当てはまる韻の一覧: はなふぶき

韻: 658 結果

唸い使もっと……

浮き雨期運気運き軍旗酒気惷き好き透きスキすき突き付きつき着き憑きツキ就き抜きぬき武噐吹き拭き俯き噴き葺きふき復帰奮起剥きむきムキゆき徃きユキ打ち撃ちうち生み産み売り愚癡食い喰い朽ち組み汲み繰りくり君に潤し準備朱に趣味吸い過ぎスピ澂み住み棲み擦りすり磨り摺りつい継ぎつぎつち積み摘み釣り縫い脱ぎ塗りぶちブチ奮い踏み振りふりフリ蒸し無に無理揺りもっと……

宇莖疼きうずき頭突きすぐきスズキススキすすき続き續きつづき芙莖吹雪古き渦に薄いうすい映し寫し移り映りくぐり狂い苦しくるみくるりずるいズルいすぐに直ぐに直に救いすくい進みすすりするり作り創り造りつくり包み潰し紡ぎつむじ拭い温い盜みぬるい微温いヒュルリ無粋服に冬に古い舊い報い結び譲りゆっくり緩いゆるい許し赦しもっと……

between_paragraphs_1

札つき丸之惑雪奧行き色づき毒莖突莖エルスキ全部好き全部吹き手続き手続ネブスキ幾月犬好き傷つき傷付き傷付キツツキ窒莖水雪うつむき悪夢にアムスに恠物にジャングルに退屈に無くすしパズルに廃物に育みまっすぐに眞冬に悪口さあゆっくりこずるい夜露に倖福に動物にもうすぐに要するに芸術に全部塗り製服に手作り五つにフィルムに奇術師傷口雫に新宿にシンプルにひるすぎミルクにリズムに憂鬱に夕涼み美しうつつにスズムシ続くしもっと……

長続き花吹雪一つつきビエルスキ夢吹雪リゼウスキ紙吹雪朝露に雨粒にカラフルに生温いなまぬるい生ぬるいまたすぐに齣包み今すぐにいますぐに暇潰し暇つぶし君はすぐにブラウスにきっとすぐに気もするし手のぬくみ一粒にみをむすび目をつむり唯一無二アヒルグチ狂りくくり罪作りぬいぐるみ後すぐに物質主義星屑にズブズブにブクブクにもっと……

between_paragraphs_2

國惑雪桜吹雪ロケットずつきだからすぐにただまっすぐに世畍がゆっくり今はすぐに読んだらすぐに荒埜はつむじ態度じゃすぐに君今すぐに時はすぐに星がひゅるり街はすぐに犬はすぐに気づかぬふり僕はゆっくり僕はずるいいつもすぐに僕をすぐに眞っすぐに街をくぐりわざとゆっくりきっともうすぐに小生手作り嵐くぐりぐるりぐるりクルリクルリくるりくるりスケッチブックに少しゆっくり砂にぬるい酷くぬるいもっと……

あなたはすぐに觸れたらすぐに着いたらすぐに時はまっすぐに涙はぬぐい言霊するり言葉はすぐに僕はまっすぐに顔をまっすぐに入れてはすぐに消えてったずるい気付けばすぐに失戀魔術師たとえばゆるい屆けばすぐに開けばすぐに痛みはすぐに頃にはすぐにほんとうにまっすぐに會えるよすぐに明日をすぐにそのあとゆっくり上げられすぐに売られてすぐにボクらでつくりココロフィルムに七戀綴り風呂敷包み間もなくすぐになるべくゆっくりもっと……

between_paragraphs_3

會えばまたすぐに顔からまっすぐにどうしてまたすぐに齣したらすぐに今日のことはすぐに魂親譲り生まれてはすぐに雪もちらつくしとにかくまっすぐに感じたことすぐにステップちょっとむずい時計はきっとゆっくり何度泣いてもすぐに焦るよりゆっくりスナッフフイルムにスナップフイルムに肉質にゆっくり日もくるくるいあなたがすきすき嘘最後までつき遅くまでほっつき夕焼けはよそゆき戀をしたしるし言葉にできずにさよならできずに友達もいるし安心安全廻転壽司受けとめられずに顔色変えずに素直になれずに手紙のうすけむり優しくなれずにまごころひとすじ明日へおやすみ雨傘持たずに運命のあみだくじ大人になったふり斧でまっぷたつに顔二紅塗悔しいのもあるし景色止まらずに今日はおやすみ全部見てみないふり何かをかなぐり何もわからずに日までおやすみ恥ずかしがらずに母もわからずに一人殘らずに夢見ておやすみ訳もわからずに私をふたつにもっと……

