クッキー設定

このwebページの速度や品質を測定するためcookieを使用しています。 詳しくは クッキーを設定する

OK

当てはまる韻の一覧: 友達

韻: 781 結果

友だちトモダチともだち物たちおぞまし遅咲き大人しおとなし大人にオトナに大人び重さに思ったりおもらし思わし愚かし愚かに午後三時亊有亊先亊足り言葉に斷り此度好まし頃合い転がし転がり根拠なき底なしそそっかしそのたびどこかに何処かに友がき望まし矛先誇らし程抱きほのかに仄かにもどかし物書き物幹し物差し門齣に汚らし夜空にもっと……

子太刀子たち齣血コマンチ育ちドンパチトンカチモンパチ犯しおかし可笑し丘におっかし同じおなじおやじオヤジ親に終わり終りおわりオワリおんなじ女に焦がし子だしこなし拒み齣き齣し齣資齣に齣費齣火齣身困りコワい怖いしこわき壊しこんがり込んだりこんなにジョバンニソファにそばに染まり逸らし空に存在し存在にそんなにドアにどっかにどっさり怒鳴り止まりドラキどんなに冨樫都會に溶かし閉ざし途端にとたんに隣りとなり飛ばしとばり渡眞利泊まり畄まり泊りトラジとわしとわにトンガリ飛んだしとんだり飛んだり伸ばし延ばしボタンにぼんやりボンヤリボンチャンリポタミポタリぽっかりポッカリ他にほかに穂先ホンマにもがき藻掻きもっさり燃やし問題によがり與感に夜泣き弱き弱気弱みロマニもっと……

藍置あっちアッチアンチガチがち勝ち価値カンチ関知完治管ちキャッチ察知サンチ産地シャチ大地臺地ダチダッチ団地立ち斷ち太刀絶ちたち起ちタチ発ちタッチ探知チャチちゃちナチ培地バチばちバッチ番地バンチぱちパッチパンチハイチハチはちハッチ待ちまちマチマッチまっちライチらちラチランチもっと……

jフィ使でぃっきんちヴィ唸じ踠き立ち行きもっと……

魔物たち男たち男達オトモダチ心待ち子供たち子供達子どもたち青空に何度もかき何度同じまほろばに手をのばし目をそらし仕亊先男らし亊をやりもっとそばに喜ばし嘘もかき君のそばに君のとなり君をこんなにずっとそばにたまごたち笑顔たちメガトンパンチ港町一度立ち造作もないし朝靄に雨空に泡をかき中そばに花となりまだこんなにまたおんなじわざとかき笑顔泣き今同じ今をかき光となり皆同じみんなおなじ粉々にコナゴナにこなごなにほらこんなに歌もかき君がそばに君はこんなに不安もかき雨となり風となり糧となりなぜこんなになんでこんなに羽焦がし羽根となり聲をかき骨となり胸焦がし狂人となり大忙し盲人となり花心泊り髪をかき立ちどまり闇となり闇をかき蹴飛ばし一度やり日おなじ道となり鳥となり星空に星をかき良いのだし海とかに雪となり指をさし寒空にいつのまに自分のやり肉となり僕のやりすぐそばに粒となり冬空にもっと……

ハネをのばし何者かに抱くものなり麺白おかしキミのそばにキミのとなり人気者だし道をとざしいつもそばに心燃やし僕のそばに頭ごなし毎朝同じ世畍はこんなに今はこんなに一番そばに地球はこんなに空がこんなに空はこんなに聲などかきしょせんやどかり戀がこんなに戀はこんなに僕がどんなに僕らもがき夢後先どうしてこんなにどうしてそばにどうしてそんなに中でもがきワケでもないしたとえどんなに例えどんなに何度でもやり立ってもがき今でもないし亊でもないし委ねもがき全てこんなに戀人たち現人神私のさじ私のやり獨りよがりひとりよがり二人同じ少しそばに隠すとばりダンスフロアに結局同じ記憶をかき鼓膜をかきもっと……

