クッキー設定

このwebページの速度や品質を測定するためcookieを使用しています。 詳しくは クッキーを設定する

OK

当てはまる韻の一覧: かかってこい

韻: 772 結果

jフィ使でぃっきんちヴィ唸じ踠き立ち行きもっと……

追いおい生い負いオイ老いおぃオィ禦井禦意語彙來い濃いこいこゐコイジョイ女醫所為ぞい添い沿いそいちょいチョイどい問いトイ慕いボイポイほいホイモイもい良い酔い好い善いよいロイ置き起き押し圧し落ち墮ちオチ緒に帯び降り織りオンリ距離五騎ゴミごみ漕ぎこぎ越しこじこっちコッチ子に媚び込みこみ懲り孤りコンビ女子ジョッキジョリゾンビ削ぎ染み反りチョキ直帰ドキどっち何方度に觧きときトキ説き研ぎ都市閉じ綴じトチ飛び跳びとび止み取りとりとんちのし伸し埜にのに伸びのび飲み呑みのみ乗りノリのりボディほし帆に掘り本気本にもし文字持ち揉み盛りもり門に良き良しよし世に呼び読み詠み寄りより拠り路地ロリロンリ論理もっと……

エロイエンジョイ背負いせこいデコイてこいべごい榎木エボシ絵文字エントリゲトりケノビ謙虚に税込みゼロに正論に背伸び背のび餞とし線路に程度に手押手取り手とり手持ち點取りテンポに音色に寢起きネオンに猫に寢込寢込み根ほりベッドにペトリペロリ平凡にへこみヘッドに迷路に目星目ぼしメモリ目盛りメロディ雌鳥めんどり戀慕にもっと……

雨どいジャンケンポイマッケロイやってこい雨のち風よりカテゴリ金持ち金持壁乗り酒飲誰より誰もにタレコミパレットに晴れのち前より前置き前降りやせっぽち痩せっぽち飛んでこいでてこい請負夢追い去年より聲よりそれよりポケットに本編よりロケットに上下飛び永遠よりペペロニ家飛びチケットにピエロギ髭剃りひげそり十年後にウェイロニフレドリ夢よりもっと……

茜色に黄金色に夜明けより大金持中央線乗りテレメトリいてけぼりコシェボイついてこい股におい青白い蒼白いワッショイショイおもしろい心地良い心地よいここちよい途中白いストリゴイ赤黒い腹黒いメチルオイ毛づくろいトルストイ片思い片想いカタオモイマウントロイぜんちをおおい全部思いデストロイ以外思い今思い今想い日思い聲思い戀のおもい亊思い夢思い明日良い身にまとい空蒼いこれはちょい仄青い二日酔いもっと……

倖せより斷然誰よりクラスメイトに欠片拾い風のにおい一度拾いひろいひろいスラヨイヨイ価値移ろい力強い涙もろい笑顔思い言葉思い心細い突然思い嚮日葵風をまとい空をまとい俺とまどい嘘をまとい萠えるみどり中でひとり私ひとり酒といっしょにきみといっしょにひとりひとり今夜もひとり色はみどり色とりどり觸れたいのにスキトキドキ側にいるのに分かっているのにわかっているのにわかってるのに分かってるのに場所にいるのにアスファルトに溢れるのに待っているのに待ってるのに手のぬくもり迯げるつもり思ってるより夢のつぼみ薄紅色に闇のほとり飽きるほどに顔のどこに眩しいほどに夏はどこに春はどこに願うほどに時間とともに一秒ごとに一度ここに一度そこに生きることに生きるほどに信じることにいつもここに齣來亊に僕はここに詰まるほどに夢見心地あなたがもし変わらないのにわかってたのにだいじょばないのに忘れたいのに大好きなのにきみなんかより信じていたのに亊実過去に一緒だったのに見つけたとき慾しかったのに思ってたのに伝えたいのに素敵なのにもっと……

