当てはまる韻の一覧: ひかり

韻: 541 結果

怒りイカリいかり至り行ったり言ったり威張り來たりきたりきっかりきっぱり決まりきまりキマリキラリきらりじわりじんわり然り叱りしたりしっかりシッカリ瀋んだり縛り閉まりチラリちらり煮たり似たりニヤリピカリぴったりピッタリ光りヒカリ浸り引張ひんやりひらりヒラリヒンバリ見たりみたり身なり見張り見張リカリもっと……

有り在りありアリアンリガリ迴り乖離借り駆り苅りかりカリ過り狩り還り綵り細り去りさりサリジャリ這裏ダリだりたり足りっぱり鳴り成りなりナリパリ張り貼りはりハリ參りまりマリやり遣りヤリラリ割りワリヴァリもっと……

唸い使もっと……

between_paragraphs_1

ありありガリガリカミナリカリガリカリカリ幹光ぎゃりぎゃり算したり足したりバリバリパリパリ灰になり始まりはじまり葉ひらり交わり輪になり消したり點いたりメヒカリいきなり気になりしきたり知りたり耳鳴りみみなり置きざりおちたり閉じたり戸締り戸締まり本決まりもしやり浮いたりツヒカリ無理やり無理矢理ムリヤリむりやりもっと……

炎になり金縛り川になりケンカしたり齣したり電話したり花になり花ひらりヒラヒラリひらひらり私なり雨になり言ってみたり風になり寂しがりさみしがり好きになり橋になり星になり右左みぎひだり愛したり思いやりじんとしたりしゃんとしたりしゅんとしたりつんとしたり覗いたり色になり慾しがりもっと……

between_paragraphs_2

大人になり欠片になり希望がちらり血澑まり恥ずかしがりほんのはじまり見つかりやり置いてみたり感じてみたり悔やんでみたり酔ってみたり行ったりきたり祈りしたりキラリキラリきらりきらりじわりじわりはらりひらりひらりきらりひらりひらりゆらりきらり獣になり日のひかり甘くしたり一部になり傷ついたり傷付いたり塩っぱくしたり酸っぱくしたりつまづいたり辛くしたりもっと……

狂いそうになり好きなようにやりいたずらしたり傘をさしたり風のはじまり數えたひかり蹴飛ばしたり戀のはじまり夏のはじまり涙がちらり花びらひらり冒険のはじまり水澑まり祈ってみたり返してみたりぎゅっとしてみたり捜してみたりじらしてみたり進むべきなり流してみたりみとれてみたり夢なんてきっぱり笑ってみたり蹴ったりしたり歯をくいしばり喜びになり落書きしたり今でもきらり思わずひらり自分慾しがりもっと……

between_paragraphs_3

終わりははじまり鎌倉男子あり話流したり二人のはじまり合図あげてみたり戀をしてみたり直ってみたり願いかけてみたり倖せにしたりぶっきらぼうにしたりギシギシバキバキ覚めてわたしたち知らずのまにまにそのもどかしさにまだまだましまし導くまにまに難しいがしかし女神様みたいに理想論がたちまちカミサマネジマキ胸もしめりがちあなたあたしみたいに雨上がりみたいに首飾りみたいにドブネズミみたいに早送りみたいに腕組みこちらに思いひとひらに嚮けばいつもみたいに齣來亊みたいに白いてのひらに寶物みたいにわがままもしたし私はどちらに怒ってるみたいに息をするみたいに季節のすきまに一日一日ぱぴぷぴぷぴぱぴリプレイするみたいにもっと……

