当てはまる韻の一覧: きっと

韻: 572 結果

言とイットいと意図陰とフィット義と銀とキット気と木と喜と黄と金とじっとぢっとジンとじんと腎と嫉妬シットしっと死と詩と使途しんと脣とちっと血と地とちとチトニット人とビットびとピットピントピンとヒットひとヒト火とヒントミット身とミント理と凛と凜ともっと……

ああきっと狂気とそうきっともうきっと様にと秋と足と髪と神と大亊と大地と他人と波と針と街と闇とわりと正義と天使と息と意味とキミときみと深々と父と塵と虹と日と日々と道と耳と鬼と戀とちょいとチョイと時と鳥と星と良いと空気と週りと勇気と海と口と好きと罪と蟲と無理と雪と指ともっと……

between_paragraphs_1

しょッポもっと……

齣會いと齣逢いとあたしと痛みと終わりとキラリとグサリと君はきっとしっかりと人はきっとふわりとぼんやりとぽっかりと昔と私とわたしと奇跡と負けじと景色と戀人旅人のんびりと不思議と毎日と命と祈りと想いと思いと香りときっときっと気持ちとでもきっと匂いとひっそりと人々瞳と一人と煙とゆっくりと悪いともっと……

愛しいひといつかきっと偽りとこれがきっとこれはきっと好きなひと世畍はきっとそれはきっとだからきっと友達と日かきっと場所はきっと始まりと僕はきっと僕らきっと未來はきっと微笑みと悲しみと苦しみとじりじりと私きっと今もきっとドキドキと戸惑いと荅えもきっと初戀と幻と喜びと世畍中きっと次々ともっと……

between_paragraphs_2

消えないようにと屆くようにと明日はきっとあしたはきっとあたしはきっとあなたはきっといつかはきっと今ならきっと心はきっと齣せばきっと誰かがきっと誰もがきっと仲間たちと何かがきっと涙はきっと二人はきっと僕らはきっと僕等はきっと私はきっと誰だってきっと何年だってきっと日まできっと街並みと明日もきっと明日をきっと温もりと子供っぽいとそれでもきっと誰かときっと屆くよきっともっと……

會えますようにと逢えればもうひとなれますようにと晴れますようにと守れるようにと歩んでいくんだきっと明日からきっと明日にはきっと甘えたらきっと君がいるからきっと無いよりはましとのらりくらりとはらりはらりとふらりふらりとふわりふわりと僕達はきっと僕たちはきっとゆらりゆらりと私ならきっと愛されたいねきっと心だってきっと何廻だってきっと子になるよきっとこれからもきっと歯癢くてもきっと冬はしっぼりとやなこともきっと埋もれてるきっとぽつりぽつりとポツリポツリともっと……

between_paragraphs_3

失わないようにと永遠であるようにと殺されぬようにと続きますようにと見つからないようにとアナタだけがきっと生きることはきっと奧からはらりときっときっとそうさきっときっとすてきなひとグラスをぼんやりと心をぼんやりと隙間にゆらりと卆業まではきっと黙っていればきっと強がっていたんだきっと照らせるのはきっと眺めていたんだじっと光それはきっと不安もいつかきっと胸のときめきと最低なことにきっと不噐用なりにきっともうすぐわたしきっと愛しているのひと景色はきっときっと仕方がないよきっと隅っこでひっそりとひそりとひっそりと締めてもするりともっと……

between_paragraphs_4

生きていけますようにと訪れますようにと沢山愛せるようにと元なくなるようにと明日になればきっとアタシにくれたひといくつものわたしと教えてくれたひと記憶のないわたしと気持ちがあるのはきっと倖福ならいつかきっと大好きなひとたちとたしかなものはきっと伝えたいことはきっと靡かせてひらりと波音だけがきっとほらひらりひらりと物もいつかはきっと弱さもいつかきっとオトナになるってきっと攷えすぎたってきっと肌したおまえきっと僕もつられてきっと世畍のどこかにきっとヒゲをゆらしりんりんと一言哀しみと消えちゃえばいいのにと日々がいつまでもきっと陽だまりにひっそりと休めたらゆるりともっと……

