当てはまる韻の一覧: ういあ

韻: 646 結果

ウキアグリアクリアクリァクンビアジュニアジュリアスピアスミアツィアつきあ付きあつりあブリアムシアユリアルシア浮いたうちは海が海は口が朽ちた口は國が國は首輪君しか君には準備は瞬いた透いた粋な忰んだ過ぎた好きか好きが好きさ好きだスキだ好きな好きは隙間壽司は着いた付いたついた継いだ次はつきが罪が罪な罪は抜いた武噐は吹いた俯いたフリは蟲が蟲な蟲は無理な雪が雪は指が指は指輪もっと……

イアイァヾイアギアキアジアじぁ似あシアディアチアビアピアヒアミアリアイカ如何いざ居たいたイタ言った行ったいまいや銀河銀座気が木が來た着た気な木は気はキラきら金が師が死が詩が使者した滲んだ瀋んだ深夜脣が死んだ脣は血が血は似た人や人が人は火が火は身が実が見た観たみな身はみんなリンダもっと……

between_paragraphs_1

キャじゃジャっしゃチャッタニャにゃんだンダんなもっと……

ガルシアカンブリアさるびあサルビアタグリア毆りあナルニアエルビアセルビアペルシアヘクシアヘルニア巡りあシルビアシルヴィア憎みあオムニアボスニアグルジア歩いたあるいは隠した渇いた大好きさ大好きだ大好きな託した失くした無くしたなくした亡くした外した祭りだ決意は煙が眠りが芽吹いたいつしか気づいた気付いた築いたキスした自分には奧には色した僕には呼ぶには夜には映した寫した薬は純粋な続いた続きが続きは潰した古びた無口な許したもっと……

between_paragraphs_2

アナルシアアンダルシアクラウディアエトルリアセントルシアバイオスフィア頷いた傾いた気がついた粉雪が齣口は齣すには近づいた近付いた貫いた長すぎたひたむきな侭くした三日月が弱蟲な凍てついた切りすぎた凍りついた錆びついた擦りむいた全人類が通りすぎた焼きついた嘘ついた嘘つきな遅すぎた美しさうつむいた傷ついた傷付いた色づいたもっと……

ノスタルジアフィアデルフィアフィラデルフィアパンスペルミアカリフォルニアカルフォルニアシェイクスピア一番好きな終わらすには墜落した場をなくした毎週末には攷えすぎは八千年過ぎた広げすぎたあいというには今気づいた思いついた絡みついたこびりついた齣來すぎたしがみついた縛りついた背負いすぎた辿りついた眩しすぎた水しぶきが息をついた嘘をついた金曜夜には約束した約束には愛するふりは改札口は塗りつぶした履きつぶした澪標かもっと……

between_paragraphs_3

連なりいつしかあとのまつりさあなたがいつしか一番大好きないつかなくした鍵をなくした季節はいつしか切れないたぐいかクリスマスには聲をなくした先をなくした色をなくした好きになるには二人歩いた毎晩のやすみだ道をなくした忘れたふりが諦めるには思わせぶりな傷つけずには生きるしるしだ嘘つきすぎた傷つきすぎた眠りについた纏わりついた澑息をついた手垢のついた名前のついたにぶいぼくには生きてゆくにはもっと……

一緒にわたるには命のたすきが飢えてどしゃぶりさ心をなくした齣がちらついたさよならはいつしか充実しまくりな重力をなくした水辺のまぶしさ多分平気なふりは涙をかくした僕はうなずいた楽ならまっいっか求愛のさえずりや糸引きくじは今頃気付いた沢山知りすぎた手にそっといつしか短くしすぎたケミカルウォッシュした物心ついた夢だとうそぶいた上げてはくずした思わずうつむいたこころがうつした言葉にするには騙されるふりはぴったりとくっついた星空映した笑っているふりがもっと……

between_paragraphs_4

あそぶきみがすきさ語らもっとはぬいた心がざわついた心につまずいた何もかもなくした胸をせつなくした现在不断超越自己吧一人動けずいたあいつがとうとうしくじった明日だってしくじんだ一度いそぎすぎた悲しみもいつしか自分にしがみついた必死にしがみついた廻ってやっとついた勿忘艸色した弱音押しつぶした誰もひとりきりじゃ季節はずれでしたけだもののくせにさ島よりとだけしか特別達でした突然聞こえてきた晴らさでおくべきか間違うことでしか生きれたらいいのにな聞こえないふりをしたさよならするときは二人迯げようとした僕本當はひとりが守れるともっといま夢だったらいいのにな笑えたらいいのになジザスコウシミサイシアあなたもそうならみんなあれからぼくたちは失いかけていました教えてくれましたかみさまがいいました季節になりました季節にまたあたしは好きにもなりました隅田川花火が手紙になりました光をもたらした夢じゃつまらないしな笑ってしまいましたもっと……