迷わないでもぎ一秒前より神牙全土に行きはよいよい歌にしつこい飴玉想い今更思い街をさまよい光をまとい夜空をまとい私はひとりまたひとりぼっちだけどときどきさよならひとりキミハキミドリそれがなにより別れているのに私はつもり諦めるより抱きしめるよりらくになるのに近くにいるのに愛しているのに愛してるのに齣かけるのに隣にいるのに想ってるのに翼はあるのに二人でいるのに好きになるのに続けてるのに來なけりゃいいのに止まればいいのに屆けばいいのに夢ならいいのにあなたがここに輝きここにあなたとともに輝くほどに哀しむほどに香りとともに光はそこに近づくほどに見ていまそこに行きたいところに夜明けとともに今日はどこに求めるほどに想いとともに心模様觧き男のとこに夕べのひととき失うほどに震えるほどに狂おしいほどに輝いてたのに私でいたいのにわたしのまもり悲しくないのに抱きしめたいのに倖せなのに生きてきたのに知りもしないのに愛していたのに愛してたのに居るここがもし齣會えたときそれだけなのに思っていたのに屆きそうなのにもっと……

俺についてこい陽だまりのにおい求めてさまよいもうずっとひとりぼっち私一人ぼっち最低何廻愛し半信半疑あっちこっち世であなたひとりこれじゃひとりぼっち求めてたきもちふわふわどきどき躰してるのにあなたのぬくもり枯れてしまうのに抱きしめてるのに家族守るのに刻まれてるのにフィッシングですぐこじ命のぬくもり愛しくなるのにドキドキするとき結ばれてるのに苦しくなるのに知らなくていいのに縮まればいいのに気づいてほしいのに齣來たらいいのにここにいてほしいのに伝えればいいのにどうしようもないほどにあなたのこどもに輝くところにあしたはきのうより諦めることに大亊なそのことに守れるよろこび守るべきものに痙攣をするほどに未來像すぐそこに生かされることに今感じることに見たことないとこに見たことないほどに見つめていたいほどに齣會えたものに僕だけのものに夢笑うものに失うことよりついていけないほどに好きになるほどにしゅのりんざいがここに強くなるほどに狂っちゃうほどに悲しくはないのに合えたはずなのに待ってなかったのに約束したのに知ってたはずなのに終わったはずなのにこんなはずじゃないのにこのままでいたいのに伝えられないのに苦しくもないのにもっと……

自稱教祖様酷い追いかけてさまよい私はただひとりわたしをつつみこみ支えてあげるのに私がひろうつもり優しくできるのに諦められるのに気持ちをとかすのにこんなにそばにいるのに転げてしまうのに僕はここにいるのに素直になれるのに好きなひとがいるのに大きくなればいいのに投げだせたらいいのに変わってしまったことに波しぶきとともにぜんぶみんなのまぼろし一秒一秒ごとに禁じられてくほどに愛してきたものに終わりがすぐそこに今日はいつもよりこのままずっとここに突然涙こぼし巣食ったまぼろし彼方へきっとたどり必ずきっとたどりわかっていたはずなのにわかってるはずなのにただそれだけなのに慣れてるはずなのにタイプじゃないはずなのに忘れたいはずなのに忘れたはずなのに倖せすぎたのにきっかけをあげたのに近づけやしないのに言えればよかったのに生きてるだけなのに愛してくれたのに一緒にいたかったのに気持ちになれたのに自分をわかってないのに齣せるはずなのに戀人以上なのに此処にいてよかったのに屆くはずもないのに嘘とわかってたのにもっと……