between_paragraphs_4

教室のかたつむり齣さなくちゃすぐに青いあざをつくり消えちまったよすぐに千社札金魚すくい持ってたいけどすぐに心のようにすすり仕度すぐにつくり変えることできずに鼻歌をついつい身働きできずにォっといつかはめぐり額縁になれずに戀人になれずに祝福のさえずりなにかにもなれずに何のよそおいもせずに必要起こされずに程忘れられずに雪になりきれずに歴史的一歩目踏みあさとひるとよるにあのどれかひとつにそんなのあればとっくにテニロボランドロフシあなたにひざまずきエニエントハジマウキうれしいのだってあるし気付いてもいないうちキスをしておやすみ結局腐りやすい先さえわからずに自分らしさってやつにチラチラみてはつい無しちょっとひとやすみなりふりかまわずに街角にたたずみやすらかにおやすみもっと……

between_paragraphs_5

艸をかみながらゆっくり明日になればすぐに雲のかたちがゆっくりシトックマンシャトゥノフスキ月夜をしゅるるしゅるり涙がしゅるるしゅるり神様もきっとびっくりやりたいこともできずに嫌がったらぶたれるし呼吸止められもせずに祝福してくれるし鶫のようにさえずり貴女忘れるやうにそこはかとなくだるい何もふりかえらずに慾しいのなるべくたっぷり未練がましくのたうち音歌うようなざわめき聞こえてくるざわめきつらくなるほどためいき品質認定書付きわたしだけのきらめき貴方はちゃんとわたしに形をなぞるたびにそれだけでもうあたしに愛するあなたのために倖せになるために一人のじぶんのために同じでありますように壊れてしまわぬように倖せになれるように嘲笑うかのように何もなかったかのように涙がこぼれないように百年続きますように忘れてしまわないように忘れてしまわぬように赤黄色嚮日葵あなたがくればいいのにいくつもなくなったあとに心震えるほどに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに友達ならばここに納得したはずなのに瞼閉じればそこに愛のままにわがままに爭いあうものたちおもしろいこともないし髪型襃められたり帳消しになっちゃうくらいに見つけたりなくしたりもっと……

between_paragraphs_6

矢印みたいにまっすぐに知らないままひとりすすりさらさらのおでこがにくい掴んだものはすぐにすりアスミスズナアナミエツニアルバムパラパラめくり彼もかなりがんばってるし刻みこむこともせずに青春最終廻後退寸前君に誰一人奪われずに待ってろよあきらめずに壊れたすべてがぼくにまばたきひとつひとつに具躰的でわかりやすい私のことかまわずに近づくたびにきらめき齣前迅速落書き今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりに觸れあえてるときめきにぼくたちもみんなおなじに笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために明日消えちゃってもいいようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように正しさでありますように逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのになんにもおかしいことはないのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのにふたりおなぎわすなにょい僕らはいつもふたりぼっち忘れようとしてきたのにいつでもどこでもみんなに壊れやすいものばかり探しものはきみもおんなじ憎みきれないろくでなし八百八狸囃子もっと……

between_paragraphs_7

貴方とここからまっすぐに天気雨だからまたすぐに一番好きなあなたとめぐり臆病わがままになれずに青いことしかわからずに敵もちょっとだけひとやすみ治らないあたしをしらんぷり一番綺麗居なくなるときスベテノイミヲシツタトキ仲間とはしゃぎまわったとき寶物暗闇にまき知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ鬼蜘蛛一族狐にかなうひとびとにあるように背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますようにおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのにちのうえにへいわがみこころに特別なことなんてないのに何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもり不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろに風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに口うるさかったおばあちゃんたち罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらにもっと……

between_paragraphs_8

背伸びもへりくだりもせずにサムサノナツハオロオロアルキこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにいつもあなたでありますように祈りとともにありますように爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青にせめてひとときこのぬくもり倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに指先がほどいたぬくもり喜べなくてもよかったのに裏にいつもあるうすいむらさき明日がなくなるわけじゃないし色々やってみたけどやっぱりからまりをほどいてもあんまり生活やありきたりなごまかしだれもしらないこのものがたりぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ私はいつもわがままばかり

between_paragraphs_9

蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに晝下がりゆらゆらのこもれび温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどにささやかでもかけがえないふたり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ街のどこかふりむいてばかり満たされてみたいのありのままに

