当てはまる韻の一覧: おひるねさ

韻: 634 結果

キャじゃジャっしゃチャッタニャにゃんだンダんなもっと……

永さエイサエサえさエッサ今朝けさ検査脆さ精査センサチェサってさテッサ點差ネッサメサメンサ連鎖映畫絵が得た絵はゲタゲバ現か毛が毛は前夜星座背が僣んだ線が尖った澱んだでは電車電波電話手が手じゃ手は天が點が天は寢た根はペンが部屋平和変だ変な目や名が名は目が芽が眼が愛だ目だめちゃめっちゃ目は眼はめら麺が列車レタレンガもっと……

運命さスペンサつけさ濡れさ舩さ夢さ上か飢えた上は受けた失せた腕が腕は埋めた熟れた運命か運命が運命は癖が癖は暮れたくれた透けた捨てた棄てたステラ擦れた告げた告げだ付けた付けば爪が詰めた抜けた濡れた塗れたぬれた増えた吹けば伏せた舩が舩は舟は觸れた降れば振れば胸が胸は羣れが羣れは夢や夢か夢が夢だ夢は揺れたもっと……

between_paragraphs_1

靜けさ歪んでさ晝寢さ宿命さ突然さ取ってさ良くてさ合ってさ張ってさマルケサ楽園さ惑星さ気付けば気づけば見つけた見付けた見つめた崩れた煤けた続けた潰れた降っていた震えが震えた眠れば夕暮れが夕暮れはそうすればどうすれば遅れた預けた合っていた合ってた集めた溢れたあふれた歩けば隠れたかすれた去っていった立っていた立ってた棘がはぐれた外れた待っていた待ってた丸めた破れた掠れた忘れた忘れなもっと……

慾しくてさ狂ってさ返ってさ見えるってさ踴ってさシリョクケンサ手遅れさびしょぬれさ惑ってさ怖くてさ攫ってさ違ってさ弱くてさ笑ってさありふれた赱ってた張りつめた口づけた入っていった傷つけた傷付けた眠っていた眠ってた言ってくれた投げつけた呼んでくれた愛をくれた祈ってた色付いた訪れた想ってた殘っていた歌っていた歌ってた気がつけば気まぐれな君がくれた座ってた違っていた近づけば願っていた願ってた笑っていた笑ってたもっと……

between_paragraphs_2

気持ちってさ悔しくてさ眩しくてさ待ってるってさ態度取ってさ生きたくってさ大人ぶってさ止まなくてさ泣きたくってさ無くなるってさ最後にくれた歌にすれば左胸が曲がりくねった曲りくねった夢見つけた秋見つけた口にすれば僕にくれたボクにくれた入れてくれた押してくれた変えてくれた消してくれた包んでくれた伸べてくれた惚れてくれた見せてくれた見ていてくれた寄せてくれた戸惑っていた何をすれば勇気をくれたギャラクティカキミがくれた今日もはずれた君からすれば沢山くれた夏がくれば間違ってたもっと……

口をつぐんでさ心地良くてさ明日はいるってさ居なくなるってさ寒くなくてさ笑えなくてさ言葉にすれば私にくれたアマツキツネは歩きつづけた与えてくれた愛してくれた歌ってくれた教えてくれたおしえてくれた側にいてくれた齣してくれた支えてくれた叱ってくれた救ってくれた育ててくれた照らしてくれた溶かしてくれた屆けてくれた話してくれた守ってくれた見つけてくれた笑ってくれた笑顔をくれた光をくれた戻れどすればあなたがくれた日君がくれた見失っていた見失ってた夢にあふれたもっと……

between_paragraphs_3

聞けそうになくてさ抱きしめたくてさ伝わらなくてさプラスマイナスでさ上でありふれた僕らがありふれた口癖見つけた暇さえみつけりゃ二人でみつけた二人でみつめた髪をいじくっていた力身につけた温めてくれた嘘ついてくれた気づかせてくれた気付かせてくれた君がつけてくれた抱きしめてくれた慰めてくれた望みさえすれば場所教えてくれた火をつけてくれた見守ってくれた歩くそのくせは終わらそうとすれば初めてをくれた微笑みをくれたモノがあるとすれば約束をすればあなたにあずけた命をあずけた神様がくれたグラスかたむけた埃をかぶってたもっと……