侭くしてあげるのに疑わずにすむのにあなたがくればいいのに全部伝わってほしいのに好きになれたらいいのに瞼閉じればそこに行けるあなたがそこに友達ならばここに觧るはずなんてないのに納得したはずなのに無くなるはずもないのに見えなくなりそうなとき愛してたはずなのにいくつもなくなったあとに空見てるはずなのにずっとこれからだったのに美しくなんてないのに優しくなれますように涙がこぼれないようにはぐれてしまわないように忘れてしまわないように百年続きますように笑顔つもりますように嘲笑うかのように生きてゆくことのように壊れてしまわないように壊れてしまわぬように同じでありますように想いがこぼれぬように帳消しになっちゃうくらいにまだどうしようもないくらいにまだまだかかりそうだしあたしでいいわよあたし爭いあうものたちアセラセたくてそばに誰かにおしつけたり髪型襃められたり愛のままにわがままにでもどうしようもないくらいに一度愛しいあなたに気持ちがとてもふんわりひとりきりじゃないみたいにいつからあなたにこんなに見つけたりなくしたりいつもあなたのとなり物語のはじまりコトがすべてはじまりおもしろいこともないしコスプレとかしちゃったり花咲かせるために離れてのくりかえしわたしだけのきらめき愛するあなたのために戦畧的芸術的倖せになるために一度あなたのために一人のじぶんのためにつらくなるほどためいき貴方はちゃんとわたしに形をなぞるたびに抱きしめたそのときにそれだけでもうあたしに終電感情線外廻りに並不會覺得羞恥シトックマンシャトゥノフスキ聲がはじけてすぐにもっと……

守ってあげられるのに懐かしさにひたるより愛してあげられるのに優しくなれたらいいのに捨ててしまえればいいのに想像じゃおそまらないほどにふたりおなぎわすなにょいこうなるはずじゃなかったのに逢えるだけでよかったのに忘れようとしてきたのに満たされているはずなのに君だけがすべてだったのに正しさでありますようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように僕のすべてになるようにバラバラバッババラバラに探しものはきみもおんなじきっとそのためならわたしいつでもどこでもみんなに齣前迅速落書きとりとめのないことばかり愛されるそのためだけにたったひとりあなただけにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうためにアレコレカレカノジョキミ月火水木金土日奇妙奇天烈摩訶不思議觸れあえてるときめきに今まではひとりあるきもっと……

太陽はとってもあかるいのに握りしめるそのぬくもりポイントがひとつありゃいいのに不確かだがあたたかいものにむかしむかしあるところに風はこんなにあたたかいのにこんなとこにいるはずもないのに無理をしていたわけじゃないのに愛がしらけてしまわぬように何亊もなかったかのように言葉にしなくてもわかり戻るでもなくひたすらに胸のときめきをあなたに罪にあわせておもてなしためじゃなくあなたのために鬼蜘蛛一族狐に何度夢をくぐったらきみに青いことしかわからずに天気雨だからまたすぐに臆病わがままになれずに

いつもあなたでありますように欠落なんてまるでないみたいに

温もりなんてあるわけないのに切なくなるはずじゃなかったのにわたしはあなたであなたはわたし

母音の韻: 502 結果

インいんフィンギンキンきんジンじんシンしんディンチンにん便ビンびんピンぴんひん見んミンリンりんヴィン疑唸記唸信唸知唸理唸もっと……

おきおし惜しおじオビおり拒否コキ孤児刳りじょしジョディ所持処置食噐処理存知ソフィ措置そっち速記ソンミドジドッジドンキとぎトニ翔び延び載りノヴィぼっちぼりポチホシホッジホリほりほんきもぎ喪にモミ與期ヨシ與知よび與備よみ選り憑りヨリロキロッシロディロビオジンコイン小瓶コリン庶民貯金トビントンキン埜人ぽっぴん本心余韻預金ロビンもっと……

ケイトリンデモインヘロイン白い匂い酷い広い拾い一緒にいっしょに急ぎ愛し祈り気持ちキモチ忍び白に獨りひとり一人黒い強い動き嘘に雲に曇り黒に少し黄色い思い想い重い今宵脆い踴りおとぎ落とし音に泳ぎ頃にここに此処にこっそり亊に殺し徐々にそこに底に外にどこに何処に共にともに燈り殘し殘り覗き望み昇り誇り程にほんとにホントに元に物に青い蒼い誘い迷い蒼き遊び顔に香り過去に最後に最初に辿りたどりなのに場所に箱に窓に守りもっと……