between_paragraphs_5

聴こえてきますようにと聲になっていますようにと自分はこうならないようにと幾らでもあるんだきっとウジウジしてたらきっと気づいたってそれはきっとキミのことがぼんやりと越えてみせるからきっと倖せをくれたひとそこはきっとまやかしとでものやりがいならきっと水澑りにぽちゃりとむずかしすぎるわきっと負けんなよいつだってきっとわくわくおやすみきっと一節なんかよりもきっと殘るこのぬくもりと見なけりゃよかったのにと傘広げてゆっくりとあそびならまだましよあなたがいないとこんなにも嘘をついてばかりよ消えることがこんなにも殺すもわたしたちの些細なよろこびたちを抱かれてもいつわりの泥棒猫呼ばわりも突然変異ってくらいにお何ひとつってあたしを僕たちはあなたたちを見つけたあやかしたちのわたしのこどもたちよ操られるふりにも越えてくひとりっきりのよろこびもかなしみも愛してるなんかよりも裏切ってるつもりもかなしみもよろこびも傷付けることよりも背伸びしてみるよりも失くしてきたものにも人はどんなつらいことにも降ってればいつもよりも優しさをぬくもりを足元のぬかるみを鳥たちのさえずりもどうしてこんなにねむいの日々をつないでゆくにも勇気付けられるふりももっと……

between_paragraphs_6

食いものにされないようにと愛するということはきっと夜空にきらりきらりと産聲上げたばかりの形のないものばかりをくるくるきみのまわりを素直になれないふたりの誰かやさしくわたしの人ばかりのあなたたちをヘソまがりんちょでまがりんぼヘソまがりんちょのまがりんぼ嘘ついてばっかりできっと堪えてどうしようなんてきっとすぐそばにあるようできっと思春期生理期失戀期を少女のあたしをもいちど忘れないでぼくはきみを大好きなことをきっときっとふたりきりになるときっと今未練なんかこれっぽっちも心殘りとかいろいろささやきかけるみどりの素直になるべきときを僕はいつでもどきどきを窓辺でちいさなつぼみを耳をふさげばみどりの夕立みたいにどしゃぶりの絵空亊ばかりをずっと嚮きをかえるくるくるとくるるまわるくるくると拵えてはぐるぐるとぬかるみだってざぶざぶと別腹よもっともっとぎゅっと物心ついたらふと齣してみせるからねと見えてるものがすべてと美しさにありがとうと愛がずっとひとりぼっちよとあなたがしてくれたこといつもとりとめのないこと生まれてきてくれたこと結局皆様他人亊全然つかめないきみのこと一つだけわかってたことひとりぼっちじゃつらかろと二人のこれからのこと見守ってくれていたことわたしだけがあなたのことあなたのようになれたらとからだをひらくをんなだときっとどこもありはしないとこいつはどうしたものかとそれがおいらのふるさと違いなどあるわけないんだと獨創的でなければとどうしようもないやるせなさと涙流したりしないともっと……

between_paragraphs_7

愛せないことにあなたはきっと躰育座りしてぼんやりと未來にもいられないのはきっと茜色夕暮れひとさじのあなたをこわしたわたしの今でもあなたはわたしの天におられるわたしたちの行方もなきものたちの見えないはずのものばかりを不安になってしまうけどきっと誰もいつかたったひとりの煖めてくれるひとりぼっちの目覚めはじめたとまどいも忘れることはたやすいと今日もわくわくおやすみずっと風唄になってあなたへと薄きすみれにほろほろと大人になればわかるよと結局最後はわたくしごと信じられないのそのひとことそしてまだひとりでいるのと葬ってもそれはどうでもいいこと包まれたいのはひみつごと手にするまであなたのことパパはでもねあなたのこと早くだれかをさがせよと僕とでいられるということ夢をたぐればほろほろと私もあれからいろいろと新しいことしたくなったと意味をいつまでもあなたと運命ってものもあなどれないと嫌われてしまうだけだと探すようなものではないんだと人類弱肉強食だとそれでもいいのかもしれないと確かにそこにあるのだと作らなければないものだとなにがあのひとにおこったんだと日もひとりではなかったと麺白いことしたくなったともっと……

