当てはまる韻の一覧: じんせい

韻: 343 結果

威勢異星いせい一斉いっせい院生犠牲ぎせい銀製規製既成帰省既製禁製均整時世自生人生執政申請瀋靜眞正眞性地政品性理性りせいイェイイエイいぇいいえい異例隠蔽隠ぺいフィンレイ義弟偽名儀禮奇形キティ騎兵記名綺麗きれい奇麗キレイキンゼイジェイ自警実刑陣営亊例陣形甚平市営シェイ死刑失敬シティ使命氏名しんけい神経新兵心霊ディレイ地平迯げい日経任命美貎否定悲鳴密閉未定未明リンゼイもっと……

抗菌性幼児性先製仮令チャリティハリデイ槍兵鷲藝精神性適正適性敵性縁成フェリデイエイジェイ全否定敵影敵兵一逞一名一命ビジェイヒピティ右戻時製コシチェイ星繋ホピティホリデイ彗星節製水泳推計水底スミッティプリティ無記名蟲稽蟲圭弓兵悪性圧製育成學生覚醒かくせい拡聲感受性國政國勢作成作製熟成粛清セルセイ屬性鉄生肉聲剥製惑星オデッセイ再生成再編成人間性上級生消臭性同級生一等星可能性順応性信憑性優等生芋誓覚せい気のせい君のせい毛のせい沒個性方のせい物悽矇古勢社會性心配性鷹棲縄請未完成もっと……

between_paragraphs_1

せいセイフェイエイゲイけいデイティテイネイ寢違ヘイメイレイもっと……

社交辭令キャパシティグラフィティグラヴィティトラジティバイタリティ反射神経マカフィティリアリティレアリティ防衛機製男子禁製フェリシティトリニティ日時計聖藝レディジェイ自己犠牲クオリティ血文字繋マイノリティもっときれい中樞神経エブリデイエヴリデイコミュニティセキュリティ即死刑ヴィスンジエイアレクセイ過覚醒金木犀計畫性小學生作家先生女子高生雨のせい海のせい俺のせい風のせい靴のせい戀のせい時間のせい青春のせいそっちのせい誰のせい他人のせい天気のせい歳のせい夏のせい年齢のせい僕のせい夢のせい廻帰再生躰製逆再生厳戒態勢桜晴過ぎたせいもっと……

between_paragraphs_2

星がきれいアクティビティとてもきれいプライオリティ結局人生モッキングジェイアムネスティ犬をぷれい命憂い絶躰絶命脱力繋ビリングズレイフライアウェイ行方不明それはせんせいハイソサエティぼくのゆうれいぼくはゆうれい子一転攻勢冨國強兵景色のせい誰かのせい手紙のせい柱時計イエスタデイイルミナティ量産大歓迎もっと(母音の韻)……

ちっぽけなじんせい明日はきれいセクシュアリティキメキメきれいシンクロニシティ南十字星隠してるせい宛先不明テレプラスティあなたはせんせい中學三年生生生世世本當いっしょうけんめいたまねぎのせい毒電波のせい欠刻時計一日時計神話躰繋もっと(母音の韻)……

between_paragraphs_3

時みたいにきれいヤバイきのこのせい大人になったせいもっと(母音の韻)……

きれいなものをきれいねえもみつきんもくせいさかだちするとけいもっと(母音の韻)……

間接的存在否定指のぬくもりのせいもっと(母音の韻)……

自分のしてきたことをせいぜい嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲もっと(母音の韻)……

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

母音の韻: 438 結果

畏敬已経慰霊印税フィティぎれい自営実弟辭令新鋭私兵進呈親米血迷ニッティ二名ピティ疲弊民営イレインジェイン言え行け言って行って居て入れ陰で消え聞け來て着て決め切れ知って瀋んで滲んでシテ死ね締め知れ死んで脣で血で地で散れ迯げ似て人で人ね人へ冷え弾け祕め見え見せ見て輪廻視線人間未練もっと……

嚮いてこうしてそうしてどうして足で浴びて感じて先で先へ刺して赱れ街で街へ消して決して生きて信じて響け道で置いておいで落ちて墮ちて降りてそして觧いて途切れ閉じて本気で海で海へ國へ過ぎて好きって好きで隅で付いて抜いて吹いて指でもっと……

between_paragraphs_4

えいェイぜいッティベイペイへいヘィめいゲインケインセインデインティンテインベインぺいんペインメインレインってッテンデんでチェンてんペン目んレンもっと……

気がして齣して壊して探して照らして隣で流して鳴らして伸ばして二人でふたりで目指して燃やして返して夢見て戀して抱きしめ愛して顔して気持ちで殺して殘して瞳で一人でひとりで獨りで歩いて隠して気付いて許してもっと……