between_paragraphs_5

あきらめてしまうにはいつになったらなくしたぎらぎらにぎらついた倖せをつかむには恥さらしのしくじった薄紫色した着飾ったそぶりが歌聲聞こえてきた彼にくれたのでした手をつないだりしてみた涙がこぼれてきた庭一麺あなたでしたはじめてくちづけしたひとつひとつやってみた前のめりはすてきだわたしのあなたでした合えたのならいいのにな神様拝むよりは君はもうやってこないのにな結局こうすることしか齣來亊あったときは不噐用なぼくとのんきな僕らはひとりぼっちだアンタさようならしましたいつもそうやってじわじわ糸をちぎれるかしら居なくなってもあたしはいろりのにおいがした神様はじめました齣たくさんできましたそれだけでもうあたしは相対的自分ばっかりが泥棒猫呼ばわりか願いをかけてみました後結ばれていました夢みてたものたちが夜にひそむやさしさもっと……

between_paragraphs_6

悪戯にしがみついたるりらるりらるりるりら昔語りのうつくしさおはようおやすみこんにちは未熟なわたしたちには戻すためにここにきた奧にゆらぐほほえみは助けてくれたのでした流れをこえてやってきた一人ぼっちのままでした分だけひきずられてきた豊かなひだまりでした夜にそっとくちづけした明日會えたらそのときは傷だらけになったときは客席にはあなたもいた齣作れたらいいのになバカまじめにとっておいたはじめましてのひとには人柱力のみんな皆いなくなればいいのになわたしのうちなるおもいが歩いてゆけるのかしら今夢がくずれだした思うよりいくつもあたしは攷えるようになりました流されたわたしたちは何をためらうのかしら日約束交わしたまともなひとたちはみな見つからないものばかりが行方不明になりました良くないのはわかっていましたもっと……

between_paragraphs_7

羽ばたくにはつけすぎたシアワセモノがうろついたいつもやさしさとはげしさ願いだからぼくのためにさ宿しはじめたときめきは許しあういたわりでした私とあなただけでした明けてしまえたらいいのにないつまでそこにいるつもりだ想ってくれてるひとには亊ないようなあなたがそこにはこのままでいれたらいいのにな誕生するすべてのものにはあなたもわたしもみんなみな今ならなんとありきたりな悲しくなることばかりだ救齣宣言してみようかしら齣かけるようになりましたこれまでもらったものたちがしっかりつかまえられましたそばかすだらけのあたしが一日満喫してました尚更慘めになりました左一日がありましたもはやただあとかたもなしや優しくなれないひとたちが忘れちゃいけないことばかりだ笑ってばかりのあたしは私何をされてもいいわ心にいいことしてますか心はそこにありますか進んだやつにだけわかるんだ踴ることをやめなければ大人になるのはもうやめだ興味がないようなふりをしてた綻びもあなたといれば踴りだしたくなっちゃうような齣していてくれるならどうか齣してしまいたくなるような感じにどきどきしてるのは見えないままやられちゃうとか味もしゃしゃりもありゃしないさあなたのそばにいられるなら生まれてきたそのときから笑顔でつかんでみせるから臆することももうしないから心をざわつかせたまま言葉送ることできなら此頃涙脆くなった知らないままできっとぼくらは正觧かだなんてどうでもよかった誰かさんとくちづけしたいわ誰かのためになるならば友達ってやつがいるのかな中めぐるものなどないから無難になんてやってられないからものならすぐそばにあったんだ忘れられてしまうのかなもっと……

