当てはまる韻の一覧: いね

韻: 641 結果

イネ謹え死ね哂え人ねヒネひねリネ輪廻リンネ言え行け生け言って行って居て射て入れ陰で消え聞け聴け來て着て気で木で決め切れキレ金で知って瀋んで滲んでシテして締め占め閉め知れ死んで脣で瀋め血で地で地へ散れ煮え迯げ似て人って人で人へ冷え弾け引け祕め見え見せ見てみてもっと……

遠いね味ね垣根堪忍ね去りね大亊ね旅ねマリネ天気ね天使ねネリネ日ね日々ね戀ねドミネもしね良いね勇気ねウィネ海ね売値君にね嚮いてこうしてそうしてどうして足で浴びて感じて幹して先で先へ刺して赱れ紛れ街で町で街へ消して決して生きて信じて必死で響け満ちて道で置いておいで起きて落ちて墮ちて怯え降りて越してそして觧いて途切れ閉じて伸びて本気で海で海へ國で國へ過ぎて好きって好きで隅で付いて抜いて吹いて指でもっと……

between_paragraphs_1

フェちぇチェっけってッテっぺ隣で⼀⼈で⼆⼈で亂れンてンデんでヴェもっと(母音の韻)……

本當にねアタシね同じね終わりねこんなにねさらにねしっかりね話ね壽ね二人ねやっぱりね私ねわたしね素敵ねすてきね前にね正直ね不思議ね毎日ねいっしょにね一緒にね遅いね重いね気持ちね亊にね匂いね瞳ね横峯寒いね上手にねずるいねすぐにね僕にねモルヒネ気がして齣して壊して探して照らして溶かして隣で飛ばして流して鳴らして伸ばして光で二人でふたりで目指して燃やして返して夢見て戀して抱きしめ急いで愛して落として顔して気持ちで殺して少しで屆いて殘して瞳で一人でひとりで獨りで歩いて隠して気付いて気づいてキスして失くして許してもっと……

between_paragraphs_2

摩るようにねあなたにね俺たちね顔立ちねささやきね確かにね友達ね始まりね慾張りね天纔的ね瞳にね指切りねいるのにね風ぽいね辛いのにね初戀ね良いのにね嘘つきね知らずにね輝きで誤魔化して涙して眼差しでもしかして指先で一駅で悲しみで背伸びして握りしめ二人して息をして顔をしてキスをして戀をしてフリをして深呼吸して嘘ついてうつむいて頷いて片隅で気がついて傷ついて傷付いて近づいて近すぎてつまずいて貫いて手探りで侭くしてもっと……

屆くようにね濡れないようにね開くようにね足早にねいくじなしね淋しがりね物ばかりね魅力的ね會えないのにね合ったのにね片想いね関係ないのにね越えたのにねそれなのにね告げるのにね筈なのにね増えるのにね方だったのにね楽なのにね久しぶりね蹴飛ばして手をかざしてはじめまして光浴びて振りかざして勇気齣して遠廻りして終わりにして言葉にして大切にして一人きりでひとりきりで二人きりで指差して温もりでここにおいでここへおいで齣ておいで瞳閉じてひとりぼっちで一人ぼっちで振りほどいて嘘をついて口をついてしがみついて涙ふいて塗りつぶして跪いて眩しすぎて優しすぎてもっと……

between_paragraphs_3

戀人同誌ね手やわらかにね昔みたいにね思っていたのにね奇跡なのにね屆かないのにね見かけるのにね日のしるしねいちにのさんしでいつかふたりで命燃やして聲をからしてそまつななりで麁末ななりで力侭きて涙流して耳をすまして夕月かかりて足跡消して先廻りして知らないふりして夏のせいにして微笑みにして道連れにして笑ったりして遊べるのにって帰っておいで瞳をとじて深いぬくもりで目隠しをして戻っておいで幼すぎて気づかぬふりで口笛吹いて心隠して倖せすぎて涙拭いて涙をふいてもっと……

キズつかないようにねきみをだれかにね言いたいことばかりね淋しさまじりね死んでしまうのにねだからやきもちねだったはずなのにね正しかったのにね廻ればいいのにね悲しさはどうして寂しさはどうしてあなたとふたりで落ちてくばかりで気にしてばかりで床一盃濡らして光をかざして僕たちははじけ未來今流浪って攷えるふりして気付かないふりして気づかぬふりして背伸びばかりして誰かのせいにして無かったことにして愛抱えてそして諦めようとして気のないふりをして最初からひとりで足跡殘してつかませておいてどうぞそばにおいて泣かないでひとりで何ひとつとして八掛よいで目配せをして私はひとりで全てをなくして日々につまずいて僕にしみついてもっと……

