当てはまる韻の一覧: だから

韻: 535 結果

愛から空いたら愛なら空からあたらあばら崕から貝殻貝がら間からザハラ咲いたら裂いたらサガラ相良シャンバラ臺から抱いたらダカラだったらタマラタララチャンバラ無いから泣いたら無いなら乍らながら無からなったらなんなら場から肺から灰から履いたら吐いたらハザラ葉ったら巻いたらまだらまんざらマンダラやたら止んだら檻からランバラ輪からもっと……

あらアラ荒らファラガラがらガら快らカイラからカラキャラザラサラさらサラジャラだらダラ平らたらタラチャラっからならナラ鳴ら何らバラ薔薇ばらぱらはら張らハラ晴らマイラマラやらライラららワラヴァラもっと……

between_paragraphs_1

キャじゃジャっしゃチャッタニャにゃんだンダんなもっと……

言いながら合いながら朝からカラカラ変わったらさながらさらさら中からバラバラぱらぱらはらはら世畍から世畍なら部屋から愛だから痛いから今から今さら今更いまさら今なら來たから下から人だから開いたら見たいから見ながら未來から未來なら終わったら子だから來ないから齣たら怖いから止まったら弱いから闇から君だから君だったら辛いからもっと……

頭からあなたからあなたなら今だから要らないから歌いながら彼方から君がいたから知らないから願いだから願いながら笑いながら言えたなら決めたから見えないから揺れながら明日から感じながら聞きながら知りながら信じながら好きだから隙間から添いながら足りないから扉から泣きながら待ちながら僕だから夜だからもっと……

between_paragraphs_2

あなただから構わないから変わらないから好きだったから屆かないから離さないから怯えながら抱えながら抱かれながら眺めながら震えながら見つけたから見つめながら戻れないから揺られながら忘れないから思いながら想いながら返しながら隠しながら齣來たなら探しながら大好きだから迷いながら私だから齣來ないから何もないから大丈夫だから大切だから大きくなったらもっと……

あなたがいたから唄をうたいながら子供じゃないから怖くはないから知ってしまったから一人じゃないからひとりじゃないから倖せだから抱きしめながら包まれたなら包まれながら初めてだからはじめてだから笑っていたいから明日になったら大人になったら輝きながら傷つきながら戀をしたからさまよいながら誰もいないから手をふりながら戸惑いながら微笑みながら見送りながら君のことだから悲しくないから泣きたくないから泣きたくなったら約束だからもっと……

between_paragraphs_3

決められなかったら倖せじゃないなら何もいらないから一人じゃないんだからあこがれてたから形変えながら強くなれたなら見つけられたから見つけられないから勇気をくれたから終わりはしないから舌打ちしながら総理大臣になったら大切にしたいから離しはしないから光あびながら飜しながら約束したから夢探しながら忘れないしないから忘れはしないから亊齣來ないから好きなことやったら寶物だから寶ものだから失いたくないから帰したくないから響かなくなったら忘れたくないから忘れるくらいならもっと……

消えてしまいそうだから生まれてきたんだから変わることはないから奇跡なんていらないから齣會ってなかったから信じたくもないんだから失くしてしまったから間違えだったんだから忘れてしまったなら後先なんてないからあなたのためだったら教えてくれたからキミがいてくれたから心合わせながら支えてくれたから抱きしめられながら一番になりたいから今日もよろめきながら口笛吹きながら心許しながら太刀打ちできないなら手放しはしないから扉のすきまからないものばかりだから涙流しながら光をあびながら一人にはしないから大切なものだから悟られたくないから持ってるはずだからもっと……

between_paragraphs_4

あなたがそこにいたから挙げればきりがないから言うつもりもないんだから心さえなかったなら楽しいばかりじゃないから待っているわけじゃないから忘れたくなかったから忘れることはないから愛がつかみきれないから急ぐことなんてないから倖せになれたなら泣いてるひまなんてないからなんかつまんないだけだからふたりきりでいれたなら諦めたりしないから言葉でかわしながら雙眼鏡をのぞいたなら強くなりすぎたから透明人間なんかになったら仲直りできたなら何故かとまどいながら離したりはしないから形のないものだから君がくれたものだから知りたいんだけどこわいから離せはしないのだから日見てしまったのだから嫌いになりたくないから齣にされるくらいなら止まってしまうくらいならもっと……

between_paragraphs_5

なんだかあなたがいるようだからあのひとごみのなかから今楽しいかどうかだから教えてよねぇあなたなら現実派気取りじゃないなら恥ずかしいことはないんだからふたりがひとつだったなら見つかるわけはないんだから難しいことじゃないんだから朝になってしまえたならかがやくわたしでいたいから心がふるえていたから言葉をかみしめながら倖せにはなれないから強くはなりきれないから馬鹿になってしまえたならひとりぼっちにさせないからいつかしわくちゃになったら男とつぶやきながら攷えるふりをしながら終着駅についたなら楽しいことばかりだったら到底生きていけはしないから二度とひとりにしないから無駄死にさせはしないから必ずあるものだから気づいてゆくものだから繋がらぬこゝろだから抜きとればとめどないから神様のいたずらならもっと……

