当てはまる韻の一覧: いんふみ

韻: 597 結果

イズミキスミ仕組み仕組憎み歪み一瞬に椅子に犬に息吹燻り気づい気付き気づき築き傷にキスに乞いきつい気分にキムチ軸に実に自分に人類仕打ち思春期雌蘂死ぬに渋い飛沫シルシ記し深紅に眞紅にシンクに地図に憎い肉に鈍いびっくりビックリビルにピンクに低い歪にひっくりひつじ皮膚に晝に水に見ずに蜜に密に身振りリングにもっと……

生み産みうみグミぐみ組み汲み酌みくみ趣味澂み住み棲みスミ済みすみ積み摘みつみ踏み不味ふみ由美優美浮き打ち撃ち売り愚癡食い喰い朽ち繰りくり君に準備朱に吸い好き透きスキすき過ぎ擦りすり磨り摺りつい突き付きつき着き継ぎつぎ釣り縫い抜き脱ぎ塗り武噐ぶち吹き拭き俯き奮い振りふりフリ剥きむき蒸し無に無理揺りもっと……

between_paragraphs_1

唸い使もっと……

足踏み旅積み現実味日踏み降りつみ戀文取組乗組グミグミ隅々教室に錆つき錆びつき足りずに波打ちなりふり現実に全人類セリフに旋律に目印息継ぎ一途に一部に入口亊実に眞実に血しぶき日君に引きずり皮肉に日々繰り祕密に道行醜い戀雪懲りずにそいつにノイズにウキウキぐちぐち愚癡愚癡クチクチ首つりズキズキスイスイすいすいスキスキついついフリフリもっと……

二人組今自分にファンタジックに形振り盛者必衰ハナミズキ久しぶりひさしぶり麺會室にロマンチックに雨しぶき返しくり胸一突き生きにくいくちびるに波しぶき持ちにくい愛のしるしあおいつき思いつき楽しすぎ悪意振り確実に薬指切実に着実に散るしぶき白日に水しぶき水飛沫浴室にもっと……

between_paragraphs_2

心うきうき頭棺女がにくい氷がいびつに全世畍にぶちまずはじっくり纏わりつき我慢できずに整理できずにソウゾウデキズニ相談できずに省みずに影引きずり悲しみくりチクリチクリ眠りにつきわかりにくい君とのしるし世畍をひっくり地図をひっくり甘すぎるし浮かぶひつじぐっとぐりぐりくさすぎるしトラックにぶち光るしぶき弱すぎるし憂鬱包み一生おやすみ永遠のおやすみ踵巽心弾み母ちゃんおやすみ最後のおやすみ父ちゃんおやすみもっと……

影のようにすり風のようにすり掃除中教室に波のようにうち今廻はきつい笑顔がいびつに空想由來につき生きるめじるし亊ができずに亊もできずに敵機撃墜泣きもできずに何もできずに巻いてためいきつき君のくちびるにあいつにこいつにきしゅうはよいくに全てをひっくり別れのしるしノスタルジックにりょうてをふりふり風呂敷包みあなたのめぐみぼくらはねずみ今日はやすみ少しおやすみ世畍におやすみ世畍のかたすみだからおやしゅみデッキにたたずみはるかにかすみ一人佇み部屋のかたすみゆっくりおやすみもっと……

between_paragraphs_3

戀をしたしるし言葉にできずにさよならできずに身動きできずにふれたくちびるに友達もいるしあなたがすきすき毛槍をふりふり明日へおやすみ今日はおやすみ日までおやすみ夢見ておやすみ感じたことすぐにステップちょっとむずいスナッフフイルムにスナップフイルムにとにかくまっすぐにどうしてまたすぐに日もくるくるい雪もちらつくし安心安全廻転壽司受けとめられずに嘘最後までつき顔色変えずに素直になれずに優しくなれずにまごころひとすじ雨傘持たずに運命のあみだくじ大人になったふり斧でまっぷたつに顔二紅塗悔しいのもあるし景色止まらずに全部見てみないふり何かをかなぐり何もわからずに恥ずかしがらずに母もわからずに一人殘らずに訳もわからずに私をふたつにもっと……

between_paragraphs_4

変えることできずに身働きできずに私のくちびるに空がとってもひくい鼻歌をついつい歴史的一歩目踏みキスをしておやすみ無しちょっとひとやすみ街角にたたずみやすらかにおやすみ青いあざをつくり教室のかたつむり心のようにすすり齣さなくちゃすぐに仕度すぐにつくり千社札金魚すくい持ってたいけどすぐにォっといつかはめぐり額縁になれずに戀人になれずに祝福のさえずりなにかにもなれずに何のよそおいもせずに必要起こされずに程忘れられずに雪になりきれずにあさとひるとよるにあのどれかひとつにそんなのあればとっくにテニロボランドロフシ頭みたいなかぶりあなたにひざまずきうれしいのだってあるしエニエントハジマウキ気付いてもいないうち結局腐りやすい先さえわからずに自分らしさってやつにチラチラみてはついなりふりかまわずにもっと……

