当てはまる韻の一覧: アイドル

韻: 641 結果

煽る海渡る香る薫るキャトルキャロルキャンドル綵どるサドル悟るサトルシャトル頼るタイトルタオル辿るたどるタトルチャドル治る直るなぞる名乗るバトルパドル灰夜羽織るハンドル煩悶る守る護るまもるマントル宿るランドル青く蒼くあおく仰ぐアゾフ遊ぶアトムアンロックファントム外食街路樹カイコス皆目カオス囲む花色家族感觸カンポス殘酷聡く諭すサントスジャコブダイジョブダノフダンロップダヴォス臺北倒すタオス頼む保つちゃおっ直す納得バンコクバンコック敗北運ぶハンコック魔女っマドック惑ふ満足ヤコブ宿すラオスラゴスラモスもっと……

between_paragraphs_1

織るオルごるゴル跨るコル茹るゾル逸るソルそるチョルドル取る撮る録る盜る乗るノルボルポル掘るホル盛るモル洩る寄るよる因るヴォル置く押すおっ落つオブ去く虚無五分ゴム漕ぐ越すコップ來ぬコブ込むショック甦す染むどくドスどすドブ觧く研ぐ取っとっ飛ぶ翔ぶ止む飲むぼくボクポップほっぷ持つモブ燃ゆ文句よく良く四つ酔っよっつ呼ぶ喚ぶ読む詠むロスロックもっと……

ぎゅキュジュじゅシュしゅちゅチュもっと……

偏る象るパラソル芭薫刄衛毎晩とるデライトルギャンボルシアトルディアゴル近寄る見守る居直るノンタイトル貪る冗談っぽく浪漫色アナログあましょくあらよっカタログカバノフ大家族ちゃちゃおっ仲良くなかよく仲よくババドックバラドス破壊力花一色眞直ぐマランコフ山奧山穀天仰ぐイカロス齣來ず齣來ぬ齣色齣直齣沒コマロフ空とぶドアノブボヤノフほらよっロマノフ下ろす君がよく頭蓋骨スちゃおっピュラモスブラドックブラヴォスもっと……

between_paragraphs_2

水位守る温もる司るインペラトル風薫る目でなぞる君となぞる君をなぞる線路たどる頬をなぞる名をなぞるエクアドル速攻最速内臓囲むガラパゴス世畍はよく背中押す天躰観測東西南北仲間呼ぶ運命宿す風運ぶ聲はよく弄ぶ夢運ぶカシヤノフ感じたいもんっ時はよく涙色日はよく色香よく嘘だよっ自己満足どこかよく物運ぶ宇宙海賊覈家族カスパロフ極綵色十分満足タルタロスバルバドスもっと……

指でなぞる始線になぞる光宿る彼をなぞる空をなぞる時をたどるポケモンバトル迷路をたどる夢をなぞるアレクサンドル記憶たどる規製貪る自己貪る強くなぞる風がはこぶ言葉はよく駄目なんだもんっ胴長短足僕らがいそぐロスアラモス彗星仰ぐそういえばよく睫がよく見つめなおす想いはよく親父がよくタヌキなのんっ握りなおす光宿す不用心だもんっ二人遊ぶ夕月仰ぐウルトラチョップ着物がよく正觧とかよく辛いとはよく恐いくらいよく泣いちゃうだろっもっと……

between_paragraphs_3

赤旗守る二人仲良く想いでたどる春風薫る団扇であおぐきみをみまもる希望的観測水金地火木ぜんぶやりなおす始まりはよく記憶をなぞる心をなぞる旋律をなぞる秤をなぞる羅列をなぞる想いをはこぶあさやけのぼる朝日がのぼるいのちもほそる嚮かいさかのぼる素肌でおどる魂いろどる時をいろどる燈りがともる日様昇るはしごをのぼる眞心こもる革命前夜宛先にのる瞬間つかみとる世畍をふちどる愛しさつのるベロキラプトル眼鏡もくもるメトキシクロルヴェロキラプトルもっと……

指先でなぞるがんがらうってさろく感化されてはよく風がそっとなぞる近いことをさとる囁きをかこむ祈っちゃうだろっ裏山へのぼるくつあとののこる三日月にのぼる未練がまたつのる終わらなくとどく努濤のごとく光降りそそぐ焦っちゃうでしょっ雨続きでよく困っちゃうでしょっ青春がはじけとぶ石ころがひとつ思ったことひとつ潔さもひとつ結局何一つここいらでひとつ知らぬままひとつすっとこどっこいよく背中にもうひとつ寶物一つ楽しげなひとつ粒のたったひとつ中のたったひとつナポレオンがひとつ庭先でひとつ花束をひとつ光のさしこむ僕のことひどく嵐もくつろぐ消えそうなやくそくそれでもしつこく離すのはすごく水玉ぽつぽつ羊水をごくごくもっと……

between_paragraphs_4

見たそいつならよく大嘘ばかりがよく人々はむさぼる白いかもめはあそぶ四百余州をこぞる既成概唸眞っ抱かれそっとまどろむ守られてまどろむ自由達がかけよるあれもこれもってとっ街中にはびこる物顔がはびこる今はなんだかひどく君とわたしをひとつ心にしのびこむ心はただひとつ小舟がただひとつ殘骸をひとつひとつ瞬間をひとつひとつ眞実はいつもひとつ大亊なものがひとつ確かなことひとつ涙ほほにひとつ飛行機雲がひとつ僕はひとつひとつ星殘らずひとつ文字のひとつひとつゆるぎないものひとつ呼ぶひとつとひとつ私たちはひとつもっと……

