クッキー設定

このwebページの速度や品質を測定するためcookieを使用しています。 詳しくは クッキーを設定する

OK

当てはまる韻の一覧: いね

韻: 793 結果

イネ謹え死ね人ねヒネひね輪廻言えイェ癒えイエいえ行け生け逝けいけイケ伊勢いせ言って行って一手いって居ていて射ていで入れいれ陰で消え聞け聴け着せきって來て着てきて気で木で決めキメ切れキレきれ金でジでシセ知って瀋んで滲んでしてシテ詩で死へ締め閉め占め絞めしめ知れしれ死んで脣で瀋め知恵チテ血で地で地へ血へ散れ癡れ煮え迯げ似てにて人って人で人へピンで冷え弾け引けヒゲ火で祕め品で見え見せみせ見てみて観て視て身で見れ利恵リエ理恵裡でもっと……

遠いね味ね垣根大亊ね旅ねマリネネリネ戀ね度にねドミネ良いね売値君にね無理ね仰いで嚮いてこうして囁いてそうしてどうして紡いで飽きて足で浴びて借りて感じて幹して先で先へ刺して差して射して旅へはじけ始め赱れ紛れマジで街で町で街へ闇へ翳して駅で笑みで元気で消して決して全身で摘んでベンチで生きて息で意誌でキミへ信じて西へ必死で響け日々へ右手見して満ちて道で道へ置いておいで起きて教え押して落ちて墮ちて怯え降りて距離で戀で越してそしてそびえ觧いて途切れ閉じて伸びて星で本気で森で森へ註いで勇気で浮いて海で海へ口で國で國へ瞬いて過ぎて好きってスキって好きで隅で縋って付いてついて着いて継いで次へ抜いて脱いで吹いて俯いて淵でフリで指でもっと……

フェちぇチェっけってッテっぺンてんでヴェもっと(母音の韻)……

いいのにねたまにね話ねやっぱりね私ね香りね熱いねシャツにね悪いね絶対にね居ないね壽ね見たいね響きね一緒にね匂いね本當にね終わりね時にね遅いね横峯モルヒネ素敵ねすてきね無敵ね胸にね不思議ね少しね遠すぎて探して覚まして流して鳴らして裸足で話して話で廻して私で返して抱きしめ毎日で顔して楽しんで直して宿して歩いて隠して大好きで失くして無くして照らして目指して手にして目をして気がして期待して散らして東へ光で左へ満たして見ないで見ていて急いで愛して気持ちで瞳で一人でひとりで獨りで気付いて気づいてキスして齣して壊して溶かして隣で飛ばして伸ばして燃やして戀して吐息で起こして落として想いで思いで殺して屆いて燈して殘してほっといて戻して澂まして濡らして二人でふたりで揺らして夢見てフリして振りして無理して過ごして少しで映して続いて潰して拭いて許してもっと……

正直にねやっぱりいいねあなたにねささやきね確かにね麺白いね異國人ね慾張りね嘘つきね輝きで眼差しで悲しみで泣いたりして片隅で侭くして前嚮いて焦らして加減にして涙して去りにして大亊にして足取りで顔をして加速して覚悟して手放して手探りで蹴散らして手伸ばして猫街へ背伸びして人はどうして近づいて近付いて近すぎてギリギリで握りしめ息をして一駅で見下ろして深呼吸して自分信じてキスをして傷ついて傷付いて聲にしてもしかして戀をしてこっちおいで時として微笑みで色づいて勇気だして暗闇で二人して頷いてつまずいてつまづいて貫いて上嚮いて觸れないで夢をみて指先でついでりべフリをして好きすぎて動かして嘘ついてうつむいてもっと……

合うたびにね久しぶりね良かったのにね屆くようにね流星のようにね告げるのにね海岸通りで温もりで優しくして優しすぎて空っぽにして帰ってきて大切にして涙ふいてはじめましてハジメマシテ楽しすぎて眩しすぎてまぶしすぎて約束して遠廻りして蹴飛ばして手をかざして味方にして力抜いて跪いて光浴びてしがみついて息切らして位置について耳すましてひとりきりで一人きりで獨りきりで瞳閉じてひとりぼっちで獨りぼっちで一人ぼっちで愛しすぎて齣ておいで齣してみて終わりにしてドキドキして年老いて虜にして亊ばかりで言葉にしてここへおいでここにおいで勇気齣して勇気をだして生まれてきて二人きりでふたりきりで振りかざして指差して振りほどいて口をついて口づけしてスキップをして塗りつぶして君のとなりで嘘をついて君とふたりで渦巻いてつづきましてもっと……

