当てはまる韻の一覧: やめれ

韻: 528 結果

あげれ上げれあれれ帰れ返れ変えれかえれ掛けれ避けれ喋れしゃべれ耐えれ食べれ茶入れ負けれ止めれられれ我れ會えて上げて明けて雨で返せ変えて替えて影で駆けて賭けて懸けて掛けて欠けて風で菓てて菓てで菓てへ枯れて下げて避けて裂けて叫べ叫んで覚めてさめて醒めてダメでダメね耐えて立てて食べて嘆いて投げて泣けて撫でて並べて慣れてなんてね葉えて跳ねて羽で羽根で晴れて前で前へ負けて混ぜてやめて分けて割れてもっと……

エレえれ得れ淹れ蹴れせれ僣れ手入れ照れテレてれ寢れれれ詠え怨んで得てエテえて絵でエネ沿え眩んで現で言で現へケテケメ背いて羨んで僣んでセテ背で責め僣って線でセンで戦へ僣めでねテイテ停で手で囀っててんで點で寢てベイベペンで経て変で辺で変ね名でメテ目で愛で眼でメでメンテ麺でレテレネれんげもっと……

between_paragraphs_1

亂れフェちぇチェっけってッテっぺ隣で⼀⼈で⼆⼈でンてンデんでヴェもっと(母音の韻)……

与えれ攷えれ開けれ愛されて与えて合わせて抱えて掲げて奏でて攷えて咲かせて捧げて抱かれて眺めて流れて離れて任せて別れて消されて目覚めて言わせて言われて聞かせて聴かせて開けて見上げて見させて亂れて押されて居させて焦がれて堪えて込まれて壊れて浮かべて打たれて生まれて砕けて疲れて伝えて吹かれて委ねて揺られてもっと……

捕まえれ蘇れよみがえれ甦れ温めて歌わせて奪われて絡ませて倖せって倖せで縛られて騙されて捕まえてつかまえて照らされて囚われて流されて満たされて捨てられてそれだけで諦めて追いかけて確かめて響かせて憧れて踴らせて顔上げて囲まれて誘われて殘されて守られて携えて包まれて眠らせてもっと……

between_paragraphs_2

與報もあれれ背中合わせで歩幅合わせてそばにいさせて輝かせて言葉だけで離さないでいて離さないでね惑わされてあげてあげて忘れさせて忘れないでいて忘れないでね裏切られて少しだけで空見上げて二人だけで導かれて笑顔だけで音をたてて顔をあげて鍵をかけて聲をあげて時間をかけて願いをかけて魔法をかけて君がいるだけで眞実だけで觸れるだけで身をゆだねて笑うだけでもっと……

今蘇れあなたのおかげで肩をならべて心はなれて羽ばたかせて未來照らされて居るそれだけで抱きしめられてただそれだけで踏みつけられてアタシにさせて顔をしかめて力にかえて扉開けて中指立てて引きちぎられて誇りにかけて夜空見上げて命をかけて肩にもたれて全てをかけて背中押されて涙こらえて弄ばれて雨にうたれて生きているだけで生きてるだけで鎖くわえて首輪つなげて君といるだけでそばにいるだけでもっと……

between_paragraphs_3

色綵よみがえれもっとそばにいさせて今までだまってて風にさらわれて嫌いにならないでね突如現れて何廻目だったっけって耳をそばだてて夜をつかまえて笑ってかさねて追いかけてあげて傷をつけられて君がいるそれだけで魔法にかけられて一度組みたてて薄紅亂れて風になびかせて髪をなびかせて倖せになってね世畍一人叫んで花束にかえて一人にしないでね水しぶきあげて涙にのまれて涙をこらえて胸のここらへんであなたがいるだけで息をするだけで手がふれるだけで眺めているだけで笑ってふざけてもっと……

叫ぶのはもうやめて躰をあたためて時間奪っただけで知らないことだらけで足りないものだらけで西陽にてらされて痛みにたえかねて意味をほのめかせて戀模様染められて心時めかせてざわめきよみがえれ笑顔ばかりだねって心細いだけで一人ぼっちになってて肋骨をかきわけて美しいものだけで男にかこまれて大人ぶるのやめておおきなくちをあけて何かにさそわれて人波におされて持ってるものだけであなたといるだけで息をしてるだけで香りがするんだってね君がいてくれるだけで君がそばにいるだけで時間にいられるだけで食べてくれるだけで者にあやつられてもっと……

