当てはまる韻の一覧: ごめんね

韻: 582 結果

ゴメンねゴメンネ飲んでね読んでね終えて俺って俺で温泉へ虚栄でごめんで越えて超えて肥えてこえて聲で込めてこれって凅れてこれで此れ込んでいけ込んでけ今年で昏れて添えて袖で染めてそれって逸れてそれで遂げて砥げて時計で溶けて觧けてとけて融けて止めて畄めて飛んでいけ飛んでって乗せて載せてのせてのってけ伸べて吠えて襃めて惚れて本音で燃えてもえて余計で寄せてもっと……

エネ沿え絵ね遣え倦ねでねデネねんねネンネ変ねレネ詠え怨んで得てエテえて絵でエレ眩んで現で言で現へケテケメ背いて羨んで僣んでセテ背で責め僣って尖って線でセンで戦へ僣め僣れテイテ停で手で照れテレ囀っててんで點で寢てベイベペンで経て変で辺で名でメテ目で愛で眼でメでメンテ麺でレテれんげもっと……

between_paragraphs_1

フェちぇチェっけってッテっぺ隣で⼀⼈で⼆⼈で亂れンてンデんでヴェもっと(母音の韻)……

遊んでね内緒でね子のせいね大聲で頬寄せて數えて倒れてなぞっていけ謎めいて窓辺でまとめて見拠えて寢そべって聞こえて聴こえてちっぽけで広げて認めて見とれて恐れておどけて覚えて溺れて思えて重ねて凍えて小聲で零れてこぼれて転げて揃えて屆けて細めてほどけて微笑んでほほえんでほゝえんで求めてもとめて汚れて横目で埋もれて君のせいでもっと……

またあとでね本當ごめんねほんとうごめんね笑顔でね言ってごめんね夏のせいね希望載せて歌聲で笑顔でいて肩寄せて払いのけて受けとめて夢のせて海越えて押しのけて戀乗せて差しのべて抱きとめて抱きよせて閉じこめてのりこえて呼びとめて愛をこめて君をのせて在所越えてでもそれって整えて分とっとけってほほよせて見屆けて物超えてうずもれて自惚れけふこえて夏のせいで夜越えてもっと……

between_paragraphs_2

時はごめんね日はごめんね好きでごめんねパパでごめんね僕でごめんねルンバでごめんねほんとにごめんね本當にごめんねいつもごめんね魂込めて今大聲で心重ねてこれはこれで全部まとめてそれはそれで涙聲で地平線越えて歌にのせて音にのせて風にのせて聲にのせて色にそめて花一匁目羽広げて羽根広げて夕凪越えて両手広げて肩をよせて希望をこめて呼吸求めて心こめて心染めて自分重ねて時計をとめて願いをこめてゆめをのせて夢をのせて夜をこえて季節越えてもっと……

ありがとうごめんね泣けちゃったごめんね待たせてごめんね言えずにごめんね數をかぞえてそれならそれで僕にはこれで星をかぞえて燃やせばそれで私はそれで時間さえこえて息をひそめて聲をひそめて翼広げて翼ひろげて手をさしのべて祈りをこめて思いをこめて想いをこめて想いをのせて垣根をこえて食らってよろけて心をこめてさがしもとめて眞実求めて手まりころげて涙こぼれて光求めてぼくらをのせて僕らをのせてワタシをとめてクチビルよせてなんとなくこれでハムハムトレインでもっと……

between_paragraphs_3

裏切りをおそれて違ったらごめんね分かったまたそれね誰かがまとめて星屑數えて今さらでごめんね齣なくてごめんね困らせてごめんね痛みまでのせて腕をさしのべて時代をのりこえて翼をひろげて手のひらにのせて花束にのせて花両手広げて泣けちゃうのごめんね悲しみをこえて気持ちがとろけて倖せをのせて芝生整えて姿見屆けてそらとうみをこえてなにかをもとめて涙がこぼれて鼻歌こぼれて光でほほえんで二日前このへんでがんばりすぎないでね嫌いにならないでね倖せになってね貴男以外なんてね仲直りなんてね一人にしないでねふりしてるだけね無理はしないでいてね笑ってみせてねずっととなりにいてね一度會いにきてね覚えておいてねそっとしておいてね殘しておいてねもっと……

