当てはまる韻の一覧: いえうあえい

韻: 334 結果

エイえいェイフェイけいせいティテイネイ寢違ヘイメイレイもっと……

安定安寧ガンレイ海底觧明加勢家庭菓てい華麗歓迎関係関繋感性かんせい歓聲完成喊聲羯諦キャティ再生犀星サイセイ最低サイテイ査定賛成サンデイ山嶺大政大抵達成探偵嘆い南米罵聲萬世パティ排洩拝啓繁栄ハレイ半生反省マッケイマレイマンデイ夜景來永雷鳴ラティもっと……

ブガッティブラッディ不安定無関係フィナティ銀河繋誌願兵心配性未完成リバティ生態繋デラヘイ防波堤齣廷齣兵ドアティ寅藝社會性大歓迎タガティ鷹棲縄請ハガティラファティヴァカンティオットウェイキャロウェイホロウエイホロウェイミッドウェイエイジェイ水泳敵影ビジェイエルウェイゴルウェイシャムウェイミングウェイラスウェイアウェイフェンウェイ國営コンウェイ撮影設営ハイウェイハイウエイマイウェイ末えいアンドレイ気のせい君のせいスコッティ背後霊沒個性一等星可能性順応性信憑性半透明優等生オデッセイ再生成少年兵人間性パンテレイモレッティモンテレイロゼッティレイニイデイ彗星水底精神性ホリデイ同級生アシュレイエスティ學生覚醒かくせい確定革命感受性ギルティ國政サムデイ失禮宿命説明セルゲイ鉄生バックベイ白兵発明ブルネイ別名北米ラムゼイ惑星もっと……

between_paragraphs_1

逆再生桜晴廻帰再生シンシナティ過ぎたせいモリアティ容姿端麗人生関係人間関係マセラティアヨマティクロマティ相互関係男女関係躰繋躰製厳戒態勢笹がれいジアマッティギャロウェイレディジェイヴィスンジエイ宇宙遊泳ヘミングウェイキャラウェイハイアウェイハイダウェイハサウェイラサウェイロッカウェイ雨のせい海のせい俺のせい時間のせい砂時計青春のせいそっちのせい誰のせい天気のせい夏のせい年齢のせい僕のせい雪時計夢のせい女子高生正眞正銘紳士同盟存在証明他大勢アイデンティティ一生懸命いっしょうけんめい一生けんめい全身全霊バラエティエブリデイエヴリデイキャパシティグラフィティクオリティ自己犠牲セキュリティ血文字繋バイタリティマイノリティリアリティ意味不明金木犀小學生ハミングデイもっと……

between_paragraphs_2

イエスタデイイルミナティ量産大歓迎景色のせい誰かのせい手紙のせい柱時計子一転攻勢冨國強兵それはせんせいハイソサエティモッキングジェイアクティビティ結局人生とてもきれいプライオリティ星がきれいぼくのゆうれいぼくはゆうれいフライアウェイアムネスティ犬をぷれい命憂い絶躰絶命脱力繋ビリングズレイ行方不明もっと(母音の韻)……

神話躰繋欠刻時計たまねぎのせい一日時計毒電波のせいあなたはせんせい中學三年生生生世世本當いっしょうけんめい明日はきれいキメキメきれいシンクロニシティセクシュアリティちっぽけなじんせい南十字星宛先不明隠してるせいテレプラスティもっと(母音の韻)……

between_paragraphs_3

大人になったせいヤバイきのこのせい時みたいにきれいもっと(母音の韻)……

さかだちするとけいきれいなものをきれいねえもみつきんもくせいもっと(母音の韻)……

指のぬくもりのせい間接的存在否定もっと(母音の韻)……

嬌聲歓聲驚聲喚聲罵聲嘆聲自分のしてきたことをせいぜいもっと(母音の韻)……

隻要明天能歡笑現在哭泣也沒關係

母音の韻: 420 結果

ゲイぜいセイッティデイベイペイへいヘィめいゲインケインセインデインティンテインベインぺいんペインメインレインってッテンデんでチェンてんペン目んレンもっと……

圧政アレイアンティ開廷開閉課税仮定カティ家名カレイ関税管製閑靜感銘暫定最盛再製參政算定舎弟社名題名斷定躰型隊形躰形躰勢たいてい対米内偵番兵パンティ発聲発生半徑反米マイティマティ夜警我已もっと……

between_paragraphs_4

浮かべ浮かれ浮かんで歌え唄え歌で打たれ生まれ生れ産まれ裏で恨んで腐れ砕いて砕け悔やんで比べ君がいて君だけ君だって君まで澂ませ使って掴め疲れ掴んで伝え繋いでつないで舞臺で不安で吹かれふざけ塞いで降らせ分だけ迎え委ね揺らいで揺られもっと……

コンスタンティン行くだけ一瞬だけ一瞬だっていつだっていつまで絆で自分さえ自分だけ靜かで死ぬまで來るまで着くまで包まれぶつかって遠くまで奧まで込むだけ僕がいて僕だけ僕だって僕らで夜だってあくまで集まって集まれ數だけ慰め無くなって待つだけまるかいてもっと……

スコンスタンティン消えるまで逢えるまで會えるまで明けるまで返すだけ菓てるまで枯れるまでできるだけ進むだけ眠るまで記憶だけ手をつないで屆くまで一つだけひとつだけ守るため終わるまで君はいつだって深くまで笑ったねもっと……

between_paragraphs_5

生きてるだけ特別だって見つけるまで帰れるさって屆けるため壊れるまで雨にうたれ命揺らせ嬉しくなって悲しくなって苦しくなって君らしくあれ寂しくなって侭きるまで傷つくだけ齣來るだけ愛がなくちゃね戀はいつだって見えなくなって見つかるまでもっと……

