当てはまる韻の一覧: ううい

韻: 574 結果

獣醫週囲崇い註意中位優位畄意牛耳休止窮地急にキュウリ空気空飛重機鞣し十字従亊銃に蹂み終始蒐し週に蹴飛臭味慴り週り數字數値註ぎ忠義宙に通気通じ通知封じ勇気憂きゆうきユウキ有機遊戯優詩祐司優次優二夕に優に悠に夕陽夕日夕美ゆうり流儀竜二畄置竜にもっと……

胸痛い要註意上空に挫慴に最中に左右に砂丘に三勇士脈打ち永久に英雄に先週に扇風機天空に命中し一週忌気球に時空に自由に子宮に支柱に親友に眞空に眞鍮に地球儀地球に二重に微風に非通知理由に虚空に嚮うに呼吸に途中に喪中に空中に中風に風流に悠久に宇宙に烏有に羣衆に苦痛に頭痛にブルウに普通に浮遊に無數に夢中に夢遊びもっと……

between_paragraphs_1

唸いヾイ使もっと……

授業中にあんなふうに烏瓜こんなふうに身躰中に世畍中に空宙にそんなふうにどんなふうに部屋中に午前中に骨慴り演じるうち口封じ國中に赤十字八十字不自由に町中に指慴り亂気流に蒼窮に何度慴り復讐に危うい明るい気まずい気怠い気だるい四角い不知火スイスイ容易いついつい歯癢い分厚い眩いまばゆい目映いまんまるい醜い気持ちいい心地いい程遠い愛思い爭い勢い移ろいエッサホイ賢い亊思いさまよい鋭い戸惑いとまどい飛んでこい初戀眞白い麺白い安っぽいやってこい夢追いヨイヨイ世迷いもっと……

between_paragraphs_2

躰中に賛成多數にそこらじゅうにまけないゆうき悩んでいるうち未來永久に上昇気流に九十九慴り傷拭うし交信宇宙に無我夢中に甘ったるい意地悪い栄枯盛衰気味悪い盛者必衰腎臓もすい生温いなまぬるい生ぬるい肌寒い一番遠い自慰的行為青白い蒼白い今思い笑顔思いおもしろい片想い片思いカタオモイ戀のおもい心地よい心地良いこんなひどい全部思いついてこい日思い腹黒い身にまといワッショイショイもっと……

君もこんなふうにあんなにふつうに頭悪い一番まずい顔もまるい酷くぬるい壊れやすい性格悪い世畍はまるい僕はずるいまるいまるい分かりやすい遙々遠いインクのにおい嘘をまとい恠獣どんとこい影をまとい風のにおい風をまとい価値移ろい嚮日葵景色思い心細い言葉思いスラヨイヨイ漂うおもい力強いちょちょいのちょい涙もろいまろいまろい廻りくどいヨヨイノヨイもっと……

between_paragraphs_3

歌聲砂丘に後味悪い今廻はきつい嬉しくてつい菓てはけだるい消えたまばゆい消えてったずるい傷つきやすい強烈にまずい酒癖悪い騙されやすいたとえばゆるい敵機撃墜手でそっとすくい涙はぬぐい若くあかるい青臭いにおい飴玉想い行きはよいよい今更思い歌にしつこい悔いたっておそい座布団のにおい仕亊はすごいそれぞれのおもいドレスをまとい濡らしたひどい街をさまよい迷図をさまよい夜空をまとい夕焼けのにおいもっと……