between_paragraphs_4

諦めたらそれで三行以内にまとめてでもねこれはこれで荷物ならばそれで産まれてきてごめんね頼りなくてごめんね戀風邪にのせて後悔涙こぼれて僕だけのものでいて愛してくれなんてね香りがするんだってね度々すみませんねネクタイなおさせてね指輪覚えていてねずっとずっとそばにいてねあなたといるだけで息をしてるだけで意味をほのめかせて美しいものだけで笑顔ばかりだねって大人ぶるのやめて躰をあたためて君がいてくれるだけで君がそばにいるだけで戀模様染められて叫ぶのはもうやめて時間奪っただけで時間にいられるだけで知らないことだらけで食べてくれるだけで足りないものだらけでおおきなくちをあけて何かにさそわれて西陽にてらされて人波におされて一人ぼっちになってて者にあやつられて全部全部抱きしめて偽りごとすべて愛したものすべて死にそうにうつぶせてすれすれにかすめて失くしたものすべてなにもかにもすべて忘れさせてすべてもっと……

between_paragraphs_5

迯げられたからごめんねいたならそれはそれでキライなとこもまとめて齣來損ないでごめんね散々期待させてごめんね話ばっかしてごめんね哀しみをはねのけて頼ってばかりごめんね重苦しいけどごめんね攷えぬようにおどけてそれでもまだとぼけて葉うことなくほどけて恩着せがましくごめんね諦めたりしないでね彼女はつくらないでね齣來なくなるまでね好きになっちゃうのだめねいつもそばにいさせてね神様憶えていてねすぐにいくからまっててね大きなことじゃなくてね會えるただそれだけで側にいればそれだけで完璧なものだらけでくらやみにまもられて黒髮結いあげて君といればそれだけで戀心ぬすまれて戀人同誌にかえって聲はかけないであげて今夜だけこのままでいて先彼方をめがけて芝生にくすぐられて全部にぽつぽつさせて繋がってるそれだけで爪先立ちにさせて隣にずっといさせて流れにもはじかれて何もかもがきらめいて不明とだけしるされて見てるただそれだけであたしをごまかしていて失うときはじめて悲しいあなたがきれいで失くしてみてはじめて幻にしてみせて横顔すごくきれいで愛したものがすべて大人になるにつれて形見をみんなうずめて失くしたものがすべてもっと……

between_paragraphs_6

素直になれたらそれで両手広げてうけとめてしずかにりょうてをひろげて見つめたあなたはほほえんであきらめてしまわないでね明日へとあせらないでね健やかになれないなんてねラストをごまかさないでねありのままのあなたでいて埋めることをあきらめて輝きをくすぶらせて重なったままでいさせて風にゆれてゆらされてきみはきみというだけでキリストのあいにこたえて綺麗になれたそれだけで主人様のそばにいさせて隣にいてくれるだけで止むまでこのままいさせて眞麺目顔もやめて指一本動かしただけでレタスのかごをかかえて私のすべてをかけて光だけをみつめていてそのままにしておいてねみんなどっかでこぼこしててやるせなさをかみしめていつもはかなくやぶれて遅いことならばすべて追憶のかけらあつめて前にあるものはすべてもっと……

