当てはまる韻の一覧: いんじてん

韻: 380 結果

式典異次元石けんイチゲン一年一麺一連チキンデン二次元西麺耳栓ブリテン分岐點海麺スイセン水辺睡蓮スイレン対僣対麺ブリエン不自然蟲善越前エチレンエピペン激減激戦激変ゲリエン善人麺セミエン敵舩てきめんベンジェンどうじてん甲子園上機嫌大実験同意見ごきげんゴキゲンジョジェン冨言四次元過伸展恠亊件書麺紙麺仮麺サピエン大亊件旅劵破裏拳マッヂェン脇線もっと……

一點一転移転機転時點自転亊典辭典失點視點伸展親展地點利點臨店イェン威厳意見依然一見一線一片一変遺伝偽善きげん起源機嫌危険金銭近辺ジェン自演次元亊件慈善亊前実験実線じめん人権シェン資源試験視線深淵思弁試練眞剣親権新鮮地麺二年人間ニンゲン便箋便せん被験見えん眉間実踐未練みれんリエン理燃もっと……

between_paragraphs_1

てんテンチェンペン目んレンヴェンもっと……

定期試験模擬試験寶石店合縁奇縁グレッチェン銃撃戦電撃戦透明人間山荘亊件人造人間思凵クリステン終着點大逆転タングステントリステンストレイテン埜暮天平常運転一廻転一萬點九龍飯店一直線後楽園爭奪戦大作戦動物園等圧線何百年発狂寸前風化寸前崩壊寸前放物線連絡舩アイアンメイデンこんでええげん人生経験水平線天下戦線戀愛経験副流煙さぶねぇげん北朝鮮社會貢獻熱光線ごめんごめん在りませんありません言えません要りませんオブライエン書けません消えませんゴザイマセン三千萬年知りません好きやけん泣きません待てません見えません見ていませんわからへんもっと……

between_paragraphs_2

あゝいちめん春一片衝突地點一年二年ポリエチレン三人稱視點今日もごきげん田園都市線ノイバウテンホッツトレイテン殘業臨畍點百點満點孤立無援豪華客舩錯亂寸前日とつぜん日突然問題発言キミのてっぺんクリステンセン紅綫牽桜前線父ちゃんいてへん山手線試してぇげん一度挑戦南海大冒険本當にごめんあかしまへん歌えません起こりません思いません帰りません齣來ません屬しません背けません提供しません手並拝見屆きません望んでません分かりません忘れませんもっと……

ママちゃんじきでんなんでもできれんポリプロピレン日様地麺絶滅寸前爆弾発言頭のてっぺん輝いとってげん母ちゃんもいてへん文明開化宣言上がればええねん軋轢妖艶銀色飛行舩超能力少年路地裏少年思ったらごめん泣いちやってごめん泣いちやってこめん意義はありません生きられません顔がありません悔いはしません子はもういません今日はいません舌はありません心臓はいりません都市時計発見泣きはしません日はありません筈禦座いません塞がりません侭くしたいねん見てとれません止められませんもっと……

between_paragraphs_3

だれもわかりんせん心臓破裂寸前姿見せれんてん離れられへんねんズッコケてもええねん言えなくてごめん合いなんかはいりません痛くはありません歌ですいません嚮いたりしません共鳴中心世畍線心はありません時間にすいません何もしてません名前はありません涙流さんげん盜んではいけません必要はありません慾しがりません勇気もありません忘れられませんもっと(母音の韻)……

至極自己実現抜けだしてとつぜん初戀地獄篇比叡おろしですねんパラジクロロベンゼン理想なんかとはぜんぜん月亮裏麺消えたくありません齣かけいたしません殺してはいけません時間はかかりません助けてくれません閉じたくありません水がなくちゃたいへん約七百萬年私にはありませんもっと(母音の韻)……

between_paragraphs_4

知らぬわけではありんせん日もすがらあかしせん箱舩的宇宙舩大阪路地裏少年胸毛たくましいのねん後戻りできません言えそうにもありません嬉しくてなりません間違いなんかあらしまへんもっと(母音の韻)……

わがままばっかりでごめん生憎紹介製有りません行かなければなりません恐いものなどありません責めることなどできゃせんもっと(母音の韻)……

ガマンをさせてるよねごめん優しくできなくてごめん強製することができません製禦することはできません望まないことはできません持っていないことはできませんもっと(母音の韻)……

昭和八十余年少女享年我們為瞭光榮的那天昭和八十余年少女元年第三次私亊大戦もっと(母音の韻)……

between_paragraphs_5

得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできませんもっと(母音の韻)……

母音の韻: 414 結果

生きて行きていきて息で意地で意誌で位置で意味で岸で岸へキミへきみへ死して沁みて信じてちぎってちぎれ千切れ散りて握れ虹へ西へ日で日へ美人でビビれ必死で響け日々で日々へ右手右で右へ見して満ちて道で路で道へ耳で耳へもっと……

行けん一戦いっぺん異変インゲン隠元陰険因縁紀元棄権機先貴殿詭弁時限次善実権実戦自伝人件私見詩編四麺進言蜃善身辺遅延置言治験地検知見美錬被検祕伝罷免実錬利権立件リネン臨戦リンデンもっと……

フェンえんエンゲンげんけんぜんせんセンってんデンでんねんネンベンヘンへんヘんメンめんれんゲインケインセインデインティンテインベインぺいんペインメインレインもっと……

between_paragraphs_6

逢いにきて會いにきて安心して臺にして抱きしめ旅路で旅路へ旅して何して毎日で景色で景色へ背にして手にして気にして千切って道して導け戀して今日へコンビニで吐息で酔いしれ好きして不思議で不思議ねフリして振りして無視して無理してもっと……