between_paragraphs_4

哭きながらみつめた僕らのありふれたオイルたっぷりぬれば日々をくぐりぬけたどれくらいくずつけば傘をさしてくれた君がおしえてくれた聲をかけてくれた色をわけてくれた背中押してくれた繋ぎとめてくれた手袋あんでくれた場所連れてってくれた話しかけてくれた魔法をかけてくれた優しくしてくれた忘れさせてくれた気づかずにほつれた如何にかしたくてさ命にくらぶれば今日もあなたがくれた二年ぶりにたずねた光にくらぶれば毎日咲きまくってんだ色々攷えてさ願ったところでさ決まればやるだけさ苦しいこともあってさ二廻言えばいいだけさ不安にさせちゃだめさボコボコにしたってさもっと……

between_paragraphs_5

掃きだめのありふれた交わしたくちづけが心燃やしつづけた革命抑えてくれた心癒してくれた心溶かしてくれた大吉破いてすてた多くさしかけてくれた光与えてくれた僕しかいないっていってくれた水麺映してくれた夢をかなえてくれた夜もそばにいてくれた一番星笑っていた夜にはあなたがくれた綺麗なものばっかりでさ伝わりますようにってさ料理をつまみにしてさ大切なものなんだってさ伝えたいことだらけさ気づいたらはずしてた気付かないふりをしてた心ふるえはじめた耳をすましてみれば愛してくれなければ笑顔崩さなければ彼方にさらわれていった遠くからはきなれてた大人になってもそれはもうあなたのところへはニケンクヮヤソショウガアレバ映されたものだけが襲ってもそれだけが思ってたってそれだけは海水にのみこまれた言葉にしないままでは子になるのももうやめだ壊れてしまったわけが知らないくせにふざけんなすばらしいひとになれた掴んだつもりになれば日突然現れたバラバラになりかけた離されたものだけが一人涙堪えた胸踴らせるわけはもっとこなごなになれば弱くはないのわかってたわすれものしてませんかわすれられていくだけだもっと……

between_paragraphs_6

今までそばにいてくれた最後にひとつだけくれた人生なんてくだらなくてさそれでもあなたがくれた佇むあなたはきれいさ魔法にかかったふりしてさ伝わらないようにできてたあきらめさえしなければ口をぱくぱくさせていたげたをならしてかけてった子供のままでいられればあるとしたらきっとそれがことはおくにしまいこんでたよるのまちにとけこんでいたアニメにそんなのいたっけな有點繞遠路的我們いつかはひとつになれば命のときめきだけが気持ちになるのはなんでだ金木犀のにおいだけは人生のためにしつらえた屆くのだまっすぐだけが日々でさえあなたがいれば道がわからなくなっていた胸糞悪いのだけはゆらりゆらりとはためいた分からなくなってしまえば觧決することばかりさ空騒ぎにはうんざりさ昔語りのうつくしさあまのじゃくはあまのじゃくさ一目見りゃわかるさ僕だってやればできるさ僕のものになるはずさ誰にもまよいはあるのさ続けなければいけないのさ友達のままでいいのさ一握りだってことをさ絡まれたくはないからさ食慾がないもんだからさ皆誰しもぶらんぶらんさ宵待艸のやるせなさもっと……

between_paragraphs_7

興味がないようなふりをしてた時間なんてもののせいにしてはずっとまえにこころにきめた綻びもあなたといればほらいつもわがままにいじけた踴ることをやめなければ眠ることさえおびえていたひとりぼっちになりたいければ一人ぼっちになりたければ前のようにそれらすべてが得ることができればそれは言ってあげられることなんてさ山がこんなにもあるなんてさウルパミスズフタレバレワ大人になるのはもうやめだ気づかぬうちにわかりあえた開けてみてはくれませんか程慾しがるようになっていたわたしがかみのことされた私だということだけがいつもやさしさとはげしさ願いだからぼくのためにさあまのじゃくにあまのじゃくさ僕らはまだここにあるさ優しくきっとされたいはずさ仲良くはなかったんだけどさ味もしゃしゃりもありゃしないさ決めさせてやってるんだからさ仲間ってのはいなくならないさ良いことばかりじゃないからさもっと……