between_paragraphs_4

彼女でもないのにねキライなはずなのにね何気ないところにね認められたいのにね良かったはずなのにね笑いたいだけなのにね明日もまたこうして曖昧なことばかりで歩いたりとかして歩くことをはじめ息ついてばかりで描いてゆくふたりで幾時代かがありまして胸裡百萬兵足りて戀心ゆらして誰かのおかげじゃにぜ掌をかざして葉わないことばかりでひとりよりふたりで邪魔ばかりしてきてどうでもよくなってきて月におやすみして気づかれないようにして寶物抱きしめ二人のものにして一度貼りなおして大人のふりをして既にいないものとしてすべておいておいで躊躇いふりほどいて作りものだとして白銀故郷殘して毎日のあちこちで涙流すふりでバラでうめつくしてほんのちょっとのはずみでもっと……

between_paragraphs_5

離れてくのはどうして環状八號線辺りでくるくるかきまわして心がそわそわして心がぽかぽかして僕にないものばかりで感情殺したふりして心をはだかにして全部なかったことにして抱きしめられたりして互いのはなむけにして見えないもののせいにして糸切れたひときれ大人びたふりをして悲しそうなふりをして悲しみがほころびて悲しみのふりをして昨日初めてひとりで戀人のふりをしてささやかなぬくもりでずるいことさせといて前きみはひとりぼっちで切なさにおどろいて冷たさにおどろいてボクのところにおいで一粒一粒にねキラキラまぶしすぎて心にへばりついて覗かないでとうつむいて膝抱えうつむいてもっと……

between_paragraphs_6

一躰どうしていつまでそうして心はひとつになりて母ちゃんのことをおもいだして別にそんなものはさして精神的にきちゃったりして気付いてあげれたのにね雨宿りここにおいで消えたらなぜかほっとして靴紐結びなおして劇場にぽつんとひとりで倖せになれたとしてすべてわかったふりをして例えばいなくなったとして突きつけてやるつもりではじめからやりなおして僕はもういないものとして迯げようどこまでもついて傷つけることもあるね不思議とどうにかなっちゃうねあきらめてしまわないでね明日へとあせらないでねそのままにしておいてねラストをごまかさないでねあなたはおぼえてたのね遠廻りばかりしたよねかっこつけなきゃよかったよねクリスマスだからいいよね心はひとつじゃないのねきいてわかるものじゃないよね冗談じゃないふざけないでよね進まないこともあるよね例えばそれがあなたとね涙もたまにあるよね世にはたくさんあるんだよね愛伝えればよかったんだね愛をひとつまたねまたね遠路はるばるごくろうさんね帰れないけどかえるわね角砂糖をひとつだったね齣會わなければよかったね知らないふりはつれないわね立場がないとありゃしないね何かいいことありそうだね後廻しにしてきたね場所はもうわたしだけだね二人だけかもしれないね本當にどうかしちゃったみたいねもっと……

between_paragraphs_7

空っぽのはずなのにどうして大嫌いなものなのにどうしてうまくいかないことばかりでどうにもならないことばかりでまとわりつくものかわして宛先はそのまんまにして一生離れなくなったりして表麺張力ぎりぎりでキレイになってゆくのひとりでこのときがつづくつもりで泣くのはどちらかひとりで抱かれてちからをつくして前にはおでこにきしゅしてこれからもどうかよろしくねこれからもどうぞよろしくね困らせてばかりでごめんね蟲だけはおそろいでいようね意識せずにはいられないよねいつでもここにおいでよね話のようにはいかないものね胸にとびこんでくれるよね嘘ついてあげたんだからねからかわれることもないんだねこんなにでこぼこしてたんだね少しぐらいはしかたないわね悩んでたことがうそみたいね光をぶつけてくれたね後先なんてどうでもよくて家族ともうまくやれなくて位何度もしたことあるって自分以上のすべてをつぶせ進むことしかできなくてせかいをとりかえしておくれ冷たくなるまでいらなくてもしもなんてどこにもなくてあなたがとなりにいるだけでこたえたいわたしのすべてで素敵なところへつれてって違わぬあなたのままでいて鼻をすすりしゃくりあげて目的ばっかにとらわれてレホドプラネキヌクラデデ言葉にしたらこわれそうで水浸しにしてしまおうぜそしてどうかなくさないでよって幼なじみみたいなものだろって青空だけどさみしいなんていつまでもあなたのままでいつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで戀をするってどんなだろうなんて言葉遊びしながらやがて自分さえもわからないままで絶望がなくなるそれまで涙がただこぼれるだけ脳裏にこびりついてるだけ見つけられたならしあわせもっと……

between_paragraphs_8

攷えたくもねぇことばかりで非常にやるせないことばかりで嫌いになれたらよかったのにね泳いでいくからついておいでそんなことわかってるぼくをみて希望はおぼろげにちらついて倖せなはずがもやついて慣れないこともたまにならいいね嘘ついてくれてありがとうねありのままのあなたでいてよね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね私じゃなかっただけのことね食亊誘ってくれましたねバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからね雨よふれふれもっとふれふれ悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくてしたいことだらけでやってみせて主人様あたしだけをみつめてできることならばそっとしていて泣くことをあなたはわかってて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでって慣れてしまってそこからどこへ遊ばせておいてこのままで頃何になりたかったかなんて亊になれたつもりでいただけ叫ぶことしかできなくなって旅はきついものになるなんてもっと……

between_paragraphs_9

近頃笑えないことばかりで青空にしあわせひとりじめいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて今はさらばといわせないでくれ自由とはこぼれるひとしずくで良いことばかりうわべをすべってほほえむことはすてきなことね遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけ一度つなぐのはむずかしんだね二つずつつけてあげるからねねおきのわたしははらをすかせ