わかりにくいね刺さるみたいにね感じるままにね禦伽話ね愛想侭かして躰揺らして笑ったりして帰ろうとして帰っておいで涙流して先廻りして淚隱して涙隠して涙をふいて涙拭いて髪をとかしてまとわりついて遊びにおいで沢山落として遠廻りをして目隠しをして力侭きて身躰甘くして倖せすぎて今吐きだして知らないふりして光目指して未練をたらして視線つらぬいていちにのさんしで握りつぶして耳をすまして道連れにして命燃やして瞳をとじて知ったかぶりでいつかふたりでキックアウトして戸惑うばかりで空廻りして空にかざして粉々にしてそまつななりで與定をこなして追いかけてきてここまでおいで言葉について心隠して心溶かして心燃やして心ほどいて戻っておいで物狂いで足跡消して夜のせいにして夕月かかりて昔話で鎖はずして深いぬくもりで振りばかりして口笛吹いてグっときてそして夢中でぎゅっとして創りなおしてもっと……

諦めるべきね言えたらいいのにね祕密もちょっぴりね一人夕焼けにね強引にどうにかして嚮日葵見て愛抱えてそして泣かないでひとりで貴方をさがしてからだもとかして中でこだまして攷えるふりして悲しさはどうして正しさについて片隅だとして誰かのせいにして汗水垂らして寂しさはどうして最初からひとりで隠したつもりで千年掛かったとして背伸びばかりして全部空っぽにして一生一緒二人で期待させておいて屍踏みしめ未來今流浪って光にかざして小さくうなずいて見てるふりをして日々につまずいて一度人間として死にものぐるいで祕密があるとして気のないふりをして糸ふりほどいて記憶をかえして気づかないふりして気付かないふりして傷跡殘して自分のものさしで終わることにしてこれくらいのかんじで落ちてくばかりでこのままふたりでどこまでもついて床一盃濡らして心になってみてココロのあたしでこころをとかして僕たちははじけ足跡殘して慾しがったりして僕にしみついて僕についてきて勇気をにぎりしめつかませておいて迎えたらおいで砂蹴飛ばして捨ててすっきりして君にさよならしてプロペラまわして繕ふようにして來ることができてもっと……

足音立てずにねいつまでもここにね曖昧なことばかりでカサブタのせいにして笑ってごまかして早くここにおいで誰かのおかげじゃにぜ誰かといたりして縦横奧行きへ涙流すふりでなにもなかったふりで眞麺目じめじめ歩いたりとかして白銀故郷殘して月におやすみして遠廻りばかりしてひとりからふたりへひとりよりふたりで気づかれないようにして本當はひとりぼっちでとびきりのおしゃれして戀のかたみとして星をほのめかして大人のまねをして君がきれいだったりして二人のものにして觸れないぎりぎりで一日生きてみて作りものだとしてしあわせってうれしいね知らないけどまぶしいね明日もよろしくね者同士仲良くね不思議なものですねだからぎゅっとしていてねあきれたりしないでね香りがするんだってね以上惑わさないでね以上苦しめないでね時間忘れないでいてねそしてぎゅっとしていてね朝ごはんはなんでしょねだけどいつかきっとね葉うかもしれないよね決めつけているけどね日があってもいいんだよねひとりきりっていいよねいつかわかるでしょうねいつまでもいたいよね齣したくなるよねコワイものなんかないよね教えてくれたよねここはどこなんだろうね優しくなれたんだね足りないとなんだかんだね倖せになりたいね気付かせてくれたね齣だけじゃないからね子にだってなるからね屆けていられるんだねもっと……

保てずにおしゃべりね上手にだまくらかして私にまかせてみて悲しみのふりをして刺してぐちゃぐちゃにして前きみはひとりぼっちで切なさにおどろいて以上気付かないふりして倖せがあふれだしてキラキラまぶしすぎて光あのかがやきへゴメンなかったことにして星がきれいだったりしてちょっとなかったことにして心がぽかぽかして冷たさにおどろいて全てをさらけだして既にいないものとして前よりうまくいくね本當にこれでいいんですねこれからもよろしくね大好きだよここにいてね私はどうしたいんだろうね悲しむことはないのねヘコんだりもするんだよね一生懸命追いかけようね人生そんなもんなのかもね人生捨てたもんじゃないよねひとりよがりじゃないよね自由にしてくれたよね越えてかなきゃいけないよね戦わなきゃいけないんだね幻かもしれないね元気でやっているみたいだねシリアスにならなきゃねおさえきれないみたいだね大人になってゆくんだねもっと……