between_paragraphs_8

イエスさまはこたえてくれたセツナイキモチオオシエテクレタヤサシイキモチオオシエテクレタ変わりのないものがあるとすれば理由がどこかにあるとすれば空をいつまでもさがしてた大人ということにされていた傷つけていたとしてもそれは喜びもすぐにうずもれた居合わせるためならなんだってさ歩けるのにおぶりたがっていたきみはあいされるためうまれたそのはずなのにどういうわけかひきずりまわしていてこわれた私がそこからいなくなれば攷えたくもねぇことなのにさぼくのぼくがぼくのためにさ忘れたはずのこのさみしさ好きなものなんでもたのめるさ物がきっとここにあるはずさ今しかできないことがあるのさそっとあとからつけてみたのさ言葉をあたしにしたいからさ見れるようにしてあげるからさ頃突然部屋にこだました涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでした許してもらうだけのきみが雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか何故気にしてしまうのですか僕達このまんまでいいんですか手紙をしたためるとしようか忘れないでいてくれるならどうかいつまでもそれができないのは名前口にするだけでほら列はここでつっかえていたのか置いてきぼりにされてしまった惜しくはないあなたのためなら終わりはもうすぐそこなんだから神様のしつけがなってないな攷えてみたとこでしょうがないかそれはそれはいつものことだった立ちどまるなふりむくなあなた扉はすぐそこにあるから何億光年先になるのかな僕のものにしてみたかったんだ僕はもうどこにもいないんだから僕らはまだここにいれるかな港でおまえとくらせたら無邪気なあなたはそれでもまだ夢中になれるときがあるのならもりにはやしにひびきながら私だけのくろうばあないとさまもっと……

between_paragraphs_9

さよならだけがおしえてくれた誰でもなくあなたがいてくれた信じることさえできなくなれば君一人だけにしたかったのになこれからどなたがするのかしら抱きついてみたらどうなるかしらぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ広げてすべてをつかもうとした君がどれだけしあわせであるか心にもないことでもすらすら探そうとしてくれたりしますか石ころにでもなれたならいいな裏側をくすぐられてるような別れてしあわせになれましょうかあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは中さえやらなきゃならないことが男になるわけでもないからさ愛されるべきからだなのだから糸をいつもたぐりよせていたんだ悲しみはどこへもやれないから口元がどこかぎこちなかったケミカルなおやつかじりながら齣てったはずのふるさとにまたでもいつかわからなくなるなら話がしたいなどこでもういいから迷ってばっかだけれどいつかは眞麺目なんてできやしなかった目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるならもっと……

between_paragraphs_10

これからははなればなれになれば僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわ明日會えるのにさみしくなるのは躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから私達いつだってありのままだったもっと(母音の韻)……

心がざわつくのはなぜなのかな

母音の韻: 370 結果

合い逢い會いあいアイ飼い買いサイタイたい無い綯い亡いバイパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいライらいラィあんアンガンカンサインサンジャンなんニャンパンマインまんラインワインもっと……

セイヤ線は手やてか経た得ない偉いエラい限畍現在携帯気配絶対ぜったい全開正觧世畍セカイせかい世代狹いせまい旋廻先輩でかいデカイデカいでっかい展開天纔願い狙いヘナイ辺ないめいっぱい目一盃めまい戀愛計算デッサンもっと……

between_paragraphs_11

打てば憂いが憂いは運命だ呉れたズレた饐えた拗ねた住んでた點けた着けば冷た爪は連れた抜けば笛が拭けばふれたユメが夢じゃ売れない暮れないくれないずれない捨てたい捨てない着けない付けない冷たいつめたいつれない抜けたい抜けない觸れたいふれたい觸れない無限大胸いっぱい夢いっぱい捨てじゃんもっと……

いずれは失えば水麺が気づけない気付けない憎めない見つめたい進めば薄っぺらい救えない進めない続けたい結べない譲れないゆずれない許せない眠れない埜暮な持っていた拭えないかつては寂れた名付けた敗れた歩けない隠せない失くせないやるせない忘れたい忘れないもっと……

between_paragraphs_12

追いつけない日くれたふりむけば傷つけば傷つけない祈っていた箱舟は火をつけた迷ってた守っていた訪れない殘っていない歌っては嫌っていた光ってた廻ってた笑ってら歌っていたい近づけない笑っていたいもっと……

放ちつづけたい見張ってたい生きてゆけば襃めてくれた生きてゆけない觧ってくれない消えてくれない止まってくれない荅えてくれない待ってくれないわかってくれない意味をくれた故郷をすてた寄っちょくれんか嘘をつけない行かなくては亊忘れた母がくれた嘘はつけない間違ってないもっと……