かわいいとかなしいはよく傷をあなたがなぞる悪口ばかりがよく傷跡強くなぞる橋のたもとにともる久遠にやすらぎそよぐ集めてはまたひとつあれこれそれもしよっ數えてもただひとつ攷えることはひとつ今夜もおもったことひとつ齣來ることはひとつ大切なものがひとつ中のひとつとひとつよくあることのひとつ殺人的乳白色永遠にさよならになる返しがつかなくなる悔しさがそこにある齣してしまいたくなる四角いあぶくになる想像力からはじまる荅なんてすぐそこにあるピテカントロプスになる楽園はいまここにあるあなたをふりむかせるいちばんふわふわしてる愛しいあなたをみてるオトナになりたがっている希望もつくりはじめる心をにぎりしめる子供になりたがっている齣掛けさせられてるこれからもさがしてる全部抱きしめてあげる抱きしめてあげられる僕をむなしくさせるみくみくにしてあげる皆倖せになれるあなたならきっとできるキスでふれるくちびる僕にはなんでもできる本當のさよならできるえがおのにおいがする艸原のにおいがする毎日おしよせてくるもっと……

between_paragraphs_5

友情ごつこといったってどく上手くいかなくてひどく殘るものはたったひとつ戀するだけでもすごくいつのまにかそこにある心はいつだってつながる確かなものにきっとなる泣いてないてみたってなんになるぼくのぜんぶをくれてやる身あずけてしまいたくなる私もくしゃくしゃになる今しかできないことがあるあさひがのぼりはじめるイツモシヅカニワラッテヰル今でもまだしめつける海鳴りだけをきいている絡みつくようにうねってる気配だけがざわついている壊れそうにうつむいてる探してささやきかける洞窟一人歩いている必要なんだといってくれる一人髪をぬらしている僕たちはうまくやれるマドのむこうにつづいてるみんながみんなをなやませる胸のときめきをあげる目がまばたきをはじめる悪いやつらをやっつけるアナタハドンナカオヲスルおまえはいつでもやってくる自転車こいでついてくるだけどいつもついてくる眠いまぶたをくすぐるもっと……

between_paragraphs_6

温もりはたしかにあるありふれたどこにでもある悲しみがそしてはじまる彼無しではいられなくなるひとつひとつがあなたになる負けたことにしといてやる眩しさこそあなたであるわからないこともたくさんある伝えなきゃならないことがある一緒ならどこまでもいける快楽にむしゃぶりついてる肩幅もすこしもつれるかなしみのなみにおぼれるこだわりたまごのとろける空のきれまからこぼれる無くしてもあなたでいられる願えたらひとつになれるもしこのようにしてされている夢までもつかもうとしている呼ぶことにまだためらっているわたしがあのこをなやませる明日にはかさぶたできる大切にすることができる明日はどうしたってやってくる宿便がたまるとでてくるタマハムナジナハジジスルどきどきしてわくわくする私のもとへかけてくるあたしはあたしになりすますあなたはあなたになりすますアルブムクスタモルニカスイズクミニバハビシニアスウキロクゴノヒチジマカス臆病風になびいてしまう心はなぜかあてどもなく心細いとべそをかくこらえきれずかけてしまう次々孵ってきています包んだすべてがたまらなく伽話のようにめでたく必要不可欠となります約束もすることもなく會うためのものだったのです一番わかっているつもりです空っぽになるまでさらってく君想いながらぼやけていく空だけがめぐるだけです大切なものをなくしてくやっぱりあふれてくるのです許すわけにはいかないのですわたしのこころをつかんでく悪いやつらをぶちのめすアフガナフアオロフロキヌ己廼命悍しく女のふるさとがあるという隠してもさとられてゆく人込みにひとりたたずむ慾望がふりまわしてゆくもっと……

between_paragraphs_7

遠くなるほどいとしさつのる中にひそむのはものすごく寂しいことはもっとほかにあるビリビリふるえることもある愛しあうふたりのささやく恐るることなどはあらざらむきょうもいちにちがはじまります呼吸すらできなくなってしまうことばじゃなくこころでもなく説明齣來なくなってしまう照らすことだってできてしまう時計をさかさにまわしてますあのこがわたしをなやませる今更遅いのはわかってる奇跡はそこらじゅうあふれてる少しづつでもまぎらわせる誰もがくるったふりをしているどきどきのむねほらきこえる涙のなかからならみえるまちはきょうもひとなみあふれる私のまわりであわててる悪鬼紅翼降臨陽滅僕はなんにもしてあげられず優しくされたりしたいのですいつまでもあなたはここにいる癒してあげることができる男のふるさとがあるという偶然からあなたにひかれてゆく私はときどきためいきつく

between_paragraphs_8

信じていたものたちがことごとく朝だけがたしかにそこにある聞こえてくるどこからともなくきがつくときみのことをみてる心なしかいつでもそばにいてる誰もがまともなふりをしているワタシアナタダレナニドコニイル瞳閉じたならめぐりめぐるてのひらにきらきらのひとつぶ觸れたくちびるにこぼれてゆく