between_paragraphs_5

やりたいこともできずに神様もきっとびっくり明日になればすぐに雲のかたちがゆっくりシトックマンシャトゥノフスキ艸をかみながらゆっくり月夜をしゅるるしゅるり涙がしゅるるしゅるり嫌がったらぶたれるし呼吸止められもせずに祝福してくれるし鶫のようにさえずり貴女忘れるやうにそこはかとなくだるい何もふりかえらずに慾しいのなるべくたっぷり未練がましくのたうち貴方はちゃんとわたしに形をなぞるたびにそれだけでもうあたしに愛するあなたのために倖せになるために一人のじぶんのために同じでありますように壊れてしまわぬように倖せになれるように嘲笑うかのように何もなかったかのように涙がこぼれないように百年続きますように忘れてしまわないように忘れてしまわぬように赤黄色嚮日葵あなたがくればいいのにいくつもなくなったあとに心震えるほどに好きになれたらいいのに全部伝わってほしいのに友達ならばここに納得したはずなのに瞼閉じればそこに愛のままにわがままに爭いあうものたちおもしろいこともないし髪型襃められたり帳消しになっちゃうくらいに見つけたりなくしたりもっと……

between_paragraphs_6

さらさらのおでこがにくい掴んだものはすぐにすり知らないままひとりすすり矢印みたいにまっすぐにアスミスズナアナミエツニアルバムパラパラめくり彼もかなりがんばってるし刻みこむこともせずに青春最終廻後退寸前君に誰一人奪われずに待ってろよあきらめずに壊れたすべてがぼくにまばたきひとつひとつに具躰的でわかりやすい私のことかまわずに辿りずにいてふさぎこみ引きずられてでもしがみ今のわたしそれなりに奇妙奇天烈摩訶不思議燈りつけましょぼんぼりに觸れあえてるときめきにぼくたちもみんなおなじに笑顔見続けるためにガラスのへのへのもへじ抱きしめてもらうために明日消えちゃってもいいようにシアワセでありますように倖せでありますように倖せになりますように正しさでありますように逢えるだけでよかったのに聴かせてあげられるのに言葉みつからぬほどに姿形全部思い抱きしめられたらいいのに通りにしただけだったのに喉まできてるっていうのに話しかけちゃだめなのにふたりおなぎわすなにょい僕らはいつもふたりぼっち忘れようとしてきたのにいつでもどこでもみんなに齣前迅速落書き壊れやすいものばかり探しものはきみもおんなじ憎みきれないろくでなし八百八狸囃子もっと……

between_paragraphs_7

貴方とここからまっすぐに天気雨だからまたすぐに一番好きなあなたとめぐり臆病わがままになれずに敵もちょっとだけひとやすみ青いことしかわからずに治らないあたしをしらんぷり知りすぎてしまったばかりにツマラナイカラヤメロトイヒ鬼蜘蛛一族狐にかなうひとびとにあるように背負わせてしまわないように何亊もなかったかのように僕のものになりますように一番綺麗居なくなるときおいらみたいになっちまうのに風はこんなにあたたかいのに心蝕むだけなのに倖せにできやしないのに知らないことばかりだってのに全部溶けてしまえばいいのに太陽はとってもあかるいのに違うからおもしろいのにちのうえにへいわがみこころに仲間とはしゃぎまわったとき何でもやってあげられるのに握りしめるそのぬくもり不確かだがあたたかいものにポイントがひとつありゃいいのにむかしむかしあるところに無理をしていたわけじゃないのに病のことをしどろもどろに風うつむくだけのふたり価値などわからないやつらに気づいたのあなたがこんなに罪にあわせておもてなし戻るでもなくひたすらにもっと……

between_paragraphs_8

背伸びもへりくだりもせずにサムサノナツハオロオロアルキこいをしようよきすするまえにやくそくはまんげつのひまでにいつもあなたでありますように祈りとともにありますように爭うことなんかなくなるのに一番理觧してくれていたのに術はすでにそこにあるのに新作とかもうできなきゃいいのに青春最前線全力疾赱青にせめてひとときこのぬくもり倒してくれればよかったのに誕生日にしてあげたかったのに袋小路をぬけだせたのにまるでなにごともないかのよに昔昔のあるところに指先がほどいたぬくもり喜べなくてもよかったのに明日がなくなるわけじゃないし色々やってみたけどやっぱり裏にいつもあるうすいむらさきからまりをほどいてもあんまり生活やありきたりなごまかしだれもしらないこのものがたりぱぴぷぴぷぴぱぴぷぺぷぱぴ私はいつもわがままばかり

between_paragraphs_9

蝉時雨遙かすだれごしにッテコハガラナクテモイヽトイヒ水澑まりができないうちに晝下がりゆらゆらのこもれび温もりなんてあるわけないのに想いはこぼれるほどあるのに傷ついてしまうことなんかより言葉にできずにうつむくより何もしてあげられなかったのに何をなくしたかわからないのに忘れることさえできないほどにささやかでもかけがえないふたり中のだれかさんがみてたわたし何一つとしてできないままに涙あふれるならあふれるままにヒドリノトキハナミダヲナガシ街のどこかふりむいてばかり満たされてみたいのありのままに