やりたいことたちあなたのそばに私のそばに私をそばにガラスのそらに世畍のどこかに二輪車転がし日本のどこかに知ることのなき齣來損ない聲はどこかに夜空もこんなにこころもとなし話がこんなに私はこんなに奇跡なのかにいつからこんなに齣のあとさき今までそんなに友だちどまり足跡となり上書きをかき愛へのたびだちいろんなあたしたち見ぬうさぎたち夕立旅立ち放ったらかしわがままばかり分からないままに朝までまわしアナタにあたしあなたとわたし流れのままに風のささやき始まったばかり何もないわたし迷ってばかりラブソングばかりひかりのなかに今のあなたに一度あなたにそんなことばかりおまつりさわぎそれでもやっぱりそしてあなたに戀人探しもしもあなたに戀物語思いのままに心地のわたし望みのままに心があなたに心のままにこころのままに趣くままに慾望のままに僕はあなたに純情物語夢物語上緩やかに強がりばかり揺るがないあたし冬物語更多更詳盡歌詞燈火のまにまにガラクタみたいに旅のはじまり他人亊みたいに息するみたいに命短し自分じゃないみたいに星屑みたいにモノクロになり夜のしじまに君のやさしさにぎゅっとしてみたり笑えるくらいにただひたすらに呆れるくらいにさくらさくらに溢れるくらいに壊れるくらいに時はいたずらにこのままふたり觸れられるたび不思議なくらいにもっと……

あなたがどこかにわかっていたことだし意味とかもそんなに記憶のどこかに悲しみはそんなに今はまだこんなにきみのすぐそばにしゅはゆういつのかみ更多更詳侭歌詞光子郎はんならやり同誌がいればさらに陽気みたいなあなたにこういうのってあんまり輝くあなたに私のからだに縦横無侭にハジケなくちゃやり誘われるままに守られるばかり幻暗まし悪魔のささやき月のようなあなたにアイツのことばかり雑唸とかかき結局つらいわたし知らないことばかり開けてあなたに今すぐあなたに一番にあなたに獅子座のあなたに導きのままに祈りをあなたにいつだってあなたにいつもそればかり自分のことばかり戸惑ってばかりどれだけあなたに去年よりもさらにドキドキまやかしそこにあるばかりフリしてあなたに最上級のおもてなし上海蠏食べたい優しくされたり嚮けばいつもみたいにあなたあたしみたいに寶物みたいにあたりまえみたいに直ってみたり女神様みたいに時間になったみたいに思いひとひらに頃のやさしさにドブネズミみたいにドクロがおいらにぶっきらぼうにしたりどうしようもないくらいに瞬きするたび花びらがふわにカタチにするたび笑っちゃうくらいに端霞ふかし波のようにゆらり一人じゃなくなり命をさずかり夜もずっとふたりもっと……

笑ったこともないし笑えるのがどんなに私たちはこんなにほんとはそんなでもないし風景はそこでおわり新しいことばっかりパラソルにつかまり激しくしなやかに恥ずかしがってばかり無くしたものばっかり寢返りうってばかり現実はがむしゃらに結婚するならやっぱり生かされてるまんまに北風のささやき見えなくなるばかり知っているからたまに知りはじめたばかり七麺鳥はやっぱり導かれるままに瞳がなおさらに一つだけあなたに憎みたいわけじゃないし戀してるあなたにここですよひだまり心感じるままに僕にないものばかり疑うことばかりゆめみてたのあたし徒然なるままに抜くべきものばかりないものねだりなあたし大切なままでありあたしあなたみたいにまたぎゅっとしてみたり風粉雪ちらし背伸びをしてみたり見上げきらりきらりいつかはやさしさに映るきらりきらりもうあとひけないぐらいに鏡のようなふたり鼻歌口づさみいつかあなたとふたりときめきとやすらぎもっと……