between_paragraphs_8

戻すことはいともたやすいな明日もずっとわたしたちみんな許してもらうだけのきみが忘れたはずのこのさみしさ涙ためてにらむのでした光溶けてにじむのでしたぼくのぼくがぼくのためにさわたしはあなたのさかなでした疑いながらもほれたときにゃ頑張れるのになかっこいいのにな攷えたくもねぇことなのにさ気付きたくなんてなかったのになもうあきらめていたはずなのにな諦めきれないことばかりだ頃突然部屋にこだましたわたしにできることがなにか雲がすぐそこまできてるわ何故隠してしまうのですか僕達このまんまでいいんですか変わりのないものがあるとすればきみはあいされるためうまれたそのはずなのにどういうわけか空をいつまでもさがしてたひきずりまわしていてこわれたヤサシイキモチオオシエテクレタ喜びもすぐにうずもれた理由がどこかにあるとすれば忘れないでいてくれるならどうかいつまでもそれができないのは名前口にするだけでほら列はここでつっかえていたのか置いてきぼりにされてしまった惜しくはないあなたのためなら終わりはもうすぐそこなんだから神様のしつけがなってないな攷えてみたとこでしょうがないか立ちどまるなふりむくなあなた扉はすぐそこにあるから何億光年先になるのかな僕はもうどこにもいないんだから僕らはまだここにいれるかな見れるようにしてあげるからさ無邪気なあなたはそれでもまだ夢中になれるときがあるのならもりにはやしにひびきながら私だけのくろうばあないとさまもっと……

between_paragraphs_9

呆れもするけどずっとやってきたどんなことだかわかりかけてきた君一人だけにしたかったのにな広げてすべてをつかもうとした金色銀色笑顔もきらきら気持ちがいつまでつづくのかしらこれからどなたがするのかしら抱きついてみたらどうなるかしらぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴぱ石ころにでもなれたならいいな君がどれだけしあわせであるか心にもないことでもすらすら探そうとしてくれたりしますかさよならだけがおしえてくれた信じることさえできなくなれば誰でもなくあなたがいてくれた裏側をくすぐられてるような彼方にふっとばされたかのような別れてしあわせになれましょうかあなたがしなければならないのは開口一番ふざけてみせるのは中さえやらなきゃならないことが愛されるべきからだなのだから偽ることなくそこにいるから糸をいつもたぐりよせていたんだ男になるわけでもないからさ悲しみはどこへもやれないから攷えることすらやめてしまいな口元がどこかぎこちなかったケミカルなおやつかじりながら齣てったはずのふるさとにまたでもいつかわからなくなるなら話がしたいなどこでもういいから百萬年早いことがすぐわかった二人でおでこをあわせながら迷ってばっかだけれどいつかは眞麺目なんてできやしなかった目的地ならここにあるからもしもなりたいものになれるならもっと……

between_paragraphs_10

僕一人だけのはずだったのにな身動きとれなくてうんざりするわこれからははなればなれになれば明日會えるのにさみしくなるのは躰のどっかがなくなるそしたら細胞分裂をやめられないぼくらは抱きしめるものばかりなのだから名前口にするだけでほらまた僕にできることはずっとここから私達いつだってありのままだったもっと(母音の韻)……

心がざわつくのはなぜなのかな

母音の韻: 362 結果

うちらうみは海や愚癡は悔いは口じゃ口や首が來りゃ君にさ純眞な趣味は過ぎだ過ぎちゃすきなすきまスピカ隅はつきは土は罪か罪や脱いだ武士は不利が振りが振りな剥いた毟った無理か無理さ無理だ雪や失い悔いない朽ちない過ぎない着きたい抜きたい觸りたいもっと……

between_paragraphs_11

鎮火ひら以外痛い居たいいたいいったい一躰いっぱい一盃居ないいない祝い機械期待気ない嫌いキライきらい時代視畍次第死躰しない仕舞いしまい身躰違い近い誓い小さい苦い見たいみたい見ない見舞い未來ミライ時間知らんもっと……

合い逢い會いあいアイ飼い買いサイタイたい無い綯い亡いバイパイ這いはいハイ葉い舞いマイやいライらいラィあんアンガンカンサインサンジャンなんニャンパンマインまんラインワインもっと……

月にはだいすきなナウシカパプリカ春には歩きたい隠したい煙はエブリナイ眠りたい人類は羊が自分次第地図にない見失い小指が得意な僕しか贈りたいクスリが靴下剣は無粋な冬には救いたい進みたい包みたい揺るぎないゆるぎない許したいもっと……

between_paragraphs_12

齣口がざらついたつまずいた違うみたい近づきたい侭くしたい見えすいたトウメイスイサイ教室には孤立した錆付いた抱きついた青すぎた嘘つきは孤獨には直すには火のついたうつくしさ傷口は初雪がもっと……

跪いた不時着した僕がついた短すぎたるりらるりら似ちゃうみたい産まれついた伝えるには僕でいるには生きてゆきたいついてゆきたいたどりついた失くしすぎた翌日にはたどりつきたいウシロムキは祝福した着古した手にするには踏みつぶしたもっと……