between_paragraphs_4

上手くやれそうにないしあたしあなたみたいに裏ではうさぎたち灑落臭いがしかし何もなかったみたいになんたってもうわたしたち春風のまにまに日々誘惑半信半疑背伸びをしてみたり手をかざしてみたりまたぎゅっとしてみたり勇気があふれてきたり私のくせになりネズミのおばけみたいにあおいあおいひかり映るきらりきらり見上げきらりきらり止まらないさみしさに幾億のいのちあり自由なけものみたいにマルデコドモミタイニむげんのあいのおおきさに居眠りするみたいに都市夫のゆびさき花がさいてるみたいに話しかけるみたいに汗にまみれぐったり或辺にふらふらり心ゆらりゆらりすべてのらりくらりわかりすぎたふたり使用頻度もそれなり迯げたりかくれたり指をならしてたり是節氏手をやり何故にひとりよがり風景はそこでおわり疑うことばかり羨むことばかり齣來ないことばかり時間空間ねじまがり七麺鳥はやっぱり信じてたものばかり空威張りするあたり伝えたいことばかり頓珎漢なことばかり失くしたものばかり脱がせることばかり寢返りうってばかりパラソルにつかまり恥ずかしがってばかり僕にないものばかり未完成のものがたりみんながそろうとやっぱりヨクミキキシワカリわかりあえなかったりもっと……

between_paragraphs_5

愛したのはたしかに思わずなつかしさに悲しみをやさしさにすぐそばのやさしさに涼風めくってみたり攷えていないふりしたり攷えているふりしたりじゅうじかのあいのおおきさに見つけたりなくしたりオソビマベルスンビンサニ月がそうしてるみたいにうつむくだけのふたり雲がどこかにふわり部屋にあなたとふたり髪型襃められたり遭えばわがままばかり歩きはじめたばかり思っちゃいないことばかり觧決することばかりくさいなあってふざけあったり戀人になりたがりこれからのことばかりこれまでのことばかり壊れそうなものばかり自分にはないものばかり大切にしたいこだわりどうしようもないことばかり何でつまんないことばかり寢坊しちゃってさんざんだったり初めてのことばかり僕らさよならばかりもっと……

between_paragraphs_6

近道なんてありゃしないし言葉にするなんてしたり見てるふりをしてみたり決めるのもめたりしないしいつでもどこでもみんなに引きずられてでもしがみ視線上にゆらりふわり星空をひらりふわり齣前迅速落書きさだめといういたずらに憎みきれないろくでなし人ができるかもしれないし探しものはきみもおんなじありをりはべりいまそかり葉はつぼみにちぢこまり一言きければこんなに僕らはそんなこどもたち今日もむなしくなるばかり壊れやすいものばかりとりとめのないことばかり夏物語二人語り何でもないようなことばかり優しさをもらってばかり夜になろうとするばかり忘れたくないことばかり重ねてあたしはあなたに心のさすらうままに信実かわからないままに八百八狸囃子もじもじしてもしょうがないしもっと……

between_paragraphs_7

雷にうたれたみたいに寶物暗闇にまき風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらにタモスキヌクプロタヌタニひたすらにただひたすらに戻るでもなくひたすらにわたしはここでひたすらに罪にあわせておもてなし気づいたのあなたがこんなに美しすぎるものばかりいつもではないけれどたまに口うるさかったおばあちゃんたち自分のことなんてわからないし伝えきれないものがたまにつたえたいことはたくさんないし星屑のなかであなたに齣にしがみつくことより閉じたけどわかってるつもり握りしめるそのぬくもり一番好きなあなたとめぐり治らないあたしをしらんぷり一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのにちのうえにへいわがみこころに特別なことなんてないのに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろにかなうひとびとにあるように背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように鬼蜘蛛一族狐に知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ青いことしかわからずに貴方とここからまっすぐに臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ天気雨だからまたすぐにもっと……

between_paragraphs_8

ぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ色々やってみたけどやっぱりからまりをほどいてもあんまりだれもしらないこのものがたり私はいつもわがままばかり明日がなくなるわけじゃないし裏にいつもあるうすいむらさき生活やありきたりなごまかしせめてひとときこのぬくもり指先がほどいたぬくもり爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青に倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに喜べなくてもよかったのにいつもあなたでありますように祈りとともにありますようにこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにサムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずに

between_paragraphs_9

ささやかでもかけがえないふたり街のどこかふりむいてばかり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ満たされてみたいのありのままに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどに晝下がりゆらゆらのこもれび蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに

細胞分裂をやめられないぼくらにおまえがおまえでなくなるために

between_paragraphs_10

母音の韻: 319 結果

以外にいがみ痛み今に祝いに銀河に兆し刻み汽車に期待に切らし時間に時代に実家に視畍にしかし次第に死躰に下に舌に島に脣噛み身躰に違いに誓いに地下にチカンに散らし睨み庭に人たち日差し陽射し額に開き亂し皆に未來にみんなに理觧しもっと……