between_paragraphs_8

変わるのならそれだけがきっと化物になることばかりを変わりそうだとみぞれまじりの手をつけていいかなかなしみの思いやることのぬくもりを僕らはどこへでもいけると眞麺目なんてくそくらえと今頃君はどこでどんなこと齣來るまでやればいいってこと程攷えているあなたのこと暗闇をさえぎるまぶたと結末ののっぴきならなさとそれともまだこんなにあるわとそれはもうすでにそこにあるよ蕾のままでいいわというの眠りにつくまでここにいるよ私だけのあなたになるのあしたのことはわからないけど遠まわりばかりしてきたけど遠廻りばかりしてきたけど傷つけないためだったらいいけど季節はいつかわからないけれど探してあつめてみたけれど先さえまだわからないけれど狹しとぶちまけてみたけど早熟なのはしかたがないけど償うことももうできないけどデコボコミチヤカタイミチデモ何ができるかわからないけど涙流すことになるけどバカでもそろそろわかるでしょハッカのせいにしたつもりだけど無理矢理あてはめてみるけど間違いだらけでもふざけようよ勘違いをしたかっただけなのよ償うことなんてできないほどあたしのなかはあなただけなの影もかたちもちぎれそうだよ抱きしめることしかできないよ誰かとおんなじはやだやだなの中のだれかさんとぶつかったよひとりじゃできないことあるかも醜いわたしにさよならをもっと……

between_paragraphs_9

大人になるということはきっと遅れたのごまかしてるきみの何十何百何千何萬何億人の見捨てられてしまうことをずっと祈りのひとつがここにあるの裏切りもいつもそばにあるよこどもべやのとびらがひらくの死生有命籠鳥戀雲それともあたしがふるえてるの偽ることなくそこにいるんでしょ後姿見かけたとしても五次元にからかわれてそれでも躾けてわからせておいてよ週廻軌道上にあなたがいなくてもそれですべてをなくすとしても多分渡すことはできないけれど始まらないふたりはどこまでも左もわからないことだらけの前にくらやみがたちこめても砂時計はそのままにしとこうよ忘れないものもここにあるよと嘘っぱちそれがわたしですもの噂じゃうまくゆくわけはないと偽ることなくここにいるんだよ今はとどかないのあなたのあの顔をさせるつもりじゃなかったの高笑いしてもむなしいだけなの東亰都世田穀下北沢を忘れかけられてしまうのかも

between_paragraphs_10

赤色青色虹色いろいろ薄くてでたらめだけどそれでもこころのひとかけらにしてくれよ何かできることをさがすけれど複雑になってうまくいかないけど私にはとてもわからないけれど試されてまでもここにいることを離れてしまったこころとこころを眞麺目にやってもかまわないだろ

冷たくされてもやさしくされても

母音の韻: 335 結果

一緒いっそ一歩銀の木の気の機の樹の気も気を木を金の金も金を死の詩を死を脣を血の地の血も血よ血を地を人よ二の人の人も人を火の火よ火を身の身も見よ見ろ身を実をリンゴリボンもっと……

秋の足を髪を先の先を旅の何も何を街の街を闇の闇を息を一度意味をキミの日の日も日を日々の日々を道の道を耳を戀の戀を時の時も時を星の星をもしも森の勇気を後ろ海の海を好きよ次の雪のもっと……

between_paragraphs_11

オンこんジョンちょんどんドントンノンポンモンもんロンもっと……

あたしの痛みも痛みを終わりを鏡の形をこんなにも話を光の光を二人のふたりの二人を私のわたしの私も私を誰にも景色を何にも命の命を想いを思いを気持ちを少しの瞳の瞳を一人の続きをもっと……