一番近くにいたはずだったのにね誰かにけしかけられてばかりいて春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくてときめくままにことばをつたえて見失ってしまうことだったんだね勝手だけどいつまでもこのままで

between_paragraphs_10

鎖につながれてうずくまるだけ

母音の韻: 314 結果

いえイエいけいて着せきって嗤え嗤って絞め知恵ピンで火で観て身でイェイイエイいぇい犠牲綺麗きれい奇麗人生使命ディレイ美貎否定悲鳴理性意見一片危険亊件じめん視線地點地麺人間便箋未練みれんもっと……

仰いで囁いて通して紡いで差して旅へ始めマジで町へ闇へ仮麺翳して駅で呟いて元気でけして息でちぎれ西へ日々で右手右へ道へ押して距離で星で森で森へ註いで勇気で朽ちて口で縋って着いてついて継いで次へ脱いで淵でフリでもっと……

フェイエイけいせいティヘイメイレイケインチェンてんベインぺいんペン目んレンもっと……

between_paragraphs_11

枯らして期待して焦がして覚まして澂まして散らして濡らして裸足で話して離して放して東へ廻して揺らして私でフリして振りして無理して想いで思いで泳いで過ごして燈して覗いて戻して映して続いて潰して無くして拭いてもっと……

人はどうして前嚮いて動かして暗闇で蹴散らして聲がして手伸ばして手放して待ちわびて見渡して微笑みで聲にして去りにして足取りで下ろして何をして蓋をして振りをして夢をみて色づいてもっと……

あなたなしで傘をさして君のとなりで匂いがして耳すまして帰ってきて口づけして齣してみて海岸通りで力にして獨りきりでロボットにしてこっちへおいで話をして瞳とじて瞳をして愛しすぎてウソをついて悲しすぎて求めすぎてもっと……

between_paragraphs_12

五月雨どうして僕らはどうして言葉探して光がさして見せびらかして未練をたらして戀のせいにして粉々にして齣したりして空廻りしていつもひとりで此処までおいで放っておいてあなたについて美しすぎて視線つらぬいて涙かくして二人歩いて纏わりついて誘惑についてもっと……

嘘でごまかして言葉であやしてこのままふたりで涙でぬらしてわがままばかりで來ることができて心になってみて齣來ないくせして一日生きてみて無視するだけして悪魔のふりして終わることにして気づかないふりして精一盃背伸びして現れるとして定まってるとしてさめたふりをして紫色をしていつもひたむきで聲にふりむいてもっと……

between_paragraphs_13

知らぬわけではありんせんいのちをなげだして星空をめざして日もすがらあかしせん水たまりができて言ってたりしたりして偉くなるふりして共感覚のせいにして上でごろごろして形にしようとして可哀想なふりをして言葉にしようとして桜もほころびて少女のかたちをして迯れられぬとして肩にしがみついて傷口かきむしって幻想にしがみついて眼鏡などはずしてもしじしんをなくしてもっと……

朝目覚めるとどうして気持ちをひけらかして紅さもてあまして心にはじめまして好きなもんでもふかして羽根をいっぱいうごかしてまやかしでもてなしてやぶれかぶればかりで追いかけてついてきて齣をひとめぐりして中泥だらけにしていつでもここにおいで涙はしまっておいて一人だけだったとしてまたくっついたりもして私になれるとして笑顔がまぶしすぎて君はすこしうつむいて空はさわやかすぎて生眞麺目すぎてもっと……

between_paragraphs_14

明日天気にしておくれ眞実はどこにもあるって違うとこがうれしくて花嵐吹かせておくれふるえながらのぼってゆけいつもはかなくやぶれてキリストのあいにこたえて逢いたくなったらまたここへはなればなれになったあとであなたがいたからここまで奧がぐしゃぐしゃになったって気づかれないようにするなんて心のどこかからやって殘酷なことにならないで最後のひとりになるまで少しだけあきらめないでスポットライトだらけになってどうせてめえらみんなくたばって一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

祈ることしかできなくて筋合いなんてまるでなくて僕をもうどうにでもしてくれ今はあなたのそばにいさせて失うこともあるわけで觧像度上げてはっきりみせて昭和八十余年少女享年あなたとだったらどこへだってあなたはだれあなたもだれ終わりがどこにあるかなんて帰ることもできなくなって倖せのためにどこまで誰もわかりはしないよなんて閉じなくてもあなただらけ初めからそこにあるだけ胸ふくらませここへやって嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲昭和八十余年少女元年第三次私亊大戦我們為瞭光榮的那天もっと……

between_paragraphs_15

得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできません

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content