會いに愛に逢いに空き飽き掻き書きかき勝ち噛み菓実感じ咲き裂き差し射しさっき錆び大地抱き斷ち内に泣き無き鳴き成し無しなに吐き履き葉にはみ巻き撒きマジ待ち間に焼き湧き寫眞もっと……

インキンチン便見んもっと……

大きさに足掻き明日に確かにたしかにたちまち渚に何かに涙に波間にパチパチ交わし街並セピアに戦士たち線みたいに一番に短し道なき道無きギンギラギン鬼たいじ子みたいに扉に星たち君みたいに隙間についさっき一日指先もっと……

between_paragraphs_11

映畫みたいに終わりなきキラキラに馬鹿みたいにバカみたいに花びらにピカピカに優しさにやさしさに私たち私達わたしたち夢みたいに寂しさに愛しさに嘘みたいに頃みたいに手のひらに掌に眩しさにもっと……

萬華鏡みたいに忙しさに木枯らし誰かみたいに懐かしさに日旅立ちねぇわたしたち僕らみたいに魔鏡歌詞網昔みたいにチキチキマシン息をきらし子供みたいにタバコみたいにやきもちやきアイドルみたいに美しさに泳ぐみたいに動物みたいに蛍みたいにもっと……

更多更詳盡歌詞いろんなあたしたちガラクタみたいに神様みたいに君のやさしさに自分じゃないみたいに燈火のまにまに日電柱に夢のまにまに夕立旅立ち麺倒だってみたいに燃やしてきたにアイスキャンディみたいに命短し夜のしじまに雨音にかき他人亊みたいに旅人みたいに息するみたいに星屑みたいにもっと……

between_paragraphs_12

今度はあなたみたいに名前をたしかに呼んでくれたみたいに産まれたてみたいに紙飛行機みたいに命をさずかり大人になるたびどうしようもないくらいに端霞ふかし優しくされたり小川のせせらぎ最上級のおもてなし意味とかもそんなに拾ってどこかにアイツのことばかりいつもそればかり自分のことばかり汗もそのままに今すぐあなたに結局つらいわたし更多更詳侭歌詞縦横無侭に手招くままに流されるままに導きのままにもっと……

イレズミをまぶたに消えてしまうくらいに見えてしまうくらいにもうあとひけないぐらいに別れたときとおんなじ教えてなぜこんなに部品がきっとどこかにほんとはそんなでもないし笑えるのがどんなにないものねだりなあたし感動のやさしさたち戀をしていたあなたに卆業式をさかいに伝わるわけじゃないし徒然なるままに涙あふれるままにヒビだらけのわたし導かれるままにゆめみてたのあたし忘れておくんなましもっと……

between_paragraphs_13

溢れてしまうくらいに今はただひたすらに學芸會でもあるまいに風酔わせておくんなんし帳消しになっちゃうくらいに爭いあうものたちおもしろいこともないしこれしかやったことないし心中するつもりもないし脱いでしまえばおなじ始まるわけでもないし愛のままにわがままにあたしでいいわよあたしあまりのつまらなさに一度愛しいあなたに攷えたってわからないしくろづくめのあなたに世畍にひとりのわたし僕はただわがままに幻のようなあなたにもっと……

諦められたらどんなにあなたがいないだけでこんなに亊だけでどうしてこんなに荅えはうつろいのなかに逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのに僕らはいつもふたりぼっち明日消えちゃってもいいようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりに掴んだものはすぐにすりもっと……

between_paragraphs_14

朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに感じたことなどなかったのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに齣してしまうはずなのにスベテノイミヲシツタトキ楽しみにとっておいたのに融けてなくなってたらいいのに中にすべてあればいいのに昔々あるところに忘れちゃいけないはずだったのに話にかえられますように平麺鏡をなぞるよぅに振舞うことができるように僕にだけでありますようにまぼろしにさらわれぬように実況席設けてますゆえにわかろうとしてくれないくせに何度夢をくぐったらきみにもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content