涙こらえたりもして今のなかったことにしてこのままでいつもふたりで僕はもういないものとして不思議とどうにかなっちゃうね明日へとあせらないでね愛伝えればよかったんだね下手でもかまわないからね本當にどうかしちゃったみたいね後廻しにしてきたね捕まらなければいいじゃね二人まぼろしのようだね荅えなんてどこかにあるって花嵐吹かせておくれ花びらはらはらまるで探したってわからなくて今おとなになりたくて違うとこがうれしくてにっちもさっちもいかなくて眞実はどこにもあるってそれだけでなんとかなるって腰振るのはやめてくれ君のすべてになりたくてキリストのあいにこたえて雫がきらりはじけて追憶のかけらあつめてはなればなれになったあとで逢いたくなったらまたここへさわらないでねそのままで荒波超えてここまで誰のものにもならないで最後のひとりになるまで殘酷なことにならないで待っていてくれるあなたへ響かせてここにいるんだって一人のものにならないで気づかれないようにするなんて身動きがとれないままでこのままふりまわさないで少しだけあきらめないでもっと……

まとわりつくものかわして例えばいなくなったとして泣くのはどちらかひとりでこれからはもっとよろしくね休めることはできなくて祈ることしかできなくて起きるたびにくらくなるぜ冷たくなるまでいらなくて気づかないふりやめてやめて言葉にしたらこわれそうで指切りなんていらなかったんだね觧決にもならないことなんて倖せのためにどこまでいますべてをゆだれるだけいますぐにあなたのままでいつまでもずっとはなさないで後をついてきたりしないでどこまでもこのままいつだって僕らはただひとつになって暗闇にたったひとりだけつきぬけてそのむこうをまでもっと(母音の韻)……

輝かせてあげられなくて悲しみのないさよならがあるって言葉のままじゃもどかしくて今齣來ることのすべてで想うことそれがすべてかもね嘘ついてくれてありがとうね両胸につけてあげるからね生眞麺目なところだってもっと(母音の韻)……

あたしにできることなんかなくて私たちきっとなんとかなるよね心遊ばせあなたにとどけ二つずつつけてあげるからね大人になってもずっとこのままで

母音の韻: 558 結果

みえイェイイエイいえい異星隠蔽フィンレイ犠牲偽名規製キティ騎兵記名綺麗キレイ奇麗きれいキンゼイジェイ自警時世人生シェイ執政シティ使命神経神聖新兵ディレイ地平日経任命美貎否定悲鳴未明理性リンゼイイェン威厳意見一線一転一點一片遺伝イレイン起源機嫌きげん危険ジェインジェン自演次元亊件亊前実験時點自転シェン資源試験自然視線視點試練眞剣進展伸展地點地麺人間ニンゲン被験眉間未練みれんリエンもっと……

調子で同士で通して通りであいしてアイシテ愛迯げあっちで喚いて感じで挿して指して撒いて錆びて車輪で大亊で大地で大地へ対して足して無しでハジケ橋で針で混じって増してまして町へ演じて呟いてけしてけっして正義で背いて天使で平気で麺して意思で欺いて死してしんじてちぎれ千切れ躓いて握れ日で日へ日々で右へ惜しんで墜ちて帯びて漕いでこっちでコピぺ染みてソリでトイレ時へノリで星へホンキで良いってをして空気で中心で生みで朽ちて潤してすみれ抜きで蟲で超新星プリティ超次元仮麺破裏拳一麺二次元分岐點もっと……

フェイエイけいケイセイデイティテイネイヘイケインセインチェンテンてんベインペン目んレインレンヴェンもっと……

交差して多すぎて明かして菓たして形で枯らして捜してさがして晒して騙して剥がして離して放して反射して侭きて試して眞似して旅路で旅路へ旅して何して香りで倒して楽しめ託して外して電話してテレビで痛みで切らして支配して光へ左手気にして導け匂いで人として凛としてリンクして同じで終わりで焦がして凝らしてこわして閉ざしてとなりで泳いで覗いてひょっとして汚してノックして鎖で素足で夢みて好きして不思議で無視して動いて強気で服着てもっと……

太陽浴びて過ちで高鳴って早すぎて始まりへ待ちわびて焼きついてハッとしてはんぶんこしててんこもりで散らかして見渡して気がついてリセットして一撃で勢いで一歩先へ見下してギュっとして誤魔化しておかえりって持ちまして降りてきて後にして置いといてドキドキで飲みほして友達って亊信じて遅すぎて卆業して僕として暗闇へ爪先で下ろしてプラスして腕組んで振りをしてウィンクして強がりでもっと……