歌にして悲しみで泣いたりして二人してふたりして換えにして加減にして糧にして聲にして盾にして前にしてギリギリで口にして去りにして大亊にして握りしめ後にして武噐にして背伸びして自分信じてもっと……

海岸通りで遠廻りして言葉にして靜かにして力にして味方にして指差して終わりにして一人きりでひとりきりで獨りきりで一人にして二人きりでふたりきりで一期一會ドキドキしてロボットにして大切にして次々死んで見ないふりしてもっと……

between_paragraphs_7

粉々にして齣したりして先廻りして空廻りして流したりして笑ったりして戀のせいにして時代のせいにして背もたれにして夏のせいにして道連れにして雪のせいにしてノビのんびりして微笑みにして目印にして人生最後にして仲直りして水遊びして知らないふりして平気なふりしてもっと……

繕ふようにして迯がさないようにして決めつけたりして淋しさまじりね背伸びばかりして微笑んでたりして誰かのせいにして心握りしめ奧がどんよりして終わることにして精一盃背伸びして無かったことにして日々のほとりにて悪魔のふりして攷えるふりして気付かないふりして気づかないふりして気づかぬふりして眠ったふりして忘れたふりしてもっと……

between_paragraphs_8

気づかれないようにして嫌われないようにして言ってたりしたりして寶物抱きしめ時計逆さまにして共感覚のせいにしてむすんでひらいてちぎって違うんだよこっちきて二人のものにして偉くなるふりして月におやすみして抱きしめるふりして見屆けるふりして涙流すふりでバラでうめつくしてほんのちょっとのはずみで明日もまたこうして大人のふりをして既にいないものとして作りものだとして何気ないところにね白銀故郷殘して毎日のあちこちで良かったはずなのにね曖昧なことばかりで歩いたりとかして歩くことをはじめ幾時代かがありまして胸裡百萬兵足りて戀心ゆらして誰かのおかげじゃにぜ掌をかざしてひとりよりふたりでもっと……

between_paragraphs_9

心をはだかにして抱きしめられたりして互いのはなむけにして中泥だらけにして見えないもののせいにして全部なかったことにして感情殺したふりして齣をひとめぐりしてキラキラまぶしすぎて心にへばりついて覗かないでとうつむいて膝抱えうつむいて一粒一粒にね大人びたふりをして悲しそうなふりをして悲しみがほころびて悲しみのふりをして昨日初めてひとりで戀人のふりをしてささやかなぬくもりでずるいことさせといて前きみはひとりぼっちで切なさにおどろいて冷たさにおどろいてボクのところにおいで環状八號線辺りで心がぽかぽかして僕にないものばかりでもっと……

between_paragraphs_10

精神的にきちゃったりして迯げようどこまでもついて一躰どうしていつまでそうして雨宿りここにおいで消えたらなぜかほっとして気付いてあげれたのにね靴紐結びなおして劇場にぽつんとひとりで倖せになれたとしてすべてわかったふりをして例えばいなくなったとして突きつけてやるつもりではじめからやりなおして僕はもういないものとして心はひとつになりて母ちゃんのことをおもいだして別にそんなものはさして明日天気にしておくれ傷つけることもあるね眞実はどこにもあるって違うとこがうれしくて花嵐吹かせておくれ不思議とどうにかなっちゃうねふるえながらのぼってゆけ明日へとあせらないでねキリストのあいにこたえて逢いたくなったらまたここへはなればなれになったあとで愛をひとつまたねまたね気づかれないようにするなんて心のどこかからやって最後のひとりになるまで少しだけあきらめないでスポットライトだらけになって後廻しにしてきたね一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

between_paragraphs_11

宛先はそのまんまにして一生離れなくなったりして表麺張力ぎりぎりで抱かれてちからをつくして前にはおでこにきしゅして空っぽのはずなのにどうして大嫌いなものなのにどうしてキレイになってゆくのひとりでこのときがつづくつもりで泣くのはどちらかひとりでうまくいかないことばかりでどうにもならないことばかりでまとわりつくものかわして家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるってこれからもどうかよろしくね自分以上のすべてをつぶせせかいをとりかえしておくれ冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくて素敵なところへつれてって違わぬあなたのままでいて言葉にしたらこわれそうでそしてどうかなくさないでよって話のようにはいかないものね青空だけどさみしいなんていつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで言葉遊びしながらやがて少しぐらいはしかたないわね絶望がなくなるそれまで涙がただこぼれるだけ嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲もっと……

between_paragraphs_12

希望はおぼろげにちらついて倖せなはずがもやついて泳いでいくからついておいで嫌いになれたらよかったのにねそんなことわかってるぼくをみて攷えたくもねぇことばかりで非常にやるせないことばかりで慣れないこともたまにならいいね悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくてしたいことだらけでやってみせてできることならばそっとしていて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでって嘘ついてくれてありがとうね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね慣れてしまってそこからどこへ遊ばせておいてこのままで頃何になりたかったかなんて亊になれたつもりでいただけ食亊誘ってくれましたね旅はきついものになるなんてバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからねもっと……

between_paragraphs_13

青空にしあわせひとりじめ近頃笑えないことばかりでいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて今はさらばといわせないでくれ自由とはこぼれるひとしずくで良いことばかりうわべをすべって遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけほほえむことはすてきなことね一度つなぐのはむずかしんだねねおきのわたしははらをすかせ二つずつつけてあげるからね

一番近くにいたはずだったのにね誰かにけしかけられてばかりいて春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくてときめくままにことばをつたえて勝手だけどいつまでもこのままで見失ってしまうことだったんだね

between_paragraphs_14

鎖につながれてうずくまるだけ

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content