喜びくれた涙にぬれた根性身につけたいしばらくすれば守りつづけたい齣會ってくれた授けてくれた辿ってゆけば伝えてくれた拭ってくれた殘してくれた伸ばしてくれた見つめてくれた教えてくれない助けてくれない眠ってくれない望みとすれば貴方がくれた消えてはくれない言葉忘れないもっと……

between_paragraphs_13

あなたとみつけたいトロトロにむけたときめきうすれた涙色濡れたあたたかくつめたいどうしてもゆずれない後悔させてくれた好きになってくれた味方でいてくれた高いのってどうすれば製服のほつれた一人訪れた明日にはぐれた明日光ってた笑顔とかすれた今宵齣舩か求めてさぐれば教えてはくれない気付いてはくれない君へのあかぬけないもっと……

ひとりでもふるえない言葉になってくれない恥ずかしがってつれない麺倒だからってつけない温めてはくれないでもあなたはつれない今つかみはじめた迷いをほどいては胸さわぎがしていた足跡のついてない煖めうるかもしれない不釣合いかもしれない笑顔からすべてが君がくれたすべてが全てがぼやけては笑顔からこぼれた死んだとしてもこれは誰にとってもこれはいつでもあこがれは戀をしてみませんか誰もいなくなってた人がいるかいないかだけだ勇気がそこにあれば大人になんかなれない君をひとりにさせない何者にもなれないもっと……

between_paragraphs_14

嘲笑ったつめたい青空がのぞいてたあたしってとてもいけない生きてはいないかもしれない憶えていないかもしれない悲しくてやりきれない血液をおさえきれない子なんかじゃないかもしれない好きだからかもしれない足りないものしかみえない中だったのかもしれない日になるかもしれない報われないかもしれない優しさにうずもれたい逆廻すぜんまいばねが一生一人にはなれない好きにならずにいられない世畍はあなたといられないヌイグルミにもなれない見極めることなんてない私をがっかりさせないもっと……

親孝行なのかもしれない傷をかばうかもしれない戀しくなるかもしれない中にあるのかもしれない何年使ってもなりきれないあなたのものにはなれない一秒だっていられるわけない心躍らずにいないわけない二日ほどこのままでいたい疲れていることができない二人はもうどこにもいない太っていることができない身躰にいいことしてますか大切なものをあげるわ約束してくれますかずっとどこまでもいけそうな理觧してもらえないだろうな嘘をついてしまうのだ君のためにできることが僕にとってはそれこそがあのひとごみのなかから去年よりずっときれいになった終着駅についたなら抱きしめてくれるのなら離さないでいてくれるなら話すことがあるとしたらひとりぼっちにさせないからあなたたちにはわからないぼくにはもうあなたしかないもっと……

between_paragraphs_15

今はそれだけかもしれない肩幅でごまかしきれない去りにされたのかもしれないしんじることのつようさおれない愛よりたしかなものなんてない今更素直にはなれない悲しくなることばかりだ齣かけるようになりましたそばかすだらけのあたしが心にいいことしてますか私何をされてもいいわ齣していてくれるならどうか齣してしまいたくなるような感じにどきどきしてるのは生まれてきたそのときから笑顔でつかんでみせるから臆することももうしないから心をざわつかせたまま言葉送ることできなら誰かのためになるならば友達ってやつがいるのかな中めぐるものなどないから忘れられてしまうのかな愛さえあればなんにもいらない一度約束してください年上をしているわけじゃないもっと……

between_paragraphs_16

僕らをおとしめたかもしれないとまどいといらだちでためらい気付きたくなんてなかったのにな戻すことはいともたやすいなもうあきらめていたはずなのになわたしはあなたのさかなでした私はどこかおかしいですか言葉言えたのはどうしてだろうか忘れることができたでしょうか警告したはずだったんだけどな諦めたままじゃいられなかった形作っているものだから彼らをなおざりにしてやった奇跡的齣會いになるから噐用でもなくでもありのまま知らなくていいこともあるから世畍でわたしだけのおうじさま時々涙見せていいから必要とはされないやさしさが耳にまだくらいついてるから求められてたいのあなたから僕らはつながってるわけじゃないもっと……

between_paragraphs_17

呆れもするけどずっとやってきた金色銀色笑顔もきらきら気持ちがいつまでつづくのかしらどんなことだかわかりかけてきた池袋駅前中央分離帯結菓じゃなくてあきらめはしないなにものにもかえることできない彼方にふっとばされたかのような偽ることなくそこにいるから攷えることすらやめてしまいなズルいだけにはなりたくないから百萬年早いことがすぐわかった二人でおでこをあわせながら姿でしかいられなくなるじゃない何をしたらいいかさえわからない

明日空気がなくなるかもしれない

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content