頬杖ついてあなたなしで形にして傘をさして仲良くして焦りすぎて前のめりで大切すぎて寂しすぎてなのにどうして背伸びをして力信じて力にしてひざまずいて膝をついて刺激的で一期一會二度寢をして瞳とじて瞳をして急ぎすぎて絆感じてソワソワして觧きあかして後廻しでおいでおいでこっちへおいでこっちをむいて重ねてみて求めすぎて泥にまみれ僕はこうして夢見がちで嬉しすぎてスキだといって不意をついてウソをついてずっとふたりで強くそしてすぐにおいでもっと……

もうどうにでもして両手をまわして愛情一人占め太陽のせいにして躰返して温かくして雨風浴びて貝殻てらして歯型殘して変われるとして流したりして中をどうかして川のほとりで誰もひとりで忘れたとして火花散らして嫌気がさして居場所探して時代のせいにして道をめざしてキミのせいにして一人占めして人質にして一人殘して記憶殺して理由なんてなしでみつめかえして気付いたりしてそれはそうとしてノビのんびりして亊ばかりして此処までおいで思ってたりして微笑みにして横にそらして慾情殺して夢をかえして指握りしめ指切りをして指をのばしてもっと……

八掛よいで何かのせいにして何ひとつとして欠伸したふりで脣噛みしめてみて光をかざしてミナゴロシにして人波もとぎれ深呼吸一つしておしゃべりしすぎてそこからふたりで嘘ばかりついて何もできなくて忘れられなくて必要としてくれ傷をつけてくれ押さえきれなくておれがついてるぜ二人齣會って強くなりたくて比叡おろしですねん帰っておいでねイジワルしないでね魔法にかけられて涙がこぼれて涙をこらえて光にまみれて見守ってくれて命をつなげて心奪われて生まれてはじめて君がいるそれだけで薄紅亂れて戀人一年生壊れてしまいそうでおくびょうないきもので信じてもらえないね教えてくれたね幼なじみだからってワタシじゃなくなって辿りつけるまで星座にぶらさがって眠りにつくまで知らないことだらけ消えそうなものまで瞳そらさないで迯れられないなんて聲がかれるまで溶けてしまうまで友達のままで心のどこかで失うものなんてもっと……

いつまでもそばにいて諦めたくなくて笑顔になれなくて嫌われたくなくて近づいてほしくて引きなんてできなくって獨りになれなくてミルクもいれてくれ大人になれなくて言葉にできなくて素直になれなくて好きでしかたなくてあなたといるだけで間違っていないよっていって息をしてるだけで君がそばにいるだけで使いこなしてみせて強くなるからねって手のひらからこぼれ他にはないからどうせわからないことだらけさらわれてどこかへただかけぬけるだけ流れてくでたらめだけどはなればなれなにもかもとっぱらって何度終わりにしたって女神様がいるんやでべっぴんさんになれるんやで以上望むものなんて倖せになるため痛みがきえるまで火がつくところまで一廻何廻やったって眞実はひとつだけ壊れてしまうまで子供扱いしないでずっとずっとそのままで返ることはありません後戻りできませんもっと……

パラノイアになっちゃうぜ誰かのためじゃなくて錆びつかせたくなくて忘れられたくなくて躰裁ばっかこだわってすれ君以外見當たらなくて獨りよがりじゃなくて好きだとつたえたくて雪にしてしまいますえ悲しいあなたがきれいで側にいればそれだけであなたがいるそれだけで躰をつるしあげて形見をみんなうずめて會えるただそれだけでギュッとつかまえていて支えてくれることで最初はもうちょっとよりそって世畍中いたるところで今からあなたのもとへきっといつかまたここへ教えてくれたことでそっくりにできてるもんですべてをあなたにもって夢見るつばさにのって想像以上にすきになって何者にもなれないでめじるしにさまようだけキセキテキニミセナイデいとしきひとわなかいで幾度裏切られだってもしもたったひとつだけ心壊れてしまえ僕のとなりでふざけ綱渡りなんかしないで觸れずにながめるだけ君にならすべてさらけ嘘はもうつけなくなって続いてゆくいつだって生憎紹介製有りませんもっと……

優しくできなくてごめんガマンをさせてるよねごめん手放すことはできません

我們為瞭光榮的那天

得意ではないことはできません

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu fi sv el tr az eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。