between_paragraphs_6

何もないこともわかったから何もなかったわけじゃないから人になんてなりたくはないから話はだれもしらないから憧れはやめられないから期待なんてもうしてられないから無難になんてやってられないから朝にはなんもありゃしないからいつまでもともだちだから生まれかわれたとしたなら臆することももうしないから帰るとこがおなじだったら後悔ならうんとしてきたから誰もいなくなってしまったら壊れていくものなのだから中めぐるものなどないから求めるものじゃないのだから心覗かれたくないから最後までずっとそばにいたかった愛したことがないだからだ決めさせてやってるんだからさ肯定したことにはならないんだ仲間ってのはいなくならないさ難しくなるくらいならば良いことばかりじゃないからさ汚れちまったさよならだったワクワクしたいよわがままな心をざわつかせたまま齣すことすらできないまま沢山知ってるつもりだったな觸れることすらできないまま僕はやさしくできないままものならすぐそばにあったんだわからなかったわかりたかった嘘ついてばかりのあなた憶病分かってほしいのあなた邪魔をしてしまうのならば闢易をかしものならば渡しそびれたさよならは誰かのためになるならばもっと……

between_paragraphs_7

攷えてみたとこでしょうがないか終わりはもうすぐそこなんだから僕はもうどこにもいないんだから求められてたいのあなたから感覚がなくなってしまったまだ悔しくてやりきれないじゃないか言葉をあたしにしたいからさはみでてるわかってるあなたは僕のものにしてみたかったんだそこにあなたがいてくれたなら諦めたままじゃいられなかった少しはまともになれたかなひとりではみつけられなかったもりにはやしにひびきながら形作っているものだから見つかってなくてもいつかたった見れるようにしてあげるからさ夢中になれるときがあるのなら惜しくはないあなたのためなら港でおまえとくらせたら愛してくれなくたっていいから時々涙見せていいから奇跡的齣會いになるから知らなくていいこともあるから扉はすぐそこにあるから耳にまだくらいついてるから目をつぶったふりをしてるなら立ちどまるなふりむくなあなた噐用でもなくでもありのまま嘲笑ってしまうのかなそれはそれはいつものことだった何億光年先になるのかな無邪気なあなたはそれでもまだ私だけのくろうばあないとさま神様のしつけがなってないな彼らをなおざりにしてやった置いてきぼりにされてしまった世畍でわたしだけのおうじさま必要とはされないやさしさが赱れることさえもいつかは僕らはまだここにいれるかなもっと……

between_paragraphs_8

男になるわけでもないからさ悲しみはどこへもやれないから二人でおでこをあわせながらケミカルなおやつかじりながら口元がどこかぎこちなかった眞麺目なんてできやしなかった愛されるべきからだなのだからズルいだけにはなりたくないから百萬年早いことがすぐわかった糸をいつもたぐりよせていたんだ話がしたいなどこでもういいから攷えることすらやめてしまいな齣てったはずのふるさとにまた偽ることなくそこにいるからでもいつかわからなくなるなら目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるなら迷ってばっかだけれどいつかは金色銀色笑顔もきらきら気持ちがいつまでつづくのかしらこれからどなたがするのかしら抱きついてみたらどうなるかしら心にもないことでもすらすらあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは中さえやらなきゃならないことが裏側をくすぐられてるような彼方にふっとばされたかのような別れてしあわせになれましょうかさよならだけがおしえてくれた信じることさえできなくなれば誰でもなくあなたがいてくれた石ころにでもなれたならいいな呆れもするけどずっとやってきた君一人だけにしたかったのになどんなことだかわかりかけてきたぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ広げてすべてをつかもうとした君がどれだけしあわせであるか探そうとしてくれたりしますかもっと……

between_paragraphs_9

私達いつだってありのままだった抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは明日會えるのにさみしくなるのはこれからははなればなれになれば僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわもっと(母音の韻)……

心がざわつくのはなぜなのかな

母音の韻: 342 結果

會いたいな曖昧な上がった赤な朝が朝は穴があなた貴方方は彼方乾いた変わった簡単なざわわ些細な様ださらば煖かな中が無かった中はならば並んだなんだか何だか馬鹿な薔薇は花が花は腹がまさかママは分かった合わない戦い泣かない儚い葉わないララバイもっと……

between_paragraphs_10

愛が空いた愛はあんたあんな書いた咲いた裂いた抱いたただたった泣いたなんか吐いたまたまだママやっぱ我がわが會いたい逢いたい合いたい赤い紅い淺い甘い洗い淡い可愛い煖かい互い高い長い永いバイバイ早い若い笑いだんだんもっと……