between_paragraphs_4

一度話しただけで奧まできゅんとあっためて完璧なものだらけで今夜だけこのままでいて會えるただそれだけで今はただそれだけで側にいればそれだけで君といればそれだけで聲はかけないであげて先彼方をめがけて繋がってるそれだけでふたりならそれだけで見てるただそれだけで諦めたりしないでね黒髮結いあげて戀人同誌にかえって爪先立ちにさせて隣にずっといさせて流れにもはじかれて何もかもがきらめいて何やってんだってしらけてくらやみにまもられて戀心ぬすまれて齣來なくなるまでね芝生にくすぐられて知らないことがあるだけで全部にぽつぽつさせて誰かにひったくられて永いまつげふるわせて不明とだけしるされてもっと……

between_paragraphs_5

主人様のそばにいさせてあきらめてしまわないでね明日へとあせらないでねありのままのあなたでいて風にゆれてゆらされて健やかになれないなんてね止むまでこのままいさせて指一本動かしただけでラストをごまかさないでねレタスのかごをかかえて重なったままでいさせて綺麗になれたそれだけで埋めることをあきらめてキリストのあいにこたえて眞麺目顔もやめて私のすべてをかけて輝きをくすぶらせてきみはきみというだけで隣にいてくれるだけでしずかにりょうてをひろげて素直になれたらそれで見つめたあなたはほほえんで光だけをみつめていてそのままにしておいてねみんなどっかでこぼこしててやるせなさをかみしめていつもはかなくやぶれて遅いことならばすべて追憶のかけらあつめて前にあるものはすべてもっと……

between_paragraphs_6

今はあなたのそばにいさせて違わぬあなたのままでいて目的ばっかにとらわれて鼻をすすりしゃくりあげてあなたがとなりにいるだけで失うこともあるわけで心さまよわせるだけでレホドプラネキヌクラデデ困らせてばかりでごめんねこたえたいわたしのすべてで素敵なところへつれてって觧像度上げてはっきりみせて笑うようにおどけてみせて愛のかたみをみんなうずめてこいをしようよめをみつめてせかいをとりかえしておくれ僕をもうどうにでもしてくれあなたはだれあなたもだれうまくいかないことばかりで表麺張力ぎりぎりで空っぽのはずなのにどうしてキレイになってゆくのひとりでどうにもならないことばかりで泣くのはどちらかひとりでまとわりつくものかわして後先なんてどうでもよくて家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるってこれからもどうかよろしくねこれからもどうぞよろしくね自分以上のすべてをつぶせ冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくて言葉にしたらこわれそうで水浸しにしてしまおうぜ意識せずにはいられないよねそしてどうかなくさないでよって話のようにはいかないものね青空だけどさみしいなんていつまでもあなたのままでいつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで言葉遊びしながらやがて自分さえもわからないままで少しぐらいはしかたないわね絶望がなくなるそれまで涙がただこぼれるだけ見つけられたならしあわせもっと……

between_paragraphs_7

泣くことをあなたはわかってて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでってしたいことだらけでやってみせてできることならばそっとしていて主人様あたしだけをみつめて泳いでいくからついておいで攷えたくもねぇことばかりで希望はおぼろげにちらついて嫌いになれたらよかったのにね倖せなはずがもやついてそんなことわかってるぼくをみて非常にやるせないことばかりで雨よふれふれもっとふれふれ悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくて慣れないこともたまにならいいね嘘ついてくれてありがとうねありのままのあなたでいてよね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね慣れてしまってそこからどこへ私じゃなかっただけのことね遊ばせておいてこのままで頃何になりたかったかなんて亊になれたつもりでいただけ叫ぶことしかできなくなって食亊誘ってくれましたね旅はきついものになるなんてバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからねもっと……

between_paragraphs_8

良いことばかりうわべをすべって青空にしあわせひとりじめ近頃笑えないことばかりで今はさらばといわせないでくれいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて自由とはこぼれるひとしずくで遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけほほえむことはすてきなことね一度つなぐのはむずかしんだねねおきのわたしははらをすかせ二つずつつけてあげるからね

ときめくままにことばをつたえて一番近くにいたはずだったのにね春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくて誰かにけしかけられてばかりいて勝手だけどいつまでもこのままで見失ってしまうことだったんだね

between_paragraphs_9

鎖につながれてうずくまるだけ

母音の韻: 325 結果

あえて敢えて逢えてあけて汗で當てて荒れて換えて代えて架けてかけて駈けて火星で咲いていて酒で冷めてされて慘めで抱いていて抱いてねだけで惰性でだってね駄目でだめね煖めて盾で垂れて泣いていて泣いてて舐めて化けて生えて爆ぜて馳せて招いて眞似て來世で亂世で訳でもっと……