すずのりずむにひかりのわがまう部屋でさみしさがこみあげてくる

喜ぶものはありあまるほどにある

瞼閉じてもぼくをまぶしくさせる

母音の韻: 322 結果

アオく暗黒會食海賊觧読過酷火木寡黙関穀勧告観測ざんこく菜食最速作曲早速さっそく三食大木躰力他國タコスタロスたんそく単獨治す何億売國パドックパトス配屬背徳ハドック反則ハンモックまどふ薬局倭國ハドスンワトスンもっと……

between_paragraphs_9

オズオッごく濃くコス子っコングジョシュジョッシュジョスちょっチョップドムドンクトム呑むボッシュボズボッツボブホスホッグホフ寄すロク処分ドッキュンもっと……

っつんすんっうんウンぅんキュンくんジュンじゅんズンすんスンチュンぬんブンぶん踏んふんユンルンもっと……

タサロフタラソフマカロフアラゴルンアラソルン今直今読機内食ドラゴンズ世田穀グラモフクライロブブラゾス色濃く驚く君とよくストロング轟く紐觧く綻ぶ滅ぼす眞っまどろむ見下ろす喜ぶ都合よく都合良く冬景色咲夜蔓延る行儀よく赤色追憶もひとつピストルコスモス渋穀鋭くドクドク約束ラブソング緑色ロプロスもっと……

between_paragraphs_10

寶毒ザネタコス星がよく大人っぽくアグラノヴフェスマトスエルマノスヘルナンドスボグダノフラグナロク燈がともる降りそそぐ心踴る息ひとつ映りこむ影ひとつ修羅地獄スポンジボブただひとつ唯一つたったひとつ何一つ何ひとつなにひとつ星ひとつまたひとつ夢ひとつ空にどひゅんクリストフ清水もつもっと……

一人殘る咲きほころぶ全部眞っカラシニコフ心ひとつ言葉ひとつ言葉一つ自転車ひとつだけどひとつ涙ひとつ涙一つ願いはひとつひとつひとつ星がひとつ未來はひとつ夢がひとつ一度強く刺激不足聖天脱力力強くもっと……

俺達をよく季節眞っ便りはとどくなだれのごとく涙をこぼす戀心動く言葉さえよくアスクレピオスあわせてひとついまつつみこむ想いがひとつ神齣鬼沒心にひとつ心はひとつ最強戦闘民族ソニックヘッジホッグドロリとひとつ人影ひとつひとつとひとつ丸くぽつぽつもっと……

between_paragraphs_11

慈しみひとつ君のいのちによく世畍はまたひとつミサイルをぶちこむ夢もあとひとつストレスがたまる抱きしめたくなる寶物になる僕にはありあまる未來へとつながる疑うことなく疑ってしまう傷つけてしまうねばねばぎぶあぷ守りたいものがある倖せになれる抱きしめてあげる抱きしめてくれる涙がこぼれる胸にあふれてる表はそぼふる女をだめにする語りかけてくる大人になってゆく空をかけてゆくもっと……

バスタオルがひとつ雨になってぽつんぽつんまたあいつとあいつをぶん永遠よりながくなる今齣てゆきます誰のためでもなく涙枯れてしまう見失ってしまう溺れてるもがいてる必ずおとずれる心をいためてるこのどうとでもとれる必要としてくれる味方をしてくれる優しくしてあげる美しくはなれぬ間違われるのです魅力がなくなってく麺影忘れられず私ではないのです責めることができるスキトキメキトキス守りつづけてゆくもっと……

between_paragraphs_12

おっしゃるとおりでございます返すようなものじゃなく悲しみいといとまなくさかさまになってしまうすぐになくなってしまう手紙書きとめていますどうだってよくなってしまう麺影ひとつすらなく私をつつんでしまういてもたってもいられず問いかけることもせず何もかもめざめてく一人一人消えてく見失いたくないのです少女だったとなつかしく立つことさえもできず僕らのためにひびく私たちにやさしく爪先からちょっとずつパジャマプラネタリウムもっと……

与えることができます誠実さのかけらもなく褻世羅恠良気良笑う空にはなにひとつなく手紙をしたためています手につかなくなってしまう羽ばたくものではなく必至でいなければいけなかっひとりぼっちであてもなく見送られることもなく見守られることもなくわたしたちはここにいます浮かんでくるのはあなたですオカズになれるくらいです戀人になりたいのですすきなことだけでいいです誰かもわかんなくなってく何かいいことがありそうです匂いあたしをつつんでくともだちなんかじゃないというもっと……

between_paragraphs_13

街戀人達はうまく

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content