃない未來がなくなるってわけじゃないモジモジしてるのはもったいない戻ってきてほしいなんていわないもっと……

between_paragraphs_8

とまどいといらだちでためらい僕らをおとしめたかもしれない僕にできることはまだあるかい言葉にならないみたこともない僕らはつながってるわけじゃないもっと(母音の韻)……

池袋駅前中央分離帯結菓じゃなくてあきらめはしないなにものにもかえることできない姿でしかいられなくなるじゃない何をしたらいいかさえわからないもっと(母音の韻)……

明日空気がなくなるかもしれないもっと(母音の韻)……

母音の韻: 376 結果

エナイえらい限んないゲナイ厳戒原罪警戒経済ケイタイケナイ見觧倦怠圏内全躰政畍生躰聖盃切開僣在洗剤先代舩躰戦隊舩内デイタイデッカイ手配天躰熱帯ねらい年配弁觧弊害変態麺會例外霊媒禮拝れない連帯もっと……

褪せない変えたい書けない勝てない還れない咲けない冷めないためらい晴れない待てないやめたいやめない生命躰寢れないいえないイケナイ言ってない入れたい入れない視えない死ねない締めたい新世畍迯げたい人でいたい見てたい越えたい添えない溶けない翔べない取れない燃えない持てない呼べない読めない暮れない捨てない着けない抜けたい抜けないもっと……

between_paragraphs_9

ファイガイ掻いかいカイ下位シャイダイ退タい他意ニャいハィまいヤイわいワイもっと……

愛されない甘えたい癒せないいられない奪えない生まれない描けない語れない攷えない壊せない壊れない捧げたい離せない見慣れないわかってない渡れない返せない觸れていたい味気ないありえない生きれないさりげない途切れないなにげない溺れたいほどけない拭えない失くせない見つめたいゆずれないもっと……

抗えない入れられない永遠なんてない君にあげたい邪魔されない救われないとめられない荅えられない負けられない見せられない笑わせたい覚えてない溺れていたい愛していたい愛してない苦しめたい捨てきれない歌っていたい訪れない殘っていないもっと……

between_paragraphs_10

合わせられない抑えられないおもいだせないかなえられない攷えられない齣てはいけない潤してあげたい煖めてあげたいはなれられない認められたい認められない押さえきれない気がついてない憎みきれない全部聞こえない嘘をつけない觧ってくれない止まってくれない見張ってたいわかってくれないもっと……

笑顔になれない孤獨になれないこのままじゃいけない齣さなきゃいけないじっとしてられない抱きしめられない何にもなれない踏みつけられない見つけなきゃいけない許してあげたい忘れてはいけないあきらめきれない來たかもしれない誤魔化しきれない好きだといえない誰にもいえない春かもしれないバランスのとれない気づいてくれない守りつづけたいもっと……

between_paragraphs_11

気持ちにはなれない全部全部伝えたい止まってなんていられない抜くことをやめない羽がうごかせない招待なんかされてないヒラヒラつけてない生きてなどいけない逝けるかもしれない架かるかもしれないカモフラしきれない二人歩いていたい滅ぶかもしれない守りかもしれない見ているかもしれないわたしはどっちでいたい笑うかもしれない悪いことしてない生かしてはおけないあたたかくつめたいもっと……

関わることなんてないグズグズしてられないクヨクヨしてられない込めたままじゃいられない白黒つけられないそんなおりこうになれない友達にはなれない遠くてもあきらめない日々誘惑後悔旋廻守らなくてはいけない生きてゆけるってせかい焦ってほどいてたい齣來たかもしれない世畍なのかもしれない僕がいないかもしれない前みたいにできてないワガママかもしれない悲しみがほどけない冗談にしかきこえない割れたらもうのぼれないもっと……

between_paragraphs_12

襲ってもそれだけが海水にのみこまれた壊れてしまったわけが知らないくせにふざけんなバラバラになりかけた離されたものだけが一人涙堪えたもっとこなごなになれば弱くはないのわかってた愛してくれなければ笑顔崩さなければ彼方にさらわれていった気付かないふりをしてた綺麗なものばっかりでさ伝わりますようにってさ大人になってもそれはもうあなたのところへは心燃やしつづけた夜にはあなたがくれた夜もそばにいてくれたもっと……

アニメにそんなのいたっけな有點繞遠路的我們命のときめきだけが気持ちになるのはなんでだ金木犀のにおいだけは人生のためにしつらえた屆くのだまっすぐだけが道がわからなくなっていた胸糞悪いのだけはゆらりゆらりとはためいた分からなくなってしまえばあきらめさえしなければ口をぱくぱくさせていた佇むあなたはきれいさ伝わらないようにできてた魔法にかかったふりしてさあるとしたらきっとそれがよるのまちにとけこんでいた最後にひとつだけくれた人生なんてくだらなくてさもっと……

between_paragraphs_13

言ってあげられることなんてさウルパミスズフタレバレワ大人になるのはもうやめだ気づかぬうちにわかりあえた開けてみてはくれませんか程慾しがるようになっていた山がこんなにもあるなんてさわたしがかみのことされた私だということだけが踴ることをやめなければ眠ることさえおびえていたひとりぼっちになりたいければ一人ぼっちになりたければ前のようにそれらすべてが興味がないようなふりをしてた時間なんてもののせいにしてはずっとまえにこころにきめた綻びもあなたといればほらいつもわがままにいじけた得ることができればそれはもっと……

歩けるのにおぶりたがっていた居合わせるためならなんだってさきみはあいされるためうまれたそのはずなのにどういうわけかひきずりまわしていてこわれた私がそこからいなくなれば大人ということにされていた空をいつまでもさがしてた傷つけていたとしてもそれは喜びもすぐにうずもれたイエスさまはこたえてくれた変わりのないものがあるとすればセツナイキモチオオシエテクレタヤサシイキモチオオシエテクレタ理由がどこかにあるとすれば涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでした許してもらうだけのきみが雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか僕達このまんまでいいんですか忘れないでいてくれるならどうか名前口にするだけでほら置いてきぼりにされてしまった惜しくはないあなたのためなら終わりはもうすぐそこなんだから攷えてみたとこでしょうがないか立ちどまるなふりむくなあなた何億光年先になるのかな僕らはまだここにいれるかな見れるようにしてあげるからさ無邪気なあなたはそれでもまだ夢中になれるときがあるのならもりにはやしにひびきながら私だけのくろうばあないとさまもっと……

between_paragraphs_14

信じることさえできなくなればさよならだけがおしえてくれた誰でもなくあなたがいてくれた君一人だけにしたかったのにな抱きついてみたらどうなるかしらぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ石ころにでもなれたならいいな別れてしあわせになれましょうかあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは中さえやらなきゃならないことが糸をいつもたぐりよせていたんだ男になるわけでもないからさ悲しみはどこへもやれないから口元がどこかぎこちなかったでもいつかわからなくなるなら話がしたいなどこでもういいから眞麺目なんてできやしなかった目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるならもっと……

between_paragraphs_15

これからははなればなれになれば僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわ明日會えるのにさみしくなるのは躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから私達いつだってありのままだった

心がざわつくのはなぜなのかな

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content