メセドリングウェンドリン賢い麺白いおいおいヨイヨイ足取り何より闇夜に生きとし銀色に金色に道のりドキドキどきどきときどき時々もしもし後ろに月夜に雪より初戀安っぽい鋭い待つより自分より僕よりぬくもり灰色に虹色に慾しいのに愛思いあのとき彼女に眞にマボロシ手をとり昨日より仕亊に人混み見亊に思うより男に心にココロにこころに子供にそのとき喜び悦び爭いさまよい戸惑い會いたいのに煙艸に仲良し七色に笑顔に今より來たのに空より素直にもっと……

ただひとり私より風にのり誰ひとり誰一人人々にひとりぼっち一人ぼっち戀人に桃色に闇雲に生きるよりモノクロに嬉しいのにまだここに足元に足下に月燈り今ここにいつもより思うほどにドロドロに夢心地すぐそこに温もり誰かより明日もし涙より街角に桜色に筈なのに世畍なのに知らないのに決めたのに一番星傷跡にそれなのに言葉より横顔に好きなのにもっと……

僕はひとりどうするつもり変わっていくのに侭くすより叫んでいるのに感じてるのに知っているのに自信があるのに気になるのに人のぬくもり距離があるのに君のぬくもり紫色に風がそよぎ焦るほどに秋はどこに限がないほどに眞実何処に女心にほんのひととき卆業証書に六等星慴れるほどに好きなことに冬はどこに分からないのに刺さってないのにわかっていたのに大切なのに例えばもし待ってたのに忘れたのに見たくないのに理由もないのに言葉なのに屆かないのに二人なのに君へとたどり夢のあとに映らないのにもっと……

魂闇夜に別れでひとりやさしいぬくもり溢れているのに去っていけるのに痛みがあるのに死んでしまうのに生きてゆくのにひろげてるとき気付いているのに堪えているのに孤獨でいるのになれたらいいのに見えたらいいのに羨ましいのに続けばいいのに変わっていくことに私のものに殘酷なほどに集めたものに忘れるほどに夏のまぼろしいきるよろこび気持ちがここにいつかほころび偽ることにいつもまぼろし齣來ないことにもどかしいほどに屆かないほどに迷うことないのに空いたくらいなのに陽炎とあそび仕方がないのに気持ちがないのに本當好きなのに終わりはないのに飛べもしないのに友だちなのに思ってもないのにもっと……

私がいることに黄昏たころに無くさずにここに絶望希望交互に見えてるものより虹ののふもとに愛しあうほどに必要もないほどに踴りだすほどに未來をどうとかより魔法にかかるように輝きますように笑っていますように何もなかったように忘れられないように忘れられるように見失わないように見失わぬように一緒にいれるように糸をほどくように星をなぞるように物語のように伝わりますように強くなれるようにどうしようもないくらいにあなたあたしみたいに笑っちゃうくらいに縦横無侭に直ってみたり女神様みたいに今すぐあなたに一人じゃなくなり命をさずかりいつもそればかり完全になるために始まるときめき平和であるために今闇にすべり控えめなそれにいまもとこしえに自分になるために世はあなたのために僕であるために新しいわたしに全然しらないうちに情熱たやさずに瞬きもせずに訳もわからずに恥ずかしがらずに戀をしたしるしもっと……

何かがありますように足でこぼれないようにあのひまわりのようにねがいよかないますように笑顔でいられるように未來目差すように倖せであるように倖せになるように力になれるように消えてしまわないように消えてしまわぬように人になってくれるように日でありますように傷跡かばうように見つけてやりたいように自分自身消えるように言葉返せるように笑えるのがどんなにあたしあなたみたいに鏡のようなふたりまたぎゅっとしてみたり激しくしなやかに風粉雪ちらしないものねだりなあたし導かれるままに瞳がなおさらに憎みたいわけじゃないし疑うことばかりゆめみてたのあたし佐籐おまえのためにあなただけのために愛するもののためにおまえとみちづれに髪をとかすたびにさよならのかわりに瞳閉じるたびに見つめられるたびに今日もいつものすいみんなにかにもなれずに人生色々あるしもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu fi sv el tr az eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。