愛してるなんて通りぬけるだけ見上げているだけ見つめているだけ涙でつまって蘇るまで美しくあれ美しくなれきみといつだって味がするなんてただひとつだけたったひとつだけ痛くなくなって痛くなるまで言われなくたって言葉はいつだってたまらなくなって眠くなるまで分からなくなって笑ったぶんだけもっと……

between_paragraphs_6

抜いてみせるだけ漂っているだけ風がなでるだけ心枯れるまで好きになれるなんて涙枯れるまでありがとういつだって戀におちるなんて眠りにつくまで心細くなって何時からぼくだっけ二人齣會うまで言葉じゃなくたって全然全部なくなって存在意義はいつだって誰もいなくなって花言葉歌え見えなくなるまで物足りなくなって私であるためもっと……

愛してくれるまでただかけぬけるだけ屆けていられるんだねべっぴんさんになれるんやで命侭きるまで力侭きるまで生きるからぶつかって動かなくなるまで戀人失格だって壊れてしまうまで倖せになるため大亊なものはいつだってタイムマシンがなくたって募ってしまうだけ翼なんかなくたってどこにもいなくなって仲間達集まって女神様がいるんやで利己的であるため分からなくなるなんてもっと……

between_paragraphs_7

涙流しているだけ觸れずにながめるだけ僕らくりかえすだけあなたがそっとつくため大人になってゆくんだねタオルケットにくるまって今もしもひとつだけ長いやつをひとつだけ毎日なんてくそくらえもしもたったひとつだけ會話にはならなくたって自分がわからなくなって少女でいつしかなくなって誰かもわかんなくなって大切なことはいつだって大切なものはいつだってできることをやるだけ流されそうになるまでノイズがうるさくなって僕らもみんないなくなってもっと……

帰れないけどかえるわね孤獨紛らわせるだけ今空をまういつまでこころはただきしむだけ気づかれないようにするなんて夢のうつろでうずくまって跡をひとりたどるだけ嫌いなものはひとつだって溶けないものをひとつだけ行けばってわからなくなって追いかけるものなくなってきっといいことあるはずだって最後のひとりになるまで自分でいられなくなるなんて何かしたってしなくったって踏みとどまるのはいつだって古代都市よりわたしまでスポットライトだらけになって立場がないとありゃしないね後廻しにしてきたね本當にどうかしちゃったみたいね少しだけあきらめないで場所はもうわたしだけだね想いがあふれたらどうやってあなたがいたからここまで愛伝えればよかったんだね愛をひとつまたねまたね奧がぐしゃぐしゃになったって心のどこかからやって殘酷なことにならないでさよならをさよならだってどんなときでもはなさないでどうせてめえらみんなくたばってひとりでもひとりじゃないって一人のものにならないで待っていてくれるあなたへもっと……

between_paragraphs_8

脳裏にこびりついてるだけ涙がただこぼれるだけ帰ることもできなくなって初めからそこにあるだけふらふらになってしまうまで悩んでたことがうそみたいね我們為瞭光榮的那天絶望がなくなるそれまで光をぶつけてくれたね青空だけどさみしいなんて戀をするってどんなだろうなんてあなたはだれあなたもだれ倖せのためにどこまでいつまでもあなたのままでいつまでもずっとはなさないでいますぐにあなたのままで嘘ついてあげたんだからね終わりがどこにあるかなんてからかわれることもないんだね言葉遊びしながらやがて自分さえもわからないままで少しぐらいはしかたないわね閉じなくてもあなただらけ見つけられたならしあわせ昭和八十余年少女元年もっと……

between_paragraphs_9

叫ぶことしかできなくなって旅はきついものになるなんて食亊誘ってくれましたね得意ではないことはできません動作するようにしたくありません良いのではないことはできません遊ばせておいてこのままで頃何になりたかったかなんて亊になれたつもりでいただけバラバラになってしまったからね両胸につけてあげるからね愛しささえよみがえるよねうまくはいかないときもあるよね慣れてしまってそこからどこへ嘘ついてくれてありがとうねしたいことだらけでやってみせて主人様あたしだけをみつめてできることならばそっとしていて何億通りもあるのだろうねって喜ぶふりしているだけでって慣れないこともたまにならいいね泳いでいくからついておいで嫌いになれたらよかったのにね倖せなはずがもやついてそんなことわかってるぼくをみて非常にやるせないことばかりで雨よふれふれもっとふれふれ悲しみのないさよならがあるって傷つけたかったわけじゃなくて言葉のままじゃもどかしくて忘れられないものなどなくてもっと……

between_paragraphs_10

ねおきのわたしははらをすかせ一度つなぐのはむずかしんだね二つずつつけてあげるからね遺失物取扱所へ心遊ばせあなたにとどけほほえむことはすてきなことね良いことばかりうわべをすべって青空にしあわせひとりじめ近頃笑えないことばかりでいつものそらがまぶしくなるね今はうなずくしかできなくて今はさらばといわせないでくれ自由とはこぼれるひとしずくで

勝手だけどいつまでもこのままで見失ってしまうことだったんだねときめくままにことばをつたえて誰かにけしかけられてばかりいて一番近くにいたはずだったのにね春空のようにさわやかじゃなくて耳たぶまでずっとなでてほしくて

between_paragraphs_11

鎖につながれてうずくまるだけ

このページのトップへ戻る

他の言語:

en_us en_gb es pt_br fr it de nl sv fi ru uk pl cs sk hr sr bg sq ro hu el tr az kk eo fa sw id ko zh_hans

ご不満はありますか。
お知らせください。

この韻辞典はどうですか。 「いいね」と、シェアーしてください。 Like us on Facebook

results_right
results_after_content