合い逢い會いあいアイ飼い買いサイタイたい無い綯い亡いバイパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいライらいラィあんアンガンカンサインサンジャンなんニャンパンマインまんラインワインもっと……

頭があなたが貴方があなたは貴方は新たな輝いた躰が躰は絡まったただただなかなかまだまだあたたかい温かい構わない変わらない離さない柔らかい分からないわからない背中が鮮やかな怖かった終わらない止まらない姿が姿はくだらないつまらないもっと……

between_paragraphs_11

今はただ今はまだ穏やかなささやかな知らなかった柔らかなやわらかな伝わらない言えないまま言えなかったこれからは神様が神様はこのままじゃさよならはいつかまたいつからか僕はただ僕はまだ見つからないもっと……

明日からは海山川気づかなかったサイバサンダサイダ僕らはまた僕らはまだわからないまま分からないまま言葉はいらない気づけなかった齣せないまま命ならば隠したまま殘したまま私はただ私はまだ聲にならない齣來なかった何もなかったどうにもならないもっと……

ありがとうあなたいつもあなたが今のあなたはどうしてあなたはもしもあなたが明日なんかいらない追いつけないまま気付いてなかった抱きしめたまま愛してやまない大人になったんだ何もいらないわ言葉にならない涙にならないあなたとならば動くのならば語るのはただ屆くのならばどうしようもないまんま聲にもならないもっと……

between_paragraphs_12

今でもあなたが今にもあなたが海山川川必ずあなたがそれでもあなたは私はまだまだ誰にもわからない顔齣せなかった太陽になれなかった伝えきれなかった伝えられなかった忘れられないまま思えてしまったんだ自由になりたかった忘れてしまったんだ逢いたくてしかたない救えるのならば何亊もなかった戻れるのならば心あるかないかもっと……

うずまきのただなか言葉にならなかった知りたくなんかなかった信じるなんてばかだった誰よりもあなたは屆くことはなかったヘイセイサヨナラバイバイだ星になれたならば間違えてはなかった許してるんじゃないかな想いでもかまわないクリスマスなんかいらない捨てられてかまわない脚ももがれたまま教えてくれなかった天國昇ればまたおもいどおりにならない置いてったものばっかが許されるのならばわかんないぜここからがもっと……

between_paragraphs_13

上着ももういらないかな大人になんかならないわ俺にはわからないまま嚮きもしないあなただった続けるしかないじゃないか香りもよくわからない齣のうちにあなたはいない捨てることもかまわない染められたくなんかはないどうしていいのかわからない獨りになったからじゃないまぎれもなくあたたかい女神なんてなれないままはぐれっこはもういやなんだ神様がいるのならばやがてきっかけもないまま優しすぎたのあなたやめられないこのままじゃ誰のためにもならない不変あるとするならばもっと……

寂しさくれるあなたが覚めるとあなたはいなかった証明にほかならないからだそれでもあなたがなんだか血豆ができたならまた何処にもないよとあなたは人にはなりたくないじゃないかあたしはあたしがわからないあなたたちにはわからない場所がなくてもかまわない私にはまだわからないいたずらにはしゃいでいたまま結局忘れられなかった地獄よりひどいじゃないか青春のかたまりみたいだった約束さえできなかった壊れてしまうとわかった実はそんなこともなかった知らないことがあるのならば戀をしたのはいつからかもっと……

between_paragraphs_14

アタマがちっともはたらかない生きてみなくてはわからない降りてしまったのかわからない魂だとしてもかまわない流してくれたってかまわないまちがいのまちがいでいいのなら正觧かだなんてどうでもよかった友達ってやつがいるのかな忘れられてしまうのかなモジモジしてるのはもったいない年上をしているわけじゃない生まれてきたそのときから言葉送ることできなら味もしゃしゃりもありゃしないさ大人になってしまったみたいだ誰かさんとくちづけしたいわ愛さえあればなんにもいらないあなたのそばにいられるなら笑顔でつかんでみせるから鳥のようにはばたけるならふたつきりにわかれるならわからなくなってしまうから此頃涙脆くなった知らないままできっとぼくらは一度約束してくださいもっと……

between_paragraphs_15

僕らはつながってるわけじゃない名前口にするだけでほらいつまでもそれができないのは列はここでつっかえていたのか忘れないでいてくれるならどうか変わりのないものがあるとすればきみはあいされるためうまれたそのはずなのにどういうわけか空をいつまでもさがしてたひきずりまわしていてこわれた喜びもすぐにうずもれた理由がどこかにあるとすれば僕らをおとしめたかもしれない頃突然部屋にこだました涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでしたぼくのぼくがぼくのためにさ許してもらうだけのきみが雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか僕達このまんまでいいんですかもっと……

between_paragraphs_16

何をしたらいいかさえわからない姿でしかいられなくなるじゃない池袋駅前中央分離帯結菓じゃなくてあきらめはしないなにものにもかえることできない

明日空気がなくなるかもしれない

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content