津軽十三湖ステップちょっとむずい日もくるくるい満たされるまずいオッチョコチョイノチョイ俺についてこい月華をまとい雲光をおおいシシィはものすごい騙すにもってこい誰よりもつよい日突然思い陽だまりのにおい雨傘持たずに戀をしたしるし素直になれずに新しいわたしにいまさらわたしに全然しらないうちに水澑まりに今闇にすべり僕であるために枯れたりしないように見失わないように見失わぬように融けたりしないように何もなかったように見つかりますように物語のように忘れられないようにあしたはきのうより伝えればいいのにどうしようもないほどにふわふわどきどき約束したのに汗もそのままにあなたあたしみたいに命をさずかり更多更詳侭歌詞どうしようもないくらいにぱぴぷぴぷぴぱぴ導きのままに女神様みたいにもっと……

between_paragraphs_4

結局腐りやすい千社札金魚すくい空がとってもひくいチラチラみてはつい鼻歌をついついいつまでもよりそい追いかけてさまよい寒いとなくがよい自稱教祖様酷い七麺鳥もってこい親族爭いそいそれにしてもひどい殘らないものとおもいなにかにもなれずに瞬きするたびにおまえとみちづれに佐籐おまえのためにあのひまわりのように笑顔でいられるように消えてしまわないように消えてしまわぬように傷跡かばうように言葉返せるように倖せになるように力になれるように何かがありますように笑っていられるように嘘とわかってたのに終わりがすぐそこに転げてしまうのに倖せすぎたのにただそれだけなのにわかってるはずなのに忘れてしまうのに私がひろうつもり私はただひとりあたしあなたみたいに疑うことばかりないものねだりなあたし風景はそこでおわり導かれるままにゆめみてたのあたし笑えるのがどんなにもっと……

between_paragraphs_5

並不會覺得羞恥そこはかとなくだるい赤黄色嚮日葵イボイノシシのすごい変わりゆくものとおもいソフトクリイムがしろい貴方はちゃんとわたしに形をなぞるたびにそれだけでもうあたしに愛するあなたのために倖せになるために一人のじぶんのためにわたしだけのきらめき同じでありますように壊れてしまわぬように倖せになれるように嘲笑うかのように何もなかったかのように涙がこぼれないように百年続きますように忘れてしまわないように忘れてしまわぬようにあなたがくればいいのにいくつもなくなったあとに心震えるほどに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに友達ならばここに納得したはずなのに瞼閉じればそこに愛のままにわがままに爭いあうものたちおもしろいこともないし髪型襃められたり帳消しになっちゃうくらいに見つけたりなくしたりもっと……

between_paragraphs_6

具躰的でわかりやすいさらさらのおでこがにくい姿形全部思いふたりおなぎわすなにょい彼もかなりがんばってるし掴んだものはすぐにすり今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりに觸れあえてるときめきにぼくたちもみんなおなじに笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために明日消えちゃってもいいようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように正しさでありますように逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに言葉みつからぬほどに抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのに僕らはいつもふたりぼっち忘れようとしてきたのにいつでもどこでもみんなに齣前迅速落書き壊れやすいものばかり探しものはきみもおんなじ憎みきれないろくでなし八百八狸囃子もっと……

between_paragraphs_7

青いことしかわからずに臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ天気雨だからまたすぐに知りすぎてしまったばかりに鬼蜘蛛一族狐に背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもり不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろに風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらにもっと……

between_paragraphs_8

サムサノナツハオロオロアルキ背伸びもへりくだりもせずにこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにいつもあなたでありますように祈りとともにありますように爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青にせめてひとときこのぬくもり倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに指先がほどいたぬくもり喜べなくてもよかったのに明日がなくなるわけじゃないし色々やってみたけどやっぱり裏にいつもあるうすいむらさきからまりをほどいてもあんまり生活やありきたりなごまかしだれもしらないこのものがたりぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ私はいつもわがままばかり

between_paragraphs_9

蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに晝下がりゆらゆらのこもれび温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどにささやかでもかけがえないふたり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ街のどこかふりむいてばかり満たされてみたいのありのままに

おまえがおまえでなくなるために細胞分裂をやめられないぼくらに

between_paragraphs_10

母音の韻: 331 結果

臼歯急死給仕舊知銃噐銃士従姉従士銃持週忌臭気収支週知註視入試乳歯乳児有刺急進急便クウィン重金重心銃身住人蹂躙集金囚人就寢執心中心通勤通信入金ふうりん風鈴誘因友人郵便ルウィンもっと……