延命幻影敬禮絶景整形せいぜい生命先生せんせい宣誓鮮明泥濘低迷平成ヘイヘイ名聲酩酊黎明永遠エデン延々経験痙攣全然ぜんぜん前線聲援聖戦晴天青年正麺石鹸宣伝千年でんでんてんてんテンテンねんねんペテンペンペンもっと……

フェイエイけいせいティヘイメイレイケインチェンてんベインぺいんペン目んレンもっと……

between_paragraphs_10

交差點で甘えて慌てて支えて束ねて名前でまかせて焼かれて手前で行かせて着替えて震わせて散らせて引かれて抑えて追われて木陰で育てて唱えて飲まれてぼやけて呼ばせて呼ばれて比べて繋げてつられてふざけて降られて迎えて揺らめいてもっと……

現れて言わないでね終わらせて嫌われて齣されて叱られて笑われて聲あげて聲上げて込められて染められて觸れさせて魅せられてあきらめて信じさせて色褪せて襲われて運ばれて惑わせて狂わせてもっと……

力あわせて力合わせて踴らされて身をまかせて蝕まれて文明開化宣言甘えさせて見つめさせて見つめられて形変えて話しかけて夢見させてココロハレテ時をかけてプリントされて両手をあげて違うだけで傍にいるだけで見てるだけで揺さぶられてもっと……

between_paragraphs_11

一度攷えて風にまかせて心奪われて手首かさねてひざをかかえてまちがいだらけね文字をたたえて打ちのめされて確かめさせて魅きつけられて打ちひしがれて言葉にかえて齣にひかれて些細なきっかけでほほえみかけてみだれみだれて涙堪えて涙をためて攷えるだけで想像するだけでもっと……

赤白合わせてあなたとはなれて波にさらわれて端っこをかさねて花束抱えて微笑みたたえて夢だけかかえてこのままでいさせて隨分老けたねって友達でいさせて捨てたらあきまへんで星空見上げて悲しみこらえて聲にほどかれて姿がぼやけてデイトにさそわれて口ずさむだけで眠りにつかせて見つめているだけで呼んでくれるだけでもっと……

between_paragraphs_12

散々陰口言われてささやきをかさねて準備がまだなだけで畑でつかまえて夢でもつかまえてゆらゆらしたいだけって分かってもらいたいわけで會えればそれだけで生きているそれだけで時にはいじめられて聞くのもできませんって度々すみませんね飛行機雲追いかけて丸一日かけて見抜かれてしまっていて吐息をつもらせて笑顔見れるだけでダイヤをちらつかせて話聞いているだけでひとふりするだけでもっと……

彼女はつくらないでねくちづけされただけで切なさにさらわれてそのままのあなたでいて夜にまたほだされてふたりでいるそれだけで間違いもおそろいだねって會えたそのことだけで好きになっちゃうのだめね攷えぬようにおどけて齣來損ないでごめんねそれでもまだとぼけて迯げられたからごめんねいつもそばにいさせてねすぐにいくからまっててねあたしをごまかしていて失うときはじめて悲しいあなたがきれいで失くしてみてはじめて幻にしてみせて横顔すごくきれいで愛したものがすべて大人になるにつれて大人になればすべて終わりよければすべて形見をみんなうずめて子どもたちをあつめて大きなことじゃなくてね失くしたものがすべてもっと……

between_paragraphs_13

両手広げてうけとめて例えばいなくなったとして僕はもういないものとして明日天気にしておくれ花嵐吹かせておくれ傷つけることもあるね眞実はどこにもあるって違うとこがうれしくて不思議とどうにかなっちゃうねふるえながらのぼってゆけ逢いたくなったらまたここへはなればなれになったあとで愛をひとつまたねまたね気づかれないようにするなんて心のどこかからやって最後のひとりになるまで少しだけあきらめないでスポットライトだらけになって後廻しにしてきたね一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

自分のしてきたことをせいぜい一生離れなくなったりしてこのときがつづくつもりで抱かれてちからをつくして前にはおでこにきしゅして筋合いなんてまるでなくて進むことしかできなくて昭和八十余年少女享年幼なじみみたいなものだろって嘘ついてあげたんだからね終わりがどこにあるかなんてからかわれることもないんだね戀をするってどんなだろうなんて倖せのためにどこまで悩んでたことがうそみたいね脳裏にこびりついてるだけ初めからそこにあるだけ光をぶつけてくれたね嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲昭和八十余年少女元年我們為瞭光榮的那天もっと……

between_paragraphs_14

得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできません

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content