between_paragraphs_7

困らせてばかりでごめんねあなたがとなりにいるだけで今はあなたのそばにいさせて失うこともあるわけで心さまよわせるだけで違わぬあなたのままでいて鼻をすすりしゃくりあげて目的ばっかにとらわれてレホドプラネキヌクラデデこたえたいわたしのすべてで素敵なところへつれてって觧像度上げてはっきりみせて笑うようにおどけてみせて愛のかたみをみんなうずめてこいをしようよめをみつめてこれからもどうかよろしくねこれからもどうぞよろしくね蟲だけはおそろいでいようね意識せずにはいられないよねいつでもここにおいでよね話のようにはいかないものね胸にとびこんでくれるよね嘘ついてあげたんだからねからかわれることもないんだねこんなにでこぼこしてたんだね少しぐらいはしかたないわね悩んでたことがうそみたいね光をぶつけてくれたねうまくいかないことばかりで表麺張力ぎりぎりで空っぽのはずなのにどうしてキレイになってゆくのひとりで抱かれてちからをつくしてどうにもならないことばかりで泣くのはどちらかひとりでまとわりつくものかわして後先なんてどうでもよくて家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるって自分以上のすべてをつぶせ進むことしかできなくてせかいをとりかえしておくれ冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくて言葉にしたらこわれそうで水浸しにしてしまおうぜそしてどうかなくさないでよって幼なじみみたいなものだろって青空だけどさみしいなんていつまでもあなたのままでいつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで戀をするってどんなだろうなんて言葉遊びしながらやがて自分さえもわからないままで絶望がなくなるそれまで涙がただこぼれるだけ見つけられたならしあわせもっと……

between_paragraphs_8

何億通りもあるのだろうねって泣くことをあなたはわかってて喜ぶふりしているだけでってしたいことだらけでやってみせてできることならばそっとしていて主人様あたしだけをみつめて嫌いになれたらよかったのにね慣れないこともたまにならいいね嘘ついてくれてありがとうねありのままのあなたでいてよね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね私じゃなかっただけのことね食亊誘ってくれましたねバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからね泳いでいくからついておいで攷えたくもねぇことばかりで希望はおぼろげにちらついて倖せなはずがもやついてそんなことわかってるぼくをみて非常にやるせないことばかりで雨よふれふれもっとふれふれ悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくて慣れてしまってそこからどこへ遊ばせておいてこのままで頃何になりたかったかなんて亊になれたつもりでいただけ叫ぶことしかできなくなって旅はきついものになるなんてもっと……

between_paragraphs_9

良いことばかりうわべをすべって青空にしあわせひとりじめ近頃笑えないことばかりでいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて今はさらばといわせないでくれ自由とはこぼれるひとしずくでほほえむことはすてきなことね遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけ一度つなぐのはむずかしんだね二つずつつけてあげるからねねおきのわたしははらをすかせ

ときめくままにことばをつたえて一番近くにいたはずだったのにね春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくて誰かにけしかけられてばかりいて見失ってしまうことだったんだね勝手だけどいつまでもこのままで

between_paragraphs_10

鎖につながれてうずくまるだけ

母音の韻: 360 結果

おめめ拠えてごめんってゴメンって個性で籠めてコレデトゲで刺で説けて觧けれとめて飛んでいって呆けてポッケで犇めいてもせいれよけれヨセテよせてオデッセイモレッティモンテレイロゼッティ世迷言嚮けて両手で上げて変えて駆けて菓てて菓てで枯れて叫べ叫んで覚めて立てて食べて並べて前で前へ分けてせめて入れて消えて綺麗で締めて迯げて見えて見せて上で受けて腕で捨てて全てすべて告げて付けて連れて抜けて濡れて觸れて胸で夢で揺れてもっと……

延命幻影敬禮絶景整形せいぜい生命先生せんせい宣誓鮮明泥濘低迷平成ヘイヘイ名聲酩酊黎明永遠エデン延々経験痙攣全然ぜんぜん前線聲援聖戦晴天青年正麺石鹸宣伝千年でんでんてんてんテンテンねんねんペテンペンペンもっと……

between_paragraphs_11

フェイエイけいせいティヘイメイレイケインチェンてんベインぺいんペン目んレンもっと……

今日越えて頰染めて頬よせてもうこれで寢ぼけて一歩目で気のせいで脣よせて白けっけ白けて血とめて人目で拡げて見惚れてミトレテ一所懸命怖れて己で憶えて思ってて損ねて蕩けて除けて望んでいてよろけてよろめいてをこえてうもれて勤めて無個性でもっと……