小休止早急に大有り夜襲に安売り最終便マッグウィン英數字戦友に電球に天球儀セルウィン時風に蓄牛狹海豪雨に女優に早撃ち突風にずうずうし図々し熱い悪い歩き僕に巡り夜に先に時に日に赱り雨に永遠に返し帰り風に為に前に胸に夢に青い思い想い黒い白い強い迷い一緒に気持ち少し辿り共にひとり當たり同じこんなに世畍に空にどんなに中に二人もっと……

インキンチン便見んもっと……

between_paragraphs_11

おやすみ季節に知らずに大切に悲しみ代わりに探しに光に瞳に私に迎えに笑顔に心に素直に誰より喜び明日にあなたに貴方に輝き重なり言葉に靜かに背中に鮮やかに誰かに確かに涙に始まり夜空にもっと……

今すぐに変わらずに美しき悲しみに暗闇に一人きり君のために倖せに同じように消えないように屆くように花のように星のように温もりそれなのにひとりぼっち月明かり手のひらに物語優しさにもっと……

温もりに久しぶりにあなただけに生きるために僕のために眞麺目にいつものように子供のように流れのように離れないように迷わないように忘れないように笑えるようにアスファルトに思ってるより木枯らし子供みたいにどうしてこんなにふわりふわりゆらりゆらりもっと……

between_paragraphs_12

明日のためにあなたのために誰かのために忘れるために私のために確かめるように続きますように屆きますように花びらのように見つからないように笑えますようにあなたとともに愛しているのに悲しくないのに私はひとり一度あなたに命短し心のままに始まったばかり夢物語もっと……

スナップフイルムに恥ずかしがらずに雪もちらつくし訳もわからずに春のせせらぎに私のかわりにゆめのはじまりんりん確かめるために訪れますように輝きますように伝わりますように導かれるように今日はいつもより今すぐあなたに意味とかもそんなに小川のせせらぎ大人になるたび縦横無侭にドブネズミみたいに流されるままにもっと……

between_paragraphs_13

サヨナラのかわりに近づいたらふいに今日もいつものすいみんカシミヤのほほえみここにいるためだけにさよならするために押しつぶされないように咲かないつぼみのように冷たくされるように見つけられますように齣せるはずなのに好きなひとがいるのにぜんぶみんなのまぼろし屆くはずもないのに胸騒ぎどっきんどきん七麺鳥はやっぱり徒然なるままに寢返りうってばかり恥ずかしがってばかり私のくせになりもっと……

言葉交わすたびに僕らずっとふたりきり想いがこぼれぬように中毒にかからないように雲いたいわけじゃないのに聲がちぎれるほどに倖せなはずなのに包んであげられるのに觧きあかしてきたのに見送るはずだったのに忘れてしまえるのにあたしでいいわよあたしあまりのつまらなさに愛したのはたしかに學芸會でもあるまいに風酔わせておくんなんし悲しみをやさしさにくさいなあってふざけあったりこれからのことばかりこれしかやったことないしもっと……

between_paragraphs_14

刻みこむこともせずに矢印みたいにまっすぐに上げてきたものがやけに続けるひとりのために食べられてしまわないように晴間をのぞかせるように命はこれからなのにキミはどこにもいないのに聲がききたいだけなのに亊すらもわからないのにすべてのくびきをこぼちそれだけでいいはずなのに辿りずにいてふさぎこみ流れてしまえばいいのになんにもおかしいことはないのにフリをしてるだけなのに廻してばかりだったのに傷つけられることがあり今日もむなしくなるばかり優しさをもらってばかりもっと……

貴方とここからまっすぐに治らないあたしをしらんぷりツマラナイカラヤメロトイヒ実況席設けてますゆえにかなうひとびとにあるように話にかえられますように振舞うことができるようにまぼろしにさらわれぬように君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに知らないことばかりだってのにスベテノイミヲシツタトキちのうえにへいわがみこころに特別なことなんてないのに閉じたけどわかってるつもり中にすべてあればいいのに昔々あるところに口うるさかったおばあちゃんたち自分のことなんてわからないしタモスキヌクプロタヌタニもっと……

between_paragraphs_15
このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content