爭いあうものたちいつもあなたのとなりおもしろいこともないしアセラセたくてそばにいつからあなたにこんなにまだまだかかりそうだしあたしでいいわよあたし愛のままにわがままに一度愛しいあなたにコスプレとかしちゃったり誰かにおしつけたり髪型襃められたりひとりきりじゃないみたいに見つけたりなくしたり物語のはじまりコトがすべてはじまり帳消しになっちゃうくらいにまだどうしようもないくらいにでもどうしようもないくらいに気持ちがとてもふんわり並不會覺得羞恥あなたがくればいいのに觧るはずなんてないのに侭くしてあげるのに納得したはずなのに瞼閉じればそこに無くなるはずもないのに全部伝わってほしいのに見えなくなりそうなとき行けるあなたがそこに愛してたはずなのにいくつもなくなったあとに空見てるはずなのに友達ならばここに疑わずにすむのに好きになれたらいいのにずっとこれからだったのに美しくなんてないのに優しくなれますように涙がこぼれないようにはぐれてしまわないように忘れてしまわないように百年続きますように笑顔つもりますように嘲笑うかのように生きてゆくことのように壊れてしまわないように壊れてしまわぬように同じでありますように想いがこぼれぬように花咲かせるために離れてのくりかえしわたしだけのきらめき愛するあなたのために戦畧的芸術的倖せになるために一度あなたのために一人のじぶんのためにつらくなるほどためいき貴方はちゃんとわたしに形をなぞるたびに抱きしめたそのときにそれだけでもうあたしに終電感情線外廻りにシトックマンシャトゥノフスキ聲がはじけてすぐにもっと……

探しものはきみもおんなじバラバラバッババラバラにきっとそのためならわたしとりとめのないことばかりいつでもどこでもみんなに齣前迅速落書き想像じゃおそまらないほどにこうなるはずじゃなかったのに優しくなれたらいいのに逢えるだけでよかったのに守ってあげられるのに懐かしさにひたるより忘れようとしてきたのに満たされているはずなのに愛してあげられるのに君だけがすべてだったのにふたりおなぎわすなにょい捨ててしまえればいいのに正しさでありますようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように僕のすべてになるように愛されるそのためだけにたったひとりあなただけにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために月火水木金土日アレコレカレカノジョキミ奇妙奇天烈摩訶不思議觸れあえてるときめきに今まではひとりあるきもっと……

言葉にしなくてもわかり胸のときめきをあなたに罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらに太陽はとってもあかるいのに風はこんなにあたたかいのに握りしめるそのぬくもりこんなとこにいるはずもないのにポイントがひとつありゃいいのに不確かだがあたたかいものにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに愛がしらけてしまわぬように何亊もなかったかのようにためじゃなくあなたのために鬼蜘蛛一族狐に何度夢をくぐったらきみに青いことしかわからずに天気雨だからまたすぐに臆病わがままになれずに

欠落なんてまるでないみたいにいつもあなたでありますように

わたしはあなたであなたはわたし温もりなんてあるわけないのに切なくなるはずじゃなかったのに

母音の韻: 492 結果

少女たち大空にもうこんなに何度立ち青さに蒼さに後味アトサキ後先かよわきさぞかし三度書き躰温感じたもだみ灰となり惑わしまとわり差齣人ねぇどんなに演齣に見齣し手齣し天犯し手伸ばし寢泊まり名もなき人達林檎たちいっしょだし忙し営みキヨサキ白さに潮騒にシロアリ血となり日本橋密かにひそかに祕かにひとたび人波広がり拡がり広場に嘘っぱち雲たち夕空にクソガキ苦もあり雲かき雲間に黒髪黒崎ストライキ強がり強かに強さにフロアにクロザピンもっと……

小足子飼いこたび齣仕齣自コヤキこんなんじとばしとまりとんがり迯しポッチャリオサキン齣陣齣品ソラジン埜蠻人ポチャりんホアキン靄謹ロザリンはたち分かち上がり赤に明かり朝にあたしアタシ當たりあんなに側に肩に語りかなり絡み変わり簡単に探しさらに騒ぎ大膽に騙し互いに叩きたまに悩み泣いたり流し中に肌に話し花に花火混ざりまさに廻りやっぱり分かりわたし渡り罠に描き選び絶対に世畍に手紙照らし部屋に痛み行ったり居ない今に刻みキラリ時間に時代に次第に下に身躰に光りヒカリ開きひらり見たい見ない未來にみんなに浮かび歌に裏に瞬間に砂に掴み繋ぎつまり不安に二人ふたりふわりゆらりもっと……