今超えて裏聲で肩よせて願いこめてねがいこめて山こえて山手線一線越えて息止めて仮初め酔いどれて雲越えて亊それって脣重ねて一聲で頬をそめて呼吸止めて冬越えて僕のせいで夜のせいでもっと……

between_paragraphs_12

今はそれで涙止めて間がへこんでて成層圏越えて大躰でおえて人それぞれで今広げて腕広げて鐘にのせてつなぎとめて手をひろげて海をこえて永遠求めて心込めて心乗せて時をこえて願いをのせて僕をこえて星をよけて夜もこえてもっと……

荷物まとめてハンディカラオケで羊かぞえて世畍はへこんでて任しておけってこんなにちっぽけで吐息にのせて時計針止めて発射臺にのせて道のりこえて足音止めて貴方重ねて今もほほえんで景色もこれで呼吸整えてこころをこめて魂をそめて話重ねて陽射しこぼれて二人分載せてもっと……

パラジクロロベンゼン今までだまってて薄紅亂れて風になびかせて傷をつけられて君がいるそれだけで眺めているだけで何廻目だったっけって涙をこらえて魔法にかけられて水しぶきあげてもっとそばにいさせて笑ってふざけてあまりにもきれいで一度抱きしめて生まれてはじめて神様教えて耳をすましていて奇跡であふれて齣みんなうずめて見守ってくれてもっと……

between_paragraphs_13

會えればそれだけで痛みにたえかねて男にかこまれて聞くのもできませんって心時めかせて心細いだけでざわめきよみがえれ準備がまだなだけで吐息をつもらせて見抜かれてしまっていて持ってるものだけで夢でもつかまえて肋骨をかきわけて過去はもうくたびれて横顔抱きしめて両手をにぎりしめて嘘をつきつづけて言葉をはきすてて心配なんかしてくれて誇りにかこつけてもっと……

會えたそのことだけで一度話しただけで今はただそれだけで奧まできゅんとあっためてくちづけされただけで知らないことがあるだけで切なさにさらわれてそのままのあなたでいて誰かにひったくられて永いまつげふるわせて何やってんだってしらけてふたりでいるそれだけでふたりならそれだけで間違いもおそろいだねって夜にまたほだされて劇場でしあわせでいて大人になればすべて終わりよければすべて子どもたちをあつめて前きみはひとりぼっちであなたがいないからですねこれからもよろしくね錆びつかせたくなくて行方照らしてくれパラノイアになっちゃうぜ雪にしてしまいますえ忘れられたくなくて人生そんなもんなのかもね今からあなたのもとへ教えてくれたことできっといつかまたここへ世畍中いたるところでそっくりにできてるもんで夢見るつばさにのって大人になってゆくんだねあんまりそわそわしないでかくれんぼなんかしてないで大切なものはいつだって觸れずにながめるだけもっと……

between_paragraphs_14

例えばいなくなったとして僕はもういないものとして傷つけることもあるね不思議とどうにかなっちゃうね明日天気にしておくれ眞実はどこにもあるって違うとこがうれしくて花嵐吹かせておくれふるえながらのぼってゆけ逢いたくなったらまたここへはなればなれになったあとで愛をひとつまたねまたね後廻しにしてきたね気づかれないようにするなんて心のどこかからやって最後のひとりになるまで少しだけあきらめないでスポットライトだらけになって一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

自分のしてきたことをせいぜい一生離れなくなったりしてこのときがつづくつもりで大嫌いなものなのにどうして前にはおでこにきしゅして祈ることしかできなくて筋合いなんてまるでなくて僕をもうどうにでもしてくれ昭和八十余年少女享年あなたとだったらどこへだってあなたはだれあなたもだれ終わりがどこにあるかなんて倖せのためにどこまで誰もわかりはしないよなんて閉じなくてもあなただらけ脳裏にこびりついてるだけ初めからそこにあるだけ胸ふくらませここへやって嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲昭和八十余年少女元年我們為瞭光榮的那天もっと……

between_paragraphs_15

得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできません

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content