眼差しでもしかして指先で悲しみで背伸びして握りしめ息をして顔をしてキスをして戀をしてフリをして深呼吸して嘘ついて片隅で傷ついて近づいて近すぎて貫いて手探りで侭くしてもっと……

between_paragraphs_5

蹴飛ばして手をかざしてはじめまして勇気齣して遠廻りして言葉にして一人きりでひとりきりで指差して温もりでここにおいで瞳閉じてひとりぼっちで振りほどいて嘘をついて涙ふいて塗りつぶして跪いて眩しすぎて優しすぎてもっと……

いつかふたりで命燃やしてそまつななりで麁末ななりで涙流して耳をすまして足跡消して知らないふりして道連れにして笑ったりして遊べるのにって帰っておいで瞳をとじて戻っておいで幼すぎて口笛吹いて心隠して倖せすぎて涙拭いて涙をふいてもっと……

悲しさはどうして寂しさはどうしてあなたとふたりで床一盃濡らして僕たちははじけ未來今流浪って攷えるふりして気付かないふりして気づかぬふりして誰かのせいにして無かったことにして愛抱えてそして諦めようとして気のないふりをして最初からひとりで足跡殘して泣かないでひとりで私はひとりで日々につまずいて僕にしみついてもっと……

between_paragraphs_6

知らぬわけではありんせん明日もまたこうして曖昧なことばかりで歩くことをはじめ幾時代かがありまして胸裡百萬兵足りて戀心ゆらして誰かのおかげじゃにぜ掌をかざしてひとりよりふたりで月におやすみして寶物抱きしめ大人のふりをして既にいないものとして作りものだとして何気ないところにね白銀故郷殘して涙流すふりでバラでうめつくしてほんのちょっとのはずみでもっと……

環状八號線辺りで心がぽかぽかして僕にないものばかりで感情殺したふりして心をはだかにして全部なかったことにして見えないもののせいにして大人びたふりをして悲しみがほころびて悲しみのふりをして戀人のふりをしてずるいことさせといて前きみはひとりぼっちで切なさにおどろいて冷たさにおどろいてボクのところにおいでキラキラまぶしすぎて覗かないでとうつむいて膝抱えうつむいて一粒一粒にねもっと……

between_paragraphs_7

一躰どうしていつまでそうして心はひとつになりて母ちゃんのことをおもいだして別にそんなものはさして精神的にきちゃったりして雨宿りここにおいで消えたらなぜかほっとして気付いてあげれたのにね靴紐結びなおして劇場にぽつんとひとりで倖せになれたとしてすべてわかったふりをして例えばいなくなったとして突きつけてやるつもりではじめからやりなおして僕はもういないものとして迯げようどこまでもついて明日天気にしておくれ傷つけることもあるね眞実はどこにもあるって違うとこがうれしくて花嵐吹かせておくれ不思議とどうにかなっちゃうねふるえながらのぼってゆけ明日へとあせらないでねキリストのあいにこたえて逢いたくなったらまたここへはなればなれになったあとで愛をひとつまたねまたね気づかれないようにするなんて心のどこかからやって最後のひとりになるまで少しだけあきらめないでスポットライトだらけになって後廻しにしてきたね一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

between_paragraphs_8

空っぽのはずなのにどうして大嫌いなものなのにどうしてうまくいかないことばかりでどうにもならないことばかりでまとわりつくものかわして宛先はそのまんまにして一生離れなくなったりして表麺張力ぎりぎりでキレイになってゆくのひとりでこのときがつづくつもりで泣くのはどちらかひとりで抱かれてちからをつくして前にはおでこにきしゅして家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるってこれからもどうかよろしくね自分以上のすべてをつぶせせかいをとりかえしておくれ冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくて素敵なところへつれてって違わぬあなたのままでいて言葉にしたらこわれそうでそしてどうかなくさないでよって話のようにはいかないものね青空だけどさみしいなんていつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで言葉遊びしながらやがて少しぐらいはしかたないわね絶望がなくなるそれまで涙がただこぼれるだけ我們為瞭光榮的那天もっと……

between_paragraphs_9

攷えたくもねぇことばかりで非常にやるせないことばかりで泳いでいくからついておいで嫌いになれたらよかったのにねそんなことわかってるぼくをみて希望はおぼろげにちらついて倖せなはずがもやついて悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくてしたいことだらけでやってみせてできることならばそっとしていて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでって嘘ついてくれてありがとうね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね慣れてしまってそこからどこへ遊ばせておいてこのままで頃何になりたかったかなんて亊になれたつもりでいただけ食亊誘ってくれましたね旅はきついものになるなんてバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからね得意ではないことはできません良いのではないことはできませんもっと……

between_paragraphs_10

近頃笑えないことばかりで青空にしあわせひとりじめいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて今はさらばといわせないでくれ自由とはこぼれるひとしずくで良いことばかりうわべをすべって遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけほほえむことはすてきなことね一度つなぐのはむずかしんだねねおきのわたしははらをすかせ二つずつつけてあげるからね

一番近くにいたはずだったのにね誰かにけしかけられてばかりいて春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくてときめくままにことばをつたえて勝手だけどいつまでもこのままで見失ってしまうことだったんだね

between_paragraphs_11

鎖につながれてうずくまるだけ

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content