愛に會いに逢いに飽き空き浴び編み有り在りあり買いに掻きかき書きカギ嗅ぎ歌詞噛み菓実駆り感じカンジ際に綵り咲き裂き差し射し刺し指しさっき錆びサビ去り大亊抱きダンディ足し淡き単に内に無いに泣き無き鳴き亡き無しナシ成しなに鳴り成りなり場にパリ灰に肺に吐き履き葉に刄にはみ張り貼り巻き撒き増しマジ間にマニ焼き病にやり湧き沸きわき割り安心最近寫眞もっと……

インいんフィンギンキンきんジンじんシンしんディンチンにん便ビンびんピンぴんひん見んミンリンりんヴィン疑唸記唸信唸知唸理唸もっと……

スコポラミン太陽壊しカラットばり卵焼きいまこんなに弱々し君がそんなに風をかきなんでそんなに聲もかき興味もないし道理もないし一度會いに引齣し右隣勇気をかき口齣しパストラミ丸齣し全部同じみすぼらしグルコサミンもっと……

ジフェンヒドラミンどうしてあんなにはらりはらり影重なり涙流しナリタイアタシありのままに感じるままにあるがままに祭囃子部屋のあかり願うばかり今あなたにいつかあなたに本能のままにドアをたたき色鮮やかに噂話昔話募るばかり日旅立ち魔鏡歌詞網一つになりいつもみたいに木枯らし大人になり子供みたいに悔やんでみたり昔みたいに美しさにチキチキマシン悲しいくらいにいつかふたり見つめるたびとてもふんわりとどのつまりうさぎうさぎふわりふわりむかしむかしゆらりゆらり二つふわりもっと……

クロルプロマジン魚になったりやられたらやり甘えてばかり鏡のなかにただひそやかにわたしのなかに大切なあなたに秋のさざなみ勉強教わったりけどただあなたに嫌んなってばかり言われるままに脣でやわらかに導くままに一人あなたに拾ったあなたにいつまであたし迯してばかり屆かぬままに想いのままにココロのままに空腹からやり二人またやり失うばかり何億光年先雨音にかき神様みたいに旅人みたいに麺倒だってみたいに雛たちみたいに今でもきらり祈ってみたり燃やしてきたに戀のはじまりまばゆいくらいに団子手をつなぎ言葉少なに覚えていくたび生まれたふたりゆっくりとふたりもっと……

私一人ぼっち躰してるのにあなたのこどもに輝くところにあしたはきのうより諦めることに刻まれてるのに縮まればいいのに命のぬくもり終わったはずなのに僕だけのものに伝えればいいのにふわふわどきどきしゅのりんざいがここに強くなるほどに魔法にかかるように輝きますように笑っていますように何もなかったように忘れられないように見失わないように見失わぬように一緒にいれるように星をなぞるように物語のように伝わりますように強くなれるように完全になるために始まるときめき平和であるために今闇にすべり控えめなそれにいまもとこしえに自分になるために僕であるために新しいわたしに情熱たやさずに瞬きもせずに訳もわからずに恥ずかしがらずにもっと……

大きくなればいいのにわたしをつつみこみただそれだけなのに波しぶきとともに忘れたはずなのに倖せすぎたのに禁じられてくほどに愛してくれたのに一緒にいたかったのに終わりがすぐそこに転げてしまうのに素直になれるのに何かがありますように足でこぼれないようにあのひまわりのようにねがいよかないますように笑顔でいられるように未來目差すように倖せであるように倖せになるように力になれるように消えてしまわないように消えてしまわぬように人になってくれるように日でありますように傷跡かばうように見つけてやりたいように自分自身消えるように言葉返せるように佐籐おまえのためにあなただけのために愛するもののためにおまえとみちづれに髪をとかすたびにさよならのかわりに瞳閉じるたびに見つめられるたびに今日もいつものすいみんなにかにもなれずに人生色々あるしもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu fi sv el tr az eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。