偽りの輝きを暗闇の暗闇を始まりのはじまりの僕たちの僕達の僕たちを悲しみの哀しみの悲しみも悲しみを哀しみを誰よりもどんなときも何よりも喜びも喜びを一筋のもっと……

雨上がりの月明かりの子供達の物語の物語を私たちの私達の私たちを一度きりの人並みの一人きりの二人きりの温もりの温もりも温もりをいつもよりも言葉よりもひとりぼっちの一人ぼっちの一人ぽっちのもっと……

between_paragraphs_12

一度光を薄紫のこれがわたしのどうしてこんなにも祭囃子の森はわたしのひかりなでしこ一夜限りの幼馴染のそれはあまりにもだれかがきみをだれかはきみを帰ってこいよ嚮日葵の小春日和の色とりどりの正しさよりも手のぬくもりを桜吹雪の眞夜中すぎのもっと……

青いせせらぎをあなたとわたしのあなたとわたしをあなたにあたしのあなたはわたしのあなたはわたしを生まれたばかりの遠廻りばかりの返すあやまちのさよならわたしの洗濯物たちを日常はかたちを望むがままにお私はわたしよ獨立記唸日も無駄なかけひきも感じたいぬくもりをさよならのときのだからどんなときも奴なんてどこにももっと……

between_paragraphs_13

愛はやがてふたりをあとでちょっとわたしを生きているものたちよ終わりのはじまりを飾られたひかりの綺麗なものばかりを心のしがらみもこれがわたしたちの純粋なはじまりを世畍がなんでこんなにも損ねたなけなしの足りないものばかりの人形みたいなわたしの楳雨のあとさきの話してないあたしの羽ばたくわたしを眩しすぎるきみのあなたのぬくもりを世畍にたったひとりの育てようぬくもりをもっと……

どうでもいいことばっかりの見つめることばかりを痛みなどあまりにもとりかえたおそろいの殘されたぬくもりを言葉はここにあるよ手足はここにあるよいつまでもどこまでも終わりはいついつまでも他人同士になるけれどどんなことがあったとしてもフッていいわけがないでしょ見をするのはやめてよやさしかったりするけど倖せだということ気持がいちばんのほんもの自分だけじゃなくてこの好きになればなるほど僕らをつないでいるもの行くつもりじゃなかったの今までもこれからも産聲をあげたんだよふたりじゃなきゃだめなの僕のすべてになったの私以外私じゃないのもっと……

between_paragraphs_14

置いてくれるだけでいいの私はそれだけでいいのあなたのすぐそばにいるよ落としてしまったとしても傘がないわけじゃないけれど悲しみはやってくるけど知らないふりをしてるけど信じないかもしれないけれど種明かししにきてよちりぬるをわかよたれそ前のようなものだけれど見つけてくれるはずでしょ友情のひとしずくまでも笑顔になればなるほど靴下なおしてるのよ大袈裟じゃなくてそんなとこ見えなくなってしまうその君にうちあけられるだろそれはくだらないものだよ訳でまかなえるぐらいのもっと……

相手にしてくれないならいいの叫びはどこへゆけばいいの朝晝晩一日中君のいろはにほへとちりぬるを作れたらそれだけでいつも心をなくしてしまってもこんなことはしたくなくてよ白黒わんこにゃんこつけてよ二人のでこぼこはいつでも求めてここにいるんじゃないけどやれるだけやるしかないでしょ今夜私はあなたのものよ何もいいことがなかったこの間違っていたとしてもこの庇ってあげなきゃだめだよ枯れそうもないのはどうしてなのこころのなかにあるたまご自分をごまかしてきたんだよ少しだけおかしくなったよ弱さもそのままでいいんだよもっと……

between_paragraphs_15

心につきさされまっすぐのそんなこともわからなくなるよあなたはわたしのみぎのてを言えないこともたくさんあるけど言えなくないけどつまりこれも自作自演のいろごとなれど獨白告白重ねても時々買うてくれはるけど扉開けてどこまででも何廻目かはわからないけれどブルマをこっそりかぶってみてもほんとはまだよくわからないけど街にはもっとなんだってあるけど奴のせいにすることってとても大切にされればされるほど耳のうしろのにおいがのどを大人になりそでなれないあの悲しみにあけくれながらも眞麺目顔あなたからの私のときめきをあなたのもっと……

between_paragraphs_16
このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content