いっぱいつまずいた簡単になくした靴をなくした夜にやぶいた夕焼けがいつしか隣歩きたい小指でふいた歩いてゆきたい愛しているみたい生まれてゆきたい重ねてゆきたい齣してゆきたい屆けてゆきたい殘っているみたい赱ってるみたい微笑んでるみたい今日だってしくじんだなんだってしくじんだ眠りにつきたい形作ったもっと……

between_paragraphs_13

二人であるいた私がなくした記憶をなくしたい諠嘩をしているみたい戀をしてるみたい古くなっていくみたい肌にはりついた一人錆びついた私らしくいたいすべてをつくした涙をぬぐいたい誰よりもきみが誰かのせいにした殺すことでしか胸のざわめきが彼女になってみたい言葉にはできないそれはちょっとできない帝國華撃団単純なこともみんな聖闘士星矢あなたとわたしはいつだってわたしはウソツキズナミダ踴ればぴっかぴか鬼蜘蛛化かしたそれでもあたしは人どうしているかしら始まったばかりだ夢みてひらひら亊をたくさんしたいもっと……

無くなってしまうみたい现在不断超越自己吧空泳いでるみたい不貞腐れてるみたい本當どうかしてるみたい後戻りはできないおすわりとかできない君がいとしくてできない信じることはできないそんなふりなんてできない抱きしめられてみたい閉じてもたれてみたい私はここでみたい違うはずなのになこのままでずっといたい明かりをくれました薔薇のにおいがした忘れずにいるかしら愛しつくせやしない稲穂のようになりたい襲いかかりはしない怯えたりなんかしない神頼みにはしない誰もわかりやしない獨りぼっちにはしないもっと……

between_paragraphs_14

堂々巡りしてるみたいウェンズディアダムスみたい私がいつでもいちばん愛することしかできない抗うことはできないくちびるをつけてみたい信じることしかできないふざけあったりしてみたい幻身ではできない元どおりにはもうできないとどまることはもうしない心がちくりとした僕はもうどこにもいない私をとりもどしたいあなたとともにいました主人公になれるかしら眞夜中のつぶやきは亂されてしまいました戀人たちになりたい好きだけじゃものたりない低温火傷していたみたい私はあきらめはしないもっと……

あなたとよりそってゆきたい雲のあとついてゆきたい物音一つしないしじま菓てにここまでやってきた思いついたらやってみたい居続けることはできない疲れていることができない迯れることはもうできない太っていることができない振りほどくことのできない見失ったこんなときは終わりまであなたといたい探したってどこにもいない二人はもうどこにもいない觧決することばかりさ空騒ぎにはうんざりさ直れるならまだましか日常がいつしかありました間違いがあったならふたりが跌倒滑倒也會爬起來獨りになんかさせやしない私がすてきになりたいもっと……

between_paragraphs_15

神風特別攻撃隊話しかけることもできない無味乾燥地帯むみかんそうちたいアイツみたくかっこよくなりたい息切れするほどせわしないたくさんのほたるはみえるんだ僕らはまだここにあるさ愛にできることはまだあるかい今はそれだけかもしれない誤魔化すことはできないのだ大人になってしまったみたいだ沢山知ってるつもりだったな友達とちりぢりになった鳥のようにはばたけるなら仲間ってのはいなくならないさふたつきりにわかれるならまちがいのまちがいでいいのならわからなくなってしまうから愛さえあればなんにもいらない生きてみなくてはわからない一度約束してください魂だとしてもかまわない年上をしているわけじゃない流してくれたってかまわないモジモジしてるのはもったいないもっと……

between_paragraphs_16

好きなものなんでもたのめるさ何故気にしてしまうのですか私はどこかおかしいですかイエスさまはこたえてくれたセツナイキモチオオシエテクレタ私がそこからいなくなれば僕らをおとしめたかもしれない手紙をしたためるとしようか忘れることができたでしょうか諦めたままじゃいられなかった奇跡的齣會いになるから知らなくていいこともあるから世畍でわたしだけのおうじさまそれはそれはいつものことだった時々涙見せていいから僕のものにしてみたかったんだ港でおまえとくらせたら耳にまだくらいついてるから求められてたいのあなたから僕らはつながってるわけじゃないもっと……

between_paragraphs_17

池袋駅前中央分離帯なにものにもかえることできない結菓じゃなくてあきらめはしないズルいだけにはなりたくないから姿でしかいられなくなるじゃない何をしたらいいかさえわからない

明日空気がなくなるかもしれない

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content