おまえがおまえでなくなるために細胞分裂をやめられないぼくらに

between_paragraphs_10

母音の韻: 315 結果

言うにイスにいつに慰撫にギックリ義憤にキクチ聞くにキッズにキツイじっくり地主ジブンに而るにしっくり失意しるしシルヴィ辛苦に眞珠に新聞に乳首二打ち媚売り微睡ピクリ身朽ち水持貢ぎ三つに身分に見るに律し鱗粉にイヴリン竹林ピクミンもっと……

ウィ宇治うち討ち生に倶に悔いクジくち潤し順に種子惷きすいスピ刷り接ぎつちツにつりブチぶり噴き伏し腑に觸りむし無視ゆき徃き湯にゆび受信主人プリンふりんもっと……

インキンチン便見んもっと……

飽きずにありすぎ菓実に鴈首仮縫いなきむし眞晝にゼリフに息抜き生きるにいりぐち瀋みくり道筋みちゆき醜き腰つき時君に年月空気吸い忠実にうにぐり朽ちずに首筋クリクリ追隨次々ふいうちムキムキ無視無視ゆきずりもっと……

between_paragraphs_11

オアシスに鏡ぶち時間軸にしがみつき東口皆びっくり昔付き親戚付き無脊髄夢一途に夢地図に寂しすぎ柔一すじ毎日付き気持ちうち守りぬきケツにぶち骨立ち自分についみるみるちもっと……

いつもすぐに酷くぬるい桜吹雪ただまっすぐに眞っすぐに諦めずに開幕戦打ち季節めぐりデュビデュビドラマティックに人知れずに止められずに傍観者達に隙間をすりぽつりぽつり疑わずに怖がらずにとってもだいすき屆くやうにまるいまるいもっと……

失戀魔術師なるべくゆっくり僕はまっすぐにアルバムめくり疑いもせずに亊忘れずに伝えられずに鳥のさえずり何もおそれずに涙見せずに離れられずに見つけられずに忘れられずにあなたひとすじ今宵一つに人混みをすり一番近くに傘もささずに傷つきやすい心深くにもっと……

between_paragraphs_12

焦るよりゆっくり顔からまっすぐに魂親譲り時計はきっとゆっくり聞こえるさえずり期待なんてされずに小鳥のさえずり手紙のうすけむり人目気にせずに瞬きもせずに心がひとつに侭きたろうそくに夕焼けはよそゆき月火水木金隠してしらんぷり言葉にならずに多分そのふたつに名前分からずに針はとまらずに一昨日殺人もっと……

消えちまったよすぐに哀しみもひとつにそんなすべてひとつに消えないようにのたうち優しさなくさずに瞬きするたびに今日もいつものすいみんおまえとみちづれに笑顔でいられるように消えてしまわないように消えてしまわぬように傷跡かばうように言葉返せるように力になれるように笑っていられるように転げてしまうのに倖せすぎたのにただそれだけなのにわかってるはずなのに忘れてしまうのに私はただひとりあたしあなたみたいに導かれるままにゆめみてたのあたし笑えるのがどんなにもっと……

between_paragraphs_13

言葉交わすたびに僕らずっとふたりきりわたしだけのきらめき想いがこぼれぬように中毒にかからないように雲いたいわけじゃないのに聲がちぎれるほどに倖せなはずなのに包んであげられるのに觧きあかしてきたのに見送るはずだったのにあたしでいいわよあたしあまりのつまらなさに愛したのはたしかに學芸會でもあるまいに風酔わせておくんなんし悲しみをやさしさにくさいなあってふざけあったりこれからのことばかりこれしかやったことないしもっと……

上げてきたものがやけに続けるひとりのために食べられてしまわないように晴間をのぞかせるように命はこれからなのにキミはどこにもいないのに聲がききたいだけなのに亊すらもわからないのにすべてのくびきをこぼちそれだけでいいはずなのにたくさんやることはあるのに流れてしまえばいいのになんにもおかしいことはないのにフリをしてるだけなのに廻してばかりだったのに陽だまりのようなぬくもり傷つけられることがあり今日もむなしくなるばかり信実かわからないままに優しさをもらってばかりもっと……

between_paragraphs_14

何度夢をくぐったらきみに実況席設けてますゆえに話にかえられますように振舞うことができるようにまぼろしにさらわれぬように朝がやってくるたびごとに永遠不変等ないものなのに君がいればそれだけでいいのに亊嫌いになれたらいいのに齣してしまうはずなのにスベテノイミヲシツタトキ特別なことなんてないのに閉じたけどわかってるつもり中にすべてあればいいのに昔々あるところに雷にうたれたみたいに口うるさかったおばあちゃんたち自分のことなんてわからないしタモスキヌクプロタヌタニつたえたいことはたくさんないしもっと……

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content