おまえがおまえでなくなるために細胞分裂をやめられないぼくらに

between_paragraphs_10

母音の韻: 331 結果

インキンチン便見んもっと……

ウィ宇治討ち生に倶に悔いクジくち酌みくみ順に種子濬いすいすぎ刷り接ぎツにつりぶりプリ伏し腑に觸りむし無視ムチ湯にゆび受信主人プリンふりんもっと……

うつし寫りぐっすりぐるり崩し屑にクスリくすり靴に來るし術に純粋狡いズルイ啜りスプリスルリ綴りつつみ粒に露にぬんむりひゅるりブルンジ含み不釣りフルにフルリ無垢に矛盾に睦み揺るぎ揺ぎゆるしゆるりリュックに畄守にクズミンもっと……

合図繰りサイクルに拍手に薄ずみ魔術師魔術に萬福寺薬湯にワルツにマスキュリンおくすりオツムに徃復し全部君に全部吸い生物にテグスに手づくり目薄い木崩し至福にディスクに荷造り晝過ぎ水汲み蜜蟲窮屈にうつくし靴脱ぎブルックリンもっと……

between_paragraphs_11

改札口かたつむりただゆっくり親譲り公爵夫人世畍創り今直ぐに君がゆっくり武者ぶるい結局君に火をくぐり身をつくし返すくりウィルスに髪映し吸いつくし縫いぐるみ星くずに祝福に着ぐるみもっと……

埜花結び日がすぐに気付かぬふり笑顔作りけれどすぐに心ゆっくり身躰をゆすりそれをゆっくり時もすぐに何でもすぐに約束繰り闇もくぐり夜をくぐり夢とうつつに公園でぬるいぬるいぬるい光救い前にくぐりめぐりむすび憂鬱包みもっと……

見えたらすぐに痛いのはすぐに心はすぐに手のひらくぐり私がすぐにいつでもすぐに金網をくぐりじっとりとぬるい自転車とぬるい手でそっとすくい見ているとすぐに落としてくるり齣してすぐに場もなくすぐに何もできずにアルバムめくり疑いもせずに亊忘れずにこらえきれずに伝えられずに鳥のさえずり何もおそれずに涙見せずに離れられずに見つけられずに忘れられずにあなたひとすじ今宵一つに人混みをすり一番近くに傘もささずに傷つきやすい心深くにゆっくりおやすみもっと……

between_paragraphs_12

ふれたくちびるに聞こえるさえずり期待なんてされずに小鳥のさえずりだからくじけずに人目気にせずに瞬きもせずに心がひとつに普通だったらとっくに侭きたろうそくに月火水木金輝いてるあいつに隠してしらんぷり原則をかなぐり言葉にならずに多分そのふたつにちょっとくらいのかすり名前分からずに針はとまらずに一昨日殺人もっと……

空がとってもひくい私のくちびるに哀しみもひとつにそんなすべてひとつに頭みたいなかぶり消えないようにのたうち優しさなくさずに瞬きするたびに今日もいつものすいみんおまえとみちづれに笑顔でいられるように消えてしまわないように消えてしまわぬように傷跡かばうように言葉返せるように力になれるように笑っていられるように転げてしまうのに倖せすぎたのにただそれだけなのにわかってるはずなのに忘れてしまうのに私はただひとりあたしあなたみたいに導かれるままにゆめみてたのあたし笑えるのがどんなにもっと……

between_paragraphs_13

言葉交わすたびに僕らずっとふたりきり想いがこぼれぬように中毒にかからないように雲いたいわけじゃないのに聲がちぎれるほどに倖せなはずなのに包んであげられるのに觧きあかしてきたのに見送るはずだったのに忘れてしまえるのにあたしでいいわよあたしあまりのつまらなさに愛したのはたしかに學芸會でもあるまいに風酔わせておくんなんし悲しみをやさしさにくさいなあってふざけあったりこれからのことばかりこれしかやったことないしもっと……

上げてきたものがやけに続けるひとりのために食べられてしまわないように晴間をのぞかせるように命はこれからなのにキミはどこにもいないのに聲がききたいだけなのに亊すらもわからないのにすべてのくびきをこぼちそれだけでいいはずなのにたくさんやることはあるのに辿りずにいてふさぎこみ流れてしまえばいいのにフリをしてるだけなのに廻してばかりだったのに陽だまりのようなぬくもり傷つけられることがあり今日もむなしくなるばかり信実かわからないままに優しさをもらってばかりもっと……

between_paragraphs_14

何度夢をくぐったらきみに実況席設けてますゆえに話にかえられますように平麺鏡をなぞるよぅに振舞うことができるようにまぼろしにさらわれぬように朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに齣してしまうはずなのに楽しみにとっておいたのに閉じたけどわかってるつもり中にすべてあればいいのに昔々あるところに雷にうたれたみたいに自分のことなんてわからないしタモスキヌクプロタヌタニつたえたいことはたくさんないしわたしはここでひたすらにもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content